FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

人間の行動 映画「フューリー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はフューリー(2014)(遅れてすみません)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:戦場の熱き友情→仲間がむしろヒドい


あらすじ


1945年4月、アメリカ連合軍はナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛けようとしていた。
ウォーダディー(ブラッド・ピット)たちアメリカ兵士たちは、フューリーと名付けたアメリカ製の中戦車“シャーマンM4”に乗り戦地に赴く。
フューリーの乗組員に、いままで人を殺したことがない新兵・ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わるのだが……




エンド・オブ・ウォッチ」「サボタージュ」のデヴィッド・エアー監督最新作です。
ブライアン・デ・パルマ監督の同名の作品とは無関係です。

本作は史実をもとにしているものの、物語自体はフィクションです。
戦地に赴くアメリカ兵4人の心の変化と窮地を描く、骨太の戦争映画となっていました。

映画を観ても信じられないのは、この映画で描かれるのがたった1日の出来事であるということ(正確には丸2日経っているようなのですが)。
戦場での“濃い”人間ドラマ&戦闘が本作のいちばんの見所と言ってよいでしょう。

物語で上手いのは、若き新兵を主人公と言えるポジションで活躍させていること。
観客のほとんども実際の戦争に触れていないので、「はじめての戦争」に怯える新兵にとても感情移入をさせてくれるのです。

この新兵は、「はじめての人殺し」「戦車を使っての乱射」も余儀なくされます。
兵士としては成長してくものの、人を殺したくないという想い(人間性)は次第にうすれていく……その変化が非常に哀しくも、恐ろしいものでした。

また、ポスターや予告編で「戦場で築かれる男たちの友情!」みたいなものを期待していましたが、ぜんぜん違いました。むしろ仲間たちのほうがク○野郎どもでした
てめー戦場だからってそんなこと強要してんじゃねーよと怒りたくなります。
でも、それも戦場という狂気により引き起こされたものです。

この狂気は「ハート・ロッカー」にも通じるものがあります。
全編を通じて「戦争では人殺しは当然」という理論が一貫しているので、良くも悪くも気分が悪くなる映画と言ってよいでしょう。

戦車マニア(?)にとってたまらないのは、本物のティーガー戦車M4中戦車を博物館から借り入れて撮影に用いたことです。
本物の戦車どうしの戦闘は、狭い戦車内部の乗組員の描写も相まってかなりの緊張感がありました。



個人的に違和感があったのは、曳光弾による攻撃が描かれていることです。
具体的には“放たれた弾丸がピカピカと光る”のですが、これがSFチックというか、スターウォーズでも観に来たんだっけ?と思わせてしまうほどで、演出過多に思えました。

宗教観がクローズアップされているのも、日本人にはピンとこないかもしれません。
日本ではなぜかG(前年齢)指定ですが(本国ではR指定)、多少なりとも殺傷シーンやグロテスクな描写、性的な話題があるので、お子様の鑑賞にも向いていません。
会話シーンが多く、人によっては退屈に感じてしまう人も多いでしょう。
そもそもの戦争という重い題材も含めて、万人が楽しめる内容とは思えませんでした。

しかし、登場人物の心情の変化、宗教観に着目してみるととてもおもしろい映画です。
乗組員のひとりが「俺たちが生きているのは神の思し召しか?」と疑問に思うシーンがあるのですが、映画はこのことを肯定しているようにも、否定しているようにも見えます。
ラストシーンでの画や、その直前の乗組員の想いなどを、いろいろと思い返してみることをおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-12-09 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR