FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

今すぐにでも 映画「チョコレートドーナツ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、映画チョコレートドーナツ(原題:ANY DAY NOW)の感想です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ただの泣ける映画とは、ちょっと違う


あらすじ


1979年のカリフォルニア。
ゲイバーでショーダンサーをしているルディ(アラン・カミング)は、弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)とカップルになる。
ある日ルディは、ダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会う。マルコは、母親が薬物中毒のために逮捕され、見捨てられてしまったのだ……




Twitterなどで見かける限り、本作を「泣ける映画」であると思って観ている人が多いようです。
そこを期待しても、裏切られることはないでしょう。
本作はゲイカップルの苦悩と、ダウン症を持つ少年の交流を描いており、彼らに感情移入をすると涙腺がついつい緩んでしまいます。

自分には「泣ける」こと以上に、重要なメッセージを持つ作品であると思いました。
そのメッセージを示すのが、原題の「Any day now」。「今すぐにでも」を意味するこのことばは、作中で歌われる曲「I shall be released」の歌詞に登場しています。
この「今すぐにでも」には、「今いる世界が変わってほしい」という想いが込められているのではないでしょうか。

物語の舞台である1970年代はゲイへの偏見がまだ厳しい時代であり、ダウン症の少年を引き取る(親権を認める)だけでも注目と軽蔑の的になり、認められることがとても難しくなっています。
作中では、「ゲイには何でも無理よ」という台詞があるほどです。

また、描かれてるのはゲイやダウン症の子どもだけではなく、「物事の解決のためには、どのようにすればよいのか」という大局的なメッセージにまでおよんでいます。
もうひとりの主人公のポールが裁判で訴えたことは、例えようもないほどの「愛」に満ちており、幸せのための手段を教えてくれるように感じられるのです。

特筆すべきは、むやみに大仰にせず、ごく静かに「事実」を知らせる演出がされていることでしょう。
これは、「泣かそうとする」シーンでおおげさな音楽を流し、登場人物がさめざめと泣くような邦画の演出にうんざりしている人に観てほしいです。
ラストの演出により、この映画で描く「主題」がはっきりと浮かび上がりました。


観る人によって、捉え方が異なる映画です。
障がい者を描いた映画であり、ゲイ・ムービーであり、「家族」も描いています。
個人的には、この映画はやはり「家族」の物語であると感じました。
(たとえ血がつながっていなくとも)子に対する親の無償の愛が描かれていることが、何よりも尊く感じられたからです。

似た作品には、レズビアンの親を描いた「キッズ・オールライト」、または漫画作品の「ニューヨークニューヨーク」が思い浮かびました。

羅川 真里茂
720円
powered by yasuikamo

終盤には、「チョコレートドーナツ」と同じように、ゲイのカップルが親に恵まれなかった子どもを引き取るエピソードが出てきます。
引き取られた子どもが主張する「巡り合わせ」ということばは、「チョコレートドーナツ」の主題にも通ずるものがありました。ぜひ、読んでほしいです。


そして本作の素晴らしいところがもうひとつ。それは音楽!
主人公を演じるアラン・カミングがゲイバーで過去の名曲たちを高らかに歌うのですが、その歌詞が映画の物語(主人公の想い)とシンクロしているのです。

アラン・カミング自身の歌唱力により、作中でプロの歌い手を目指していることの説得力が感じられるだけでなく、より主人公に感情移入させてくれます。
また、アラン・カミング自身はバイセクシュアルであり、同性婚をしていたりします。
今回の役はまさにハマリ役。彼以上の適役はいないでしょう。

秀作ではありますが、展開には少なからず好き嫌いがわかれます。
単なる娯楽映画ではなく、心に残るメッセージ性の強い映画を期待する人におすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



2014-05-27 : 旧作映画紹介 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR