FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

中途半端タイタニック 映画「ポンペイ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はポンペイです。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:全部災害でドーン!


あらすじ


復讐とか恋愛とか政治とかいろいろやっていたけど結局火山が噴火したから逃げる話。




映画界には、ポール・(すごいほうの)・アンダーソン監督と、ポール・(ダメなほうの)・アンダーソン監督が存在するそうです。

前者はポール・トーマス・アンダーソン監督。
マグノリア」や「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」などの技巧を凝らした重圧な作風が、映画ファンをうならせています。

後者はポール・W・S・アンダーソン監督。
バイオハザード」や「デス・レース」などの底抜けアクションを得意とし、なんだかんだで映画ファンから愛されています。

で、この「ポンペイ」はそんなダメなほうの監督の作品なのですが、まあ確かにダメだよねという印象に落ち着きました。しょうがないね。

致命的なのは、本作にまったくオリジナリティが感じられないことです。
「身分の違う男女が恋に落ちたけどその後に歴史的な災害がふたりを襲う」というプロットはまんま「タイタニック」ですし、
「家族を殺された古代の剣闘士が闘技場で戦う」は「グラディエーター」ですし、
「とりあえず災害でドーン!みんな逃げろー!」は「2012」をはじめとしたローランド・エメリッヒ監督作品のそれです。

で、それらを100分という短い尺で描くのですからそりゃ中途半端になるよなと思いますって。

さらに、
身分違いの恋→災害でドーン!
政治的な話→災害でドーン!
復讐の話→災害でドーン!
とすべてのドラマが災害で全部ブッ潰れる(←ある意味ネタバレ)のですからまったく盛り上がりがありません。

「タイタニック」が優れていたのは、たっぷりの時間をかけて主人公の男女ふたりに感情移入をさせる要素を盛り込んでおり、予期しない災害を見据えた悲劇がしっかりと構築されていたからです。
対して「ポンペイ」は、「なんだかあんまりドラマつくれかったけど、もういいや、ストーリー的にめんどくさいやつみんな災害で殺しちゃえ」にしか思えないのです。

これって、エメリッヒ監督の作風そのまんまです。
災害があってこそのドラマをつくるのではなく、災害がドラマを壊してしまうというのは、歓迎できるものではありませんでした。


それでも、それなりに楽しめる作品に仕上がっているのは、古代のポンペイの美術の数々、監督ならではのアクション描写とテンポのよさ、じゅうぶんな迫力をもってつくられた大災害のシーンがあってのこと。
災害のシーンのCGを最小限に止めたということにはこだわりが感じられますし、そこには安っぽさは感じられません。お話のほうが全部チープなんだけどさ。

有名なキャストはあまり出ていませんが、「マトリックス」のトリニティ役のキャリー=アン・モスの出演、「24 -TWENTY FOUR- 」のキーファー・サザーランドが悪役で出てくることも見逃せない要素です。


おそらく、パッと見の印象がカブり気味の「ノア 約束の舟」と「300 帝国の進撃」がすぐに公開することもあり、興行収入は伸びないのでしょう。

しかし、エメリッヒ監督っぽい「わー迫力だけはすごいやーあーこいつ死にそーだなーあーやっぱり死んだーあーそーだよねー」みたいな底抜けディサスター・ムービーに飢えている人には必見作です。おすすめですよー(投げやり)。

以下、結末も含めてネタバレです↓

続きを読む

スポンサーサイト



2014-06-13 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR