ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016年10月の気になる映画一覧(マイナー推し)

『映画 聲の形』と『怒り』の記事アップが遅くてすみません。大人の事情があるんです!(※ちっとも上手くない言い訳)
そんなわけで10月の気になる映画一覧です。

以下も参考にどうぞ↓
モンキー的2016年10月期待の新作映画 - モンキー的映画のススメ
2016年10月公開で観たいと思っている映画の覚え書き|三角絞めでつかまえて

ガンツオー<今月見逃してはいけないのはコイツだ!




10月1日(土)

アイ・ソー・ザ・ライト
『マイティ・ソー』のロキさまことトム・ヒドルストンが、29歳でこの世を去った歌手ハンク・ウィリアムを演じます。
トムヒは歌を猛特訓していたそうで、それだけでも大期待。


10月8日(土)

お父さんと伊藤さん
お父さんと伊藤さん (講談社文庫)
書店員のアルバイト役の上野樹里が、20歳の年上のバツイチ男性役のリリー・フランキーとカップルに。上野樹里の父役の藤竜也との奇妙な同居生活が始まります。
監督は『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ。こういうの大好き。


10月15日(土)

劇場上映 ゴーゴー 日本アニメ(ーター)見本市
1週間限定で、ネットで公開されていたアニメ作品を一挙上映。目玉はアニメの『機動警察パトレイバー』が完全新作として復活すること。
この『機動警察パトレイバーREBOOT』の上映時間はわずか10分だけど、新宿バルト9と梅田ブルク7でしか上映しないから、お客さんが殺到するんじゃないかな。
※いまなら第1話『龍の歯医者』が無料で観られます→龍の歯医者 - 日本アニメ(ーター)見本市
※参考→「日本アニメ(ーター)見本市」が子どもに観せたくないアニメばかりでおもしろい件


10月21日(金)

われらが背きし者
Our Kind of Traitor
試写にて鑑賞済み。原作者は『裏切りのサーカス』『誰よりも狙われた男』のジョン・ル・カレ……と聞いて難しいサスペンスものと思うことなかれ。平凡な教師がマフィアからお使いを頼まれちゃったうえに、素人なのにスパイの手伝いをする、という物語なのでめっちゃ感情移入しやすい。こんなのに巻き込まれたくねえ!
万人向けのおもしろさなのでおすすめ。PG12指定ではちょっと甘いシーンがあるのでご注意を。


10月22日(土)

31(サーティーワン)
『ハロウィン』『マーダー・ライドショー』のロブ・ゾンビ監督最新作。R18+指定。
5人の男女が、ピエロの格好をした人殺しの集団を相手にデスゲームを繰り広げるというたいへん趣味のよろしい映画みたいです。

ジェーン
ナタリー・ポートマンとユアン・マクレガーが西部劇で対決します。
監督は超評判の高い『ウォーリアー』の方ということで期待。

奇蹟がくれた数式
The Man Who Knew Infinity
「インシュタインと並ぶ無限の天才」とも称されたインドの数学者ラマヌジャンと、彼を見出したイギリス人数学者ハーディ、ふたりの伝記ドラマ。
こういう天才の物語というだけで気になる。IMDbで7.2点となかなか好評。
『スラムドッグ$ミリオネア』『チャッピー』のデヴ・パテルが主演を務めます。


10月29日(土)

PK ピーケイ
傑作『きっと、うまくいく』の監督&主演タッグ再び!インド映画だけど上映時間は2時間33分と控えめ(?)。
失恋をした女性が、変人すぎる男と出会ったことによる奇想天外なストーリー。
しかもインド歴代興行収入No.1だったり。IMDbで8.2点Rotten Tomatoesで93%と評価もメチャクチャ高い。観るに決まってんだろ!


そのほか、ヒューマントラストシネマ渋谷で開催されるWORLD EXTREME CINEMAのラインアップも気になりますね。
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクと大杉漣が共演する『隻眼の虎』とか、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のカイロ・レン(萌えキャラ)でおなじみアダム・ドライバー主演『ハングリー・ハーツ』とか。
10月29日からシネ・リーブル梅田(大阪)、12月3日からCinemaKOBEでも実施となります。


メジャーどころで観ないといけないのは以下ですね。

SCOOP!』:10月1日(土)
CUTIE HONEY TEARS』:10月1日(土)
アングリーバード』:10月1日(土)
ジェイソン・ボーン』:10月7日(金)
少女』:10月8日(土)
グッドモーニングショー』:10月8日(土)
HiGH&LOW THE RED RAIN』:10月8日(土)
永い言い訳』:10月14日(金)
GANTZ:O』:10月14日(金)
何者』:10月15日(土)
彼岸島 デラックス』:10月15日(土)
スター・トレック BEYOND』:10月21日(金)
金メダル男』:10月22日(土)
インフェルノ』:10月28日(金)
デスノート Light up the NEW world』:10月29日(土)
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』:10月29日(土)
湯を沸かすほどの熱い愛』:10月29日(土)

はっはっは。毎月すげえラインアップだなもう!(うれしい悲鳴)
『踊る大捜査線』シリーズの脚本家・君塚良一さんが心の底から大嫌いなので、ある意味『グッドモーニングショー』が一番楽しみだなあ☆(マゾい発言)。


『湯を沸かすほどの熱い愛』はよくある「余命宣告モノ」かと思いきや、試写会の評判が恐ろしくよく、傑作揃いの2016年の日本映画でもベストに推す声が多かったり。
『何者』や『永い言い訳』もすさまじい完成度なのだとか。本当今年の映画はどうなってんだ!


何者 (新潮文庫)
何者 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.09.24
朝井 リョウ
新潮社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 828

永い言い訳 (文春文庫)
西川 美和
文藝春秋 (2016-08-04)
売り上げランキング: 969


『アングリーバード』は試写にて鑑賞済み。良い子のアニメと思っていたら、終盤のアクションは『ペット』並に狂っていてめっちゃ楽しい映画でした
あと「アメリカのグループセラピーはウザい」というギャグや、とある超有名映画のパロディがあるんだけど、試写で笑っていたのが自分だけで寂しかったよ!あんなん映画ファンなら笑うだろ!子どもがわかるわけねえだろ!
3D版がおすすめ、主人公を演じた坂上忍がうますぎるので吹き替え版でも存分に楽しめるでしょう。



なお、『GANTZ:O』も試写で鑑賞済みなのですが、はっきり言って実写映画版の28億倍はおもしろいです
全オタクが熱狂した「あの映画」の感動もあるじゃないか!グロいけどマジでおすすめですよ!

※以下は鑑賞直後の興奮



テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

2016-09-24 : 月ごとの気になる映画 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

10月は仕事の関係で観る機会が少なくなりそうですが、とりあえず以下の
『CUTIE HONEY TEARS』(西内まりやが好きなので観なきゃ!)
『HiGH&LOW THE RED RAIN』(前作観たのでとりあえず観なきゃ!)
『GANTZ:O』(とにかく絶対観なきゃ!)
『スター・トレックBEYOND』(スター・トレックだし観なきゃ!)
『金メダル男』(ウッチャンの映画は結構好きなので観なきゃ!)
『デスノートLight up the NEW world』(佐藤信介監督だし観なきゃ!)

は()内の理由で押さえておきたいと思います。
『GANTZ:O』は原作と比べ登場人物が削られているみたいなのでそこは残念ですが、大好きな「大阪編」だけにかなり期待しており上映日が待ち遠しいです。
2016-09-24 20:38 : オープンリーチ URL : 編集
10月見たい映画多い…w
話題作目白押しの10月ですが仕事の関係で10月中盤まで上手いこと見れなさそうな映画があるのが残念です…(´・ω・`) 


「SCOOP!」
パッと見のイメージだと「トレーニングデイ」+「ナイトクローラー」なんですがどうなんでしょう?

「ジェイソンボーン」
予習はバッチリ!新作どうなるのか期待してます

「グッドモーニングショー」
逆の意味での超話題作。ただ如何せん「真田十勇士」のショックがでかすぎて
アレ下回ることが出来るのか…w

「永い言い訳」
原作は賛否両論らしいですがどうなんでしょう?

「何者」
「君の名は。」の特需を恐らく一番頂いたであろう映画
「桐島~」は名作だと同時に色々思うこともあったんでどうなるか

「スタートレック ビヨンド」
前作「イントゥダークネス」は誰が何と言おうと最高クラスの続編でしたがアレ越えられるかなぁ…

「金メダル男」
青春時代「内P」でウッチャンに何度となく助けてもらったんで、見に行かないと言う選択肢はありませんw

「デスノート2」
此方も見えてる地雷臭半端ないですがどうなんでしょうね
折角実写版は綺麗に完結したのに…

「湯を沸かすほどの熱い愛」
試写会で見た人見た人が尽く絶賛なのでかなりハードル上がってますw


一応マストはこんなとこです。最後に皆さん10月公開ではないですが
「真田十勇士」、本気で全くオススメしませんw
見に行く場合は覚悟して見に行ってください…
2016-09-24 21:33 : ラリーB URL : 編集
観られるかどうかわかりませんが
ああ、『君のは。』のコメ残したいと思いつつ残せてない…。
それはともかく10月公開作品で観たい奴が割とあるので押さえておきたいんですけどねえ…。一応9月分は今日で押さえたのでその意味では大丈夫そう(『セルフレス』は未だなのですが時間的に無理っぽくあきらめました)なのですが映画観てる場合じゃない可能性もあるので。

マイナー系は現時点でピンとこないのでメジャー系だけで考えれば
『SCOOP!』(福山氏の汚れ役も含め色々気になるので)
『ジェイソン・ボーン』(過去シリーズを押さえた身としてはこちらも押さえたい)
『何者』(色々あって押さえねばならない気がしたので)
『デスノートLight up the NEW world』(ラリーBさんも仰ってる様に地雷臭はありますがこれが最も気になります)。
この4作品はマストだと思っています。
『CUTIE HONEY TEARS』『アングリーバード』『少女』『GANZ:O』も気にはなるものの今のところ観るかは決めかねます(多分観ると思いますが)。
『グッドモーニングショー』は君塚氏の信頼度が低く地雷臭で済んでないですし『HIGH&LOW』『スタートレックBEYOND』『インフェルノ』『ブリジット・ジョーンズ』は過去作未見なので現時点では観ないです(ブリジットジョーンズ以外は気になるので過去作を押さえたいですが難しそう…。)。

>逆の意味での超話題作。ただ如何せん「真田十勇士」のショックがでかすぎてアレ下回ることが出来るのか…w
>>『真田十勇士』は未見なので何とも言いかねますがマジでそうなりそうな気がしてならないです。
>「桐島~」は名作だと同時に色々思うこともあったんでどうなるか
>>個人的に非リア充として「リア充よ本当に楽しんでるかい」と突きつけるような感じがして名作だと思ってる口ですが果たしてあれを超えられるか。
どっちみち気になるところですが。
>此方も見えてる地雷臭半端ないですがどうなんでしょうね 。折角実写版は綺麗に完結したのに…
>>異論は認めるものの個人的にある意味では原作と比べて後味が悪くなく好きだからこそ怖いと思ってる口です…(やるなとは言わないけどいいのかなあと思います)。それでも既に完結したものをどう調理してくれるかは気になりますし先述したように一番本命です。
2016-09-24 22:45 : いいこま URL : 編集
No title
>『映画 聲の形』と『怒り』の記事アップが遅くてすみません。
『聲の形』この作品、本当凄いですわ。実は挫折していた原作も読み返し始めてるんですが、動画になって、登場人物を役者さんの演技で表現されると更に恐ろしいもんに化けやがった・・・。
(最後に感動という救いもあるんですけどね!)
ヒナタカさんがどうレビューしてくれるか楽しみ・・・と言うのは不謹慎でしょうか。じっくり考察してください。それに締め切りなんてねえ!
>大人の事情があるんです!
ごめん。石田君、西宮さん、そしてBFN、大人てかオッサンになっても赦せねえもんは許せねえし、晒した“恥”は消せねえんですよ・・・。


相変わらず殆ど地元に来ねえー!!
><今月見逃してはいけないのはコイツだ!
大阪メンバーのミッション外の生活と、めがね君の後日談も映像化して欲しいと期待してます。
あと桑原先生とぬらりひょんの「なんぞこれ!?」を大スクリーンで観たいです!

>アイ・ソー・ザ・ライト
ヤッター!トム様にダメ人間でない役が来たー!!

>ジェーン
ちょっと前に西部劇復活!?とか言われてあっという間にプチブーム終了で餓えまくってました!
2016-09-25 00:54 : 毒親育ち URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-09-25 23:31 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。