FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

あのころの自分に 映画「リアリティのダンス」ネタバレなし感想

今日の映画感想はリアリティのダンス(原題:LA DANZA DE LA REALIDAD)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ショタコン大歓喜


あらすじ


1920年代、軍事政権がはびこるチリのトコピージャで、アレハンドロ・ホドロフスキー(イェレミアス・ハースコヴィッツ)は、その鷲鼻と白い肌のために“ピノキオ”と呼ばれてからかわれていた。
さらに、ホドロフスキーは共産主義者の父ハイメ(ブロンティス・ホドロフスキー)に暴虐的にふるまわれ、アレハンドロを自分の父親の生まれ変わりだと信じる母サラ(パメラ・フローレス)にも、ある出来事があったために冷たくあしらわれ、陰鬱とした少年時代を過ごさざるを得なかった。
父ハイメは独裁政権に反対し、大統領・イバニェスの暗殺を試みるのだが……




カルト映画の監督の代表として愛され続けている変態アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの最新作です。

23年前の作品というのが、日本では劇場公開されなかった「The Rainbow Thief」。
ちなみに同年には「Abelcain(アベルカイン)」という「エル・トポ」の続編にあたる作品も制作される予定でしたが、残念ながら休止してしまっています
さすがコアな監督、「ホドロフスキーのDUNE」でも描かれたように、その作品を観ることすら難しいのですね。

さて、本作「リアリティのダンス」は「エル・トポ」や「ホーリー・マウンテン」に比べると幾分敷居が低い作品に仕上がっていると思います。
思春期手前の少年の悩みは感情移入しやすいものですし、社会主義の人間が独裁政権下に置かれている状況もわかりやすいです。ホドロフスキー監督作品の入門としてはもっともオススメできるのではないのでしょうか。

でも、その変態度はまったく変わっていません
ときどき入るエログロはともかく、中盤のとある“奇跡”には99.9%くらいの人がドン引きするでしょう。
R15+指定は当然(むしろ甘い)、くれぐれもお子様は観てはいけません。
渋谷UPLINKでは修正(ぼかし)なしの18禁版も上映されているようです。

もうひとつ変態くさいなあと思ったのが、やたら主人公の少年が脱いだり、身体を触られる描写があることです。思い切り犯罪のにおいがします

むねさわる<女装した少年の胸をさわるホドロフスキー監督

映画を撮るという建前で、裏で妙なことしてないかと心配になりました。いやもう表で十分しているか。
プーチン大統領は少年のお腹にキスをしてスキャンダルになりましたが、映画では許されるんですね。
そのケがない人は、こちらも正しくドン引きしましょう。

強烈なキャラクターも多い作品ですが、特筆すべきは主人公の母親でしょう。
なにせ、しゃべるときに必ずオペラ調になるのですから。

りあ8<こんな母親やだ

母親を演じたパメラ・フローレスは本物のオペラ歌手。こんな仕事がくるなんて、夢にも思っていなかったでしょうね。
ちなみに、作中ではホドロフスキー監督の息子たち(本物)が重要な役として登場しています。

りあ4 りあ3 りあ2<ぜんぶ監督の息子です。

ホドロフスキーの息子のひとりが、映画ではホドロフスキーの父親を演じているという、なんだかややこしいことになっていますね。

ちなみに、5人のも息子を持つホドロフスキー監督ですが、1995年に事故で息子のひとり亡くしたときには、人を癒すためにのアートをつくり、人々が抱える心理的な傷を癒す“サイコマジック”をあみだしたりもしたのだとか。変態だ変態だとばかり思っていましたが(変態だけど)、その息子への愛はとても大きいものなのでしょうね。


本作は、一見すると「監督自身の少年時代を描く」自伝的な作品のように思えますが、じつはいろいろとウソを盛りまくっています
実際に監督が生まれ育ったのはチリのトコピージャで相違ないのですが、監督は1929年生まれなので、作中の設定だとまだ生まれたばかり(もしくは生まれてもいない)です。
当然、ホドロフスキー監督は作中で描かれる世界恐慌などは知りません。
現実離れした、ファンタジーのような展開もときおり顔を出します。

ただし、父親が元サーカス団員だったことなどは事実ですし、作中では実在の政治家カルロス・イバニェス・デル・カンポが登場します。
本作は事実を元としながらも、監督のイマジネーションが多分に注ぎ込まれている作品なのです。

映画の何が真実で、何がウソであるのかは、同名の自伝本を読めばわかるでしょう。

アレハンドロ・ホドロフスキー
3240円
powered by yasuikamo

本の後半では、映画では描かれてはいない、ホドロフスキーの心理療法士と活動が詳細に記載されているそうです。
<くわしくはコチラを参照>(pdfファイル)。

監督は「これは魂を癒す映画、私の家族を映画の中で再生し、私の魂を癒す映画でもあった」とも語っています。
映画版は、ホドロフスキーの実際の辛い少年時代を、ほんの少しの“理想”で装飾している作品とも言えるのかもしれません。


テンポがゆったり目な作品なので、ちょっと退屈な部分もありましたが、ホドロフスキーらしい変態シーンの数々には眠気も吹っ飛びました。
映画をあまり観ない方には全力でおすすめしません(監督のほかの作品よりはマシとはいえ、上級者向けすぎるから)。
ホドロフスキーのファン、ショタコンを自覚する方、ほかにはない独創的な作品を観たい方は、ぜひ劇場へ。

エンドロール後すぐにもう1シーンあるので、途中でお帰りなきよう。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-07-18 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR