FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

『グランド・イリュージョン2 見破られたトリック』真実はここに(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はグランド・イリュージョン 見破られたトリック(原題:NOW YOU SEE ME 2)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ごめん、やっぱりツッコませて

あらすじ


マジシャン集団のフォー・ホースメンは、マジックとイリュージョンで不正に搾取された金を奪取し、人々の注目の的になっていた。
彼らはハイテク企業の不正を暴こうとするが、何者かによっては失敗に終わる。その裏にはウォルター(ダニエル・ラドクリフ)という科学者の存在があった。




華麗で大胆なマジックを題材とした映画『グランド・イリュージョン』の続編です。

グランド・イリュージョン Blu-ray
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-28)
売り上げランキング: 153

前作のレビュー↓
いま、君が見ている 映画「グランド・イリュージョン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

前作は細いところに目をつぶればやたらめったら楽しかったので、今作も大いに期待していました。
監督が『トランスポーター』『タイタンの戦い』のルイ・レテリエから、前作の魅力を台無しにした駄作『G.I.ジョー バック2リベンジ』のジョン・チュウにバトンタッチしていたのでイヤな予感がしましたが、そこは問題まあちょっとはあったかもしれないけどなかったです。
しっかり前作の魅力と欠点を受け継いでいました。超・超・超楽しかった!

魅力についてはネタバレなしで、以下に全力で書いております↓
<『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』をより楽しむための5つのポイント | シネマズ by 松竹>


……さてさて、小文字で書いたように、本作は手放しで絶賛できないわけで。何より「そのマジックは無理だろ!」「催眠術が無敵すぎるだろ!」といったツッコミどころが満載なんですよね。
劇中のマジックそのものはすべて現実でも可能なものであり、実際に特殊効果なしの「本物」がスクリーンに映し出されてはいるのですが、「その状況的に不可能に感じてしまう」ものが多いのです。

マジシャン集団フォー・ホースメンが派手なマジックで人々を魅了して目立ちまくっているのに、彼らがほぼ変装をしないまま潜入ミッションをしているのがそもそも変です。誰かに顔見られた瞬間、「あっフォー・ホースメンだ!」って言われるんじゃね?
彼らに必要なのは、マジックの技術はもとより『ミッション・インポッシブル』にあるような顔をベリィって剥がす変装技術だと思う。

前作でも思っていたのですが、この映画に必要なのは圧倒的な「小二病」の力なんです。
明らかに無理だろ的なツッコミをしてしまうのは野暮、無垢な子ども時代になんでも楽しめて、すげー!かっこいいー!と興奮していたときの病気にかかればマジで幸せ。そういうもんです。少年の心に戻りましょう!戻れよ!(自分に催眠術のスキルはありません)

まあ今回は脚本段階から「もうちょっとやりようなかったか」としか思えない、ツッコミどころか「ノイズ」と言ってもいいくらいに杜撰なシーンがあったんですけど……。そこをパワーアップしてどうする!
もう少しくらい、「気持ちよく騙される」ための工夫が欲しかったですね。

あと終盤のとある展開は、別の意味でまったく飲み込めないというかかなりイラっとしたよ?
何言ってもネタバレになるから↓に書きますけどさ。

そうそう、地味に邦題(サブタイトルのほう)がよくないよね。内容に即していないよ?


そんな不満はともかく、自分がこの映画が好きな理由は、とにかく「どんどんマジック出そーぜ!」「どんでん返ししてやろーぜ!」なサービス精神、ケレン味にあふれまくっているから。
細かいことを気にせず、ただただ楽しい映画を期待すれば、存分に満足できるんじゃないでしょうか。

ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)のクズ男っぷりを観たい方はぜひどうぞ。
マジック好きな方はもちろんのこと、『君の名は。』が満席で入れなかったカップルにもオススメですよ。

ハリー・ポッターがクズい<クズオーラが半端ないハリー

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-09-04 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2016年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR