FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

失敗してもいい 映画「ホドロフスキーのDUNE」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はホドロフスキーのDUNE(原題:JODOROWSKY'S DUNE)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:あたまおかしい(ほめことば)


あらすじ


映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキーは、フランク・ハーバートの小説『DUNE』を原作とした大作SFを製作するはずだった。
しかし、その計画は撮影を目前にして頓挫する。それはなぜかー
ホドロフスキーや、プロデューサーのミシェル・セイドゥーは、その一連の騒動を語る。




みなさまは、アレハンドロ・ホドロフスキー監督をご存知でしょうか。
アナと雪の女王」で久しぶりに映画館に行ったんだ〜などと宣う、映画をあまり観ない一般の方はまずご存知ないでしょう。

まあ簡単に言えば、あたまがおかしい作品ばかり撮っている方です

たとえば、代表作のひとつ「エル・トポ」では、しょっぱなから全裸の少年が馬に乗って登場します。

<主人公の後ろに全裸の少年が……

「ホーリーマウンテン」はもっと狂っていて、中盤で錬金術を使ってウ○コを金に変えるという小学生並みの発想のシーンが出てきます。

<このビジュアルからすでに異質

しかもエログロもてんこ盛りで、作品のレーティングはどちらもR15+指定。真っ赤なペンキのような血がドバドバ出てきます。
カルト映画というジャンルの一人者と言える、上級者向けにもほどがある監督なのです。

そんな頭のネジが10本くらい吹っ飛んでいる監督が作ろうとしていたのが、SFの名作として知られるフランク・ハーバートの小説「DUNE」を原作とした映画作品でした。なんと、それはまだ1977年の「スターウォーズ」が世に出る前のことだったのです。

「DUNE」は映画史に残る大作になるはずでしたが、結局世に出ることはなく、お蔵入りとなってしまいます。
その理由を解き明かすのが、この「ホドロフスキーのDUNE」という作品なのです。

……とまあ、前提でここまで言えば、なんでこの企画が頓挫したか、だいたいわかりますよね。
原因は、間違いなくホドロフスキー監督自身にあるのです。

ホドロフスキーの映画作りの情熱は並々ならぬですが、そのやり方はイッちゃっています。
この監督が「DUNE」の映画作りにおいてどれだけムチャクチャをやったかは、観てのお楽しみです。


本作はドキュメンタリー作品ですが、そうとは思えないほど破天荒で、展開の起伏ありありで、なおかつ笑える作品に仕上がっています

自分はドキュメンタリー作品は少し苦手で、その理由は「人々が話し続けるのが退屈」という身勝手すぎるものでした。
この作品もドキュメンタリー作品の例に漏れず、人が事実をつぎつぎにカメラの前でしゃべりまくる作風です。

しかし、一向に退屈することはありませんでした。
それは、(企画がポシャるという)ゴールが明確なストーリーラインがあることと、エピソードのひとつひとつがいままで聞いたことがないくらいに狂っているからでしょう。
映画が作られる過程を丁寧に追うことはもちろん、なおかつ「ホドロフスキー監督はつぎはどんなあたまがおかしいことを言うんだろう」とワクワクできるのです。

最高だろ?<気さくだけど、どうかしています

ホドロフスキーの言動がアレすぎて、劇場からはクスクス、ときには劇場が割れんばかりの爆笑が起こりました。
これは映画製作の裏側を覗きたい映画ファンこそ、きっと楽しめる作品でしょう。

また、意外とよかったのが音楽。この手のドキュメンタリー作品はそもそもBGMが一切ないということもあるのですが、本作ではアンビエント風な楽曲がとても心地よく、作品にリズム感を与えています。
ドキュメンタリー作品が苦手だという方にも、受け入れられやすいのではないでしょうか。


誤解を恐れずに言うなら、映画だけでなく、優れた芸術作品を世に出す人はどこか気が違っているところがあるのだと思います。
多くの人員を使い、お金を使い、自分が作りたいものを持てる力を振り絞って作るなど、ふつうの人にはできるものじゃありません。
しかもホドロフスキー監督は明確に「ビジネスよりも芸術が絶対に優先」という心情を持って映画作りに励んでいます。
こうした考えがあるからこそ、人々の記憶に残る作品が作れるのでしょう。


これはおすすめです。
もちろんホドロフスキー監督や映画作りにまったく興味がないという人には積極的に観てとは言えませんが、それらを知りたいという人にとってはものすごくおもしろく観れるはずです。

予備知識として入れておいたほうがいいのは、
・前述の「エル・ポト」や「ホーリーマウンテン」
・ホドロフスキーが敬愛していたバンド・デシネ作家のジャン・ジロー(ペンネームは“メビウス”)
・「オンリー・ゴッド」などの作品で知られる映画監督ニコラス・ウィンディング・レフン
デヴィッド・リンチが監督した映画「デューン/砂の惑星
くらいでしょうか。

<あれ?映画作られている?

そのほかでは、およそ芸術やサブカルチャーに詳しくない人でも知っている人物がゴロゴロ出てきたりします。

さらには、この映画にはものづくりをしている人すべてに観てほしいメッセージがあります
予告編の最後で宣言されている「あなたに勇気を与える映画」はダテではありません。
何かひとつのものをやり遂げたいと思っている人の背中も、きっと押してくれるでしょう。

わずか90分の時間で、元気いっぱいになれる素敵な映画です。
上映劇場は決して多くはありませんが、近くでやっていたら、ぜひ。

以下は結末も含めてネタバレです 鑑賞後に読むことをおすすめします↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-06-22 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR