ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016年6月の気になる映画一覧(マイナー推し)

もうすぐ梅雨なので引きこもり率のアップが決定(挨拶)

そんなわけで、以下よりひと月ごとの気になる映画一覧です。

以下も参考にしましょう↓
2016年6月公開で観たいと思っている映画の覚え書き|三角絞めでつかまえて
2016年6月に観たい映画/5月に観た映画 – 頭の中もハッピーな人
モンキー的期待の2016年6月の新作映画 - モンキー的映画のススメ
2016年6月に観たい注目映画6本/5月鑑賞記録 | pockke




6月4日(土)

団地
秀作犯罪青春映画『顔(2000年)』と同じく、阪本順治監督と藤山直美主演というタッグの作品。
団地という舞台が『海よりもまだ深く』とかぶったけど、こっちはかなりクセのありそうな作品ですね。

FAKE
佐村河内守主演のドキュメンタリー。リアルな『ビッグ・アイズ』な内容になっていそうですね。
ドキュメンタリーなのに「ラスト12分の衝撃」ってどういうことだろう・・・。

任侠野郎
蛭子能収が映画初主演。蛭子さんは自他共に認めるリアルクズなので、いちばん任侠から遠いだろうが!
柳楽優弥、トリンドル玲奈、安田顕と、共演者がやたら豪華。

雨女
ボクソール★ライドショー ~恐怖の廃校脱出!~』と同じく、4DX専用のホラー。上映時間は35分。
呪怨』の清水崇監督という時点で観るしかないですね。


6月10日(金)

アウトバーン AUTOBAHN
あーよくある頭空っぽカーアクション映画ねーって思ったら、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のニコラス・ホルト主演ということで俄然観たくなった。ニュークスくんがしっかり運転してる!
しかもベン・キングズレーやアンソニー・ホプキンスまでもが出演しています。


6月11日(土)

ノック・ノック
Knock Knock [Blu-ray + Digital HD]
グリーン・インフェルノ』のイーライ・ロス監督×キアヌ・リーブス様主演というだけで観るしかないではないですか。
IMDbの評価が4.9点と瀕死気味だけど、まあイーライ監督は低く見られがちだからね!おもしろいに決まっているよ!(自分に言い聞かせる)

裸足の季節
Mustang [Blu-ray]
北トルコを舞台とした5人の姉妹の青春映画。松田聖子のデビュー曲とは関係ありません。
原題は「Mustang」。Rotten Tomatoesでは97%という超高評価。観るに決まっていんだろ。

エクス・マキナ
Ex Machina (エクス・マキナ) [Blu-ray (ブルーレイ) + Digital HD] 英語 北米版
アカデミー視覚効果賞を受賞、人間と人工知能の主従関係を巡るSFスリラー、R15+指定、IMDbで7.7点& Rotten Tomatoesで93%という高評価と、観ない理由がない。
しかし上映劇場は12館しかない(6月11日公開は10館)。もっと増えろ。

教授のおかしな妄想殺人
ブルージャスミン』のウディ・アレン監督最新作。主演は『her/世界でひとつの彼女』のホアキン・フェニックス。
人生の不条理を独自の哲学で描いたコメディドラマということで、好みの予感がめっちゃする。

シチズンフォー スノーデンの暴露
Citizenfour [DVD] [Import]
アカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作。IMDbでは8.1点Rotten Tomatoesでは96%という超絶高評価。
スパイ行為を告発したエドワード・スノーデンの事件を追っています。

サブイボマスク
【一般券】『サブイボマスク』 映画前売券(ムビチケEメール送付タイプ)
元「FUNKY MONKEY BABYS」のファンキー加藤が映画初主演。
寂れた地元商店街に活気を取り戻すべく、マスクをかぶった男が奔走する!というプロットだけで大好きですね。
しかしDLE(製作会社)は、『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』といい『珍遊記』といい、攻めた企画しかしませんね。

さとにきたらええやん
「日雇い労働者の街」と呼ばれてきた大阪市西成区釜ヶ崎が舞台。
そこで38年にわたり、子どもたちの憩いの場として活動を続ける「こどもの里」に密着したドキュメンタリーです。


6月17日(金)

帰ってきたヒトラー
帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)
ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大ブレイクするという内容。いろんな意味でよく許されたなあ。


6月18日(土)

レジェンド 狂気の美学
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが一人二役で双子のギャングを演じる。R15+指定。あ、そりゃ観るわ。
42 世界を変えた男』のクブライアン・ヘルゲランド監督最新作。『キングスマン』のタロン・エガートンも出ています。
ていうか実在のギャングなんだ・・・『ザ・クレイズ―冷血の絆』というタイトルで一度映画化されていたんですね。

トリプル9 裏切りのコード
ザ・ロード』のジョン・ヒルコート監督最新作。ひとり息子を人質に取られた男が重犯罪移動むというだけで観たいですなあ。R15+指定。
バットマン vs スーパーマン』のワンダーウーマン役のガル・ガドットも出演。

好きにならずにいられない
好きにならずにいられない
43歳独身・オタク・女性経験ナシ・シャイで冴えない大男のラブストーリー。R15+。すげえ風貌だな。
邦題とビジュアルのギャップで「本当かよ」と思わせるのがうまいですね。観るの決定。

葛城事件
その夜の侍』の赤堀雅秋監督が同名舞台を映画化。
無差別殺人事件を起こした加害者青年とその家族、加害者と獄中結婚した女性による人間ドラマです。


6月24日(金)

ダーク・プレイス
冥闇 (小学館文庫)
ゴーン・ガール』の原作者による小説を映画化。
シャーリーズ・セロン&ニコラス・ホルトという『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のコンビが主演というのもたまらんな。みんな大好きクロエ・グレース・モレッツたんも出演。


6月25日(土)

ふきげんな過去
小泉今日子と二階堂ふみが母娘役でW主演。『ジ、エクストリーム、スキヤキ』の前田司郎監督最新作。
18年前に死んだはずの伯母・未来子が突然やって来たことから始まる人間ドラマです。

二重生活
二重生活 (角川文庫)
小池真理子の同名小説が原作。大学院生の女性が「哲学的尾行」を実践するんですって。
キャストは門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキーなどと豪華。


メジャーどころで観ないといけないのは、
デッドプール』(6月1日(水))
サウスポー』(6月3日(金))
マネーモンスター』(6月10日(金))
64 ロクヨン 後編』(6月11日(土))
『10 クローバーフィールド・レーン』(6月17日(金))
貞子vs伽倻子』(6月18日(土))
クリーピー 偽りの隣人』(6月18日(土) )
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(6月25日(土))
日本で一番悪い奴ら』(6月25日(土))(R15+)
あたりでしょうか。

『貞子vs伽倻子』は試写で鑑賞していたのですが、世界中のみんなが笑顔になれる内容なので観るといいよ!過去作を観ていなくても楽しめるし!


※こういう映画です。

あと、『10 クローバーフィールド・レーン』は、公式サイトを開いただけでいきなりどえらいネタバレをかまされた気がするので、リンクは貼りません。
聞いた話によると日本版予告編の最新バージョンでもネタバレがあるらしいので、予備知識を入れたくない方は劇場でも予告が始まったら目を閉じたほうがいいかも……。
<こちらの劇場一覧だけ観ましょう>

あと、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(6月4日(土))、『高台家の人々』(6月4日(土))、『MARS ただ、君を愛してる』(6月18日(土))は、恒例のどうせ※ただしイケメンに限る内容なんだと信じて疑いません(偏見)。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-06-01 : 月ごとの気になる映画 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ヒナタカさんの記事観てたら観たい映画が増える…!

個人的には「二重生活」、「日本で一番悪い奴ら」、「クリーピー」と観たいのが暗め多いので、「高台家の人々」で中和します(謎

あとはやっと公開される「エクスマキナ」楽しみですね(映画館探さないと…)
2016-06-02 01:03 : にとり URL : 編集
Re: No title
> 個人的には「二重生活」、「日本で一番悪い奴ら」、「クリーピー」と観たいのが暗め多いので、「高台家の人々」で中和します(謎

二重生活を追加しました!
「高台家の人々」はふつうに原作が好きだったりします。
2016-06-02 01:24 : ヒナタカ URL : 編集
とりあえず皆さん、デップーは見ましょう
小休止の5月が過ぎ再び映画を結構見ることになりそうです。
「デッドプール」は既に3回見て(キメて)ますが、評判通りに評判以上に良かったです。
とにかく最高にハイになれる映画で誰が見ても楽しめる1品なんで見てください、オススメです!

>サウスポー
まあ見ますよね…散りばめられたあらゆる要素がツボ過ぎて
予告見ただけで号泣したくらいですからw

>植物図鑑
まあこっちは逆の意味で見ない手はないですね…当たり屋決行ですw

>高台家の人々
上に同じく…w

>マネーモンスター
あんまり評判は芳しくないと言う風の噂をきいたんですが、とりあえず見ます

>アウトバーン
とりあえずニコラス・ホルト氏が「MMFR」のニュークスばりにかっ飛ばしてくれれば満足しそうですw

>64
一応見れたら前後編一気に見る予定です
好きって言う人も結構いるんで半信半疑ですね

>エクスマキナ
幸運にも近くの劇場で見られるんで、何があろうと見に行きますw

>白鳥麗子でございます The MOVIE
はい、当たり屋3発目ですw

>クローバーフィールドレーン
ヒナタカさんに言われて以降劇場予告も一切見てませんw
情報入れずにどんなのが出てくるのか楽しみにしてます

>クリーピー 偽りの隣人
黒沢清監督なのでトラウマ植え付けられる可能性もありますが
「MOZU」コンビが主演なので頑張って見ますw

>レジェンド 狂気の美学
トム・ハーディ氏一人二役、この時点で見ない選択肢はないです

>葛城事件
「その夜の侍」は腹の芯に残る嫌~な映画だったんで、今回もズシーンと重いのを期待してます。

>MARS ただ君だけを愛してる
見に行くかは分かりませんが一応候補に

>Too young to die 若くして死ぬ
色々あってデップー同様4ヶ月遅れの本作。日本版「ロブスター」なんて声もありますが
嫌でもチラつく「ギャラクシー街道」の悪夢…w

>日本で一番悪い奴ら
「凶悪」の白石監督、この時点で見ない選択肢はありませんW


あとウチの地元ではようやく「コップカー」と「ヴィクトリア」が今月公開なんで
見れたら見たいですね。特にコップカーはかなり見たいです。
2016-06-02 05:43 : ラリーB URL : 編集
Re: とりあえず皆さん、デップーは見ましょう
> >レジェンド 狂気の美学
> トム・ハーディ氏一人二役、この時点で見ない選択肢はないです

こんな素敵な映画を候補に入れていなかったなんて・・・もちろん追加しました。
あ、でも『白鳥麗子でございます』は対象外でいいやw
2016-06-02 07:07 : ヒナタカ URL : 編集
デップーは絶対押さえねば
メジャーどころならヒナタカさんの挙げた作品全部気になりますが、正直、特に『デッドプール』はその為に6月を心待ちにしてた感はありますからねえ…。是非とも観たいところです。
『64 ロクヨン』は前編が個人的に良かったので後編も観ない手はないですし『日本で一番悪い奴ら』も嗜好的に然りですし『TOO YOUNG TO DIE』は2月の予定が漸くこの日が来た、って感じなのでやはり然りです。
『貞子vs伽?子』『クリーピー』は嫌な予感はするものの前者は別の意味で楽しみですし後者は恐ろしい展開が予想されるものの西島秀俊氏主演なので是非とも観ておきたいです。
それより『10 クローバーフィールド・レーン』公式サイトでネタバレがあるとは…。危うかったです。

マイナーどころなら『探偵ミタライ』『FAKE』『雨女』『アウトバーン』『エクス・マキナ』『帰ってきたヒトラー』『レジェンド』は気になりますねえ…。まあ『探偵ミタライ』は過去作を観てないこともあって手は伸ばしにくいですが。
『アウトバーン』は主演と言いジャンルと言い自分の嗜好範囲ですし『FAKE』は佐村河内氏のアレということもあってずっと気になってました。

『植物図鑑』『高台家の人々』『白鳥麗子でございます』『MARS』は観ないつもりですが3つ目に関してはどうしようか考え中です。

大体そんな感じですが5月公開作も押さえ切れてない上に公開作を網羅してる訳じゃないのでどうなることやら…。
2016-06-03 19:50 : いいこま URL : 編集
No title
いつも参考にさせていただいています
あのー、夏美のホタルはご覧にならないのですか?
僕は今月の作品で特に期待しているのですが
評価は低そうなんですかね?
予告を見て良さげに感じているだけなんですけれども
2016-06-06 17:18 : phantom URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。