FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

ふたつの愛 映画『ホビット 決戦のゆくえ』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はホビット 決戦のゆくえ(原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies)です。

※あらすじから前作『竜に奪われた王国』のネタバレがあるのでご注意ください。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:いろいろと時間が足りなかったんだろうな……


あらすじ


王国を奪い返す旅に出発したホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)一行は、竜のスマウグを目覚めさせてしまう。
スマウグが港町エスゴラスに襲いかかろうとしている中、ドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)は秘宝“アーケン石”に目がくらみ、かつての威厳を失いつつあった。
そんな折、サウロンが奇襲をしかけ、アゾグの軍も決戦の地にやってくる。ドワーフ、エルフ、人間たちの対立も始まり、かくして“5軍”の戦いが幕を開けようとしていた。




※わりと文句を言っているので、この映画が好きな方にはごめんなさい。
※コメントの意見を追記しています。毎度ありがとうございます!

『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚にして、『ホビット』3部作の完結編です。
前作と前々作のレビューはこちら↓
<認めること 映画『ホビット 思いがけない冒険』>
<星の光の下で 映画『ホビット 竜に奪われた王国』>

さて、今回の完結編を観ていちばん最初に思ったことが上映時間が短すぎるということです
実際に、『思いがけない冒険』が2時間50分→『竜に奪われた王国』が2時間41分→『決戦のゆくえ』が2時間25分と、どんどん短くなっていっていました。ちなみに、その2時間25分のうちエンドロールが10分を占めます。

前作と前々作でさんざん「長い」「間延びしている」とかほざいていた自分が言うことではないのは重々承知ですが、今回は細部で“描ききれていない”描写が多いと感じました。
展開のそこかしらに違和感がありますし、キャラクターの描写もあっさりしすぎています。

これは公開ギリギリになるまで作業をしていたという、制作スケジュールそのものに原因があったのでしょう。
そういえば、『るろうに剣心 伝説の最期編』も公開ギリギリまで映画を作っていたおかげで、かなり雑な作品になっていました。
※本作は元々二部構成だったものを三部構成に変更していたそうです。

映画は、公開が直前になって延期されることはそれほど多くはありません(『シャッターアイランド』ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督の『ジュピター』、日本では震災の影響があった『世界侵略:ロサンゼルス決戦』など)。
しかし、せっかくの完結編でこのような不満が出てしまうのであれば、少し延期してでも完成度を高めて欲しかった……と思わざるを得ませんでした。
まあ、前作の終わりかたがエグすぎたので、早めに公開せざるを得なかったのでしょうけど。


もうひとつの不満は……軽いネタバレかもしれませんがもう言ってしまいます。13人もいるドワーフのほとんどが活躍しません

あんまり出てきません<あんまり活躍しません

一方、活躍しまくっているのは、原作の『ホビット』に登場しないタウリエルレゴラスです。
このふたりも好きなんですが、せっかく個性豊かなドワーフたちといっしょに旅をしていたのだから、そちらに花を持たせてやりたかった……と思う人は少なくないはずです。

また、前作からのことではありますが、おもに活躍する男性キャラクターにも不満があります。
それは“見た目”。以下を見れば、その見た目の共通点がわかると思います。

トーリン<トーリン バルド<バルド  キーリ<キーリ

このように、イケメン+長髪率が非常に高いことになっています。
役者の顔はぜんぜん違うし、作中ではちゃんと見分けはつくのですが、パッと見ではわかりにくく「これはどっちのイケメン長髪だっけ?」と思ってしまいましたもの……(自分だけだったらごめんなさい)。
せっかくドワーフの見分けかたの図を作ってくれた方もいるのですから、やっぱり見た目が個性豊かなドワーフたちに活躍の場所を与えてほしかったですね。

あ、もうひとり長髪のキャラを忘れていました。

ウザキャラ<アルフリド

こいつはぜんぜんイケメンじゃないので混乱しなくてすみますが、イントゥ・ザ・ストーム』のYouTubeバカ並にウザいキャラになっていたので面食らいました。
こいつの一連のシーンが笑えるかと言えば、ウザいだけであんまり笑えないような気がします。

……あ、ビルボは主人公とは思えないほど影が薄かったです(ドワーフたちよりはマシです)。

こうなると、いままでの『ホビット』に“長い”と文句を言っていたことが恥ずかしくなりました。
いままでは“日常”の描写の多く時間を裂いて、時間をゆっくりとかけて、登場人物の心情を丁寧に描いていました。
しかし本作は戦闘シーンばかりが続き、映画としては破綻しているとまで思えるほど雑な点が散見されました。
『ホビット』という作品が持っていた、この“丁寧さ”が失われてしまったのは、やはり残念でした。


そんなわけで展開とキャラクターの描きかたには不満が多かったのですが、圧倒的な描写のファンタジーの世界、5軍が激突する(原題はThe Battle of the Five Armies)終盤の盛り上がりなどは、劇場でこそ堪能するべきものです。
自分は何となく2Dで観てしまいましたが、3Dはいままで以上に自然かつ迫力があるものになっているそうなので、ファンは3Dを選択したほうがいいでしょう。

また、言うまでもなく前作と前々作の鑑賞は必須です
“いままでのあらすじ”なんてものも一切なく、マジで前作の終わりの続きから始まります。
前作の終盤の展開をだいぶ忘れていた自分は、けっこう物語についていくのが大変でした。

余談ですが、本作のパロディである機内マナービデオのクオリティがハンパないことになっています。



ピーター・ジャクソン監督本人や、清水直行選手や、『ロード〜』でおなじみのあの人まで出演しているんですけど……すげえな。
※『ホビット』シリーズは定番だったようです。
参考→<ニュージーランド航空、「壮大すぎる機内安全ビデオ」を公開日本サイト>

ここまでのスペクタクル、長かった旅の終わりを観ることができただけでも満足してしまうのも事実。
いままで『ホビット』を観てきた人は、迷わず劇場に向かいましょう(できれば予習をして)。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 前作『竜に奪われた王国』の内容がさらにネタバレしているのでご注意を

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-12-18 : 映画感想 : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR