FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

これからの報い 映画『シン・シティ 復讐の女神』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はシン・シティ 復讐の女神(原題:Sin City: A Dame to Kill For)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:人を選ぶ映画の極致


あらすじ


シン・シティのならず者・マーヴは気に入らない大学生たちを血祭りにあげようとする。
ギャンブラーのジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はロアークにポーカーで勝負を挑む。
私立探偵のドワイト(ジョシュ・ブローリン)は、別れた女房・エヴァ(エヴァ・グリーン)と再会する。
ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、街の権力者・ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)への復讐するチャンスをうかがっていた。




フランク・ミラーのビジュアル・ノベルを原作とした映画『シン・シティ』の9年ぶりの続編です。

ブルース・ウィリス
1490円
powered by yasuikamo

前作を観た人なら言わずもがな、本作の魅力はモノクロ基調+パートカラーのスタイリッシュな画、マンガ原作ならではの破天荒な展開、ハードボイルドな「男」の美学、グロ描写てんこ盛りなどに集約されます。

具体的にはそのへんの雑魚どもの首がスッパスッパ切れて、真っ白(モノクロだから)な血がぶしゃぶしゃ飛びます。
その残酷描写は「痛み」を感じさせないものであり、それをスタイリッシュにカッコよく(?)描くのですから、青少年の健全育成に大変悪いものとなっています。

自分は悪趣味なので、そんな「品行方正なんてくそくらえ!」な作風が大好きです。
グロというスパイスを用意しつつ、徹底して「男の生き様」を見せる物語に魅了されました。
前作『シン・シティ』は「この世界観が好きなやつだけついてこい!」という突き抜けっぷりと、観客を楽しませるための娯楽性を合わせて持っており、マイフェイバレット作品のひとつになりました。


本作でも前作でも特徴的なのは、いくつかのエピソードをつなぎ合わせたオムニバス・ストーリーになっていることです。
しかも、これらのエピソードは前作も含めて時系列がシャッフルされています
※キャストも含めて、時系列についてはこちらにまとめました⇩
<『シン・シティ 復讐の女神』を観る前(観た後)に知っておくといい時系列>

本作では原作のエピソードふたつと、映画オリジナルエピソードのふたつで構成されています。
※原作の第1巻で、3話目の"A Dame to Kill For"を読むことができるそうです。
フランク・ミラー
2484円
powered by yasuikamo

このオムニバス方式も、好き嫌いが分かれるポイントです。
マグノリア』や『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』などの群像劇ほど各キャラクターが絡むわけではありませんし、1本の長い物語を観たという満足感は得にくいかもしれません。

また、男の一人語り(ナレーション)がとにかく多いです。
これを「かっこつけ」と冷めた目で見てしまうか、「かっこいい!」と素直に思うかで『シン・シティ』という作品の評価が変わりそうです(自分は圧倒的に後者)。
前作は日本語吹き替え版(超豪華!)で観ると、より一人語りの格好よさが際立ったので、一度観たという方でもぜひ一度吹き替えで堪能してほしいです。
本作で日本語吹き替え版の上映がないのはちょっと残念だったなあ……。


そして……本作では、前作以上に人を選ぶ要素が多くなってしまっています。

その理由のひとつが、各エピソードの時間配分がバラバラで、かつ間延びしているようなシーンが見られたこと。
前作は3話のエピソードがそれぞれ等分に分かれていたような印象でしたが、本作ではそれぞれのエピソードが長かったり短かったりで、歪(いびつ)な印象を残します。

前作に比べるとそれぞれのエピソードの盛り上がりが少なく感じます。
物語がそれほど洗練されておらず、アクションの説得力にも乏しくなった印象です。
”作戦”などはほとんどありませんし、「なぜそれで勝つことができるのか」と納得しにくく、力でごり押ししているようでした。

また、本作の物語は単純な勧善懲悪ではなく、悪がうごめく街で血で血を洗う抗争がくり広げられ、復讐や怨念が渦巻くという、スカッと爽やかとはいかないものです。
本作では陰惨な面がパワーアップしており、とくにパワーズ・ブース演じる巨悪・ロアークの外道っぷりにはすさまじい嫌悪感を覚えました(そのことを目的としたキャラなのですが)。

ちなみに、エロ要素もそれなりに増えています
そのほとんどはエヴァ・グリーンのおかげ。彼女は『ダーク・シャドウ』『300 帝国の進撃』で味をしめたのか、すっかりエロ美女要因にされていました。
そのハマりっぷりは他を寄せ付けない勢い。本作はエヴァ・グリーンを観る目的であれば大・大満足できるんじゃないでしょうか。


ここまで書いてきたように、本作は死ぬほど好き嫌いが分かれる内容です。
前作に比べると映画としての完成度は低いと思わざるを得ないので、とにかく観て!とはっきり言えないところもあります。

しかし、『シン・シティ』のグラフィック、雰囲気、ヤバさ(頭の悪い表現)はほかの映画にはない、唯一無二の魅力です。
「残虐なマンガ(ビジュアル・ノベル)をスクリーンで観る(しかも3Dで!)体験ができるのは今だけだ!」というだけで、自分はこの映画をおすすめしたくなるのです。


これからこの映画を観る人には、細かいセリフの妙と、そして原題および2話目のタイトルである『A Dame to Kill For』の意味を考えてみてほしいです。
dameとは女性を指すことばであり、「女神」も意味しています。

タイトルを訳するのであれば「女神のためなら殺す」となるのですが……観た後には、そのタイトルが奥深いものであると気づけるはずです。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-01-12 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR