ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

挑戦(チャレンジ)する映画をみんなで語り合うイベントを4月9日(土)に開催します!

告知です!
挑戦(チャレンジ)する映画をみんなで語り合うイベントを4月9日(土)に開催します!

これもチャレンジ?

いまはもう春。
進学、就職など、新しいことを始める方が多いということで、「チャレンジ」に特化して映画を語りたいということが今回のコンセプトなのです。


<チャレンジする映画ってどういうの?>

「チャレンジする映画ってどういうのだよ?語れんのか?」という意見もあると思いますが、そんなに気を張らなくても大丈夫です。
ぶっちゃけ、これは自分にとってチャレンジする映画なんだ!これで私は挑戦する勇気をもらえたんだ!これを語りたいんだ!というだけでいーんです!
もちろん、語るだけでなく、自分がチャレンジをする勇気を与えてくる映画を知りたい!という方も来ていただいたらうれしいです。

具体的には以下の映画などです。

(1)「ストーリー優先型」…映画のストーリーの中で挑戦(チャレンジ)が描かれたもの。
例:『クリード』
クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ・スチールブック仕様(1枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

(2)「バックグラウンド優先型」…映画が作られた背景に、実はスタッフ側の挑戦(チャレンジ)があったもの。
例:『マシニスト』(主演のクリスチャン・ベールが過酷な減量に挑戦したから)
マシニスト [DVD]

(3)「独断と偏見型(あるいは妄想型)」…自分の独断と偏見でこれは絶対に挑戦(チャレンジ)だと思ったもの。
例:『ムカデ人間』(あたまのおかしい医者が人間をつなげることにレッツチャレンジ☆)
ムカデ人間 [DVD]

要するになんでもいいということです
当日は楽しく「チャレンジ映画」を語ろうではありませんか!


<「音空間ディレクター」が『ザ・ウォーク』を語ります>

なお、当日はリバティーシネマ倶楽部という映画上映&交流イベントを主催されている高橋浩一さんが『ザ・ウォーク』の魅力をプレゼンします。

【映画パンフレット】 ザ・ウォーク   監督 ロバート・ゼメキス キャスト ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール<犯罪だけどこれもチャレンジです。

高橋さんは「映画について語ろう会 」での「アイルトンセナ音速の彼方へ」のプレゼンも熱いものであったので、大いに期待してみたいですね。

なお、リバティーシネマ倶楽部では、今週末3月19日(土)に『はじまりのうた』の特殊音響上映 ✕ ある仕掛けのイベントを開催されます。

リバティーシネマ倶楽部

『はじまりのうた』は2015年を代表する音楽映画なので、この音響で観られるのは貴重な機会ですね!合わせてチェックしてみてください。
<詳細・申し込みはこちら>


<自分は『クリード』と『ズートピア』をプレゼンします>

自分は「チャレンジ」という題材にふさわしい『クリード』をプレゼンする予定だったのですが、試写で観た『ズートピア』も合わせて紹介します。

【早期購入特典付き】ズートピア オリジナル・サウンドトラック(CD)+トライ・エヴリシング(CD+DVD)(2枚同時購入特典A4クリアファイル付き)

はっきりいって『ズートピア』は、個人的に今年ベストどころか、オールタイム(生涯)ベスト級の大傑作でした!しかも「チャレンジ」というテーマともものすんごくマッチしているのです。
公開はまだ先(4月23日(土))なので、もちろんネタバレはいっさいなしでプレゼンしますが、もうものごっつ熱苦しく語るぞ!覚悟しろ!
<『ズートピア』の公式サイトはこちら>


<映画を観る本数の常識ってなんだろう>

さてさて、今回のイベントにツッコミどころがあったのでご紹介します。

いやね、今回のイベントページを作ってくれたのは、「人間映画Wikipedia」と呼ばれる成宮秋祥さんなのですが、参加申し込みページがどうかしていたんですよ(褒めてる)。
そのページのアンケートに、こんな項目があります。

「好きな映画の「国」はどこですか」

好きな国

好きな国って、よほどの映画ファンでもなかなかあげないなあ。でもこの機会に好きな映画がどの国のものだったかがわかっていいかもね、うんうん。

「好きな映画の年代はどれですか」

好きな年代の映画

選択肢に1920年代以前とかあるけど、いまの人はそこまで昔の映画を観ていないよ!
エデンの東』や『七人の侍』でも1954年だぞ!

「月間に観る映画の本数は?」

月間に見る映画

うんうん、年に100本も映画を観ていればなかなかの映画ファンですよねってこれ月間での選択肢かよ!
月に100本以上って1日3〜4本観ないと間に合わねえじゃえか!
2番目に少ない選択肢の「10本以上」でも、週に2〜3本は映画を観ているんだぞ!

ちなみに成宮さん本人にも「選択肢がおかしくない?」とツッコミをいれたのですが、「このくらいの本数は普通じゃない?」と返されました。
やっぱり、変態的(超褒めてる)な映画知識を持っている人の常識は違うなと思い知らされた瞬間だったよ。

ちなみにこれ以外にもツッコミどころがあるので、参加したいと思う方はイベントインのページから「イベントに申し込む」をクリックして、申し込みページをみてください。もう自分はツッコミきれないんで!

ちなみに、前回は映画検定の1級の保持者が3人もいらっしゃるという大変濃いイベントになりましたが、映画をあまり観ない方の参加もウェルカムですよ(←すごく説得力のない発言)。
※前回は<こんな感じ>になりました。


<ご参加お待ちしています>

今回も、変態の成宮さんによる激ムズクイズを実施予定です。
このクイズは開催時期が近づいてきたらこのブログに載せますが、かなりクレイジーですからお楽しみに。
現在映画配給会社さんと交渉中で、プレゼントも用意しますよ。

挑戦(チャレンジ)する映画をみんなで語り合うイベントこと「第4回 映画の“ある視点(テーマ)”について語ろう会」は、
2016/04/09(土)
18:30 ~ 21:30 (受付開始時間は17:30)

東京・勝どき駅から徒歩2分の場所での開催です。

会費は2000円、前回よりも1時間長くなり、学割(500円引)もありますので、おトク感は増しております。
定員は25名とわずかですので、ご応募はお早めに!

<第4回 映画の“ある視点(テーマ)”について語ろう会 応募ページはこちら(eventon)>
<Peatixでも募集をしております>

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-03-15 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。