FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

残虐+重圧なドラマ 映画『ザ・レイド GOKUDO』ネタバレなし感想+ラストの解釈

劇場で観ていたけど、レビューをし損ねていたザ・レイド GOKUDO(原題:THE RAID 2: BERANDAL)のソフト版が発売されたので、レビューします。

イコ・ウワイス
3756円
powered by yasuikamo

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:暴力って本当にイヤだなあ……(観るのは別にして)


あらすじ


ビルから生還した警官・ラマ(イコ・ウワイス)は囚人を装って刑務所に潜入し、マフィアのボスを父親に持つ男・ウチョ(アリフィン・プトラ)と出会う。
出所後、組織のメンバーとして迎えられラマは組織の情報を警察に知らせようとするのだが、ウチョは父親に対する反発と野心をつのらせて行き……




インドネシア映画『ザ・レイド』の続編です。

イコ・ウワイス
2300円
powered by yasuikamo

前作は「警官たちがビルで格闘しまくってみんな死にまくります。おしまい」で説明できるくらいにシンプルな内容(そこが最高)だったのですが、今回はだいぶ様相が変わっています。
単純にアクションが連続するだけでなく、ドラマ部分が大幅に増量し、真面目なマフィアものへと変貌を遂げているのです。

描かれているのは、マフィアの親子の確執、父に愛されたい子の悲哀であったりします。
ギャレス・エヴァンス監督は同じことを2回やることを好まないそうですし、今回のもともとの脚本は続編ではなくオリジナル作品として使う予定だったそうなので、この作風の変更は必然と言えるものだったのではないでしょうか。

作風が変わったとはいえ、変わらない魅力もあります。
東南アジアで伝統的に行われている武術・シラットによるアクションは、ほかにはない迫力とおもしろさがありました(しかもさらにバリエーションもより豊かに)。カランビットナイフを使った闘いは最高に燃えます。

加えて、本作では敵キャラクターの個性も強まっています。
マンガでしかありえないような、「ベースボール・バットマン」と「ハンマーガール」というすっげえ強い殺し屋が登場するのです(しかもこのふたりは兄妹という設定)

バットマン<バットとボールで戦います。

はんまーもっています<二刀流……ならぬ二鎚流で戦います。

ついでに、素性不明の浮浪者までもが闘いに参加します。

浮浪者<こう見えてとっても強いよ!

こいつらが血みどろの凄惨なバトルをくり広げるんですよ。はい、観たくなりましたね(洗脳)。

しかも、今回は格闘術だけでなくカーチェイスもあります。
もちろんその内容は『ワイルド・スピード』のような健全(?)なものではなく、痛そうなシーン満載、残虐なのでした。

2015032817_26_26-映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編 - YouTube<地面に頭をつけられそうに……

本作は前作のラストから直接つながりがあるので、なるべくなら前作を観てから間をおかずに鑑賞したほうがいいかもしれません(こんな作品、続けて観たら疲労度が半端ないことになりそうですが)

ちなみに自分が劇場で観たのは、残虐シーンの一部がカットされているR15+指定版でした。
調べてみると、わりと重要なシーンがカットされていたので残念だったなあ……
ソフト版は「アンレイテッド」ということで、カットのなしのR18+指定版。こっちをいまから観れる人がうらやましいです。


さて、本作の欠点は……少しネタバレかもしれませんが、もう言ってしまいます。
それはヤクザに扮している遠藤憲一松田龍平北村一輝の活躍が少ないこと。
どなたもいい役者さんであるし、「マフィアVSジャパニーズ・ヤクザ」という要素を期待していた身としては残念としか言いようがありません。続編に期待します。

また、今回のメインキャラクターである「ウチョ」(アリフィン・プトラ)がわりと北村一輝にそっくりで、一瞬混乱してしまいました。

2015032817_28_04-映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編 - YouTube    2015032817_38_32-The Raid 2_ Berandal - Red Band Trailer (2015) [HD] - YouTube<違う人ですよ。

ついでに言うと、役名も「ウチョ」と「ウジョ」という紛らわしいのがあったり……まあ気になるほどではないんですが。
あと外国の役者さんがたまに日本語を話すのですが、イントネーションと発音がブロークンすぎてすげえ聞き取りにくいです。日本語字幕がほしいくらいでした。

そんなわけで不満点もそれなりですが、2時間半近くの上映時間でありながらまったく飽きることのない勢い、重圧さは一見(もちろん二見でも三見でも)の価値があります。
個人的にはザ・シンプルな前作のほうが作品としては好みだったりしますが、残虐アクションが観たい人にとっては大満足できるのではないでしょうか。オススメですよ(でも子どもは観るんじゃない)。

以下、短いですがラスト手前の展開のみがネタバレ 未見の方はお控えください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-04-10 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR