FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

自分のことばで 映画「舞妓はレディ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は舞妓はレディです(2週遅れですみません)。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:おおきに(意味深)


あらすじ


舞子がひとりしかいない京都の街に、少女・春子(上白石萌音)が急に押し掛けてくる。
春子は必死で舞子になりたいと頼み込むが、身分も何もわからず、ことばのなまりもひどい者を雇うわけにはいかないと突っぱねられてしまう。
ところがその場にいた言語学者の京野(長谷川博己)は、鹿児島弁と津軽弁が混ざったことばを話す晴子に興味を持ち、彼女が“京ことば”を話せるように訓練を始める。




Shall We ダンス?』『終の信託』の周防正行監督最新作です。

この映画のタイトルは、オードリー・ヘップバーン主演の映画『マイ・フェア・レディ』をもじっています。

オードリー・ヘプバーン
1000円
powered by yasuikamo

本作の一部の設定もこの映画を踏襲しており、「言語学が女の子のなまり(方言)を矯正」させるという序盤の展開はぼ同じ。楽曲の歌詞にパロディも見られます。
『マイ・フェア・レディ』を観ておくと、この映画が「あ、ここを参考にしているんだ」と気づける楽しさがあるでしょう。

題材としているのは舞妓さん。
京都に旅行をした人であれば一度は観たことがあるであろう舞妓さんですが、「そういえば、舞妓さんってどんなことをしているんだろう?」と疑問に思う方も多いでしょう。
この映画では周防監督の徹底した取材により、知られざる舞妓さんの素顔を見せてくれます。

この題材を賞賛するばかりではなく、“ちょっとイヤなところ”も描いているのもこの映画のいいところ。
世間の偏見や業界の厳しさをしっかりと描く、周防監督ならではのこだわりが感じられました。

また、京ことばにも重点が置かれている作品です。
「ありしまへん」「〜どすえ」などのなまりのことですが、これが舞妓さんになるのは重要なポイントなのです。

ところが、主人公の女の子は鹿児島弁と津軽弁が混ざったことばを話しているので、なかなか京ことばには慣れません。
おもしろいのが、主人公の成長と、彼女は京ことばが違和感なく話せるようになることがシンクロしていること。
主人公ががんばって話そうとする京ことばの数々を楽しみながら、主人公の人間としての成長も知ることができる構成は、なかなかに気が利いていました。


豪華なキャストも見逃せません。
周防監督の常連である竹中直人草刈民代はもちろん、富司純子岸部一徳小日向文世とベテランが勢揃い。田畑智子濱田岳という若手の実力者もいます。

特筆しておかなければならないのが、主人公を演じた上白石萌音さんでしょう。
その野暮ったさ(失礼)からギャップのありまくる美声、観た人すべてが好きになってしまう愛嬌など、800人のオーディションを勝ち抜いたことを納得せざるを得ない実力者でした。

まゆげが<眉毛がチャーミング

個人的には長谷川博己さんが大活躍してくれることが、うれしくてしかたがありませんでした。
世間的には『鈴木先生』『家政婦のミタ』で有名ですが、自分としては『地獄でなぜ悪い』の映画バカの役が忘れられません。今回もいい感じに「言語学バカ」を演じてくれていました。

ミュージカル(音楽)映画ならではの配役と言えるのが、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の大原櫻子ですね。
彼女の歌うシーンは本作屈指の楽しさ。個人的には、主題歌のつぎに好きなナンバーでもありました。

VARIOUS ARTISTS
2580円
powered by yasuikamo


さて、物語のほうなのですが、個人的にはちょっと食い足らなさも残りました。

その理由は、この豪華なキャストたちが登場することで「横道にそれてしまう」ためです。
さらに、そのキャストのエピソードのいくつかは、主人公の成長物語とあまり関連しないのです。
このために「主人公が舞妓さんとして成長するという本筋が存在するのに、必要性がないキャラクターが多い」と印象を持ってしまいます。
竹中直人、岸部一徳、小日向文世のエピソードがなくても、この映画は成立しているでしょう。

公式サイトのイントロダクションを読むと、本作の脚本の作りかたは、主演が決まってから取りかかったり、思いつく限りのエピソードをまとめて書くなど、特殊なものなものだったそうです。
実験的な作りかたをしたことで、少し物語の魅力を削いでしまったような印象を受けました。
せめて、脇役のエピソードで、もう少しだけでも京都の魅力や舞妓の歴史などを教えてくれるとよかったのですけどね。


そんな文句はありつつも、本筋となる主人公の成長物語はとっても楽しめました。
主人公は舞妓さんになりたくてなりたくてしかたがない、だけど現実は厳しい。主人公はその厳しさをしって、乗り越えていく―
そんなベタな物語ではあるのですが、だからこそ安心して観ることができますし、とても応援したくなるのです。

個人的には、ミュージカルを“2番”までやらずに、さらっとテンポよくつぎの場面に移ってくれるのもよかったですね。
愛と誠」のきっちり最後までやるミュージカルは物語の流れを止めてしまう印象があったので、これは英断だと思います。

とくに知識がなくても楽しめる映画ですが、舞妓さんとは“芸妓”になる前の未成年の少女のことを指し、舞妓として約5年間修行した後に芸妓になることは知っておくとよいかもしれませんね。
本作で“三十路近くの舞妓さん”が出てくるのは、(失礼ではありますが)ちょっと笑ってしまうような事実なのです。

映画としての盛り上がりはいまひとつですが、それ以外は万人にオススメできる内容です。
役者のファン、舞妓さんを知りたい方、京都が好きな方はぜひ劇場へ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-09-27 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR