FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

災害の後に 映画「イントゥ・ザ・ストーム」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はイントゥ・ザ・ストームです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:たつまきこわい


あらすじ


竜巻が発生して、「竜巻ハンター」チームとか、親子チームとか、カップルになりそうなチームとか、Yotubeに動画を投稿しようとしているバカチームとかが逃げたり巻き込まれたりする話。




ファイナルデッドブリッジ」のスティーヴン・クォーレ監督最新作です。

えっとね、本作の感想ね、えーとね、たつまきの迫力がすごくてね、あとはぜんぶどうでもいいの。おしまい。
……いや、だって災害映画ってそんなもんじゃない(身も蓋もない発言)。

本作の魅力の99%以上が「たつまきがすごい(小並感)」ではありますが、裏を返せばそこだけで劇場で観る価値がある作品です(ほめことば)。
これは本物の竜巻の迫力を間近で観れるという大チャンス。いつもよりちょっと前のほうの席で、「巻き込まれる」感覚を体験することをおすすめします。

本作の優れた点に、人物描写や展開がいい意味でざっくりとしており、気軽に観ることができることがあります。
上映時間は1時間29分という近年まれに見る短さですし(トランスフォーマー4は見習え)、たくさんいるキャラクターはチームを組んで行動しているために観ていて混乱することがないですし、ハリウッド映画の“お約束”をきっちり入れていて飽きさせません。

あとね、予告編ではすごく深刻な雰囲気を感じ取れますが、作中ではYoutubeで動画を投稿するバカとかがいることもあり、ノリはわりと軽いです。
自分はこのくらいの雰囲気の作品が大好き。肩の力を抜いて、気を張らずに楽しむことができました。
こってりラーメンばかりだと飽きちゃうから、たまには塩分控えめのうどんでも食べに行くかという気分で観ると幸せになれる映画だと思います(よくわからない例え)。

チームがそれぞれ“違った理由”で、竜巻に関わっているというのもいいですね。
行動原理がわかりやすいために「なんでそんなことするん?」という疑問がまったくなく、しっかり感情移入して観ることができます。
お気楽ハリウッドディサースター(災害)・ムービーではありますが、しっかりツボを抑えた内容なのです。

本作と同じように、竜巻が襲ってくる映画で多くの方が連想するのは1996年に公開された「ツイスター」でしょう。

ヘレン・ハント
780円
powered by yasuikamo

「イントゥ・ザ・ストーム」はこれとキッチリ差別化を図っている印象でした。
その理由のひとつがPOV(一人称視点)で撮られていること。
“災害に合う人の手持ちのカメラ”の視点で撮られているため、本物の災害の現場にいるかのようなライブ感があるだけでなく、「周りのすべてが見えないがゆえの恐怖」も描くことに成功しています。
POVならではの「カメラは前しか映さない」「災害にあう人物はその場所のことしか知らない」という制限を、上手く活用してくれているのです。

人間ドラマも「ツイスター」より本作のほうが好きですね。ていうかあんまり覚えていない
あっちは人が死んでる災害を調査しているのに、ライバル関係とか入れるなよと思っていましたから。
「イントゥ・ザ・ストーム」のドラマは安っぽ……じゃなかった、シンプルにまとまっています。


残念だったことのひとつが、前述のPOVの前提である「誰が撮った映像」であることが首尾一貫して守られてはないこと。
よくよく状況を考えると「あれ?これ誰が撮ったの?」となるシーンがいくつかあるために、少しPOVならではの臨場感を削いでしまう印象がありました。
たくさんのチームでコロコロと視点が変わるため、「クローバーフィールド/HAKAISHA」ほどの没入感がないのも欠点かもしれません。

あと、Youtubeに動画を投稿するバカどもが、ばかばかしいを通り越してすげえウザいのはちょっと……
自分はこういうキャラが出てきて大活躍するのは嫌いじゃない……というかむしろ大好物な部類なのですが、もうちょっと愛嬌を持たせてやってもよかったんじゃないでしょうか。
観ている人の80%くらいが「こいつら早く竜巻に巻き込まれろ」と願うことでしょう(その願いが届くかは観てのお楽しみ☆)

本作ってじつは3D上映がないのですね。
猫も杓子も3Dにする風潮は好きではないのですが、本作では3Dで観たいと思わせる画がたくさんあったのでちょっともったいなく思いました。


現在は同じくディサスター・ムービーである「GODZILLA ゴジラ」も公開されていますが、何にも考えずに楽しめる娯楽映画としては断然こちらをおすすめします。
終盤のとある光景には、「ゼロ・グラビティ」にも似た「映画でしか観ることができない」感動を味わうことができました。

観る人を選ばない万人向けの内容です(お子様にはちょっと怖すぎるかも知れませんが)。
展開はベッタベタなので、あまり映画を観慣れていない人のほうがより楽しめるかもしれませんね。オススメですよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-08-26 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR