ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』超万人向けの家族の物語だった!(ネタバレなし感想+B級映画愛に溢れたシーン)

今日の映画感想はトランボ ハリウッドに最も嫌われた男です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:A級&B級映画好きでよかった!

あらすじ


着実に脚本家としてのキャリアを積んできたダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、第2次世界大戦後の冷戦下に起きた「赤狩り」の標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒否したことで投獄されてしまう。
釈放後、彼は偽名で執筆を続け『ローマの休日』をはじめ数々の傑作を世に送り出す。




オースティン・パワーズ』『ミート・ザ・ペアレンツ』のジェイ・ローチ監督最新作です。

本作は「第2次世界大戦後の冷戦下でのハリウッド内幕もの」という、現代人からすればちょっとなじみのないものです。
主人公のダルトン・トランボという名前も、よほどの映画通でないと知らないでしょう。


ダルトン・トランボ: ハリウッドのブラックリストに挙げられた男
ジェニファー・ワーナー
七つ森書館
売り上げランキング: 197,762

トランボがどういう人物であるかを簡単に説明すると、
・あの超名作『ローマの休日』の脚本家
・そうにも関わらず、共産主義者を糾弾する「赤狩り」に巻きこまれた
・以後、ずっと偽名を使ってコソコソと仕事をするしかなかった
というお方です。

本作がうまいのは、「ぜんぜん知らない時代のぜんぜん知らない人物の伝記もの」でありながら、予備知識がなくてもわかりやすい、お堅い内容ではないということ。
映画に詳しくなくても問題なく理解できるうえ、当時の映画を観ておくとさらにオイシイという素敵なバランスなのです。

なぜなら、登場人物がきちんと整理されていることはもちろん、主人公の家族の物語に的を絞っているからなんですね。

この家族の物語がどういうものかと言いますと、「パパがいつも仕事ばかりで構ってくれない!」「ていうか仕事を家に持ち込みすぎ!」「私たちの生活をないがしろしすぎ!」という「父親が責められるあるある」なんです

家族で本気の喧嘩をしてしまうなどの辛いこともあるけど、それ以上にその生活は愉快。「(トランボという名前を隠すために)こんなことしていたのかよ!」などといった驚きもあって、なんとも楽しい。
そんなわけで、本作はクスクス笑えるコメディーシーンも満載なのです

そうそう、共産主義者への迫害という出来事は、いまの日本人には理解しにくいところがありますが、本作ではそこを「なんで共産党が恨まれたの?」「共産党ってなに?」という疑問に、劇中で「幼い子どもに教えてあげる」ことでわかりやすく答えているのもじつにうまいですね。
観客も、大人が子どもにわかりやすく教えるという形で、当時のことをすんなり飲み込めるのです。

もちろん家族の物語だけでなく、主人公トランボのプライドや、友人との和解や衝突といったドラマも過不足なく込められています。
本作は、観る人によって共感できるところがけっこう異なるのかもしれませんね。


また、ポスターは偏屈なおっさんの画ということで華なんていっさいないですが、娘役のエル・ファニングちゃんがとにかくかわいい、目に入れても痛くないほどにかわいい、世界一かわいい、宇宙一かわいい、娘にほしいということは言わずに入られませんね。

エルファニングかわいい<KAWAII!

エルファニング抱きつき<ちょっとそこ代われ

そのほかのキャストでは、ヘレン・ミレン様がくっそイヤな女性記者を演じているのがたまりません。

性格悪いヘレン・ミレン<超性格悪いです

主人公を演じるブライアン・クランストンとの、還暦越えのベテラン俳優同士の演技合戦もたまんないものがありますね。


さてさて、本作は予備知識なく楽しめる、「ハリウッド内幕もの」の初心者にも超オススメの作品なのですが、それでもつぎの人物を知っておくといいでしょう。

カーク・ダグラス……歴史大作『スパルタカス』の主演・製作総指揮を務めた映画プロデューサーにして俳優。じつはマイケル・ダグラスのお父さん。
ロナルド・レーガン……元アメリカ合衆国大統領。じつは俳優としての活動も有名。
ジョン・ウェイン……『駅馬車』などで知られる、西部劇や戦争映画で大活躍した大スター。戦争映画で主演を務めていたことが多かったものの、戦争には行ってない。

あとは、同じく当時のハリウッド事情と『スパルタカス』を茶化しまくったコメディ『ヘイル、シーザー』を観ておくとさらに飲み込みやすいでしょう。

ヘイル,シーザー! ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-10-05)
売り上げランキング: 325

というよりも、何度も書いたように『トランボ』はかなりわかりやすい内容なので、ぜひ『トランボ』→『ヘイル、シーザー!』という順番で見てほしいですね。
本作『トランボ』を観ておくと、いかに『ヘイル~』が皮肉に満ちたコメディーであったかに気づけるでしょう。


個人的に、本作にもっとも近いと感じたのが、『ウォルト・ディズニーの約束』です。

ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-08-06)
売り上げランキング: 6,923

こちらもちょっとマニアックな映画の裏話が展開しながらも、そのじつ偏屈な人間たちのドラマを愛おしく描いた秀作でした。

そうそう、本作はぜひB級映画ファンにもオススメしたいですね。
これがなぜかは若干のネタバレになるので下に書きますが、もう嬉しいというかゲラゲラ笑いました。
世にいるB級映画ファンは「よく言ってくれた!」と思うことでしょう。

そしてねえ……この映画、エンドロールが超必見なんですよ。
帰る人はいないとは思いますが、最後までじっくりと観ることをおすすめします。


そしてそして、本作はIMDbで7.5点Rotten Tomatoesで75%と、本国で十分に高評価だったのですが……公開されたばかりでの日本での評価も並々ならぬものになっています。

(以下、25日21:00ごろの記録)
Yahoo!映画レビュー:4.3点
ぴあ映画初日満足度ランキング:第3位(91.7)
Filmarks:3.9点(5点満点中)
coco映画レビュー:100%

しかもTOHOシネマズ シャンテでは、客席数がもっとも多い劇場で、土日全8回中6回が満席となるほどの賑わいを見せているのだとか。

同じくハリウッド内幕ものだった『ヘイル~』が、やんわりと不評だったことを踏まえると、この数字は驚異的です。
極めて万人が楽しめた映画と言っていいのではないでしょうか。


難点を挙げるなら、序盤が当時のハリウッドの「大人の事情」を細かく描いているため、人によってはやや退屈に感じるかもしれないこと。個人的には、ここはもう少しカットしてもよかったですね。

最大の難点は、公開館が現在20しかなく、時期がバラバラだということかな。
これはミニシアター系での公開ということが本気で惜しい、多くの人が楽しめる作品なんですから。わかったら、ほら近くに劇場がある人はほら行った!

以下、B級映画愛に溢れたシーンだけネタバレで書きます↓ まだ公開館数が少ないので今回はここだけ。これを読むと興味が出てくるかもしれないけど、なるべく読まずに映画館に行ったほうがいいと思うよ!









〜B級映画万歳!〜

トランボは出所後、B級映画を製作するキング・ブラザー社に訪れます。
そこでB級映画の脚本を、超安い原稿料で、すんげースピードで書きまくったために、トランボはフランク・キング(ジョン・グッドマン) から「あいつは天才だ!」とベタ誉め。なんと3日で100ページを書き上げたのだとか。

で、そこにも赤狩りをするため、告発するコラムを書こうとする不届きな連中がくるんだけど、そこでのフランク・キングの言葉が爆笑&泣けるのです。

「俺は女と金が好きだ!そのためにどっちもたっぷり出てている映画を作っているんだよ!客もそれを望んでいる!」

原語では「I'm in this for the money and the p◯ssy and they're both falling off the trees!」と、「お金とあそこが両方木になっていて、それが落ちて来るためにそれ(映画)を作っているんだ!」って言っているのが素敵。
しかもこれ椅子を持って、記者に向かってドアをぶち壊しながら言っているんだよなあ。それでよけいに訴えられるぞ(笑)。

いや、でもあんたはB級映画をわかっている!最高だよ!
ついでに「俺の映画の客が新聞なんか読めるか!」って言っていて、逆に失礼だがそれでよい!

ちなみに、B級映画出身でありながら、A級映画へと進出した大スターや監督はたっくさんいます。
たとえば、この世にロジャー・コーマン作品がなければ、そこで下積みをしていたジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』や『アバター』をつくることはなかったかもしれないのです(わりとマジ)。

何より、トランボが仕事にありつけて、家族と自分を救えたのはB級映画のおかげなんですよね。
おかげでさらにB級映画が大好きになれました。

※以下のシーンも好きだ!とコメントをいただきました。
個人的に好きなシーンはジョン・ウェインがトランボに「君の従軍先はどこかね?撮影所で本物の弾は飛んでこないよ」と痛いところを突かれムッとする場面。ジョン・ウェインが映画史に残る大スターなのは認めますが、思想的には全く尊敬できないだけにスカッとしました。


そして、最後のトランボの言葉がこれまた泣けてしかたないんだ。
この言葉に、思想・信条の自由が許されなかった時代の、彼が家族にしたこと、多くの人が苦しんだ出来事、そのすべてが詰まっています。
そしてそれは現代にも通ずる、人間が幸せに生きるためのメッセージでもあるのです。


ジョニーは戦場へ行った [DVD]
角川書店 (2011-11-25)
売り上げランキング: 1,287
※こちらもトランボ脚本による傑作。

Brave One [DVD] [Import] (1956)
Lumivision
売り上げランキング: 32,264
※トランボが劇中で「傑作だ」と言った『黒い牡牛(原題:Brave One)』は日本でDVD化されていないらしい。なんてことだ。

(C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
Photo by Hilary Bronwyn

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2016-07-25 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
「赤狩りに苦しめられた脚本家」という題材ながら、随所にクスクス笑えるシーンを盛り込む作風は流石バカ映画「オースティン・パワーズ」のジェイ・ローチ監督という感じでした。
フランク・キングが大暴れするくだりは安定のジョン・グッドマン演技も相俟って爆笑しましたが、個人的に好きなシーンはジョン・ウェインがトランボに「君の従軍先はどこかね?撮影所で本物の弾は飛んでこないよ」と痛いところを突かれムッとする場面。ジョン・ウェインが映画史に残る大スターなのは認めますが、思想的には全く尊敬できないだけにスカッとしました。
2016-07-26 01:29 : yama URL : 編集
Re: No title

> フランク・キングが大暴れするくだりは安定のジョン・グッドマン演技も相俟って爆笑しましたが、個人的に好きなシーンはジョン・ウェインがトランボに「君の従軍先はどこかね?撮影所で本物の弾は飛んでこないよ」と痛いところを突かれムッとする場面。ジョン・ウェインが映画史に残る大スターなのは認めますが、思想的には全く尊敬できないだけにスカッとしました。

そこはやっぱりジョンウェインの思想および実際は戦場に行っていなかったことへの皮肉ですよね!追記させてください。
2016-07-26 20:18 : ヒナタカ URL : 編集
No title
>娘役のエル・ファニングちゃんがとにかくかわいい、目に入れても痛くないほどにかわいい、世界一かわいい、宇宙一かわいい、娘にほしいということは言わずに入られませんね。
禿同です!エル・ファニングは「SOMEWHERE」の時もそうだったけど、天からの授かり物として主人公の生き方を変えていく娘役がピカイチですね。マジ天使!

>「俺は女と金が好きだ!そのためにどっちもたっぷり出てている映画を作っているんだよ!客もそれを望んでいる!」
このシーンも良かったですね。ジョン・グッドマンが話を黙っておとなしく笑って聞いてるところから「あ、これはヤバイ顔だ」と思いましたw
金儲けのために良い映画を作る、その映画を観て客が喜ぶ、そういうシンプルなことが出来てたのがキング・ブラザーズなんですよね。欲望に忠実で何のしがらみもない佇まいが非常に頼もしかったです。
2016-07-27 20:45 : 蝮のゼンゾウ URL : 編集
Re: No title
> >「俺は女と金が好きだ!そのためにどっちもたっぷり出てている映画を作っているんだよ!客もそれを望んでいる!」
> このシーンも良かったですね。ジョン・グッドマンが話を黙っておとなしく笑って聞いてるところから「あ、これはヤバイ顔だ」と思いましたw
> 金儲けのために良い映画を作る、その映画を観て客が喜ぶ、そういうシンプルなことが出来てたのがキング・ブラザーズなんですよね。欲望に忠実で何のしがらみもない佇まいが非常に頼もしかったです。

本当いいシーンですよねえ・・・金儲け「だけ」が先行するいまの映画宣伝にも見習ってほしい。
2016-07-28 13:42 : ヒナタカ URL : 編集
No title
エル・ファニングちゃんで思い出したのですが、彼女がトランスジェンダーの役の『アバウト・レイ』、なんで公開中止(アメリカ本国で!)になっちゃったんでしょう…。
公開予定からかれこれ1年、何の音沙汰もありません。
『キャロル』や『リリー』だって公開されたのに…?納得できません!
2016-07-29 21:43 : AVIS URL : 編集
No title
子どもの頃「ラブロマンスなんて女の子の観るもんだ」とヒーロー作品に夢中だった私を虜にした。ダメ人間だけどナイスガイ!なブラッドレー記者の誕生にこんな苦難の歴史があったなんて!?

社会派作品なのに何度も観たくなる痛快さでした!あと一回くらいみたいけど、来週で夏休み映画ラッシュに弾かれてしまう・・・。

>「赤狩り」
アメリカの文化的黒歴史なんですね。しかし封印などせずに後世に伝えて行くハリウッドの意思に敬意を!
そして多くの人に観て欲しい。特に・・・HAUCや「アメリカの理想を守るための映画同盟」のような人達でなく、「今度は俺達のターンだ!」な事をやってる人達へ。
作中トランボはそんな事しませんでした。君は何年に召喚されたのかね?

余談ですが、この歴史はマーベルコミックスの原作『シヴィル・ウォー』にも影響が見られます。
トランボと同じく、公聴会で屈しなかった叔父さんを「立派な人」と言ってくれたピーターを否定したアンタをもうヒーローとは見れないよ。・・・リード・リチャーズ。

>父親が責められるあるある
ごめんなさい。私は「パパがいつも仕事をしてくれない!」「ていうか家に居過ぎ!素面の時に思い付いたような良い父親アピールいらない!」「私たちの生活費を稼いで!」な家庭に育った身で、敵役どもが本当憎たらしいので「パパ!もっとやっちゃって!」でした。
・・・でも、反発するのは本当はパパを敬愛してるからこそなのですよね。羨ましいよニコル!生活苦でもリア充過ぎるぜダルトン一家!!

>ジョン・ウェイン
ヘッダに突き上げられてもエディに対して仁義を貫く所が良かったです。

>『ヘイル、シーザー』
同じ歴史を別視点で撮った作品として、併せて観て欲しいですね。
やっぱり酷評はハリウッド・テンを悪役にした所為なのかなあ・・・。

>『ウォルト・ディズニーの約束』
人に勧め辛いですが、個人的に人物評が「面倒な偉人」である。「ウォルト・ディズニーvsもっと面倒な原作者!」という所がツボな名作です!

>~B級映画万歳!~
私は共産主義に否定的(理由は詳しく言うと長くなるので割愛)でして。「意識高い自分大好きな共産主義者に娯楽作品が作れるわけねー!」・・・と思っていた時期が私にもありました・・・。
ちょっと前に中国政府が「なぜ我が国では『カンフーパンダ』のような世界的ヒット作が作れないのか?」なんて会議を国内のアニメ制作者を集めて開いたと聞いた時には「さあ?なぜでしょうね?(それ言ったら精神病棟って看板付いた政治犯収容所送りだろうが!)」て、集められた先生方思ってるよ。香港映画界を返還後にアンタらどうしたか忘れたか・・・と呆れていました。
トランボ大先生に土下寝!さすが大物は仕事選ばない!
でもハードの脚本は糞映画の匂いがプンプンするぜー!突っ込む気にもなれない。ダメな大川隆法超先生みたいな脚本書きそう。

>フランク・キングの言葉が爆笑&泣けるのです。
あのブチギレ大暴れ!はスンゲー頼もしくてもう一回スクリーンで観たいです!
・・・日本のすぐクレーマーにペコペコする業界も見習ってくれ。

>そして、最後のトランボの言葉がこれまた泣けてしかたないんだ。
子どもの口は塞げない・・・と思っていた時期が、私にもありました。
ミッツィちゃん。君はファイターだ!!君の闘魂に敬意を表す!!
2016-08-04 22:53 : 毒親育ち URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。