ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ウォークラフト』日本人には楽しむことが難しい?(映画ネタバレなし感想)

今日の映画感想はウォークラフトです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:日本じゃマーケティングがきびしいよなあ……

あらすじ


オークたちは新たな定住地を手に入れるために、人間たちが住む王国アゼロスに来襲しようとしていた。
人間たちはオークたちとの全面戦争を決意するが、オークの中で信頼を置かれている青年のアンドゥイン(トラヴィス・フィメル)は、人間たちとある交渉をしようとする。
一方、オークに属する女性のガローナ(ポーラ・パットン)は人間に囚われてしまっていたのだが……。




本作は『バイオハザード』や『トゥームレイダー』と同じくゲームを映画化した作品なのですが、ウォークラフトって名前のゲームなんて知らねえよ!と思った方も多いんじゃないでしょうか。

それもそのはず。『World of Warcraft』は、プレイヤー数が1000万人を突破してギネス記録に認定されるほどの超人気シリーズですが、日本語版は展開されていないのです。
(ちなみに今回の映画はシリーズ第1作である『Warcraft: Orcs & Humans』が原作)

World of Warcraft (輸入版)
World of Warcraft (輸入版)
posted with amazlet at 16.07.05
Blizzard Entertainment (2004-11-23)
売り上げランキング: 8,825
※輸入版しかございません。

ゲームのジャンルとしてはRTS(リアルタイムストラテジー)で、日本で言えば『伝説のオウガバトル』や『ナポレオン』がこれに当てはまります。
(『World of Warcraft』はMMORPG(多人数参加型オンラインRPG)でもあります)

伝説のオウガバトル
伝説のオウガバトル
posted with amazlet at 16.07.05
リバーヒルソフト (1996-11-01)
売り上げランキング: 14,344

ナポレオン
ナポレオン
posted with amazlet at 16.07.05
任天堂 (2001-03-21)
売り上げランキング: 20,206
※『ナポレオン』は知名度が低いけど、個人的にはやたらハマりました。

今回の映画でおもしろいのは、俯瞰して大局的に戦場を見る画が、まさにRTS(リアルタイムストラテジー)であるゲームそのままに見えること。

ウォークラフト俯瞰したかっこいい画<大迫力!


※原作ゲームの動画

そのほかにも、キャラクターの造形や魔法のエフェクトを超ハイクオリティで再現していたりと、原作ファンからは大絶賛を持って迎えられている要素が多数あるよう。ゲームの実写映画化作品としては、確かな原作へのリスペクトがある映画なのです。


しかし……映画としては問題も多い作品です。

まっさきに思い浮かぶのは、固有名詞や世界観の設定や登場人物が多めなこと。
ゲームを遊んでいない自分は、映画を観ながら「えーとこの用語がこういう意味で……」「この名前がこのキャラで」と把握するのが大変で、作品において用語を理解する過程っておもしろくもなんともないことに改めて気付きました。

少なくとも、以下の固有名詞を把握しておくといいでしょう。

オーク……人間と対立する種族
フェル……闇の力を持つ、強力な魔法
ガーディアン……組織の中で高い地位にいる魔法使い
アゼロス……人間などが暮らす中世ヨーロッパ風の王国

そのほかのカタカナはキャラの名前という感じ。
原作ゲームからだいぶ種族の名前が省略され、予備知識がなくてもまあまあ理解はできるようになっていました。『ガルム・ウォーズ』に比べればかなり工夫されています。

それでもきびしいのは、人間たちとオークたちというふたつの種族による描写が交互に展開されるうえ、会話劇がかなり退屈であること。
相手の種族側の人物の名前がたびたび口に出るのですが、なかなか両者が交わるまでに時間がかかるので、もどかしいったらありゃしません。

説明に始終するあまり、キャラクター描写が薄めなのも難点ですね。
記号的でステレオタイプなキャラばかりで、あまり好感を持てなかったというのが正直なところです。

さらに残念だったのは、オークの集団がポータル(扉)を通って人間の世界に侵略に来たとき、「リーダー格の青年は、なぜ赤ちゃんがお腹にいる妻を連れてきたのか(もとの世界に置いてくればよかったのに)?」という説明がされていないこと。
このせいで青年のことを理解しにくく、感情移入が拒まれてしまいます。
そのほかにも、飲み込みづらい強引な展開が少なからずありました。

このオークの青年をもっと好きになりたかった<このオークの青年に感情移入したかったんだけど……。


それでも本作がおもしろいのは、ふたつの種族における対立と内乱が描かれているから。
オークの中には強力な魔力を持つ独裁者がおり、革新派の青年がほかの種族(人間)と競合してクーデターを企てる、という一連の流れが丁寧に描かれています。
これはゲームのみならず、世界でもありふれていること。現実の問題と照らし合わせる方は多いでしょう。

人間に囚われの身となる女性キャラ「ガローナ」の心理描写もじつにおもしろいですね。
彼女の決断はまさに「苦渋」のものですが、納得できる方は多いでしょう。

そして、CGやエフェクトが惜しげもなく投入された画は迫力満点。
世界の広がり、ファンタジー大作映画としての醍醐味は十分に味わえます。

ウォークラフトやっぱりこういう画はワクワク<こういう画はやはりワクワクする!


なお、本作の監督・脚本は、映画ファンを唸らせた『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』のダンカン・ジョーンズです。

月に囚(とら)われた男 [SPE BEST] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015-12-25)
売り上げランキング: 6,287

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-01-23)
売り上げランキング: 23,649

本作『ウォークラフト』では、ホラーっぽい演出にジョーンズ監督らしさを感じることができました。

でも、『月に~』『ミッション~』のどちらも登場人物が少なく、舞台もごく限定された作品だったんですよね(そうであるからこそおもしろい映画になっていた)。
ジョーンズ監督はこうした作品のほうがマッチしており、本作のようなキャラや設定の多い大作にはやや不向きだったのではないか……ともちょっと思いました。


そもそも原作ゲームの日本語版が展開されていないため、日本人には原作の再現度を楽しめないという欠点があるのは残念です。
日本の宣伝担当の方は、本作のマーケティングに苦労されたことでしょう。
上映館は40数館と少なめ、興行収入が12位スタートという現状も、納得できてしまいました。

それでも、原作ゲームをまったく知らなくても、政治色の強いファンタジー作品を求める人には、十分すぎるほど楽しめるはずです。
公式サイトなどで、いろいろとキャラや世界観を予習しておくのもいいでしょう。
可もなく不可もなく、そこそこな感じでオススメしておきます。

おすすめ記事↓
ファンタジー戦争映画「ウォークラフト」を見る前に知っておくべきこと|ギズモード・ジャパン
映画『ウォークラフト』のダンカン・ジョーンズ監督を直撃! ゲームの世界観を忠実に再現して人間とオークのどちらにも共感できる視点で描いた - ファミ通.com

ウォークラフト
ウォークラフト
posted with amazlet at 16.07.05
クリスティ・ゴールデン Christie Golden
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 17,319

Warcraft (The art of Warcraft (ウォークラフト設定資料集))
ダニエル・ウォレス
ボーンデジタル
売り上げランキング: 10,881
(C)2016 legendary and universal studios

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-07-05 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
『日本で一番悪い奴ら』組織の問題を描いた映画なのか?(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー) «  ホーム  » 2016年7月の気になる映画一覧(マイナー推し)
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
侵略支配の持続性
フン族、ゲルマン諸族、フランク族、イベリアアラブ、ノルマンバイキング、などの中世の侵略はこれに当たります。侵略後の支配の持続性は、被征服者の旧来の栄養補給システムにうまく乗り込めるかどうかによります。たとえば、被征服者の農耕牧畜システムの維持に協力する...
2016-07-10 22:37 : 哲学はなぜ間違うのか
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ファンタジー大作としてそこそこなんですが、細かい不満点を指摘したくなる作品でしたね。

>相手の種族側の人物の名前がたびたび口に出るのですが、なかなか両者が交わるまでに時間がかかるので、もどかしいったらありゃしません。
自分も同感です。しかも交わって共闘するのかと思いきやそれには失敗してるし。
というかこの作品、全体的に失敗が多くて正統派なカタルシスがないんですよね。「ミッション:8ミニッツ」とかも失敗を繰り返して最適解を見つけるエンターテイメントでしたが、この作品は最適解を見つける手前の段階で終わってしまうため、未消化感が否めない。トリロジーとかを見越した作りなんでしょうかね?


>そのほかにも、飲み込みづらい強引な展開が少なからずありました。
自分もいくつかあって、
・人間とオークが戦うシーンでローサーが「頭を使って戦え」とか言うんだけど、どう「頭を使う」のか具体的に言ってくんないから、何か面白みがない。
・ヒューマン同盟なのにドワーフとエルフは書き割り的。特にエルフは何をする人たちなのか、よくわからない。一緒に戦うとかはしないんだ・・・。
・移動描写が少ないので、場所の位置関係や距離感がわからない。よって壮大なスケール感もなく、爽快感もない。特にワープ魔法はインチキにしか感じない。
・決闘シーンがあっけない。西部劇を基にしたと映画秘宝のインタビューに書いてあったので、一瞬で終わるということを表現したかったのかもしれないけど、単に敵が弱いようにしか見えない。


全部些末なことなのかもしれませんが、積み重なるとすごい気になりました。


オークが乗る狼はもふもふしてて可愛かったですね。
2016-07-05 22:28 : 蝮のゼンゾウ URL : 編集
この作品は既に物語の歴史をゲームで知っている人向けなのでしょうね。あらすじも結末も知っていて見る大河ドラマのように。今から3の公開が楽しみです(笑)
2016-07-10 22:02 : URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。