FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

最高の瞬間 映画「ジャージー・ボーイズ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、今日の映画感想はジャージー・ボーイズです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:青春の愛おしさに溢れている


あらすじ


ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の若者たちは、世界に名を馳せるミュージシャンになろうとしていた。
“天使の歌声”を持つフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)を筆頭に、彼らはバンド「フォー・シーズンズ」を結成する。
しかし、その栄光の裏にはとある秘密があって……




チェンジリング」「グラン・トリノ」のクリント・イーストウッド監督最新作にして、実在の音楽グループのフォー・シーズンズを題材とした作品です。

本作は同名のミュージカルを原作としていて、主演のジョン・ロイド・ヤングはミュージカル版でも主役のフランキー・ヴァリを演じていました。
フランキーを含めたフォー・シーズンズのメンバーの歌と演奏は、“吹き替え”をしていません。
彼らが奏でる楽曲の数々は、本物そのままのクオリティー。音楽が好きな人にとっては、これだけで観る価値がある作品です。
サウンドトラックは、もはや映画を観た人にとって必携でしょう。

1200円
powered by yasuikamo

客を呼び込むための有名な俳優を使うのではなく、あくまで楽曲のすばらしさを追求した配役がされていることだけでも、この映画が大好きになりました。
それは「まったくの無名だった若者の成功物語」とシンクロしています。
とにかく利益優先、事務所のゴリ押しばかりの日本の映画界にも見習ってほしいものです。

あ、そうそう、キャストの中でいちばん有名なクリストファー・ウォーケンものすんごくかわいいです。
口ではなんだかんだ言いつつもフォー・シーズンズをやさしく見守っているところとか、ツンデレおじいちゃんの魅力を堪能できて幸せでした。

有名な楽曲の数々が魅力的な作品ですが、若者たちの青春ドラマとしても奥深く仕上がっています。
イーストウッド監督は「この作品をミュージカルだと思っていない。作品のテーマはあくまで4人の男の物語で、たまたま彼らが音楽を選んだだけだ」と語っています。
若者たちの栄光と挫折、彼らの欠点を含めた愛おしさを描くイーストウッド監督の“らしさ”に溢れていました。

本作はじつは本国ではあまり評判がよくなく、興行成績もいまいちぱっとしていません。
しかし、日本では大絶賛を持って迎えられており、2週連続興行成績7位と上映館数の少なさに比べれば十分なヒットをしています。
これは日本でも有名な楽曲がたくさん登場したこと、物語にある“事情”が日本人の心を捉えたからなのかもしれませんね。
「仕事と家庭の両立が難しい」なんて(世界共通ではあるだけだろうけど)日本人の多くが抱えている悩みでしょうから。

欠点は、個人的には作中の借金がらみのエピソードにやや違和感を覚えてしまったところ、主役の4人のうちMichael Lomenda(ニック・マッシ役)とErich Bergen(ボブ・ゴーディオ役)の見た目がわりと似ているための混乱してしまったことくらいです。

「ジャージー・ボーイズって誰?」と思っている人たちにとっても「え?あの曲ってこの人たちが作っていたの?」と驚ける楽しみかたがあるでしょう(自分がそうでした)。
これは、有名なアーティストが過去に作り出した、すばらしい楽曲の数々を知る機会でもあります。
老若男女を問わず、おすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-10-12 : 旧作映画紹介 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR