FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

愛なんてない 映画「ニンフォマニアック Vol.1」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はニンフォマニアック Vol.1です(遅れました)。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:意外と笑える(ドン引きしながら)


あらすじ


行き倒れていた女性・ジョー(シャルロット・ゲンズブール)は、初老の男セリグマン(ステラン・スカルスガルド)に拾われ、自分の生涯を語り始める。
その昔、ジョー(ステイシー・マーティン)は15歳のときにバイク好きの青年ジェローム(シャイア・ラブーフ)に処女を奪われる。
やがて印刷会社に就職したジョーは、そこでジェロームと再会するのだが……。




※このブログは18禁ではないですが、映画が描いている内容はそりゃあもう性的なので未成年者の方はなるべく読まないでね!
※vol.2の感想は<コチラ>

メランコリア」「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアー監督最新作です。
タイトルの意味は“色情欲”。
少女時代からセックスに溺れた女性の姿を描く、「Vol.2」と合わせて4時間を超える大作となっています。

トリアー監督の特徴と言えばとりあえず女性をいじめぬくスタイルで、だいたいの作品で女性が(主に性的に)ヒドい目に合います。
ダンサー・イン・ザ・ダーク」はその最たるもので、ハッピーな映画が好きな人から死ぬほど嫌われているのも致し方ないでしょう。

でも自分はトリアー監督の作品が大好きです。
それは登場人物たちが、ふつうの人が思う“幸せ”とは違うものを目指しているように思えるからです。

幸せというのは主観的なものであり、ほかの人から見れば「それって絶対に不幸じゃん……」と思っても、本人からしてみれば違うこともあるのではないでしょうか。
本作「ニンフォマニアックVol1」でもそれは同様で、最初から最後まで「愛なんていらねえ、セックスがあればいいんだ」という女性の姿を描いているのです。
……いやあ幸せとはとても思えませんね(←客観的考えかた)

また、本作は意外と笑える作品になっています。
その理由のひとつが、主人公の行動がいちいち“例え”られること。

本作のプロットは、男が主人公の話す過去の物語を聞いていくという「アマデウス」スタイルです。
男はさぞかし破天荒すぎる女性の性遍歴を聞いてドン引きするかと思いきや意外とノリノリで聞いていて、哲学的な例えで彼女の物語を解釈しようとするのです。
その例えは納得できそうで、おいおいとツッコミたくなるところもあったりして……そのバリエーションの多さも楽しむべきでしょう。

また、あまりエロを期待して観る作品ではないと思います。
確かに性描写はR18+指定納得の過激さなんですが、それほど男性の性的興奮を呼び起こすような撮られかたをしていないように思いました。
メインとなるのはひとりの女性の人生であり、哲学的な考察。誰かの“生きかた”についてあれこれと考えてみたい人にこそ、おすすめと言えます。

余談ですが、公式サイトのキャラクターのページ(←クリック注意)もヤバいですよねえ……
登場人物がみんな裸でエクスタシーな表情を浮かべているのは想定の範囲内ですが、下までスクロールしていくと白目を剥いているおじいちゃんまでいますから。このページでなんとなく笑えたら、本編でも笑えると思います。

難点は哲学的な考察が多いので、劇的な展開を求める人にとっては退屈に感じてしまうかもしれないこと。
特殊な“愛”の形を描いているという点も含めて、意外と「her/世界でひとつの彼女」にも似ている作品かもしれません。
あとは映画がいいところで終わってしまうのも寂しいですね。「Vol.2」の公開は11月1日からなので、「Vol1」と同時に公開しているときに立て続けに観てみるのもアリかもしれません。

映画というのは多種多様な人生を切り取って見せてくれるものであり、楽しいだけでなく、恐怖、悲劇、絶望なども描ける媒体です。
本作のように、セックスばかりしていてどんどん身を滅ぼしていく(ように見える)女性の悲劇(?)を描いている映画も、ある意味では貴重ですし、観る価値は確かにあるはずです。

描写は確かにえぐ〜いものばかりですが、トリアー監督作品の中ではこれでもけっこうとっつきやすいほうだと思います(笑えるし)。
それでも上級者向けであることは間違いないので、「ダンサー〜」か「ドッグヴィル」で、トリアー監督のアクの強さを知ってから観ることをおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2014-10-21 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR