FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

無限の中で 映画『きっと、星のせいじゃない。』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅れましたが、今日の映画感想はきっと、星のせいじゃない。(原題:The Fault in Our Stars)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:生きているだけで幸せかも(それだけでもないかも)


あらすじ


ちょっと皮肉っぽい女の子・ヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は甲状腺がんにかかってしまっために、毎日の薬の投与、治療を続けなければならなかった。
ある日ヘイゼルはがん患者の支援団体の集まりで、骨肉腫で足を失った男の子、オーガスタス(アンセル・エルゴート)と出会う。
ヘイゼルは憧れの小説家に会うためにアムステルダムに行くことを夢見ていたが、がんの症状が悪化し、ヘイゼルの医療チームはアムステルダム行きに難色を示すようになってしまう。
オーガスタスは何とかヘイゼルの役に立とうとするのだが……




少し前、ガラケー時代に日本では「ケータイ小説」なるものが流行りました。
その代表格(?)である『恋空』は、少女が暴行されるわ、愛しの彼(金髪)がガンになるわ、病気の苦しみがちっとも描かれないわ、考えなしに赤ちゃんを産もうとしてさらなる不幸の種を増やそうとするわで、子どもに心底読ませたくない最悪のシロモノでした。
この小説とも呼びたくないブツの主人公の初めのセリフはなんと「あ~!!超お腹減ったしっ♪♪」。いま見ても殺意を覚えます。
こんなスイーツ(笑)よりも大喜利状態になっているAmazonレビューを読んだほうがよっぽど幸せになれることは間違いありません。


さて、本作『きっと、星のせいじゃない。』は本国で大ヒットしたティーン向けの小説が原作であり、不治の病にかかるという点で、一見すると日本のくだらねえケータイ小説のように思うかもしれません。

ジョン・グリーン
1944円
powered by yasuikamo

しかし、『恋空』と比べるのもおこがましい、天と地とほどとも思える違いがそこにはありました。
病気の苦しみがしっかり描かれていることはもちろん、世にあるお涙ちょうだいを皮肉るセリフがあったりもするのです。

確かに不治の病が物語の主軸になっているのですが、描いているのは「死んじゃって可哀想」なんて単純なものではありません。
あくまでテーマは、人の生きかたであり、愛おしさに満ちた人生そのものです。
この映画を観た後は、「生きていること」「生き続けられること」の幸せを感じることができるでしょう。

台詞は哲学的であり、病気を抱えた人はもちろん、多くの人が共感できるものになっています。
これは原作のよさと、スマートな演出や『(500)日のサマー』のスタッフが手掛けた洗練された脚本があったおかげなのでしょう。

とくに興味深かったのが、ゼノンのパラドックス(アキレスと亀)の話題。そこには、「わずかな時間しか生きられない」ということの悲しさだけでなく、希望を込めたメッセージをみることができました。


登場人物はわずか数人で、どのキャラクターも魅力たっぷりに描かれていることも大好きでした。
ダイバージェント』でも抜群の存在感であったシャイリーン・ウッドリー、イケメンなだけではなく年相応の「弱さ」を見せるアンセル・エルゴートの演技は文句のつけようがありません。
母親役にローラ・ダーン、主人公があこがれている小説家役にウィレム・デフォーと、大ベテランが抜擢されているところも見どころでしょう。

個人的には、主人公のふたりが「恋人」よりも「友だち」であった時間が長い(かのように思えた)ことも好み。
イチャイチャラブラブなリア充爆発しろではなく、同じような境遇を持ったふたりだからこその、互いを想う気持ち……そうした心情を大切にしているのです。

音楽も秀逸でしたね。

Original Soundtrack
1090円
powered by yasuikamo

誰もが知るポップスはもちろん、「ヴィヴァルディの四季の冬」を流すなど、型にはまらない選曲を楽しむことができました。


タイトルの意味についても触れておきます。

原題の『The Fault in Our Stars』は、シェイクスピアのジュリアス・シーザーの台詞「The fault, dear Brutus is not in our stars, / But in ourselves, that we are underlings.」が元ネタです。
この場合の「Star」は「運命」を意味しており、原題を直訳するのであれば「私たちの星の中の過ち」、意訳するのであれば「運命の欠陥品」となるかもしれません。
この原題は、主人公ふたりそのものを示していると言っていいでしょう。

一方、邦題は『きっと、星のせいじゃない。』という、原題とは正反対の意味に変わっています。
これは「運命のせいじゃない」「私たちが運命を変える」という、運命に抗うかのような意思の強さを感じました。

この邦題には賛否があるとは思いますが、自分は大好きです。
原作小説タイトルの『さよならを待つふたりのために』はやや受け身であるかのようなさびしさをも感じましたが、この邦題はどこかあっけらかんとしていて、主人公ふたりの性格や行動にもじつにマッチしていていました。


「死」で涙を誘うような難病もの、安っぽい恋愛話が嫌いという人にも(むしろそういう人にこそ)観てほしいと思える素晴らしい作品です。
それほど悲劇的な面ばかりが強調されているわけではなく、クスクス笑えるシーンも満載です。
きっと、すがすがしい気持ちで劇場を後にできるでしょう。

「死」そのものよりも、「もっと生きたい」という想いが強調されていることには、名作『マイ・フレンド・フォーエバー』を思い出しました。
世代を問わず、すべての人におすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-03-07 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

みんなの悩み 映画『くちびるに歌を』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はくちびるに歌をです。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:超・ド直球の青春日本映画


あらすじ


元ピアニストの柏木ユリ(新垣結衣)は、生まれ故郷である五島列島の中学校に、臨時教師としてやって来る。
柏木は合唱部の顧問になるのだが、その態度はそっけなく、合唱部のリーダーである仲村ナズナ(恒松祐里)から嫌われてしまう。
合唱部に憧れを抱いている桑原サトル(下田翔大)は、自閉症の兄・アキオ(渡辺大知)の送り迎えを毎日続けていたのだが……




※少しだけ後で思ったことを追記しました(3月10日)

ホットロード』『アオハライド』の三木孝浩監督最新作であり、中田永一(乙一の別名義)の小説を原作とした映画です。

中田 永一
1620円
powered by yasuikamo
中田 永一
668円
powered by yasuikamo
※『いでじゅう!』のモリタイシ先生のコミカライズもありました。


島にやってきた臨時教師が児童(生徒)と交流をしていくという物語を聞いて、『二十四の瞳』や『北のカナリアたち』を思い浮かべる人は多いことでしょう。

自分がこの映画で思い出したのは、意外にも『レインマン』『ギルバート・グレイプ』『チョコレートドーナツ』『八日目』といった、障がい者を描いた作品でした。
本作には、自閉症のきょうだいを持つ少年が登場するのです。

映画では(原作からなのですが)、障がい者のきょうだいを持つ少年の心を丹念に描写していきます。
そこには、強がりだけでなく、障がい者を「うとましく思う」という描写も少なからずありました

障がい者が身内にいるというのは、とても大変なことです。
障がい者を「純粋」と語るだけではすまされない、精神論だけではどうにもできない悩みがたくさんあります。

きれいごとだけでは、やりきれないこともあるー
本作で、障がい者を家族に持つ人の、そうした「後ろめたさ」「弱さ」を描いたことに、とてつもないやさしさを感じました。

また、自閉症の特徴をとてもよく捉えているのも素晴らしかったです。
『レインマン』などを観ているとわかるのですが、自閉症者には独自の「こだわり」があり、決まりきった時間に行動したり(親もその時間に行動させるようにする)、ことばをおうむ返しにしたり、何かに執着してずっとひとつのものをやり続けていたりもします。
その自閉症者の特徴をしっかり作品に取り入れ、自閉症の性質を完ぺきと言っていいほどに渡辺大知さんは演じ切っていました。


本作で描かれているのは、人が持つ「悩み」です。
作品のモチーフとなっている、アンジェラ・アキの「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の歌詞の内容も、15才の少年少女の深刻な悩みと、大人になってから15才の自分に宛てたメッセージが読まれるというような内容になっています。



映画で描かれているのは、前述の自閉症のきょうだいを持っているがゆえの悩み、父親に対する悩み、部活がうまくいかない悩み、過去のトラウマから逃れらない悩みだったりします。
それを「手紙」という楽曲と絶妙にシンクロをさせることで、歌詞がより理解できるという内容になっています。

たとえ人によく知られている名曲であっても、その歌詞の内容を咀嚼する機会はあまりありません。
この映画では、物語を通じて楽曲のメッセージをダイレクトに伝えてくれます。

作中の「何がきっかけでも、音楽に出会えたんだったらそれでいいじゃない」ということばには音楽への愛、「歌詞の意味を知らずに歌うなんて10年早いわ」には、音楽への真摯な想いも伝わってきました。

とりあえず名曲をモチーフに適当に展開作っときゃいいだろーという印象しかなかった『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』とは月とスッポンほどの違いです。


そうした本作ならではの特徴がありつつも、基本的にド直球の青春映画になっていたのが何よりも大好きでした。
登場人物たちは、中学生ならではの、なんでもなさそうだけど大切な日常を過ごしています。
合唱に青春のエネルギーを捧げ、ちょっとした挫折がありつつも、仲間が絆を深めていき、やがて大団円を迎えるのです。
悪く言えばベタですが、よく言えば王道でまったく嫌味がありません。
こうした奇をてらわない日本映画が、いまの「映画が飽和状態になっている」と言われる時代に公開されることだけも、本作を支持したくなるのです。

また、合唱の練習がつまらなくてサボるという描写があったのもよかったです。
自分も合唱の経験があったのでわかるのですが、「合唱大好き!」という感情だけではどうにもモチベーションが続かないことだってあります(どんな競技でもそうだとは思いますし、人によりますが)。
スポ根がすべてではなく、ちゃんと人間の良い面や悪い面もしっかり描いてくれるのです。

さらに福江島(五島列島)の風景の美しいこと!
青い海、日本家屋、教会、緑の映える丘などなど、三木監督がその風景を大切にしたいという想いが伝わってきました。


欠点がないわけではありません。
ストレートな感動ドラマであるために、ほんのちょっぴりの都合のよさや「クサさ」を感じてしまうことは否めません。
先生が抱えているトラウマは手垢のついた設定ですし、あまり普遍的ではない悩みや葛藤に違和感を覚える人も少なからずやいるでしょう。

しかし、本作にある感動は決して「泣かせ」に走っているものではありません。
描かれるのは、あくまで人が持つ弱さや愛しさです。
些細な欠点をはねのけるほど、脚本、撮影、役者、すべてが日本映画の最高峰と言うほどに揃った作品でした。

新垣結衣のファンだけに独占させておくのはもったないです。
老若男女を問わず、古き良き日本映画、青春映画を求めるすべての人におすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-03-07 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR