FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

TENGA宣伝しすぎな映画『みんな!エスパーだよ!』ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は映画『みんな!エスパーだよ!』です。


個人的お気に入り度:5/10(良識のある女性には0点)

一言感想:Q:なぜ原作のシリアス展開をやらないんですか?
 A:園子温監督だから


あらすじ


童貞と、一生ぶんのむっちりエロいお姉さんたちが戦う話




※今回のレビューはネタバレなしのところも下ネタ盛りだくさんなので苦手な方はご注意ください。

若杉公徳による同名漫画の映画化作品です。

powered by yasuikamo

原作は、童貞高校生の主人公がテレパシー能力を手に入れちゃう→ほかの超能力者も現れる→日常でアホでエロくて汚い(下ネタ的な意味で)展開が起こるという、ナンセンスなギャグ漫画……
と思いきや、3巻の最後で急転直下の出来事が起こり、シリアスなヒーローものに転換するという作品でした。

どうやらこのシリアス展開は(映画の前に放送されていた)深夜ドラマ版でもやらなかったようです。

染谷将太
11491円
powered by yasuikamo

そうであるなら、「ドラマ版では観られなかった、原作のシリアス展開を映画でも観たい!」と思っていた原作ファンもいたと思うんです。はい、それは死ぬほど裏切られます

なぜなら、この映画版は大量のむっちりエロいお姉さんたちがバンバン登場する(だけの)作品にすぎないから。

なぜこうなったのか?と問えば、それは園子温監督がエロい女性が大好きだからにほかならないでしょう。
原作およびドラマ版に登場しなかったキャラには、グラビアアイドルの今野杏南清水あいり篠崎愛などを配役しています。

  <出演理由:園監督が好きだから(たぶん)

しかも素人娘も好きだからかTwitterを開設して女性エキストラ(水着可を優先)を募集していたりします。
さらに嫁の神楽坂恵の谷間も見せまくります。
つまり本作は、本作は園監督が望むエロい女性たちを撮った自分の趣味しかない作品なのです。
園監督が映画という媒体を使って、やりたいようにやった自己満足ムービーとも取れますね。

あと10日くらい観なくてもいいやと思わせる、大量のナイスバディな下着姿の女性、パンチラが観られるという点では確かに素晴らしい作品です。
徹底してアホを描いており、観たあとには下ネタとエロしか残らないというのもある意味では潔いです。


でも……この映画版はいくらなんでもお話のほうがテキトーすぎるんじゃないでしょうか。
とくに中盤は「グダグダ」というに相応しいヒドさです。

具体的な物語の問題を挙げると
(1)登場人物の行動やセリフが一貫していない
(2)そもそも「目的もなく行動している」展開がずーっと続く
のふたつです。

(1)についてはネタバレになるので下に書きますが、「なんでお前がそんなことを言うんだ?」と理解に苦しむセリフが少なくとも2箇所ありました。
後半のどんでん返しの伏線としても納得できません。

(2)は「主人公たちが超能力に目覚めて悪を退治しようとするけど、その悪が見つからなくて適当にパトロールしたりパーティしたりする」という展開が長ーく続くのです。
例えるなら、『キック・アス』でいつまで経ってもヒットガールが出てこずに、キックアスがパトロールをしても何にも起きないという展開が続くようなもんです。

で、ただでさえグダグダな展開に、ナイスバディのお姉さんのセクシーシーンが大量に挟まれるためにさらにテンポが悪くなっています。
ここまで来ると、たとえセクシーお姉さん好きの紳士であっても(よほど好きなら別ですが)「もうええわ」な気持ちになってしまうのではないでしょうか。
トータルでも、脚本はご都合主義かつ無理矢理です。

まあ、そもそも「童貞が世界を救う」というプロットの時点でまともな話になるはずもないので、こうしたメチャクチャは観客としても「わかっていた」ことだとも思うし、広い心で受け止めるべきだと思うのです。

でも、自分は、たとえアホな映画でも、意味もなくむっちりエロいお姉さんを出したりするだけでなく、熱くなれるような展開が欲しかったのです。

原作でのシリアス展開は、主人公を心の底から応援したくなる、感情移入できる要素がありました。
反して、映画ではもうお前ら勝手にやってろよと言いたくなりました(それもある意味ではおもしろいけど)。

でも最後には童貞にエールを贈っているメッセージがあり、謎の感動もあるのも事実。
ちゃんとエンディングまで観ることをおすすめします。


ここまで批判をしてみましたが、この「グダグダ」、「エロいだけ」というのも決して欠点ではないと思います。
それを含めて作品の「味」なのでしょう。
原作はただの下ネタとエロの応酬からのシリアス展開への転換こそが魅力的な作品でしたが、映画で全編下ネタとエロだけにしたのもある意味では正解に思えます。

まあ、実際は試写会で女性の途中退席者が続出したらしいので、受け入れられない人が多いのでしょうけど……。
園監督はもともと好ききらいの分かれる作品ばっかり撮っていた御仁。本作も『TOKYO TRIBE』や『リアル鬼ごっこ(2015)』並みに賛否が分かれることでしょう(何せ『TOKYO TRIBE』が好きだった自分もちょっとダメだったもん)。


また、本作は史上もっともプロダクトプレイスメント(作品内の宣伝)がうまい映画だと思います。
その宣伝をしているのが……大人のおもちゃであるTENGAなんですけどね(原作から登場しています)。

<18禁なので子どもはクリックしちゃダメ!

さらには原作の連載時には発売されていなかった「女性用」のirohaまで登場してバッチリ宣伝(笑)。果ては公式ファンブックにTENGAの女性社員のインタビューが載っていたります。

「映画 みんな! エスパーだよ!」製作委員会
1598円
powered by yasuikamo

ちなみにTENGAの松本光一社長は「人に喜んでもらえること、人の役に立つことがTENGAの根幹」と語っており、某芸人は「TENGAは世界を救う」と赤裸々に語り、果ては自慰戦士テンガマンという公式ヒーローが生まれています



映画『みんな!エスパーだよ!』のキャッチコピーは「童貞が恋をして世界を救う」(しかも作中で主人公はオ◯ニーばっかりしてる)。
自慰戦士テンガマンは「この物語は、『エロは地球を救う』という熱い想いを胸に、世界平和のために勃ち上がった一人の男の伝説の記録である。」という触れ込みがされています。
つまり、映画『みんな!エスパーだよ!』とTENGAはエロ(オ◯ニー)で世界を救うという熱い心が一致しているのです。

この両者がタッグを組むことで、みんなが幸せになれたのではないでしょうか。
戦争をこの世からなくせるのは、政治家や国のお偉いさんではなく、こういう人たちなんだろうなと思いました(わりと真面目に)。

ついでに本作の挿入(←意味深)歌は「LOVE ME TENGA」です。



なんつーか、これを考えた人はエルビス・プレスリーに土下座して謝るべきだと思いました(しかしいい曲である)。


さらに、本作で宣伝できているのは大人のおもちゃだけではありません。
舞台である愛知県東三河も思いっきり宣伝されてます
原作の舞台は大分県だったのに、なぜドラマ版と映画版は東三河?と思ったら、これは園監督が豊川市出身、ドラマ版で制作を協力したプロデューサーが豊橋市出身だったからなんですね。身内の事情入りすぎです。

そんなわけで作中では「~だに」「~だら」という三河弁が使われたり、その街並みが映されているので、それなりに地元のPRに成功している……
と思いきや、映画の中ではTENGAばかりが目立っているんですけどね。
それどころか、映画では豊川市にエロい女性ばっかり出てくるので確実にあらぬ誤解を招きます

おかげさまで、とよはしまちなかスロータウン映画祭のTwitterでは自虐ギャグをかますハメになりました。



てっきり「豊橋市&豊川市は下ネタばっかりじゃないよ」とするかと思いきや、けっきょく下ネタに帰結するのがステキですね。行きたくなりました(←PR成功)。


さてさて、映画本編と同じく長ーくグダグダと語りましたが、端的に言えば
エロ×下ネタ×しょうもない展開しかない
と、一行ですべてが表現できる映画です。
PG12指定ギリギリ(アウト)、リアリティなんかすべてシカト(園監督作品にはいつものことです)。
同時期公開の『テッド2』とこっちのどちらの下ネタがひどいかといえば、どっちも似たようなもんです

それを期待するなら大いに楽しめ、それがイヤだったら途中退席まったなし。
ここまでシンプルに、オススメできる人と、そうでない人が分かれる作品はそうそうないでしょう。

なお、ドラマ版の設定やら展開はすべてリセットされ、物語は「最初から」始まっているので、原作やドラマ版を知らなくてもまったく問題なく楽しめます

あと言っておかなければならないのは、池田エライザが死ぬほどかわいいことですね。

<ツインテールも似合う。

基本的に主要キャストはドラマ版からそのまま継続しているのですが、池田エライザだけは夏帆に代わり抜擢されています。
夏帆ファンにとっては降板になってしまって残念と思う方も多いのでしょうが、映画の池田エライザのかわいさを見ればすべてが許せるんじゃないでしょうか。
そのほかでは真野恵里菜のツンデレっぷりもかわいいですし、『リアル鬼ごっこ』でシュール(役名)を演じていた冨手麻妙が重要な役を演じているというのもうれしいですね。

そんなわけでグラビアアイドル好きの紳士や童貞少年(←たぶん本作を観れば勇気が出る)には大プッシュでオススメ、女性は観るな、そんな映画。オススメです?(疑問系)

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 今回は短め。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2015-09-07 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR