FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

『後妻業の女』悪党への反逆(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は後妻業の女です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:殴りてえ(主に大竹しのぶを)

あらすじ


婚活パーティーにいた女性・小夜子(大竹しのぶ)は、結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)と手を組み、高齢者の遺産を狙った犯罪を繰り返す「後妻業の女」だった。
小夜子の新しい夫であった耕造(津川雅彦)は病に倒れ他界し、その娘の朋美(尾野真千子)は、遺産は全て小夜子に渡り遺族には一切残らないと知らされる。
父の死に疑念を抱く朋美は、探偵の本多(永瀬正敏)を雇い、小夜子の身辺を調査を開始する。




愛の流刑地』『源氏物語 千年の謎』の鶴橋康夫監督・脚本作品にして、黒川博行の小説『後妻業』を原作とした映画です。

後妻業 (文春文庫)
後妻業 (文春文庫)
posted with amazlet at 16.09.07
黒川 博行
文藝春秋 (2016-06-10)
売り上げランキング: 320

後妻業とは高齢者の遺産を狙った犯罪であり、要するに「すげー金持ちのジジイと結婚してすぐくたばれば(ときには事故に見せかけて殺せば)遺産丸儲け!」というクズすぎる女の姿が描かれているわけです。

こんな胸糞の悪い話が現実にあるっていうのがまたイヤですね。
思春期の男女のまっすぐな想いが描かれた『君の名は。』のおかげで心がすっかり浄化されていたのですが、本作のおかげで濁りきました(褒めています)。

そうであるのに、本作がブラックコメディになっているというのがすごいところ。
日本で一番悪い奴ら』でも思ったのですが、こんなにヒドい(褒めています)話を乾いた笑いに昇華させるって……いや、日本映画でこういう作品が生まれるのは喜ばしいのですが、マジで攻めているなあと。

そもそものこの話を笑い飛ばすことができない、老人が搾取されてしまう姿を(あとで犯人にしっぺ返しがあっても)どうあっても見たくない人には、とてもじゃないけどおすすめできません。


皆が口を揃えて絶賛するのは、主演の大竹しのぶの怪演っぷりでしょう。
なんつーか、「何か問題でも?」とでも言いたげな目の動きがぶん殴りたいほどムカつくんですよね(褒めています)。

殴りたい大竹しのぶ<この顔、殴りたい。

そのほか「クソボケが!」というセリフがハマりすぎな豊川悦司、気の強い女性の尾野真千子、考えていることが読みづらい探偵の永瀬正敏と、役者陣の演技合戦が本作の大きな見どころでしょう。

大笑いしたのは、放蕩息子役を演じた風間俊介さんですね。

ポンコツな風間俊介<ポンコツです。

はっきり言ってその演技はオーバーアクトすぎてヒドい(褒めてません)。ヒドいんだけど、これが一周回って「なんだこいつ」「アホや……ほんまアホや……」な感じで楽しいんですよ。
彼の出てくるシーンはもれなく笑えましたが、まあまあ賛否ありそうですね。


本作はブラックコメディのほかに、悪人が成功していくことにカタルシスを覚えるというピカレスクロマン的なおもしろさもあります。
近年で言えば『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ナイトクローラー』がこれに当てはまりますね。
主人公がガチのどクズで大嫌い!だけど成功していくことがちょっと気持ちいいっていうね(←アブねえ)。

映画はさまざまな感情を体験させてくれる媒体。こういう作品があってもいいのです(青少年の健全育成にすこぶる悪いけど)。


本作で残念だったのは、気になることを「うやむや」にしてしまうこと。
中盤まではこの「わからなさ」こそが「知りたい」という観客の興味を引く原動力になっていたのに、終盤ではそのあたりを解消していないから「飲み込みづらい」「納得できない」という感情が残ってしまいます。

「観客の想像におまかせする」ことが重要な作品もありますが、本作は一番重要なことを放棄しちゃったようにしか感じないんですよね。ここは明らかな欠点だと思います。

また、鶴橋康夫監督の演出は堅実なのですが、『ウルフ〜』のような勢い良くクズの経歴を描いて→地獄に突き落とす、というカタルシスはそんなにありません。
あくまで淡々とした話運びで、役者の演技で魅せる(ときどきすげえシーンが出てくる)というのは本作の利点なのですが、やはり自分は『ウルフ〜』のようなラリパッパっぷりが飛び抜けているほうが好みです(『日本で〜』でも同じことを思ったなあ)。


それでも、クライマックスのありえねー(褒めています)展開にはヒーヒー笑えたし、もれなくゲスどもが出てくるのである種のスガスガしさを感じる快作でした。
濡れ場はそこそこの過激さで、PG12指定ギリギリのちょうどいい感じなのではないかと。
はじめに書いたように『君の名は。』を観て「世界はこんなに美しくねーよ、クソボケが!」と思っている歪んだ大人にオススメしますよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-09-08 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2016年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR