ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『人生は狂詩曲(ラプソディ)』イギリスのEU離脱が話題のいま観るべき映画!(ネタバレなし感想)

今日の映画感想は人生は狂詩曲(ラプソディ)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:お国柄があらわすぎな超楽しいミュージカル

あらすじ


吹奏楽団〈サン・セシリア〉は、見事欧州決勝コンクール進出にこぎつけるが、チームの要であるトランペット奏者のウィリーが演奏直後に舞台上で突然死してしまう。
メンバーたちはエースを失ってしまうが、彼の死を無駄にしないためにもメンバーたちはある作戦を思いつく。それは、ライバルチーム〈アンナバン〉の天才トランペット奏者、ユーグをチームにスカウトし、勝ち上がることだった。




ベルギーを舞台にした音楽映画です。
観る前に知っておくといいのは、ベルギーでは北部がオランダ語、南部はフランス語と、国を分断する形でふたつの言語が存在していることです。


この南北で使用言語が違うことは、そのまま地元愛の強さとなり、相手が乗っている車種や仕事のやる気など、些細なことまでいちいち小競り合う原因にもなっているのだとか。

本作『人生は狂詩曲』では、この言語が違う地域での小競り合い(ときどき仲がいい)の構造を、そのまま吹奏楽チームの対立として描いています
何せ、吹奏楽のライバルチームどうしが、妙なプライドを持って腹の探り合いをしたり、天才トランペット奏者を引き抜こうと画策したり、いい意味でセコいお話なのですから。
お国柄をそのまま物語の発端に絡めている、このアイデアがまず秀逸ですね。

しかもねえ……この天才トランペット奏者が鼻持ちならないというか、そんなにいいやつじゃない、それどころか「自分の作った曲じゃないと出場してやらない!」とほざく超迷惑なやつなんですね。

人生はラプソディ1<天才だけど超迷惑です。

まあはっきり言えば主人公のクセにムカつくわけですが、彼には彼なりの矜持があり、憎めないようなキャラにしているのがうまいですね。
あんまり性格がよくないやつが主人公というのも、まわりまわって本作の魅力になっています。


本作はイギリスのEU離脱が話題になっているいまに観るといいのではないでしょうか。

映画の舞台となるベルギーは、言語対立により国家分裂の危機にたびたびさらされてきました。
近年ではようやく政府や学校が言語ごとに分かれる仕組みが整えられ、その対立は緩和され、ベルギー人は地元に深く思い入れを示すようになったのです。

こうして対立があったものの、妥協や和解により連邦国家となったベルギーは、さまざまな国の共同体となったEUの縮図のようです
(しかも、ベルギーの首都ブルッセルにはEU本部が置かれていたりもします)
この映画で描かれている対立も、そのままEUのことにも置き換えられそうです。

しかも、この映画では「小さいことで言い争ったりするのはバカバカしくね?」という、客観的な目線での「問題の見かた」も提示されています。
いまのイギリスのEU離脱騒動も、何も知らなかった民衆が「この政治家は信用ならねーから、言っていることの反対の離脱のほうに投票しよー」→マジで離脱の投票が過半数を超えた→民衆「え?EU離脱ってそんなにヤベーことなの?」っていう理由で起こった(注:管理人の見識です)んですから。同じくらいバカバカしいです(起こっていることは本気でシャレにならないけど……)

また、移民問題を皮肉っているように思えるのがおもしろいですね。
なにせ、物語は吹奏楽団のエースが突然死して、代わりに来たライバルチームの天才が超迷惑な奴だったというもの。
イギリスがEU離脱をしようとしているのは、同じく「迷惑な移民に来られてしまうと困る!」というのも理由のひとつみたいだしね(もちろん移民はそういう人ばかりじゃないですし、根本的な問題は福祉や政治体制なのですが)。


そして、そんなお国柄やEUの皮肉はどうこう抜きに、本作は超楽しいです
吹奏楽シーンだけが音楽の魅力と思うことなかれ、本作は『レ・ミゼラブル(2011)』『シェルブールの雨傘』『TOKYO TRIBE』のように、登場人物の会話がミュージカルになっているのです。

レ・ミゼラブル (2012) (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 23,923
シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2009-07-17)
売り上げランキング: 10,958
TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ [DVD]
Happinet(SB)(D) (2015-01-06)
売り上げランキング: 3,663

とはいえ、『レ・ミゼラブル』『シェルブールの雨傘』『TOKYO TRIBE』の「会話のミュージカル率」がそれぞれ95%、100%、85%だったのに対して、『人生は狂詩曲』は60%くらいの塩梅になっています。個人的にはこれくらいが見易くてちょうどいいですね。

そしてねえ、そのミュージカルシーンのだいたいが幸せいっぱいなんですよ!
なにせ、主人公が「愛している!」と歌いながら歩くと、周りの人たちがそれを祝福するためにまた歌う、というシーンがあるくらいなんですから。

このミュージカルでみんなが歌う!踊る!楽しい!という感覚は、『(500)日のサマー』の1シーンを超えていました。

(500)日のサマー (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 8,122
※ちなみに『モテキ』では、『(500)日のサマー』をいい意味でパクったシーンがあります。

そんな幸せいっぱいのミュージカルシーンに、兄弟の確執や違う価値観を持つ者たちの和解のドラマ、コミカルでクスクス笑えるシーンが合わさり、そしてラストシーンは超爽快!というエンタメとして理想的な作品に仕上がっていました。

上映館はシネマート新宿、シネマート心斎橋、シネマスコーレ(名古屋、7月23日より)のみ3館と超少ないですが、『シング・ストリート 未来へのうた』に引き続き、優れた音楽映画を観たい方はぜひ。オススメです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-07-19 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。