ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『デッドプール』大ヒットおめでとう! 映画ニュース&ブログ感想のまとめ(5月28日~6月3日)

7月22日(金)公開の『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を試写で観ました。

「ローマの休日」を仕掛けた男 - 不屈の映画人ダルトン・トランボ
ピーター・ハンセン
中央公論新社
売り上げランキング: 351,736

本作は『ローマの休日』の「本当の」脚本家であったダルトン・トランボの伝記映画で、舞台は共産主義者を弾圧する風潮がまかり通っていた50年代のハリウッドです。
見た目に反してお堅い内容にあらず。家族の描き方は普遍的で、しかもめっちゃ笑えるのが素敵です。
当時の事情を知らなくてもわかりやすいので「ハリウッド内幕もの」の初心者にも超オススメしたい秀作でした。

しかし……当時の事情を知らないと楽しみにくい『ヘイル、シーザー!』よりも、こっちを先に公開してほしかったかなあ。『トランボ』を先に観ていると、『ヘイル、シーザー』がいかに皮肉に満ちているかがわかって5倍くらい楽しめると思う。
ちなみに、『トランボ』と『ウォルト・ディズニーの約束』は、けっこう共通点が多かったりしますよ。


↓以下、1週間ぶんの映画ニュースとブログ記事のまとめです。




<映画ニュース>

「デッドプール」 平日公開で初日興収1億6400万円の記録的スタート | アニメ!アニメ!
特典の手乗りデップーが手に入れられなかったよ(泣)!でもおめでとうデップー!

「バケモノの子」今夏テレビ初放送、「時をかける少女」アニバーサリー企画も - 映画ナタリー
放送日は未定。親子で観てほしい映画ですよね。

『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』の出来に不満のディズニー、大規模な再撮影を要求 | oriver.cinema
記事でも触れられていますが、再撮影自体は珍しいことではないので、大丈夫だと思うのですが……。

【再撮の理由】『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』はエピソード4オープニングの10分前で終わる内容に | oriver.cinema
うわあ、だとすると連続で特別上映してくれんかね。

『はいからさんが通る』新作劇場アニメの公開が決定! | シネマズ by 松竹

というか南野陽子主演の実写映画版の存在を知らなかった……。

『ファインディング・ニモ』続編、レズビアンカップルが登場する初のピクサー映画に? - シネマトゥデイ
子どもにもLGBTの理解が深まるのはいいことだ。

さかなクンが「ニモ」続編の監修と吹替を担当、特別映像でギョギョッ!とお魚解説 - 映画ナタリー
ピクサーが外部に監修を頼むのは稀なのか。さかなクンパネえっす。

深田恭子「アリス・イン・ワンダーランド」最新作で白の女王役続投 - 映画ナタリー
マッドハッター役の平田広明、アリス役の安藤瞳、赤の女王役の朴ロ美も続投。

岡田准一主演「エヴェレスト 神々の山嶺」ソフト化、豪華版には150分超の特典映像 - 映画ナタリー
エヴェレスト 神々の山嶺 豪華版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2016-09-09)
売り上げランキング: 177
特典映像はおもしろいかもしれませんよ(棒読み)。

松坂桃李×菅田将暉、GReeeeN名曲「キセキ」誕生までの“軌跡”を映画化 | cinemacafe.net
え?フィクションまじりになるのかな?

貞子が投げる!伽椰子が打つ!俊雄は走る!呪いの始球式 | cinemacafe.net
もうこれも映画にしていいんじゃないかな。

貞子&伽椰子が聖飢魔IIのMVでギターテク披露、俊雄とエグスプロージョンのダンスも - 映画ナタリー

だからもう怖がらせる気概がないんじゃないかな。

山﨑賢人「俺の事考えて日々悶々と過ごせ」 『オオカミ少女と黒王子』本編映像の一部公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

こんな男のどこがいいんだよ・・・イケメンならなんでもいいのかよ・・・。いいんだろうな。

「グランド・イリュージョン」特報、ハリポタことD・ラドクリフが断言「科学が勝つ」 - 映画ナタリー

ていうかハリー・ポッターが敵になることを初めて知ったよ!俄然見たくなったよ!

広瀬すず×山崎賢人「四月は君の嘘」予告解禁、主題歌はいきものがかり書き下ろし - 映画ナタリー

主題歌も含めて良さそうだけど、「漫画らしさ」があるセリフばかりなのは気になるかな・・・。


<映画特集>

【ネタバレ無し】僕が『デッドプール』の大絶賛レビューを書かざるをえない理由 | oriver.cinema
今回のプロモーションは永遠に評価されてしかるべき。

ゲスの極みのサラリーマン、JKに一目惚れして不倫 | シネマズ by 松竹
シネマズ by 松竹はよくエロスな映画の記事をアップするサイトです(笑顔)。『アメリカン・ビューティ』はじつは18禁なんですよね。個人的にはR15+でもいいと思うんだけど。

魔女宅のケーキやラピュタのパンなどジブリの再現料理再び!大人気『映画の食事会』レポート! | シネマズ by 松竹
ああ、女子に受けるわ、これは(嫉妬)。

疑問が残る『X-MEN:アポカリプス』、まさかの事態の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 | シネマズ by 松竹
『アリス~』は期待はずれの結果に。秀作『ザ・マペッツ』の監督作ということで期待しているのだけど。

【初心者安心】5分でわかる「ハリー・ポッター」の基本設定とあらすじ | シネマズ by 松竹
昨日6月3日から毎週放送されているから観ないとね。

橋本マナミ「スケスケ衣装」発言に蛭子能収「凝視」!『任侠野郎』大爆笑インタビュー | シネマズ by 松竹
柳下編集長の苦労が伝わって来る素晴らしいインタビューですね(笑顔)

もしも新しい神様が“女の子”だったら? 『神様メール』のユーモアと女性賛歌|Real Sound|リアルサウンド 映画部
女性が性的対象にみられまくっていたけど、じつはフェミニズムに溢れていましたね。

『少女椿』はどこまで原作を再現できたか? 意欲的なキャスティングと生々しい描写を検証|Real Sound|リアルサウンド 映画部
やっぱり描写はマイルドにせざるを得ないよなあ。キャスティングは絶妙だと思う。

森田剛、『ヒメアノ〜ル』で日本映画の最前線へ 舞台で磨いた“尖った個性”を発揮する時|Real Sound|リアルサウンド 映画部
森田剛という俳優に焦点をあてた記事。マジでヤバかったぜ・・・。

グザヴィエ・ドラン感動のスピーチ全文公開「“無関心な知恵より、情熱的な狂気の方がいい”のです」 | ガジェット通信
なんて意識の高いこと!


<映画ブログ記事>

映画「デッドプール」感想 解説 俺ちゃんヤリ過ぎ!!これがR指定のアメコミ映画だッ! - モンキー的映画のススメ
飽和状態のアメコミ映画に風穴を開けてくれたぜ!

映画「サウスポー」感想 父親に戻りたいの?チャンプに戻りたいの? - モンキー的映画のススメ
いつもながらキャストの情報が充実していて参考になります。ドラマ面の魅力も大きそう。

『デッドプール』感想とイラスト 第四の壁を超えてみな : 映画を観たからイラスト描いた
イラストのチョイスはそこかー(笑)。本当、『フェリスはある朝突然に』を先に観ておけばよかったなあ。

『神様メール』感想とイラスト そんな神なら捨てちゃえば? : 映画を観たからイラスト描いた
なぜかわいい女の子じゃなくてそっちを描くのさ!辛口が多いスパイクロッドさんにしては高評価。

あの娘の首を絞めて殺すことができたなら、最高に気持ちよくて、最高に幸せだろう - 映画『ヒメアノ~ル』と漫画『ヒメアノ~ル』ネタバレ比較感想 :: しょんぼりしょぼしょぼしょぼくれ記
映画と漫画の両方のネタバレ感想なのでご注意を。改変がすべていい方向に働いていた!

もうここにかいぶつはいない ヒメアノ~ルについて|湿った火薬庫
「自分の感情をどこに寄せればいいかが分からなくなってしまった」というのはよくわかる・・・。

エンド・オブ・キングダム/今度はロンドンだ! | 映画感想 * FRAGILE
「なにもせず人が死んだ。覚えなくて良い。『ザ・ロック』に通ずる優しさ設計」と聞いて俄然観たくなった。

『 ガルム・ウォーズ』 - アンタップ、アップキープ、ドロー……投了します - 1953ColdSummer
殺意を覚えていたのが自分だけじゃなくて安心した!

『脳男』登場車種(ネタバレ含む)|光岡ビュートの気になるスバリストのブログ
クライマックスでのあの轢きっぷりはすごかったよなあ(笑)。

キネマ・アイランド | 金と銀との虚飾と渇望。『スノーホワイト 氷の王国』感想。
彼女はエルサじゃないよ!

スノーホワイト/氷の王国 (The Huntsman: Winter's War) ほんのりネタバレあり感想 最後に愛は勝つ。 - きままに生きる 〜映画と旅行と、時々イヤホン〜
自分はピュアなので最後の展開には気づきませんでしたよ(笑顔)。

こち亀で爆音上映ネタが取り上げられる - 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記
こち亀でもミニシアターの現状が描かれるとは……。

ディストラクション・ベイビーズ(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて
確かにあの場面でのダメージ描写が少なかったですねえ。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 』のDVD&ブルーレイは8月10日に発売!お盆のおうち映画はこれで決まり? - Cinema A La Carte
バージョンが多くてちょっと混乱するなあ。

【サメ映画】『シャーク・ハンター』レビュー - かあさんこのサメどうかしら
W-JAWSキャンペーンという企画があったとは・・・

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 ムーアが日本に侵略に来ていたならば…… : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
ムーアは“憲法9条”をどう思うかな・・・。

『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』 “ちは”をもとめて|映★画太郎の MOVIE CRADLE
漫画を意識しすぎてしまうがゆえに気になる、というのはわかるなあ。

【6月26日開催!】「映画上映会のつくりかた」という上映イベントについて学んで作るイベント開催します! | pockke
いろいろな上映の形は「体験」として貴重になる時代が来ていると思うのです。


<今週のまとめ>

『デッドプール』が各地で大評判&大ヒットなのが本当にうれしいですね。
ちなみに「R15+ってたいしたことないじゃん!」と思って『ヒメアノ~ル』を観るとどえらいことになります(大傑作だけど)。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-06-04 : 映画ニュース&ブログ記事特集 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

まあ無理はなさらずにw
>しかし……当時の事情を知らないと楽しみにくい『ヘイル、シーザー!』よりも、こっちを先に公開してほしかったかなあ。『トランボ』を先に観ていると、『ヘイル、シーザー』がいかに皮肉に満ちているかがわかって5倍くらい楽しめると思う。
>>『ヘイル・シーザー』未見ですしそちらを先に観てそれから『トランボ』観ることにしようかなあ、とふと思いました。
しかしそれ以外にも未見作品が多いので大変になりそうな予感が…。5月分だと『殿、利息でござる』『海よりまだ深く』『ヒメアノール』『素敵なサプライズ』はせめて観ておきたいのですが。それに加え『シマウマ』『デッドプール』他諸々…。
>『バケモノの子』地上波初登場
>>評価はどうあれ好きな作品なので地上波初登場と聞いた時に「よしきた」と思いました。
>『ローグ・ワン』再撮影
>>マジっすか…。何にせよちゃんと公開されることを。
>『はいからさんが通る』
>>未見なので何とも言えませんが寧ろ自分は南野陽子さん主演の映画の存在が一番有名なのでは…、と思いました。
因みに阿部寛さんのデビュー作でもありますがその前後が不遇だったそうでそれがコミカルな作品でも出演するようになったきっかけと聞いたことがあります(間違ってたらすみません)。
>『ファインディング・ドリー』
>>自分含めどれだけLGBTに対する正しい理解ができてるか定かではないですが何にせよいいことだと思います。
そしてさかなクンさんはなんだかんだ言ってその道のプロなので信頼できます。
>『キセキ』
>>これを聞いた時は「別にやるなとは言わないけどどんな感じになるんだ?」って思いましたが観るかどうかは兎も角として気になる存在です。
>『貞子VS伽倻子』
>>何処に行こうとしてるんだ全くw
>『オオカミ少女と黒王子』
>>まあ、どうあれ好きな人は好きなんですからそれはどうしようもないですよ。
とはいえ自分が女子ならあんな男は願い下げですが。
>『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
>>まさかそれで金曜ロードショーでハリポタ祭りやったのか(違)(勿論実際は『ファンタスティック・ビースト~』を前にしてですが)
真面目な話がラドクリフ氏出演と聞いてさらに観る気になりましたがそれにしても髭で印象が変わるもんだなあ、と思います。
因みにハリポタの方は原作は2作目まで読んだのですがそれ以降は読んでないのでどんな差異があるかは把握できてなかったです。基本設定はある程度つかめてましたし主要陣が次々散っていくのは哀しかったですが…(特にあのヒトはハリーに対していいツンデレでした)。
>ジブリ飯
>>うっ、、深夜に読むもんじゃなかったです…。月並みですがやっぱ旨そう。
>『任侠野郎』インタビュー
>>良くも悪くも安定の蛭子さんですw
>自分の『脳男』登場車種まとめ
>>まあ2台しか取り上げてないですがw
それはともかくとしてアレはマジで「大丈夫か!?あんだけ轢かれた上にその後でパワーウインドーを拳で叩き割って出血してるのに死なないってどんだけ生命力高いんだよ!」ってなりました。「裏を返せば轢かれたら死ぬのって痛みを感じることでショック死に繋がるってことなのかな」と推測したりもしましたし、あまり深く考えることでもないのかもしれませんがそれにしたって一人の人間をあそこまで執拗に轢く描写って自分の知る範囲でこの作品しか記憶にないような…。
>『バットマンVSスーパーマン』
>>バージョン多過ぎィ!ただ特典も楽しむ口なのでこれはこれで楽しいところもあります(が、それは時間的余裕があればの話ですし網羅するのが大変…)。
自分の場合は本編の方は「うーんなんだかなあ」と思うところはありつつも嫌いではないので苦痛にはならなさそうですし余裕があれば…とちょっと考えてしまいました(なさそうですが)。
>こち亀の爆音上映ネタ
>>単行本派なのでネタバレを踏んだ感じはしますがまあこの場合問題ないです。
それにしても流石流行りのネタに敏感なこち亀だな、と。賛否あるものの自分はその点が割と好きです。
2016-06-04 01:56 : いいこま URL : 編集
No title
ちなみにこういう映画が公開されるそうです↓
http://www.chieriandcherry.com/#

この映画多分『マイマイ新子と千年の魔法』みたいに俺みたいなオヤジが「この映画いいね!」みたいに子供連れじゃなくてオヤジ連ればっかだろうな(笑)

TVアニメで『ジュエルペット てぃんくる☆』って番組がありましてこれマニア筋から『魔法少女まどか☆マギカ』に匹敵する魔法少女アニメの名作と呼び声が高いアニメでしてそのスタッフが関わって作った人形アニメです。

上映劇場情報載せますね↓

https://twitter.com/chieriandcherry

今年は新海誠やら山田尚子やらが青春アニメ作りますが青春アニメもいいけどこういうほのぼのとしたアート系人形劇を観ないとなぁと思います。

追記

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』の監督って『オースティン・パワーズ』シリーズのジェイ・ローチですよ!

あのバカ・コメディ映画の監督ですよ!

そんな人がここまで真面目な映画撮るなんて夢にも思わなんだ(笑)
2016-06-05 13:43 : ダーク・ディグラー URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。