FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

『ベイマックス』字幕版と吹き替え版どちらがオススメ?+2回目の鑑賞で気づいた点

ベイマックス』はすばらしい作品でしたね。個人的には全人類に鑑賞を義務づけるべきだと思います。

<なにこれちょうほしい

本作は大人にもおすすめしたい(オタク)要素が満載です。
そのために、字幕を観ようか、吹き替え版を観ようか、3D料金を払う価値はあるかと迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

自分は1回目は字幕版、2回目は吹き替え版+3Dを観てみました。
そこから結論を申し上げれば、字幕版よりも吹き替え版がおすすめ、3Dに関してはお好みで選べばよし、というところです。

字幕版、吹き替え版のよいところとビミョーなところをそれぞれ書いてみます。
※以下は少しだけ内容にふれていますが、未見でも問題のないレベルだと思います。
※少々うろ覚えなところがあるので、間違いがありましたらご指摘いただけると幸いです。
※(1月5日:いただいたコメント+αを追記しました)


【字幕版】

<よいところ>

・原語のセリフならではの楽しみがある
たとえば、フレッドというアメリカンコミック(以下アメコミ)オタクが敵のことを「ラスボス(吹き替えだとボスキャラ)」と呼ぶシーンがあるのですが、原語では「スーパーヴィラン」と呼んでいます。
アメコミを知らない女性や子どもには「ヴィラン」ということばにはなじみがないので、こうしたのも理解できます。
でも、アメコミファンとしては悪役はヴィランと呼ぶべきですよね。ここでもアメコミをリスペクトしているところがわかります。

・原語のおもしろさが楽しめる
本作には「ワサビ」「モチ」などの日本の名前が多数登場していて、それの原語での発音がやけに楽しいです。
「WASA↑BI↓」「MOCHI↑」みたいなイントネーションになっていて、より舞台の“サンフランソウキョウ”の奇妙な魅力に気づけます。

<ビミョーなところ>

・字幕の内容がかなり簡略化されている
たとえば、タダシというキャラが主人公を「天才のお前」と呼ぶシーンがあるのですが、原語および吹き替えでは「13歳で高校を卒業した」という事実が示されています。
ほかにも「プログラムのコーディングが大変だった」は「プログラムが大変だった」になっています。
これは意訳というよりも、字幕の視認性を高めるためにあえて内容を簡潔にした、ということなのでしょう。

・字幕に辛辣に感じる内容がある。
吹き替え版では可能な限り「オタク」という表現は避けていた(劇中2回くらい登場)のですが、字幕版では「Nerd」というセリフをもれなく「オタク」と字幕で表示しています。
吹き替え版での「14才でネタ切れか」というセリフは、字幕版では「14才で枯れているのか」でした。
このあたりは、ちょっとやりすぎかもしれません。

・単純に字幕を追うことが大変
本作はかなりスピーディに物語が展開するので、字幕を追うのが大変です。

※追記
なんと字幕版はセリフが削られているという衝撃の事実が飛び込んできました。
字幕版の最後に不満があったのだけど、そういうことか・・・(ネタバレなので観賞後にお読みください)↓

【映画】ベイマックス・日本語上映版とアメリカ上映版の違い【ネタバレ感想】


【吹き替え版】

<よいところ>

・映像世界を堪能できる
当たり前のことですが、字幕の煩わしさに悩まされずにすみます。
声優も文句なし。小泉孝太郎演じるタダシはとくに上手かったですね。

・やわらかい表現になっている
字幕版では「殺す」という表現が思い切り使われるのですが、吹き替え版では「命を奪う」「倒す」と、直接的な表現を避けているようでした。
これは子どもも観る作品なので、乱暴または辛辣なことばを避けたのでしょう。
裏を返せば字幕や原語のほうがより明確で残酷ということなので、これは一概にいいところとは言えないかもしれません。

・字幕よりも情報量が多い
限られたセリフの中で、原語の情報のほとんどをキッチリ拾い上げている印象でした。

<ビミョーなところ>

・原語の内容を100%理解できないところがある
たとえば、本作の敵キャラは原語では「KABUKI MASK(歌舞伎の仮面)」をつけていることがわかるのですが、吹き替え版では「マスクの男」と言われるだけ。日本の文化をそこで推してよかったのでは?と思うのです。

ただ、歌舞伎とは本来「メイク」であり「仮面」で表現するものではないですし、悪役が歌舞伎の面をつけているというのはイメージダウンにつながるかもしれません。そのあたりの大人の事情と考えれば納得はできます。


【3D版】

・3Dの効果は「そこそこ」レベル
『アバター』や『ヒックとドラゴン』のような奥行きはさほど感じません。
極めて自然な使われかたをしているので疲れない反面、「2Dとそう変わらない」と思う方も少なくないはずです。

ラストバトル(とくに“マイクロボット”と“ハニーレモン”のアクション)と、上映前の短篇『愛犬とごちそう』の3D効果は十分すぎるほどにありましたので、3D料金を支払っても後悔はしないとは思います。


ちなみに本作には“4DX”上映(映画に合わせて座席が揺れたり、風が吹いたりする)があり、これが4DX史上最高レベルのクオリティの高さを誇っているようです。


4DXの上映館は一部のシネマサンシャイン、コロナワールド、ユナイテッド・シネマだけなので地方の方にはきびしいものがありますが、この大傑作の『ベイマックス』で4DXデビューしてみるのもいいかもしれません。


ここからは2回目の鑑賞で気づいたことを書いてみます。
※以下は内容のネタバレが不可避。未見の方はご遠慮ください。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-01-04 : いろいろコラム : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR