FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

悪を超えた悪がいる 映画『ナイトクローラー』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はナイトクローラーです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:超ブラック企業じゃん


あらすじ


鉄くずを売って暮らしていたルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)は、自動車事故の現場を撮影するカメラマンと出会う。
彼らに触発され、ルイスは夜の街を巡って事故や殺人現場を撮影する「パパラッチ(ナイトクローラー)」になろうと決心するのだが……。




最近の日本の映倫さんはおかしい(断言)
のっけから映画本編とは関係ない話題で恐縮ですが、最近のおかしな映倫さんのレーティングの例を見ていきましょう。

<近年の厳しすぎるんじゃね?と思うレーティング>
マッドマックス 怒りのデス・ロード(R15+)→トゲトゲの車で走ったりガッシャンしているだけだからPG12でいいんじゃね。

<近年の甘すぎるんじゃね?と思うレーティング>
グランド・ブダペスト・ホテル(G(全年齢))→生首を大写しします。
her/世界でひとつの彼女(PG12)→主人公が冒頭でテレフォン◯ックスしていましたけど。
渇き。(R15+)→大々的に公開された映画の中ではトップクラスのインモラルさ。
極道大戦争(PG12)→人類には早すぎた。
虎影(G)→手首や首がもげていましたけど。
進撃の巨人 Attack on Titan(PG12)→原作の改変っぷりも含めて小・中学生のトラウマに

で、今回の『ナイトクローラー』はG指定なのですが、なんでこのレーティングなのかさっぱりわかりません。
なぜなら本作は、
・主人公が犯罪を犯しまくって成功する
・主人公は作中でそれを「いいこと」と肯定し、一切躊躇も後悔もしない
・倫理観や道徳なんかほぼ排除
・作中でみんなが「F◯CK」って言いまくり
というとーってもインモラルな内容なのですから。ていうかそれ18禁の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』といっしょじゃん

作中では直接的な残酷描写やドラッグ吸引シーンなどはないのですが、これを子どもに観せてしまうといろいろと悪影響がありそうです。
少なくともPG12指定が妥当でしょう(ちなみにほとんどの国ではR指定です)。
PG12指定は鑑賞そのものを妨げるものではないので、個人的には「(インモラルな表現がありますよという)警告」的な意味で、もっとつけてもいいと思うのですけどね。


さて、本編についての特徴を一行で語るのであれば、
クズすぎる主人公がブラック企業を立ち上げて大成功!
で終わります(それだけじゃないけど)。
その具体的な会社の経営手法はネタバレになるので↓に書きますが、その手法は◯庄、ワ◯ミ、ヤ◯ダ電機がびっくりするレベルとだけ言っておきます。本当にヒドかった。

主人公はもともと泥棒で日銭を稼ぐクズだったのですが、やがて事故の現場を取材するパパラッチの仕事を知り、仕事を極めることでさらなるクズになろうとしています。
そのクズすぎる方法が突き抜けすぎて、ちょっとある意味で痛快に思えてしまします(←アブねえ)。

しかも音楽がこれまたすさまじくて……凶悪なことに、主人公がクズすぎる手段で成功をすると、青春サクセスストーリーのような爽快な音楽がかかるのです。

James Newton Howard
1583円
powered by yasuikamo

ジェームズ・ニュートン・ハワードによるそのアンビエントな楽曲はそれ単体で心地よく、犯罪しまくりの本編においては、より一層の快楽を届けてくれるかのようでした。

いかに本作が、子どもにオススメできない内容かわかっていただけたでしょうか(わかってほしい)。


しかし、高校生以上、社会人になる前の若者にはぜひ観てほしい作品でもあります。

その理由のひとつが、クズ主人公の言うことに「一理ある」こと。
主人公は有名な社訓や名言をモットーに行動しており、そのひとつひとつは確かに経営者として、仕事をする人間としては「正しい」と思えるところがあるのです(まあトータルでは死ぬほど間違っているんですが)。
テレビ局に売るテープの値段交渉のシーンは、フリーランスの仕事をする人にとって(よくも悪くも)参考になりそうです。

もうひとつの理由が、反面教師的にこの映画を観られるであろうこと。
きっとこの作品を観ると、(ある部分では)「こうはならないでおこう」と思えるはずです。
それは「いくら成功したいからといって犯罪をしてはダメ」という単純なものから、「生きかた」を学べる大局的なものに及んでいると思います。


イジワルだなあと思うのは、「悲惨なニュースを見て楽しんでいるお前も同じ穴のムジナだよ」というメッセージが明らかに込められていること。
テレビでの事故の現場は、確かに目を引きます。
そのような報道がない日本においても、芸能人のスキャンダルや、2ちゃんねるまとめサイトの「炎上」は「おもしろい」ものであり、アオリかた次第でさらにおもしろくなります。
たとえ、それが「ウソ」「誇張」であっても……。

ウソや誇張がされた悲劇的な情報で「おもしろい」と感じてしまうのであれば、それはこの映画におけるクズ主人公と同じように、倫理観や道徳が欠如しているとも取れます。
本作を観れば、日常にあるニュースや情報について「正しさ」を考えるきっかけになるかもしれません。


ダン・ギルロイは『ザ・フォール/落下の王国』などで脚本を務めており、本作では初めて監督と脚本の両方を手がけています。
デヴィッド・フィンチャー監督を彷彿とさせる画作り、会話劇での緊張感にはほれぼれしました。

また、ぜったいに言っておかなければならないのはジェイク・ギレンホールの怪演でしょう。
本作では「無表情の演技」が多いのですが、その無表情こそがもっとも怖いという、超絶技巧の演じかたをしています。

叫ぶ<叫んでいても怖いけど

無表情<無表情がもっと怖い

遠い空の向こうに』で夢を見続けていた少年が、こんなクズに成り果てるなんて……役者ってすごいです、本当。

公開劇場が少ないのが残念ですが、近くで上映していたらぜひ観てほしい秀作です。
できれば、史上最高のクズを観るんだ!と意気込んでからどうぞ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2015-09-03 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR