ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」に望むこと

*映画を観ました。
「新・のび太と鉄人兵団」は素晴らしい作品でした!
感想は<こちら>




「ドラえもん」の映画が大好きです。いや、でした

←評判がやたらいいDVDーBOX

幼稚園~小学生時代は、ドラえもんの映画のビデオを飽きずに何回も観ていました。
今思えば大人をもうならせる完成度のものが多かったと思います。


今のドラえもんはご存知の通り声優を総入れ替えして、作風もかなり変わっています。
個人的に、正直言って今のドラえもんは好きになれません。

声優の水田わさびさんに反対する声も多いとは思いますが、ドラえもんのキャラクターも変わってしまったような気がします。
自分の中のドラえもんは母性あふれる頼りになるキャラなのですが、今はちょっと「お調子者」のようなイメージなのです。

さらに無駄に多い芸能人のゲスト出演、狙いすぎている演出などなど・・昔のドラえもんにあった素朴さが失われてしまっています。

それからの映画版もオリジナル作品では子供だまし、微妙なリメイクの連続(のび太の恐竜2006はよかったけど)になって心底残念なのですが、明日(3月5日)に公開される映画は満を持してのリメイク作品「新・のび太と鉄人兵団」です。



オリジナル版はドラえもんファンからは映画版の最高傑作と謳われている作品なので、これは観たいと思ってしまうのです。
ていうか個人的にも生涯ベスト10に入れたいくらいの名作です。


この「鉄人兵団」がいかに素晴らしい作品であるかを振り返り、リメイク作品に望むことを書いてみます。

以下「のび太の鉄人兵団」のネタバレが含まれますので注意↓








素晴らしいのは本来敵であったロボットの少女「リルル」の存在です。

彼女は人類を絶滅させるための破壊者だった

ドラえもんたち、とくにしずかちゃんの影響を受け、人類を救うために身を犠牲にする


このことが最大のドラマの焦点であり、自分がこの作品を愛してやまない理由です。


さらに映画ではリルルは兵団でただ一人の裏切り者。彼女の悲哀が深く描かれていたことが、感動を呼ぶのです。



さて、リメイク作品で明らかになっていることで、ひとつ懸念があります。

ロボットを呼んでいた青い球。これはオリジナルではものすごく不気味な存在として描かれていました。

リメイク作の予告編を見る限り、この青い球はなんか可愛いひよこみたいなキャラクターになっている上、リルルと同じく、自分の行動に不安を感じ、ドラえもんたちに味方するものとして描かれているような気がします。

これが不安で仕方がない。リルルの孤独感が描かれなくなるかもしれないのです。
それでも、このキャラクターの存在が良い方向に動くことを祈っています。



少なくとも
・↑にあげたこと
・名言の数々
  「朝日なんか昇っちゃって! 勝利ムード満点だ!」
  「ときどき理屈に合わない事するのが人間なのよ.」
   はぜひ聴きたい!
・最初の「俯瞰」シーンと、なみだ涙の余韻を残すラストシーン

はきちんと再現してほしいと思います。

まあ新ドラのスタッフは「宇宙開拓史」のリメイクでラストを思い切り改悪しやがった前科があるので、そんなに期待はしていなけどね。


Ps.ドラえもんって、今でも考えさせられる名言が多い。大人になってからも心に響く作品を作れる藤子先生は偉大です。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-03-04 : いろいろコラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

通りすがりです
通りすがりです。ブログをみて、感銘をうけました。
そして、たったいま鉄人兵団のリメイクをみてきたもので、少し興奮をまじえながら・・・(笑)旧作の素晴らしさには涙し、幼いときから何度もみていた作品だったので、リメイクされるのを知ったとき凄く悲しかったのも覚えています。
是非ごらんになって、その感想もブログにアップしてください><
新作をみてきた私はもう二度とみないことを誓い、旧作をいまからみるところです(笑泣
2011-03-05 20:36 : みちこ URL : 編集
Re: 通りすがりです
コメントありがとうございます!

感想アップしましたよ!

二度と観ないことを誓いましたかw
個人的には愛のあるリメイクだと感じて大満足だったのですが、やはり大傑作のリメイクだけあって、評価は割れそうですね・・・

自分もリメイクされるのを知ったときは悲しかったです・・・でも映画を観て、良かったとも思いました。
2011-03-05 23:51 : ヒナタカ URL : 編集
No title
今のドラえもん映画には必ず小動物と謎の少女のキャラが居ますよね。どっちか一人は新米・タレントの人が声出してて。
小動物は子供の目を引き付けるように、謎の少女は「萌え」の時代になっている事を反映してるのでしょうかね?
次回の映画の謎の少女は萌えキャラの声を何通りも出している水樹奈々が声を担当します。小動物はこれまた普通の男の子が声を当てます。
今のドラえもんも個人的には好きです。ギャグが面白いし内容も一応深いものはあります。ただ、やはり僕も旧時代の方がいいですね。新作しか見れなくなってしまった今、動画サイトで旧時代のドラえもんの動画を見つけると即座にダウンロードしてます。いつ消されるやも知れないので。他にも色んなアニメ動画(萌えアニメ、暴力的なアニメ、リアルタッチのアニメではなく、子供に安全な可愛さを持つ奴)を持ってますがほとんど昔のドラえもんしか今は見てない状態です。
2012-01-29 20:34 : 星 URL : 編集
Re: No title
> 今のドラえもん映画には必ず小動物と謎の少女のキャラが居ますよね。どっちか一人は新米・タレントの人が声出してて。
> 小動物は子供の目を引き付けるように、謎の少女は「萌え」の時代になっている事を反映してるのでしょうかね?


個人的に今のドラえもんがあまり好きではない理由に「媚」をうっているような印象があることです。
タレント起用もはっきりいって不要だと思うのですが・・・「新・鉄人兵団」のピッポは映画を実際観るといい感じでしたけどね。

> 次回の映画の謎の少女は萌えキャラの声を何通りも出している水樹奈々が声を担当します。小動物はこれまた普通の男の子が声を当てます。

声優さんには詳しくないのですが、有名ですよね。

> 今のドラえもんも個人的には好きです。ギャグが面白いし内容も一応深いものはあります。ただ、やはり僕も旧時代の方がいいですね。

DVDでBOXは出ているので、知り合いに子どもが生まれたら昔のドラえもん映画を見せてあげたいな、と思います。
2012-02-06 12:22 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。