fc2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

『貞子vs伽椰子』はコミュニケーションの問題を鋭く描いた人間ドラマだった(超ネタバレ感想)

もうみんな『貞子 vs 伽椰子』は観たかな?
え?まだだって?あんな人類の宝を観ないなんてもったいないぞ★(いや本当に)


レビューはこちら↓
『貞子vs伽椰子』最強ギャグホラー映画がここに誕生!(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

さてさて、じつは本作をもう一度鑑賞してきましてね。
一度目の鑑賞のときには「二大ホラーキャラがバトる!ギャハハハハハー!」「最後に◯◯!腹痛えーー!」という短絡的な印象っばかりでしたが、今回はまったく違う感想になりましてね。
これは単なるホラー映画でもお祭り映画でもない、コミュニケーションの問題を鋭く描いた人間ドラマであると思ったのですよ(本気)。
いや、マジでこれは脚本がよくできています。

あとね、やっぱりこれ怖いなあと。
1度目はネタ部分のおかげであまり考えていなかったのですが、じわじわくるホラー演出は洗練されているし、「あ、これどう考えても終わったわ」という絶望を与えてくれるのがじつにうまいんですね。
あんまりホラーが得意でない大学生の妹を無理やりいっしょに鑑賞させたのですが、マジで怖かったようでごめんよー!

映画は最低でも2回観なければ、作品を真に理解したことにならないと改めて思った次第です。
(たとえば、『PAN ネバーランド、夢のはじまり』は1回目の鑑賞では敵キャラの本当の気持ちに気づけなかった)

そんなわけで、以下からは『貞子 vs 伽倻子』がどのようにコミュニケーションの問題を描いていたかを解説します。
今回はあの衝撃のオチまで全部ネタバレしているので、ぜったいに映画を観ていない方は読まないでください↓
しかも最後の最後に白石晃士監督の『ある優しき殺人者の記録』のオチのネタバレもあります(事前に警告あり)













〜自己中心的な夏美〜

夏美(佐津川愛美)はコミュニケーションに問題のある女性です。

そもそも呪いのビデオを観てしまったのは、彼女が親友の有里(山本美月)に結婚式のビデオのダビングを頼んだからです。
しかし、呪いのせいで祈祷師の女性も大学教授も死んでしまったとき、夏美は「全部友里のせいだからね」と責任転嫁をしています
(確かにデッキに入っていたビデオを観ようと言ったのは友里なのですが、「全部」ではないはずです)

そのくせ、「なぜ私だけ(←ビデオを見てくれた友里のことを考えていない!)がこんな目に合うの」と思って、世界中に呪いをかけるためにビデオを世界中に配信してしまう……。
(夏美は大学教授にも「先生も観ればいいじゃないですか」と提案していましたね)

彼女のコミュニケーションは、極めて自己中心的で、自分以外の人のことを考えていない……いや、それどころか自分以外の人が不幸になってもいいと思っている、悪しきものなのです。


〜土足で人の心に踏み込む経蔵と珠緒〜

霊媒師の経蔵(安藤政信)は、「誰がお前のために除霊をするかよ」「フッ冗談だよ」などと言っており、人の気持ちがわからなそうな不遜な男に思えました。
相棒の珠緒(菊地麻衣)も、死んだ大学教授に「この人すごい無駄死にだね」と、呪いの家から助け出した鈴花(玉城ティナ)に「この子すぐ死んじゃうね」とほざく不遜な少女でした。

しかし、この珠緒の発言に経蔵は「こら!」「そんな言いかたするな」とちゃんと怒っています。
さらには、経蔵は高額な報酬をもらっていたはずなのに、友里から結婚式のビデオのダビングを頼まれると「しょうがねえなあ」と言いながら引き受けています。
経蔵はじつは依頼者の気持ちを慮る性格であり、不遜な発言はただのツンデレなんでしょうね(笑)。

経蔵と珠緒が部屋に来たとき、友里が「部屋へも土足で入られるのかと思った」と言ったシーンもありました。
やはりこういう「土足で人の心に入るような」不遜な言葉は人を傷つけるものですから、避けるべきだと教えてくれます。ツンデレも現実のコミュニケーションだと面倒くさいだけだよね。

このふたりは基本的に空気を読まない<ふたりともツンデレなのかもしれない。


〜両親に話すべきだった鈴花〜

鈴花(玉城ティナ)は同級生や珠緒からさんざん「(呪いの)家に入るな」と言われたのに、なぜ入ってしまったのか……と言えば、行方不明になった小学生4人組を見かけていたものの、ちゃんと話しかけずに去ってしまったという負い目があったからでしょう。
(呪いの家の窓に小学生の後ろ姿が見えたからこそ、鈴花は家に入ってしまった)

また、鈴花は初登場時、父親に「引越しは嫌だったよ……ううん、冗談」と明るく答えていました。
鈴花はとてもいい子で、両親を困らせるようなことは言いたくなかったのでしょうね。

でも、鈴花がこの小学生や呪いの家のことを話していなかったために、追いかけてきた鈴花の両親は死んでしまったのですが……
家族間では、たとえ言いにくいことであったも、問題を話しあったほうがいいのかもしれません。

また、序盤に夢オチがあったのもうまかったですね。
この対比として、両親の死後、目覚めた鈴花は経蔵から「これは夢じゃないぞ」と「現実」を思い知らされるのですから……。
夢オチは基本的に好きじゃないのですが、使い方しだいで素晴らしい効果を生むのですね。バットマン vs スーパーマンとは大違いだぜ!


〜いじめられっ子の報復〜

3人の小学生が、ひとりのランドセルに石を入れたりしていじめているのは胸糞が悪かったですが、その子が石を2度もぶつけて(コントロール抜群)一矢を報いるのがうれしかったですね。

だけど、このいじめられっ子は俊雄に出会ってからいじめっ子に報復するようになった、つまりは俊雄に操られていたように見えます。
(いじめにはこうした物理的な報復ではなく、別の方法で立ち向かうべきですよね)

しかも、最後にこのいじめられっ子を襲ったのは、俊雄ではなくて伽倻子の手だった。
親子の連携プレーがうますぎて怖いなあ。


〜有里の成長〜

有里(山本美月)は、初めて呪いのビデオを観る前に「夏美は労働担当、私は技術担当ね」と言って、夏美に「勝手に決めないでよ」と返されていました。
しかも夏美がビデオを観ている最中、友里はスマホのLINEをよそ見しているんですよね。

彼女は頼まれごとを引き受ける気のいい性格をしているように思えて、勝手に役割分担を決めたり、肝心なときに別のものに気を取られたりと、一定の線を引いて他人(親友)と関わろうとはしない面もあるのではないでしょうか。
(そもそもビデオのダイビングを引き受けたのも、親友のためというよりも「学食5回ぶん」というモノで釣られたからです)
(そういや友里の初登場シーンは大学の講義で寝ているシーンだったな……興味がないものを適当にすます性格なのかも)

しかしそんな彼女も、自分たちのために奔走してくれた教授が「無駄死に」と侮辱されると本気で怒ります。

さらにビデオを観たあと、夏美に「なんてバカなことをしたの?」と言われた友里は、「バカなのはもとからだよ」と返しています
これは、夏美にしっかりと関わっていないかったことを反省してのセリフでしょうね。

涙が出そうになったのは、友里が両親を失った鈴花に、「ごめんね、勝手にお茶いれちゃった」「私も怖いよ」というシーン。
ここでは友里は「ごめんね」と謝りながらも、親密に他人と関わろうとしていることがわかります。



↓以下はあの大オチがネタバレ。まだ本作を観ていない人は引き返すんだ!



〜じつはハッピーエンド?〜

ラストは貞子と伽倻子が合体!ギャハハハー!って思っていました。
対決ではなく、共通の目的のために競合する。これもコミュニケーションにおいて大切ですね(笑顔)。

で……これ、貞子と伽倻子だけでなく、有里(山本美月)とも合体しているような気がします。

最初は井戸の上で貞子と伽倻子が大ジャンプ★して合体したんだけど、そこでは気持ち悪い細胞の塊になっていた。
で、その後にこの細胞の塊が井戸の底にいた有里に落ちてきた。
そして井戸から這い出てきたのは「貞伽倻」だった。
っていうふうになっているんですよ。

はじめは「貞伽倻」が誕生して世界が終わるかもしれない!と思ったのですが、友里とも合体しているおかげで、そのまったく逆で、呪いが消えるのではないか?と思ったのです。

経蔵(安藤政信)は貞子と伽倻子がぶつかった結果、まるでワクチンのように呪いが消えていく可能性を示唆していました。
でも貞子と伽倻子はぶつかってより強力な呪いになる……と言いたいことだけど、何せ「他人のことを考えたコミュニケーションをしようとしていた」友里とも合体しているので、じつはワクチン化しているような気がしたのです。
友里であれば、呪いを全世界にばらまくことを許すはずがないですからね。

例えるなら、『ドラゴンボール』でもともとの魔人ブウがいちばん邪悪だったけど、やさしくて太った界王神を吸収したことである程度制御できるようになったのと似たようなものです(わかりにくい例え)。



↓以下、さらに白石晃士監督の『ある優しき殺人者の記録』のオチがネタバレしています。

ある優しき殺人者の記録 Blu-rayコレクターズ・エディション
ポニーキャニオン (2015-05-02)
売り上げランキング: 52,368

『ある優しき殺人者の記録』を未見の方は、できれば以下を読まないことをオススメします↓



えーとね、白石晃士監督作品には「ウネウネした神様」がよく出てくるのです。

映画の生体解剖 vs 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!: 映画には触れてはいけないものがある<こういう神様がよく出てくるの

『ある優しき殺人者の記録』では、ラストにこの神が現れると次元を移動するという超展開が起きるんですね(実際はしっかり伏線を張っている)。

で、今回の『貞子 vs 伽椰子』でも、盲目の少女の珠緒が、「貞伽倻」をサーモグラフィー的に見ると、思いっきりこのウネウネした神様になっていたのですよ。

つまりは、「貞伽倻」が誕生してワクチン化したどころじゃない、この後に次元移動が起きて「すべてがなかった」ことになるかもしれないのです!

これまでリサイクルショップのバイトの女の子も、大学教授も、祈祷師の女性も、その弟子も、夏美も、4人の小学生も、鈴花の両親も、根こそぎ死んでしまった(わかりにくいですが、経蔵も吹っ飛ばされた後に下半身がなくなっていた)わけですが、このラストでは『ある優しき殺人者の記録』と同じく、これから「大切な人が死ななかった世界」に移動したとも考えられるというわけ。

うん、やっぱりこれハッピーエンドだわ。本当にこのラストは全人類を幸せにしてくれますね(笑顔)。

PUTITTO SERIES (プティットシリーズ) / PUTITTO「貞子vs伽椰子」 BOX
KADOKAWA (2016-06-18)
売り上げランキング: 1,961
(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-07-04 : 旧作映画紹介 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
二度鑑賞しましたが毎回最後の「貞伽倻」の演者さんが気になって仕方がありません。目の剥き方が明らかに貞子と違うと思うのです。衝突四散し結合したあの禍々しいものは新しい器として有里(山本美月)の肉体を得たと考えると演者は山本美月さんに変更になっているのではないでしょうか。エンドロールでも融合体について触れられていないのが非常に気になります。
2016-07-04 20:14 : NONAME URL : 編集
No title

記事の本題ではないので一言だけ。

『花子VSヨースケ』観てきましたが、比較するまでもない。『貞子vs伽椰子』が断然上です。
というか、『花子VSヨースケ』、激しくつまらなかったです。

2016-07-04 20:52 : シオンソルト URL : 編集
僕も二回見ましたが、無駄死発言は教授に対してだと思うのですが。
あれだけ貞子を見たい、そのためなら呪い殺された方がいいとまで言ってたのにヘッドバッドで死亡したことを指しての無駄死だと思います。
それとも公式な発言で祈祷師たちのことだと明言されたのですかね。
だったら私の勉強不足ですが。
2016-07-11 00:19 : あ URL : 編集
No title
神様の話、知らなかったら最後のアレは単なる恐ろしい思念体だとしか思えなかったので、そういう風に見ると面白いですね!

1回しか見てないので間違ってるかもしれませんが、
「無駄死に」と言われていたのは教授のほうではなかったですか?貞子見たかったのに見られなくてとても可哀そうでした(笑)
画面の左下に転がってたのが祈祷師のほうだったと思います。
2016-07-11 22:07 : るる URL : 編集
Re: No title
みなさんコメントありがとうございます。
無駄死には祈祷師への言葉だと完全に勘違いしていました。修正します。
確かに教授は貞子が観られなくて残念だったなあw
2016-07-12 03:34 : ヒナタカ URL : 編集
No title
遅まきながら見てきました
決戦のまえにみんなが横に並んで歩くっていうお約束のシーンが入っているのが個人的に超楽しかったですね。
2016-07-17 09:03 : URL : 編集
No title
教授に対して「この人とんだ無駄死にだね」って言ってたのは
「教授はビデオをダビングしてたのに貞子の邪魔をして死んだから」だと思ってました・・・(後は人に見せるだけで貞子の呪いは解けていた訳ですし)
2016-07-17 22:12 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR