ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ディカプリオ様おめでとう! 第88回アカデミー賞&ラジー賞の結果と答え合わせまとめ

ディカプリオ様、アカデミー賞主演男優賞、初受賞おめでとうございます!

SCREEN(スクリーン) 2016年 04 月号 [雑誌]<SCREEN紙が表紙にしていてよかった!

いまさらですが、第88回アカデミー賞受賞結果は以下のようになりました。
自分が予想した作品or人物には◯をつけています。


予想ページはこちら↓
第88回アカデミー賞&ラジー賞を予想してみよう! 映画ニュース&映画ブログ感想のまとめ(2月19日~2月25日)

<アカデミー賞受賞結果>

作品賞:スポットライト 世紀スクープ 2016/4/15日本公開
(以下、ノミネート作品)
マネー・ショート 華麗なる大逆転 2016/3/4日本公開
ブリッジ・オブ・スパイ 2016/1/8日本公開
ブルックリン  2016年7月日本公開
マッドマックス 怒りのデス・ロード◯ 2015/6/20日本公開
オデッセイ 2016/2/5日本公開
レヴェナント 蘇えりし者 2016/4/22日本公開
ルーム 2016/4/8日本公開

監督賞:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(レヴェナント 蘇えりし者)
レニー・エイブラハムソン(ルーム)
トーマス・マッカーシー(スポットライト 世紀のスクープ)◯
アダム・マッケイ(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
ジョージ・ミラー(マッドマックス 怒りのデス・ロード)

主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント 蘇えりし者)
ブライアン・クランストン(トランボ ハリウッドに最も嫌われた男)
マット・デイモン(オデッセイ)
マイケル・ファスベンダー(スティーブ・ジョブズ)
エディ・レッドメイン(リリーのすべて)

助演男優賞:マーク・ライランス(ブリッジ・オブ・スパイ)
クリスチャン・ベール(マネー・ショート 華麗なる大逆転)
トム・ハーディ(レヴェナント 蘇えりし者)
マーク・ラファロ(スポットライト 世紀のスクープ)
シルヴェスター・スタローン(クリード チャンプを継ぐ男)

主演女優賞:ブリー・ラーソン(ルーム)
ケイト・ブランシェット(キャロル)◯
ジェニファー・ローレンス(Joy)
シャーロット・ランプリング(さざなみ)
シアーシャ・ローナン(ブルックリン)

助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル(リリーのすべて)
ジェニファー・ジェイソン・リー(ヘイトフル・エイト)◯
ルーニー・マーラ(キャロル)
レイチェル・マクアダムス(スポットライト 世紀のスクープ)
ケイト・ウィンスレット(スティーブ・ジョブズ)

脚本賞:スポットライト 世紀のスクープ
ブリッジ・オブ・スパイ◯
エクスマキナ(原題)
インサイド・ヘッド
ストレイト・アウタ・コンプトン

脚色賞:マネー・ショート 華麗なる大逆転
ブルックリン
キャロル
オデッセイ
ルーム

視覚効果賞:エクス・マキナ (原題)
マッドマックス 怒りのデス・ロード◯
オデッセイ
レヴェナント 蘇えりし者
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

美術賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
ブリッジ・オブ・スパイ
リリーのすべて
オデッセイ
レヴェナント 蘇えりし者

撮影賞:レヴェナント 蘇えりし者
キャロル
ヘイトフル・エイト
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ボーダーライン◯

衣装デザイン賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
キャロル
シンデレラ
リリーのすべて
レヴェナント 蘇えりし者

外国語映画賞:サウルの息子(ハンガリー)
裸足の季節(トルコ・フランス・カタール・ドイツ)
大河の抱擁(コロンビア、ベネズエラ、アルゼンチン)
Theeb (原題)(ヨルダン)
A War(原題) (デンマーク、ノルウェー)

ドキュメンタリー部門:AMY エイミー
カーテル・ランド(原題)
ルック・オブ・サイレンス
ニーナ・シモン 魂の歌
ウィンター・オン・ファイヤー:ウクライナ、自由への闘い

長編アニメーション部門:インサイド・ヘッド
Anomalisa(原題)
父を探して
ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム
思い出のマーニー(全米公開は2015年5月)

(以下は予想していなかった部門)

編集賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
マネー・ショート 華麗なる大逆転
レヴェナント 蘇えりし者
スポットライト 世紀のスクープ
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

メイキャップ&ヘアスタイリング賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
100歳の華麗なる冒険
レヴェナント 蘇えりし者

録音賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
ブリッジ・オブ・スパイ
オデッセイ
レヴェナント 蘇えりし者
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

音響編集賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
オデッセイ
レヴェナント 蘇えりし者
ボーダーライン
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

作曲賞:ヘイトフル・エイト
ブリッジ・オブ・スパイ
キャロル
ボーダーライン
スター・ウォーズ/フォースの覚醒

主題歌賞:「Writing's on the Wall」(007/スペクター)
「Earned It」(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
「Manta Ray」(Racing Extinction)
「Simple Song #3」(グランドフィナーレ)
「Til It Happens to You」(The Hunting Ground)

短編ドキュメンタリー映画賞:A Girl in the River: The Price of Forgiveness
Body Team 12
Chau, beyond the Lines
Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah
Last Day of Freedom

短編映画賞:Stutterer
Ave Maria
Day One
Everything Will Be Okay (Alles Wird Gut)
Shok

短編アニメ映画賞:Bear Story
Prologue
Sanjay's Super Team
We Can't Live without Cosmos
明日の世界

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-10-21)
売り上げランキング: 15


そんなわけで予想した15部門中、8部門当たりました。まあまあな結果なんじゃないでしょうか。
『マッドマックス』が最多6部門で受賞しているのがうれしくってしかたがありませんね。
そういや『マッドマックス』は何百時間も撮影したのを、ジョージ・ミラー監督の奥さんががんばって編集したんだっけ。そりゃ編集賞を取るのも大納得。
アレハンドロ・G・イニャリトゥが監督賞を受賞しましたが、2年連続での受賞は65年ぶり、史上3人目という大快挙なのだとか。
ともかく、作品賞&脚本賞をW受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(4月15日公開)が楽しみです。

※以下、ツイッターの反応









で、ラジー賞の結果は以下のようになりましたよ!

<ラジー賞受賞結果>

ワースト作品賞:ファンタスティック・フォー/フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
ジュピター◯
モール・コップ ラスベガスも俺が守る!
ピクセル

ワースト男優賞:ジェイミー・ドーナン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
ジョニー・デップ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密)◯
ケビン・ジェームズ(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
アダム・サンドラー(ピクセル、靴職人と魔法のミシン)
チャニング・テイタム(ジュピター)

ワースト女優賞:ダコタ・ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
キャサリン・ハイグル(ホーム・スイート・ヘル キレたわたしの完全犯罪)
ミラ・クニス(ジュピター)◯
ジェニファー・ロペス(ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑)
グウィネス・パルトロウ(チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密)

ワースト・リメイク/パクリ/続編:ファンタスティック・フォー
Alvin & The Chipmunks: Road Chip
オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2
ムカデ人間3
モール・コップ ラスベガスも俺が守る!

ワースト監督賞:ジョシュ・トランク監督(とアラン・スミシー監督?)(ファンタスティック・フォー)
アンディ・フィックマン(モール・コップ ラスベガスも俺が守る!)
トム・シックス(ムカデ人間3)
サム・テイラー=ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
アンディ&ラナ・ウォシャウスキー(ジュピター)

名誉挽回賞:シルヴェスター・スタローン(クリード チャンプを継ぐ男)
エリザベス・バンクス
M・ナイト・シャマラン◯
ウィル・スミス

(以下は予想してなかった賞)

ワースト脚本賞:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

ワースト助演男優賞:エディ・レッドメイン(ジュピター)

ワースト助演女優賞:ケイリー・クオコ(アルビン・アンド・ザ・チップマンクス:ザ・ロード・チップ(原題)&ベストマン -シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間-)

ワーストスクリーンコンボ賞:ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-12-02)
売り上げランキング: 925

こっちは2部門しか予想が当たらなかったよ。作品賞が2作品同時受賞というのは反則くさいなあ(どっちも甲乙つけがたかったのはよくわかる)。
ともかく、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』5冠おめでとうございます!
スライ(スタローン)が名誉挽回賞でよかった!
あと助演男優賞に『ジュピター』のエディ・レッドメインが入っているけど、あの最弱マザコンラスボスの演技は最高だったろうが!

ジュピターエディ<映画史に残る萌えキャラ(個人的見解)

※以下、ツイッターの反応。






アカデミー&ラジー賞を予想するのは楽しいものですね。
4月3日発表の日本アカデミー賞の結果も楽しみにしております。

参考↓
V8!V8!『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が最多受賞!第88回アカデミー賞授賞式、結果と主要作品紹介 | シネマズ by 松竹

とってもいい話↓
オスカー司会者、白人だらけ問題をネタに【第88回アカデミー賞】 - シネマトゥデイ
シュワちゃんからオスカー逃したスタローンへ「俺にとってはおまえが勝者」【第88回アカデミー賞】 - シネマトゥデイ

2016-02-29 : いろいろコラム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
どもども、26歳の映画ファンです。

アカデミー賞発表の日はいつもそわそわしてしまいます。
今年も大きな話題を生んだ結果となりましたね!

・最多6部門受賞
『マッドマックス』はもはや伝説の映画となってしまいました。
そんなマックスは『レヴェナント』でディカプリオ様を埋めます。

・助演男優賞
マーク・ライランスは納得の受賞です。劇中の台詞はそんなに多くないですが、存在感が半端なかったです。
スタローンは受賞できませんでしたが、そこがロッキーらしい!

・撮影賞
エマニュエル・ルベツキが『ゼロ・グラビティ』、『バードマン』、『レヴェナント』で3年連続受賞。3年連続は史上初の快挙です!

・主題歌賞
サム・スミスの「Writing's on the Wall」は007の雰囲気にとても良く合っていて大好きな曲です。アデルの「Skyfall」(この曲も大好きです)も主題歌賞を受賞しているので、007シリーズは2作品連続で主題歌賞を受賞したことになります。

・主演男優賞
我らがディカプリオ様がついにオスカー受賞ですね!本当に嬉しいです!
ここ最近のディカプリオ様は本当に素晴らしい演技力ですね。
『ジャンゴ』の変態から『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の変態までをこなす変態。変態の中の変態。
『レヴェナント』ではどのような演技を見せてくれるのでしょうか、楽しみです。

・作品賞
『レヴェナント』を応援してたんですが、『スポットライト』に軍配があがりましたね。
どっちも観に行きます。

『オデッセイ』がひとつも受賞してないですけど、関係ないです。面白かったから良いです。
2016-03-01 22:09 : ロロ・トマシ URL : 編集
No title
今回のアカデミー賞について一言二言・・・。
差別問題で話題の今年のアカデミー賞ですが、MCがクリス・ロックなのが何とも皮肉です。毎年のことですが、賞に絡む作品のほとんどが日本未公開なので実態がわかりません。賞の結果を見て配給会社が戦略を練るというリスク回避型のやり方には残念としか言いようがありません。
●噛ませ犬的「マッドマックス」が実は大勝利!
主要部門以外の映画を構成する6部門での最多受賞は驚きで、実はハリウッドは「マッドマックス」が大好きなのです。
●レオ様がついに・・・
過去4度門前払いを食らったレオ様が遂に主演男優賞を受賞!他4人の役者も俺じゃなくてよかったとホッと胸を撫で下ろす特殊な状況でした。反面、主演・助演女優は初ノミネートで初受賞という幸運もある訳です。
●持ち上げて落とされたスタローン?
助演男優本命と太鼓判を押されたスタローンは梯子を外され残念でしたが、「ブリッジ・オブ・スパイ」のM・ライランスが鉄板であったことは周知の事実・・・。
●メキシコ旋風は継続のようです・・・
作品賞を惜しくも逃した「レヴェナント」ですが、2つの快挙を成し遂げています。監督アレハンドロ・G・イニャリトゥの「バードマン」に続く連続受賞はジョン・フォードら過去に2人しかいなかった快挙、気持ち「マッドマックス」のJ・ミラーにあげたかったです。あと撮影賞のE・ルベツキは「ゼロ・グラビティ」「バードマン」に続き3年連続の奇跡?彼らメキシコ人は今やオスカー請負人となっています。
●ディズニー・ピクサーはもう殿堂入りでいいのでは?
今年も長編アニメ賞を「インサイド・ヘッド」で鉄板受賞したディズニー・ピクサーの寡占はいかがなものかと思いますが、毎回噛ませ犬でノミネートされるジブリ作品も複雑?
●E・モリコーネの意外な事実?
「ヘイトフル・エイト」で作曲賞を獲得したモリコーネは6度目のノミネートで初受賞というのは驚きでした!
作品賞を獲得した「スポットライト」が脚本賞と合わせて2部門という少なさは異例ですが、脚色賞の「マネー・ショート」含めて脚本・脚色を制したものにハズレなしという定説を支持します。
余談ですが、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を抑えて視覚効果賞を獲得した「Ex Machina(エクスマキナ)」は大穴で、現状日本では公開予定なしのDVD輸入盤のみの視聴、どこかの配給会社が手を挙げてほしいものです。
2016-03-02 12:03 : xfile24 URL : 編集
No title
レオ様は今の方が断然輝いてます!・・・かつて「売れ過ぎてのぼせてサケ、オンナ、クスリですぐ消えるよ。こんなイケメンなだけの小僧(自分の方が年下のクセに)」言ってた自分に鏡の前で鉄拳制裁・・・。

>主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント 蘇えりし者)◯
おめでとうございます!レオ様ー!!
タイムマシンが発明されたら、タイタニックブームの時にアンチ小僧だった自分に説教しに逝っていきます・・・。

>作品賞:スポットライト 世紀スクープ 2016/4/15日本公開
ノーマーク!しっかし地元シネコンはアカデミー賞ノミネート作を呼ばないです。
(「それでも夜は明ける」は太いお客様ことキッズ(ファミリー)もカップルもオタクも観に来ないでしょうけどさ・・・)

>監督賞:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(レヴェナント 蘇えりし者)
レオ様による八つ墓村(本作の主人公は真っ当かつ正当な復讐理由が有りますけど)な予告に今からいろんな意味で戦慄して待ってます。



>助演男優賞:マーク・ライランス(ブリッジ・オブ・スパイ)◯
隣人を欺き続けるスパイという不道徳な事をしているのに、なぜか堂々とカッコイイ!
恥ずかしながら「ザ・ガンマン」で開き直り系クズを演じていた人と同じだとここで知りました。やっぱり役者さんて凄い・・・。

>主演女優賞:ブリー・ラーソン(ルーム)
本作は観てないんですけどね。アカデミー賞は同性愛に厳しいとかいう説をグチグチ・・・。

>助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル(リリーのすべて)
同上。

>脚本賞:スポットライト 世紀のスクープ
作品賞も取ったこれ気になります。

>脚色賞:マネー・ショート 華麗なる大逆転◯
原作未読ですが「金持ち達による世界を相手にした景気が良い詐欺と計画倒産」に、どう一泡吹かせたのか・・・なお話だと良いな。

>視覚効果賞:エクス・マキナ (原題)
マッドマックス越えだと!?

>美術賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード◯
ヒャッハー!な時代だからこそ様式美は大事なんですよね。イモータン・ジョー様バンザイ!!

>撮影賞:レヴェナント 蘇えりし者
まだ観てませんけど、予告の「坂落し」に度肝抜かれて楽しみ。

>衣装デザイン賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード◯
>メイキャップ&ヘアスタイリング賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
ハゲ・・・もといボウズの時代が来たぞー!

>外国語映画賞:サウルの息子(ハンガリー)◯
電車に乗れば観にいけるんですけど・・・どうしよっかな。

>ドキュメンタリー部門:AMY エイミー◯
受賞背景にモヤっとしない題材なので。

>長編アニメーション部門:インサイド・ヘッド◯
冒頭の苦行から逃げ続けた結果、結局観ていないんです。ごめんなさい・・・。

>編集賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
>録音賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
>音響編集賞:マッドマックス 怒りのデス・ロード
映画館で観るべき作品でしたよね。年一で流して欲しいくらいです!

>作曲賞:ヘイトフル・エイト
BGMが非常に重要らしいので楽しみです!


>ワースト作品賞:ファンタスティック・フォー/フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
ジュピターにあげたかったと言う。ちえさんに同意。

>ワースト男優賞:ジェイミー・ドーナン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
>ワースト女優賞:ダコタ・ジョンソン(フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ)
お二人とも観てませんけど、この賞は「ワーストキャラクター賞」にした方が良いような。

>ワースト・リメイク/パクリ/続編:ファンタスティック・フォー◯
>ワースト監督賞:ジョシュ・トランク監督(とアラン・スミシー監督?)(ファンタスティック・フォー)◯
マーク・ミラー原作版の「超能力DQN4人組vs可哀想なツンデレ独裁者」で撮り直しては如何か・・・というかそろそろ、個人的に世界征服して欲しい架空の独裁者ブッチギリ一位なビクター・ヴァン・ドーム様を魅せてくれる監督さん出て来て!!

>名誉挽回賞:シルヴェスター・スタローン(クリード チャンプを継ぐ男)
丸出し丸さんの意見が言いたい事言ってくれた!!

>あと助演男優賞に『ジュピター』のエディ・レッドメインが入っているけど、あの最弱マザコンラスボスの演技は最高だったろうが!
あ、もしかしてこれは「スクリーンで最高に輝いていたクズ賞」かもしれません。
2016-03-03 00:20 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。