ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』再上映決定! 映画ニュース&ブログ感想のまとめ(5月14日~5月20日)

7月1日(金)公開の映画『ブルックリン』を試写で観ました。

Brooklyn

「若い女性が新しい地・ニューヨークで暮らしはじめる」という、ありていに言えば地味な作品なのですが・・・そこでの出会いや軋轢、登場人物の成長が、多くの方に共感できる作品に仕上がっていました。
Rotten Tomatoesで97%という超高評価にも納得。『ズートピア』と同じく「別の世界に出てきたばかり」の女性は必見といえるでしょう。

あと、エモリー・コーエンという若手俳優演じる青年が性格を含めてイケメンなのが素敵。ていうか男なのにセリフがめっちゃかわいくて萌えるので、男女問わずキュンキュンしたい方もぜひどうぞ。


そんなわけで、毎度金曜日の夜ギリギリに更新するので、ブログ読者の「いいこま」さんから毎回心配されてしまう、1週間ぶんの映画ニュース&ブログ記事のまとめです。



<映画ニュース>

斎藤工や柄本佑、松江哲明セレクトによる特集上映に「ちびまる子ちゃん」など26本 - 映画ナタリー
DVD化されていない『わたしの好きな歌』も再上映! 『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃん役の声優・水谷優子さんが亡くなられたばかりであることも理由なのでしょう。

妻夫木聡“奥田民生になりたいボーイ”に!大根仁が渋谷直角のマンガ実写化 - 映画ナタリー

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール
渋谷 直角
扶桑社
売り上げランキング: 25
カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』の人のマンガじゃないか!『バクマン。』の大根仁が監督・脚本、妻夫木聡と水原希子が初共演、安藤サクラやリリー・フランキーや松尾スズキも出演と、大期待してしまう要素ばかりです。

宮部みゆき原作「ソロモンの偽証」2部作が地上波初放送 - 映画ナタリー
5月20日より2週間連続で放送。評価が高いのに劇場に行かなかったので、これは観よう。

キンプリ4DX上映決定!コウジのハチミツキッスで甘い香りに包まれよう - 映画ナタリー
劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc
エイベックス・ピクチャーズ (2016-06-17)
売り上げランキング: 62
そもそも女性ファンから生の声援が飛び交うすげえ作品なのに、4DXまで加わったらどうなっちゃうんだ。6月18日より上映(ソフトはその前日の17日発売)。正直行ってみたい。

任天堂が映画事業に参入へ 「マリオ」などの3Dアニメ化を検討か - ライブドアニュース
作品は未定。往年のレトロゲームの映画化観たいけど、すでに『シュガー・ラッシュ』があるか。

ダニエル・クレイグ『007』引退の意志固く…100億円超のオファー断る - シネマトゥデイ
新しいボンドにも期待したいです。

『トランスフォーマー5』の正式タイトルが『Transformers:The Last Knight』に(英語記事)
キリキリの映画みたいなタイトルですね。

『 スーサイドスクワッド』のマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン主演のスピンオフ映画が企画中。DC女性ヒロイン&ヴィランも出演(英語記事)
バットガール、バーズ・オブ・プレイなどが出演。

テリー・ギリアムの「ドン・キホーテ」映画が今秋再始動、アダム・ドライバー主演 - 映画ナタリー
『スターウォーズ フォースの覚醒』の萌えキャラのカイロ・レンたんが主演か!

成瀬巳喜男の特集上映「浮雲」「放浪記」「おかあさん」など計31本 - 映画ナタリー
東京都の新文芸坐で実施。『浮雲』と『乱れる』だけでも観たいなあ。

「ディストラクション・ベイビーズ」山田孝之や綾野剛が感想語る「柳楽優弥すげーよ」 - 映画ナタリー
黒沢清監督などからのコメントが公開。柳楽優弥さんは一時期活躍できなかったこともあり、もっと応援したい俳優です。

映画秘宝で『デッドプール』が3度目の表紙を飾る
映画秘宝にひたすら愛されているデップーさんマジ半端ねえ。

アメコミ映画の隠れた良作『タンク・ガール』がブルーレイで発売
タンク・ガール [Blu-ray]
キングレコード (2016-05-18)
売り上げランキング: 1,988
主演のロリ・ペティはこれでも三十路だったそうですぜ。

貞子と伽椰子のバトルシーンを初解禁!映画『貞子vs伽椰子』 | シネマズ by 松竹
ええーこんな写真2枚じゃ満足できないよ、もっと見せてくれよ! ちなみに終盤では◯◯が◯◯になって◯◯します(言えるわけがない)

世界最高齢のダンスグループを追ったドキュメンタリー映画『はじまりはヒップホップ』日本公開へ|Real Sound|リアルサウンド 映画部
平均年齢は83歳。超素敵。

白石隼也×鈴木亮平「彼岸島」10月公開決定、特報に怪物“姫”出現 - 映画ナタリー

『彼岸島 デラックス』というタイトルからもうギャグになることが確定。

神山健治新作「ひるね姫」特報解禁、主演の高畑充希「お昼寝はめっちゃ得意です」 - 映画ナタリー

監督は『東のエデン』の人。2020年のオリンピックを2日後に控えた日本が舞台なのか! 高畑充希さんの声はアニメだとちょっと好き嫌いがわかれるかもしれないけど、自分は大好きだなあ。

肉体の悦びに目覚める、その女―村川絵梨の新境地『花芯』予告映像解禁 | シネマズ by 松竹

瀬戸内寂静の小説が原作。シネマズ by 松竹では、ありがたいことに自分が書いた『ズートピア』は吹替版と字幕版では訴えられていることが違うと書いた記事に連日たくさんのアクセスをいただいているのだけど、エロ系の記事にすぐ抜かされるのが愉快です。


<映画特集>

園子温版「2001年魔女の宅急便」!「ひそひそ星」こそ、真の園子温映画だ! | シネマズ by 松竹
あれ?そういうタイトルの映画あったっけ?と思ってしまった。「放射能量」のメタファーという点に注目。これを知っているとさらにおもしろそう。

マイケル・ファスベンダーが暴君を怪演する『マクベス』、その狂気の裏側にあるものとは?|Real Sound|リアルサウンド 映画部
監督の来歴などを紹介。『マクベス』のほかの映画を知っているとさらに深みが増しそうですね。

ワンカットで2時間13分を撮りきった『ヴィクトリア』、その現代ドラマとしての迫真性|Real Sound|リアルサウンド 映画部
ヴィクトリアという名前へついての考察にうならされました。ほんのわずかだけ後半のネタバレがあるのでご注意を。

『追撃者』マイケル・ダグラスはなぜ史上“最凶”なのか? 狂気に満ちた怪演に迫る|Real Sound|リアルサウンド 映画部
監督が『カレ・ブラン』の人だったこと、本作がすでにテレビ映画として映像化されていたことは知らなんだ。

『変態仮面 アブノーマル・クライシス』はまっとうなヒーロー映画なのだ!……が⁉ | シネマズ by 松竹
「ヒーローとは何か?」とという振り返る文がアツすぎる。本当映倫の基準ってわかんねえですね。

この衝撃のエンディングを見破れますか?初級・中級・上級編 | シネマズ by 松竹
全部タイトルが『ロスト』ではないですか(笑)。

【祝アベンジャーズ参戦】GofG ロケット・ラクーン、もふもふアライグマの意外なルーツに迫る | oriver.cinema
元ネタはビートルズなのか。

そもそもショートフィルムってなに?Filmarks的オススメの楽しみ方教えます! | FILMAGA(フィルマガ)
上映時間が短いショートフィルムはもっとメジャーになっていいですよね。


<映画ブログ>

映画感想:ちはやふる -下の句- ~好きが紡ぐ絆~ | 光光太郎の趣味部屋
上の句が「動的」であるなら、確かに下の句は「静的」でした。いつも以上に論理的な文章に読み応えがあります。

フィフス・ウェイブ (The 5th Wave) ネタバレ注意感想 君の手を離さない。 - きままに生きる 〜映画と旅行と、時々イヤホン〜
オチが盛大にネタバレしているのでご注意を。まあありがちですけど、自分はキライじゃないですよ。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』感想とイラスト 喧嘩をやめて : 映画を観たからイラスト描いた
やっぱり「迷惑だなコイツラ!」っていう印象を持っちゃいますよね。

キネマ・アイランド | うつろわぬ、人の思い。『64 ロクヨン 前編』感想。
後編の予告が映画の余韻を台無しにしてしまう・・・これも前後篇の弊害かも。

『アイアムアヒーロー』 英雄になる日|映★画太郎の MOVIE CRADLE
ゾンビ映画に興味がなかった人でも気に入られることが多いこの映画。いいことだ。

人間は所詮、煙か土か食い物 - 『グリーン・インフェルノ』 - 1953ColdSummer
「意識の高い人」と「意識高い系」は違うのか、なるほど。確かに後者のほうが死んで欲しいですね(笑顔)

レオナルド熊の死と新生 レヴェナント:蘇りし者 - 小覇王の徒然はてな別館
主観視点のゲームを連想する人が多いですね。確かに「クマちゃんバトル」は冗談じゃすまされない。

海街diary こんな四姉妹は日本の田舎にいない説 - 素人目線の映画感想ブログ
え?自分は日本のどこかにいると信じていますよ(願望)。ちなみに21日(土)に地上波放送されるのでお見逃しなく。

ギレッギレのギレネッサンス! ジェイク・ギレンホールの変貌と魅力 - 四度の飯より映画批評
『ドニー・ダーコ』から『ナイトクローラー』まで。どれも濃い映画だなあ。

ジャッキー・チェン自伝『永遠の少年』を読んでみた - 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記
本当に撮影の裏話がすさまじいお人だよ・・・。

『ヘイル、シーザー!』 ハリウッド万歳なの? : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
ジョージ・クルーニーの役はそういう意味で皮肉になっていたのか。

「世界から猫が消えたなら」感想-失って気づく大切なもの – 頭の中もハッピーな人
自分も「やめろおおおおお!」と思いました。悪魔が特殊メイクで指を伸ばしていたのは気づかなかったなあ。


<今週のまとめ>

今週末は『ディストラクション・ベイビーズ』と、『シマウマ』、来週末には『ヒメアノ~ル』と、なぜかR15+指定の邦画が同時期に公開されていますね。続けて観ると胃もたれしそう(うれしい悲鳴)。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-05-20 : 映画ニュース&ブログ記事特集 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

何とか一段落したのでコメントします
単純に更新を忘れてただけでしょうが先週は曜日が変わる数分前にみたときに「あれ、更新されてない」ってなったものでw(今回はそういうことはなかったです)
>ちびまる子ちゃん
>>そういえばいつしか観なくなったなあ…。昨年公開の映画も結局観ずじまいでしたし。
あと、水谷優子さんの訃報は寝耳に水でした…。お悔やみ申しあげますがおねえちゃん役(とピノコ)は誰が後任になるのか地味に気になります。
>任天堂映画事業
>>これについては凄く気になるものの不安もありますがとりあえずうまくいってほしいものです。
『シュガー・ラッシュ』と被るとしてもレトロゲーを題材としたものは自分も観てみたいです(『ピクセル』の例だってありますし)。
>クレイグ氏
>>続投なら続投で観てみたかったですが元より意欲を失ってる上に『スペクター』の終わり方がキリがよく続編は辞めといた方がいいんじゃないかと思ってたので「まあ、そうなるわな」って感じです。
7代目ボンドが誰になるのか楽しみです(基本誰でも問題はないですがヘンリー・カヴィル氏あたりが気になります)。
>トランスフォーマー5
>>安定の監督クオリティなんでしょうがそれでも観たいものです。
そもそもクルマ好きとしては構成がアレでも楽しめてます。まあクルマ好きでもダメな人はダメなのは言うまでもないですが。
>スパイクロッド氏による『シビル・ウォー』評
>>実際確かに根本的に結局市場の縺れ合いですからそりゃ傍迷惑ですよねえ…。しかも勝者がいない分ある意味後味が悪くなってるところはありますし(ただ希望は垣間見えてる様に見えましたが)。
トニーとキャップの立場が本来逆になりそうなのにああなったのは過去作のトラウマ故かもしれないっていうのは追いかけてきた身として結構納得できました。『ウィンター・ソルジャー』でキャップはS.H.I.E.L.D.に裏切られ『エイジ・オブ・ウルトロン』でトニーは悲劇の元凶となってしまいましたからねえ…。
>映★画太郎氏の『アイアムアヒーロー』評
>>耐性自体はあるものの目を通す機会や造詣がない自分も「これいいじゃん!しかも邦画!」と太鼓判を押したくなる作品だと感じました(勿論観る人を選ぶジャンルなので語弊は生じますが)。
あと花沢先生によるヒロイン像という視点から考えていったときにこの作品にどんな問題点が潜んでるか言及されてたのもかなり興味ありました。花沢先生の過去作は関心があるものの結局目を通さずじまいで内容が分かってないだけに参考になります。
それと淫行罪に関しても「実際どうかはわからないけど自分も捕まらないからやらないってだけかもしれない」ってふと思ってしまいましたしショットガンが男根のメタファーと聞くと『響け!ユーフォニアム』の件を思い出す反面こちらの場合は強ち間違いでもないんじゃないかと思いました。ショットガンの使用に関して「法に触れるから」と言って躊躇してたのと被るといえますし。
ただ狙ったと確定してないだけに何とも言えないです。
>susahadeth52623氏の『レヴェナント』評
>>あの熊の描写は過去にも何人かの方も言及してたように「熊ってやっぱ本来は怖いもんなんだよ」っていうのを良くも悪くも再認識させてくれます。
ゲームのプレイ動画っぽいというのは言われてみると「ホントあれは『ゲームの映像です』って書かれてても違和感ないわ」ってなります。それぐらい壮大な自然が映し出されてるってことなのでしょうが。
>てくのすけ氏による『64 ロクヨン』評
>>自分も観た(原作未見なのが悔やまれます)のでいろいろ同意できるところがありましたがとりあえず佐藤浩市さん演じる主人公の三上さんに関していえば、記者クラブと揉める(言い分に一理もないとは言いませんが幾らなんでもあれはなあ…)、上司から不当を強いられる(特に滝藤賢一さん演じる上司と椎名桔平さん演じる本部長が地味にカチンと来ました)、家庭では娘が不和の末に出て行ってる、と身の上が大変過ぎてその意味でも心配になってました。
三上さんが警察組織でない個人として窪田正孝さん演じる日吉に「君は悪くない」と手紙を残したり記者クラブに揉め事の発端となった交通事故の被害者のことを語り心を動かすシーンは自分も好きなシーンです(あれで記者クラブないしは瑛太さん演じる秋川へのいやーな思いが晴れました)。あれがもし原作通りなのだとしたら「やはり横山秀夫さんの作品って素晴らしいんだ」と(読んだことない癖にですが)思います。
一応後編も観るつもりなのですがとりあえず予告の「滅茶苦茶になりますよ」「刑事はそんなこともわからないのか!」の台詞が後編のくだりなのだと分かったのはいいとして、口に出すのはどうにかならなかったのかというのが個人的な思いです。

さて、明日は余裕があれば『ヘイル、シーザー!』『世界から猫が消えたなら』『殿、利息でござる!』『海よりもまだ深く』『少女椿』の中から2本を観るつもりです(流石に全部は無理です)が果たして余裕があるか…。心配です。
2016-05-21 01:35 : いいこま URL : 編集
No title
早過ぎるよお姉ちゃん!!
御冥福をお祈りするよのさ・・・。

>キンプリ4DX上映決定!コウジのハチミツキッスで甘い香りに包まれよう - 映画ナタリー
現在TVシリーズを観賞中ですが、本気でお勧めです!子ども向けアイドルアニメだと侮っていた!!本編は少女達が主人公ですが、この三人。本気で男前!特にカズキ先輩・・・こんなん惚れるしかないやろ!?
あと。コウジ君が絡まなければナイスガイな残念イケメンなヒロ様、だがそこが最高!

>『 スーサイドスクワッド』のマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン主演のスピンオフ映画が企画中。DC女性ヒロイン&ヴィランも出演(英語記事)
とりあえず『 スーサイドスクワッド』を成功させてくれえー!!

>ダニエル・クレイグ『007』引退の意志固く…100億円超のオファー断る - シネマトゥデイ
やっぱりリセットですか。

>「ディストラクション・ベイビーズ」山田孝之や綾野剛が感想語る「柳楽優弥すげーよ」 - 映画ナタリー
強い奴に喧嘩を売る!と聞いて、昭和のバンカラ漫画の王道みたいなを期待していたら、予告でギター背負ったおにいちゃんに殴りかかっていて・・・。

>貞子と伽椰子のバトルシーンを初解禁!映画『貞子vs伽椰子』 | シネマズ by 松竹
こいつらの被害者遺族は「回収屋」に依頼してはいかがでしょう・・・。

>世界最高齢のダンスグループを追ったドキュメンタリー映画『はじまりはヒップホップ』日本公開へ|Real Sound|リアルサウンド 映画部
「漫画の強いお爺ちゃん実写化はオレに任せろ!」な田中泯さん(71)もダンサー出身でしたよね!
2016-05-24 01:16 : 毒親育ち URL : 編集
ヒナタカさんは「ディストラクション・ベイビーズ」のレビューはされるのでしょうか?あの映画は思いっきり地元が舞台で、どれくらい地元かというと頑張れば自宅から自転車でロケ地を巡れるぐらい地元で予告編は冷静にみれませんでした(笑)ですので、是非ともご感想をお聞きしたいです!
2016-05-24 18:37 : URL : 編集
Re: タイトルなし
> ヒナタカさんは「ディストラクション・ベイビーズ」のレビューはされるのでしょうか?あの映画は思いっきり地元が舞台で、どれくらい地元かというと頑張れば自宅から自転車でロケ地を巡れるぐらい地元で予告編は冷静にみれませんでした(笑)ですので、是非ともご感想をお聞きしたいです!

自分も地元なんで書きますよ!シネマズ by 松竹の記事に回すかも!
2016-05-24 21:59 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。