ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『海よりもまだ深く』をブロガーが絶賛! 映画ニュース&ブログ感想のまとめ(5月21日~5月27日)

『アダムとイブ』という漫画を読んだんですけどね、とりあえずおもしろすぎるから読め

アダムとイブ(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2016-05-06)
売り上げランキング: 2,135

内容を端的に言えば「透明人間と五感それぞれにすぐれたヤクザがバトるだけ」というトンデもねえもの。
サンクチュアリ』の池上遼一先生作画、『殺し屋1』の山本英夫原作というタッグもハマりすぎ。
かなり暴力的な描写があるので読む人は選ぶものの、ぶっ飛んだ作品に触れたい方には大プッシュでおすすめですよ(1巻がすごくいいところで終わっちゃうんだけど)。
これを実写化するとしたら、ぜひ三池崇史監督でお願いします(長い挨拶)
<試し読みはこちら>

そんなわけで、以下映画ニュースとブログ記事のまとめです。



<映画ニュース>

「鋼の錬金術師」山田涼介主演で実写化!本田翼、ディーン、松雪泰子ら豪華キャスト発表! - シネマトゥデイ
だいぶ前にバレていましたが、ついに正式発表。まあどうなるかわかりませんよ。

第86回アカデミー賞7冠「ゼロ・グラビティ」が地上波初放送 - 映画ナタリー
6月10日(金)放送。うれしいけど、これほどCMが邪魔になることが想像出来る映画はなかなかない・・・・

「ハイスコアガール」連載再開・コミックス発売決定のお知らせ | ビッグガンガン | SQUARE ENIX
映画ネタじゃないんだけど、これは超うれしいんで紹介せずにはいられない。7月25日(月)に、既刊の復刻版も合わせて新刊が発売。

「ズートピアはいいぞ」広告リアリティショック - Togetterまとめ
公式で『ズートピアはいいぞ』と言い始めました。『ガールズ&パンツァー』から派生するとは・・・。

公式でク◯漫画であるとアピールしている『ポプテピピック セカンドシーズン』で『ズートピア』がネタにされる
ケモナーは何も悪いことしていないんじゃん!

松平健が人類を成敗!?「X-MEN:アポカリプス」で悪役の吹替担当 - 映画ナタリー
一瞬渡辺謙だと思ったの自分だけじゃないと信じている。こっちはマツケンサンバの人ね。
余談ですが、『デッドプール』は芸能人の吹き替えはなく、すべてプロ声優です。

スタジオジブリ最新作、カンヌ国際映画祭で「ある視点部門」特別賞を受賞 - ねとらぼ
タイトルは『レッドタートル ある島の物語』。日本では9月17日より公開です。

映画[『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』|8月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー(公式サイト)
何これめっちゃかわいい。アカデミー賞長編アニメ映画ノミネート作品です。

自分の映画館を作れる「popcorn」今夏サービス開始 | Fashionsnap.com
マイクロシアターっていったい何だろう・・・スタンダードになるかもしれませんね。

安藤サクラが「ディアスポリス」映画版で宇野祥平の恋人役に - 映画ナタリー

ディアスポリス-異邦警察-(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2016-01-29)
売り上げランキング: 13,513
もう安藤サクラという名前だけで観るの決定。

BLマンガ「ひだまりが聴こえる」実写映画化、難聴の男子と明るい同級生の関係描く - 映画ナタリー
最近では『同級生』もありましたし、ボーイズラブと劇場アニメは相性がよさそう。

レオナルド・ディカプリオ 環境保護の賞をもらいにプライベートジェットで移動し批判浴びる - シネマトゥデイ
あちゃー。

15年ぶりに劇場でクー!!「不思議惑星キン・ザ・ザ」リマスター版8月公開 - 映画ナタリー
不思議惑星キン・ザ・ザ [DVD]
キングレコード (2002-05-01)
売り上げランキング: 25,454
またすっげえカルト的な映画が・・・

2人の聲は誰に?『映画 聲の形』メインキャスト&第2弾ビジュアル解禁! | シネマズ by 松竹
入野自由さんと早見沙織さんに決定。ヒロインはほとんどしゃべることがないからこそ、繊細な演技が求められるかも。

三鷹の森ジブリ美術館の新展示「猫バスにのって ジブリの森へ」過去の企画を一堂に集めて紹介 | ニュース - ファッションプレス
そういや7月15日まで休館していたんだった。これは超乗りたい。

ジェイソン・ステイサムの「メカニック」続編公開、トミー・リー・ジョーンズも参戦 - 映画ナタリー
ジェシカ・アルバや『グリーン・デスティニー』のミシェル・ヨーも出るんだってよ。

エディ・レッドメイン、英アードマンの新作ストップモーションアニメに声優参加 : 映画ニュース - 映画.com
あのセクシーボイスだけでたまんないっすよね。

サーフィン美女は人喰いサメからどう逃げ延びる?「ロスト・バケーション」新予告 - 映画ナタリー

いい組み合わせじゃねーか(笑顔)

【期待】エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』の映像がついにお披露目! あの音楽あの台詞が見事に甦っているぞ!! | ロケットニュース24

再生数があっという間に1000万回を突破。「COMINIG SOON」じゃなくて、この言葉だったのに感動した!


<映画特集>

ラブシーンを超越、ヤバすぎるマニアックプレイが観られる映画ベスト5 | シネマズ by 松竹
書いたのは自分だけど、こんな記事は書きたくなかったんですよ?本当だよ?全部編集長が悪いんです(責任転嫁)。
あと『ネクロマンティック』のことをすっかり忘れていた。

SEXする度に地獄へ一歩ずつ近づいていく映画 | シネマズ by 松竹
で、編集長もこんな記事を書きましたとさ。こんなタイトル卑怯すぎるわw『シェイム』の紹介です。

映画「神様メール」ジャコ・ヴァン・ドルマル監督インタビュー、「趣味は何もしないことです(笑)」 | シネマズ by 松竹
じゃあ映画撮ってくれよ!あなたいままで4本しか作っていないよ!

どーする? どーなる? 2016年夏休み興行 | シネマズ by 松竹
今年もアツい夏になりますなあ。

偏見解消後進国・日本が、『ズートピア』のジュディとニックに学べること - messy|メッシー
2ページ目からネタバレ。最強のポリティカル・コレクトネス映画だと思う。

40年以上を経て再び世界が注目する、虫プロ製作のエロティック長編アニメとは | Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版
千夜一夜物語』は知っていたけど、こんなのもあったのか。

ジョン・ラセター「ヒット映画三原則の一つは、悪役であっても魅力的にということ」 | シネマズ by 松竹
ランドールは前日譚の『 モンスターズ・ユニバーシティ』で好きになりましたね。

「時をかける少女」映像化で炎上 筒井康隆が再びブームか (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
いやいや、炎上するの早すぎでしょ。

『セカネコ』設定に見る“感動の方程式” 余命わずかな主人公はなぜ葛藤し続けるのか|Real Sound|リアルサウンド 映画部
あの劇場の2本立ては、なるほどそういう見かたもありますね。

押井守監督は「戦争」を問い直すーー最新作『ガルム・ウォーズ』の“艦隊戦”が映し出すもの|Real Sound|リアルサウンド 映画部
自分の酷評なんかどうでもいいから、こういうちゃんとした評を読みましょう。部族の設定にも深い意味が込められています。

『ディストラクション・ベイビーズ』は優れた寓話だーー柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎の演技が伝えるもの|Real Sound|リアルサウンド 映画部
ラストシーンにも「寓話」が表れていたと思います。

【許したわけではない】今だからこそ考えたいキャプテン・ファズマ問題 | oriver.cinema
もう許してやれよ(笑)。次回作で活躍してくれたらいいんです!

ニコニコユーザーは日本映画を観ているか調査してみた | シネマズ by 松竹
まあニコニコユーザーは、観たとしてもアニメになっちゃうよなあ。でも実写の日本映画もおもしろいんですよ。



<映画ブログ>

アイアムアヒーロー(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて
二指真空把で大笑いしました。

おじいちゃん映画本を出版していただける、出版社さんを探していました。〜進捗報告:出版社さんからのご連絡、それから…… | 映画感想 * FRAGILE
これは応援したい。そして読みたい。

第10回:どいらじ「好きな英国人俳優について/映画を選ぶポイント」: どいらじ(映画凡人が集いしラジオ)
「ジョセフ・ゴードン=レヴィットといえばこの映画だ!」に投票しましたよ。

「海よりもまだ深く」感想ーなりたいものになれなかった大人達へ – 頭の中もハッピーな人
いい大人(ダメ人間)の未練タラタラ感が最高でした。

『海よりもまだ深く』 なりたいものにはなれなくて…… : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
今回はマンガ原作でないからでこそ、束縛なく自由に描けた印象がありましたね。

海よりもまだ深く ネタバレあり感想 「今」を生きられたら。 - きままに生きる 〜映画と旅行と、時々イヤホン〜
「責任感」についてはまさにその通り。自分も「アレ」の多用だけはちょっと気になったかな。

『野火』(2014)感想とイラスト 死ぬも地獄、生きるも地獄 : 映画を観たからイラスト描いた
観よう観ようと思って、いまだに怖くてレンタルビオ店に行けない自分がいます・・・。

キネマ・アイランド | 受け継がれる変態。『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』感想。
中学生のようなことを大人がするからカッコイイんじゃないかな。

『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』 最強のエクスタシー|映★画太郎の MOVIE CRADLE
いやあ、おっさんが男優の裸を褒めまくる文章が好きですよ(笑)。

『悪の法則』登場車種(ネタバレ含む)|光岡ビュートの気になるスバリストのブログ
キャメロン・ディアスがアソコを見せつけたシーンのあのクルマも紹介。

ノラネコの呑んで観るシネマ ショートレビュー「裸足の季節・・・・・評価額1650円」
6月11日(土)より公開。各地で大絶賛なのでこれは観る。このタイトルは松田聖子のデビュー曲を連想するよなあ(笑)。

ゴーストバスターズ 1980年代の愉快なお化け退治。 - 素人目線の映画感想ブログ
あ、そういや予習をしなきゃ!


<今回のまとめ>
もう6月1日(水)から『デッドプール』が公開ですね。
試写会でも大絶賛ということで超うれしいですね。当日は字幕版と吹き替え版を一気観するぜ!(予定)

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-05-27 : 映画ニュース&ブログ記事特集 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ガンガンでメガ・ヒットした『鋼の錬金術師』の実写化を許すという事はそれだけガンガンの雑誌としての後ない感が半端ないですよ!

多分、ボンズが劇場版の企画進行してるの恐らくは『鋼の錬金術師』の劇場版でしょうね。

だってそれしか思いつかないんですよ。

ボンズが何らかの劇場版の映画作るって南雅彦が言ってたけど、その作品って言ったら『鋼の錬金術師』の再アニメ劇場版しかないんですね。

『血界戦線』や『エウレカセブンAO』もどちらも劇場版作るリスク高いしビジネス的に考えてボンズの資産でメガ・ヒットした『鋼の錬金術師』の実写と連動して劇場版作る以外に道ないですからこれは相当ボンズも追い込まれていますね。

『鋼の錬金術師』って最初は『フランケンシュタイン』みたいなテーマだったけど人気出たのは『進撃の巨人』同様キャラ萌えだからね。

『進撃の巨人』の後編はオリジナル展開でツッコミどころ満載で個人的には「しょうがねぇな町山さん樋口の真ちゃん」と許せるけどまぁ世間様は許さないからね。

ジャニーズ事務所もSMAPがクーデタ未遂に陥ってSMAP以外のジャニーズアイドル育てる一環で山田涼介君を第二の二宮和也や岡田准一にしてSMAP体制除外しなきゃならないという事情もあるのか? と勘繰りたくなります

僕のネットの知り合いの華楠さんがこんなコメントを↓
>ああ、やっぱりやるんですね、実写版・・・
>ガンガンもヒット作がないわけではないんですが、ハガレンが当たり過ぎましたからね。

>連載もアニメも終わってからかなり時間が経っての実写映画化ですから何か裏事情があるのかと勘繰りたくもなります。
>しかしアニメ、漫画全盛期にやってたらフルボッコどころの話じゃないですから、まだ傷は浅いかなという感じです。

>最近のジャニーズは全くと言っていいほどわかりません。
>見たことあるわージャニの子だったんだくらいの感想しかないですね。
>松雪泰子のラストはよろしいのではないかと。

>いくらなんでも『●執事』のような惨劇にはならないと思います。
>苦行に耐えた先に悟りはあるのです。そのくらいの暖かい気持ちで見守りましょうw
2016-05-28 14:45 : ダーク・ディグラー URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-05-28 17:54 : : 編集
No title
いろいろやることがごった返してたり脱線したりしましたが漸く今になって書けました。
>ハガレン実写化
>>原作・アニメ未見ということもあり「うーん…手だすべきか否か」と悩んでるところですがとにかくうまくいってほしものです。
が、嫌な予感は拭えないという。ていうか読んでない身でいうのもなんですが「再現できるのか?」と。
>『ゼロ・グラビティ』
>>おお、ついに!あとはフジのCM挿入のタイミングが上手いことを祈ります。
>ズートピアはいいぞ
>>それが良いのか悪いかはともかくとして裏を返せばそれだけガルパンの人気が凄かってことなんでしょうねえ。
ただ二番煎じなのは知らなかったです。
>マツケンさんの吹き替え
>>ある意味この人ならミュータント倒せそうですし…とふと思ってしまった自分がここに。
>popcorn
>>なにこれ面白そう。本音を言えば必ずしも映画館で観ることに拘ってるわけではないので飛びついてしまいそうです。
>『ディアスポリス』
>>『0.5ミリ』『百円の恋』を観られてない身ですが自分も同じ理由で観たくなりました。
>ディカプリオ氏
>>おいおいこれはいかんでしょ!まあ本当に便乗してたのならその方が良いんですけど。
>『聾の形』
>>おお、配役決まってたのですね。こちらも気になるので押さえておきたいです。
>『メカニック ワールドミッション』
>>何かどこかで聞いたようなタイトルですがそれはともかく、前作押さえておきたいところです。
>ラブシーンベスト5
>>4位に関しては気になりつつも未だ観てないですがそういう要素があったとは。
>『時をかける少女』
>>未だ放映前なのに炎上は早いって言うか、アニメの実写化じゃなくて元は小説だよー!って言いたくなります。
これもまた話題策である証拠なのと世代ってことなのでしょうかね。因みに尾道三部作は『転校生』以外観ました。
>『世界から猫が消えたなら』
>>そういう視点もあったとは…。っていうかあの2本どちらも観てなかったです。
>キャプテン・ファズマ
>>まあ、許せないのも無理はないですww後のエピソードで再登場するか、もしそうならどんな活躍をするかは気になるところですが。
もしかしたら「エピソード7では出番薄だけどその分…」かもしれませんし。
>カミヤマさんの『アイアムアヒーロー』
>>比呂美の出番の少なさを筆頭に概ね同感ですが二指真空把はツボでしたwww
袖や飛沫、ゾンビの速度は「あ、確かにそうだ!」って思いましたが飛沫に関しては『28日後…』未見ゆえ見事に考慮が行渡らなかったです。
>自分の『悪の法則』登場車種まとめ
>>「あの1台は自分だけでなく殆どの人が良くも悪くも印象に残ったのではw」と思いながら書いてました。ライナーも何ともお気の毒です。
因みに『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の方も金持ち&インモラルつながりで書くつもりだったのですが記憶が曖昧なこともあって保留にしてます。
>タイチさんの『ゴーストバスターズ』評
>>リメイク版の女性4人もいいんじゃないのと思ってますが、確かに元の面子が個性派なのでそれも理由なのかもしれませんねえ。ただハロルド・ライミス氏が鬼籍に入ってるしなあ…。
あの緑色の奴の設定については知らなかったですがそもそも『ブルース・ブラザーズ』未見だから聞いてもわかってなかったです(まああちらにダン・エイクロイド氏が出てるのは知ってましたし彼が脚本担当だからこそ、のネタなのかも)。
上回れるかはともかく相違点を比べる手もありますしやはり押さえておきたいものです。
2016-05-29 00:16 : いいこま URL : 編集
Re: タイトルなし
なんという間違いを・・・週明けに直してもらうように要請します。
2016-05-29 20:19 : ヒナタカ URL : 編集
No title
>「ハイスコアガール」連載再開・コミックス発売決定のお知らせ | ビッグガンガン | SQUARE ENIX
職場で奨められて押切先生ワールドにハマった切欠・・・だけどその時は既に絶版状態だったので嬉しい!
『本当はトホホなハイスコアガール』こと『ピコピコ少年』シリーズもお奨めです。あと押切先生のお母様の半生を描いた『HaHa』はマザコン(親孝行者という意味です!)必見!

>松平健が人類を成敗!?「X-MEN:アポカリプス」で悪役の吹替担当 - 映画ナタリー
マツケン様はアテレコ経験有りそうですし、何よりアポカリプスというキャラを理解してそうで期待してます。
ただ原作読者ですが、今回は「原作読め!」ってのは酷です。なにせアポ様ご登場の話が収録された邦訳本は今殆ど絶版ですし、そもそもオリジンが収録された話は未邦訳なんですよ・・・。

>SEXする度に地獄へ一歩ずつ近づいていく映画 | シネマズ by 松竹
MBだったら、とっくに寿命が尽きている人より・・・。

自分も成功者には肉食獣が多いなんてカンチガイしていました。実はボゴ署長(そしてこの人も決して悪い人ではない。むしろ模範的な警察官)のような大型草食獣だったり。
また暗黒街の大物が生態ピラミッドでは最底辺のネズミだったりと。本当に深い。
>偏見解消後進国・日本が、『ズートピア』のジュディとニックに学べること - messy|メッシー
優しさと思いやりで人を絞殺するのが大好きな人達が本作を絶賛していると聞き、人類変革の時!?と思ったら・・・観賞中にキングクリムゾンでも発動したのかってくらい更に拗らせていて、アクシズを地球に落としたくなった人の気持ちが解りそうな程の絶望感を味わってます。
でもまあ・・・過去にも『ファイティング・ニモ』のヒットでアクアリウムブームが起きて熱帯魚の乱獲に拍車が掛かってしまったなんて事もありましたし、めげずにこういう作品が作られて行く事を願いますし、盛り立てて行きます。

>ジョン・ラセター「ヒット映画三原則の一つは、悪役であっても魅力的にということ」 | シネマズ by 松竹
子ども向け作品では、悪い事をしてるんだけど一生懸命で失敗続き、だけどメゲナイ!クジケナイ!なにより身内に対してはケンカしつつも仲間思いな悪役が良いですよね。
今は「ロケット団」昔は「ドロンジョ一味」とか。
でも。もう少しお兄さんお姉さんになったら。劇中で成敗されてスカっとするクズもたまには欲しいですよ。
2016-05-31 20:03 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。