fc2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

大満足のファンタジー「塔の上のラプンツェル」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は塔の上のラプンツェルです。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:全ての人におすすめできる痛快なおとぎ話


あらすじ


18年間も塔の外へ出たことのない少女・ラプンツェル。
彼女は赤ん坊のときに、その髪が持つ若さを保つ力のため、マザー・ゴーテルという女に連れさられていたのだ。
誕生日の前日、彼女は毎年空に見える無数の「灯り」の正体を知りたいがために、ゴーテルに外に出れるようお願いするが、一掃されてしまう。
そんな中、盗人のフリン・ライダーが塔に逃げて来たのだが・・・






はっきり言っておすすめです!

ファミリー映画はピクサー作品が主導を握りまくってる昨今で、こんなに面白い作品がたくさん出てきているのは嬉しいです。


なによりキャラクターが魅力的です。
ヒロインのラプンツェルは可愛いし、たくましい。
ヒーローのフリン・ライダーはこのようなファミリー映画のヒーローとは思えないほど、ナルシストの変な奴です。
馬のマキシマスはギャグ要員なのですが、格好良すぎで惚れそうです。
カメレオンのパスカル、「酒場の荒くれ者たち」も可愛いから困ります。


ストーリーは王道です。
夢見るお姫様と、それを守るサブキャラクターたち、それを邪魔する悪い女(ちょっとディズニーでは珍しいと思ったのだけど「魔女」ではないんですよね)という配置で、ハラハラ、ドキドキできる物語を紡いでくれます。


画もものすごく美しい!
自分は2D&日本語吹き替え版で観たのですが、「あの」シーンの素晴らしさは筆舌に尽くしがたいです。
奥行きのあるアクションシーンが多いので、3Dでも観たかったな~とも思いますが、色鮮やかな発色を堪能したいならメガネのいらない2D版でもいいかもしれません。
*3D版をオススメ!とコメントをいただきました。

ちなみに吹き替え版の主人公の声優はしょこたんこと「中川翔子」。上手すぎてびびるので、これだけでファンは必見かも。ただ日本語のミュージカルには多少の気恥ずかしさを感じるので、大人は字幕版で歌を堪能するのもいいかも。


ちなみにサントラは英語版です(最後の4曲は日本語歌のようです)。視聴ページだけでも良いのがわかるなあ・・


ストーリーの一部分にちょっとだけ安易さを感じてしまったのが残念でしたが、どなたが観ても楽しめること間違いなしの素敵な作品です。友達とでも、家族とでも、デートでも、大推薦です!


以下、ネタバレです↓ちょっと野暮なことも書いています
















~ちょっと残念だったこと~


・「果報は寝て待てよ」と言い、2人を城下町に行かせるゴーテル
これは作戦としてはだめなんじゃ・・・城下町に行かせてしまう時点で、ラプンツェルの正体がばれるとは考えもしなかったのだろうか?
実際、作戦は遂行できたわけですが。

ひょっとすると、ゴーテルはあんな言いようでしたが本当は彼女の「灯りが見たい」という願いを叶えたいのでは?とも思ってしまいました。
推測でも何でもない、ただの願望なのですが・・・「あなたが一番大事」と言うゴーテルの姿には、「若さを保ちたい」という欲望以外の、ラプンツェルを思う気持ちを感じてしまうのです。自分だけかな。


・スタビントン兄弟を見えないところで殴って倒すゴーテル
え?そんなに強いの?ゴーテルは何も力を持たないように見えるのですが。


・ラプンツェルがお姫様であることを思い出すシーン
塔の絵の太陽、ハンカチ、王宮で見た絵、序盤で王冠をかぶっていたシーンがフラッシュバックされるのですが・・・強引さを感じてしまいます。
もう少し別のアイテムはなかったのかな、と。


・ラプンツェルの髪の若さを保つ効力がなくなり、老婆の姿になったゴーテルは塔の上から落ちる。
ゴーテルは自分のエゴで赤ん坊をさらい、18年間もラプンツェルを幽閉していた悪人です。
それでも自分は、前述の通りラプンツェルを一番大事にしているというセリフもあり、ゴーテルにはちょっぴり同情の余地があるように感じてしまうのです。(セリフ自体は嘘であり欺瞞なのだとは思いますが)

だから、彼女には救いを残してほしかった。
あれだけでは彼女が死んだかどうかはわかりませんが、ハッピーエンドにも関わらずちょっぴり後味の悪さを感じてしまうのです。
*ゴーテルの性格で、2回目の観賞で気付いたことがあります。詳しくは<こちら>


・「涙」でユージーン(フリン)が生き返る。
ちょっとこれは「良くある」手法ですし、安易さを感じてしまったのが残念。
花の効力が「彼女の体の中に宿っているもの」という伏線があってもよかったのかも。






~よかったこと~


それでも大満足で終わって観れたのは、ラプンツェルとユージーンが無数の灯りを見るシーンが美しすぎたから。

ひょっとしたら画自体はここ数年で一番感動したかもしれない。それほど綺麗だったし、あの灯りが見たいと、毎年、長年思っていたラプンツェルに気持ちがシンクロします。


アクションシーンも楽しかった!髪をロープがわりにしてのスペクタクルはもう一度観たくなります。


コメディとしては
ラプンツェルが何度もユージーンをクローゼットにしまおうとするシーン
ラプンツェルが「なんて外は楽しいの!」→「私って本当に最低の人間だ」と感情の浮き沈みを繰り返すシーン
馬のマキシマスが勇ましく衛兵たちをどけ、隠し通路を発見するシーン
ユージーンがミュージカルを歌えという空気になり→「俺は歌わない」→剣をつきつけられたのでヤケクソで歌うシーン
が大好きです。
最後のなんててディズニー作品のミュージカルに対しての自虐ネタじゃん。
そういえば「魔法にかけられて」でもありましたよね。

ラストシーンが「酒場の荒くれ者」の一人の天使の格好をしたちっこいおじいさんで、キッスをされたのにも笑いました。


そういえば、初めのセリフが「どうやって死んだのかの物語だ」なんですよね。凄くギョッとしたのですが、最後のハッピーエンドでほっとさせるものなので、制作者のちょっとした意地悪なんだと受け取りました。





~原題の示すものって?~


原題は「TANGLED」とシンプル。
Wikipediaによるとこのタイトルになったのは、男性の支持を集めるためという大人の事情もあったりします。

「もつれた」「こんがらかった」という意味です。
これは、彼女の髪のことと、ねじれてしまった彼女の18年間の人生を指しているのだと思います。

最後にはそれを解き放ってくれたユージーン!それは彼女自身の行動の結果でもあります。
そのメッセージに感動してしまうのです。



この物語は長年自分の思い通りにできなかった女性の話でもあるし、エゴイスティックな人間がしっぺ返しをくらい、両親は長年無事を待ち続けていた子どもに会え、ヘラヘラしているナルシストが成長する物語でもあります。


それらがお互いを邪魔せずに構成された物語が素晴らしい!重ねて言いますが、本当に大満足の一本でした。


おすすめ→ポーランドで行われたランタン祭りが完全にファンタジーな件 ‐ ニコニコ動画

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-03-12 : 映画感想 : コメント : 7 : トラックバック : 1
Pagetop
ケチャミルクミソ味ポトフのおいしさ「花のズボラ飯」第8話レビュー «  ホーム  » ゴム人間の恐怖!漫画「ちゃおホラー」レビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
塔の上のラプンツェル【劇場鑑賞】
塔の上のラプンツェル(2D日本語吹き替え版)を見てきました。気分転換もしたかったし、前売り券も前々から買っていたこともあって自転車で30分ほどかけて映画を見てきました。2D吹き替...
2011-03-13 13:43 : MAGI☆の日記
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
僕も今日、友達と塔の上のラプンツェルを観て来ました。
所々に笑いがあり、キュンともなり、ウルッともなり、すごく痛快な映画で予想以上の見応えに感動しました。

吹き替え2Dしかなかったのですが、しょこたんの演技力は素晴らしかったですね!さすがアニメでもレギュラーしていただけはあります^^
字幕版もぜひ観てみたいものです・・・。

ゴーテルはラプンツェルに灯篭の灯を本当は見せたかったのではないか?という点は確かにあり得そうですよね、実際誕生日の前日にラプンツェルがゴーテルに灯を見に行く代わりに絵の具をお願いした時には『さすがに可哀想だから』と承諾した感がありましたし。

ただ姫であることを思い出すシーンは正直頭に「?」が出ました。「え、なんでここで・・・?」てなりますよね。

でもやはり灯篭のシーンは素晴らしすぎました。勢い余ってクリアファイル買いましたから(笑)
1人1人の願いが込められて幾多もの灯篭が飛ぶシーンには思うところがありました。

100分にしては話のテンポも良くて万人受けする作品だと感じましたし、個人的には字幕でも見てみたいと感じました。
2011-03-12 22:24 : 蒼 URL : 編集
Re: No title
こんにちは。コメントありがとうございます。


> 吹き替え2Dしかなかったのですが、しょこたんの演技力は素晴らしかったですね!さすがアニメでもレギュラーしていただけはあります^^
> 字幕版もぜひ観てみたいものです・・・。

しょこたん普段のままとかと言えばそのままなんですが(失礼)、演技力は文句のつけようがありませんでした。


> ゴーテルはラプンツェルに灯篭の灯を本当は見せたかったのではないか?という点は確かにあり得そうですよね、実際誕生日の前日にラプンツェルがゴーテルに灯を見に行く代わりに絵の具をお願いした時には『さすがに可哀想だから』と承諾した感がありましたし。

やっぱりちょっと優しさを感じますよね。


> ただ姫であることを思い出すシーンは正直頭に「?」が出ました。「え、なんでここで・・・?」てなりますよね。

あれがこの映画で一番残念な部分でした。思いださなくてもよかったんじゃ・・と思うくらいです。


> でもやはり灯篭のシーンは素晴らしすぎました。勢い余ってクリアファイル買いましたから(笑)
> 1人1人の願いが込められて幾多もの灯篭が飛ぶシーンには思うところがありました。

あのシーンだけでこの映画は素晴らしいと思えます。クリアファイルも欲しい・・

> 100分にしては話のテンポも良くて万人受けする作品だと感じましたし、個人的には字幕でも見てみたいと感じました。

字幕でもう一度観てみたいですね。歌を楽しめそうな気がします。

また見に来てください。
2011-03-13 12:40 : ヒナタカ URL : 編集
No title
こんんちは。

僕は試写会が当たって3Dで見たんですが、3Dホントにすごかったですよ!笑

トイストーリー3はどっちでも良い感じでしたが、ラプンツェルは絶対3Dの方が良いってくらいでした。最初から奥行きがすごかったです。

僕個人としては、ゴーテルに関しては同情の余地はあんまり無いです。ラプンツェルを若返りの道具としてしか見てないと思います。最後も直接制裁を加えて落ちたわけじゃないし。
ただいちいちラプンツェルを歌で呼ぶとことか見ると可愛げのある奴だとも思いますが笑

あと2人で逃げるシーンは宮崎アニメを参考にしてるなぁと思う所がありました。フリンが出っぱった杭に当たるところとか。

ジョンラセターが総指揮に回ってからディズニーもホント凄いですね。



2011-03-13 13:59 : 名無しさん URL : 編集
Re: No title
こんにちは、コメントありがとうございます。

う~ん2Dで観たことをちょっぴり後悔し始めました。うらやましいです。もう一回観るかなあ。


>僕個人としては、ゴーテルに関しては同情の余地はあんまり無いです。ラプンツェルを若返りの道具としてしか見てないと思います。最後も直接制裁を加えて落ちたわけじゃないし。

そうですね、勝手に子どもを連れだし、若返りのために18年間も閉じ込めていたのですから、許すことのできない悪党だとは思います。
ミュージカルのシーンは確かに可愛げがありました。


>あと2人で逃げるシーンは宮崎アニメを参考にしてるなぁと思う所がありました。フリンが出っぱった杭に当たるところとか。
ジョンラセターが総指揮に回ってからディズニーもホント凄いですね。

宮崎アニメにはアクションシーンの面白さが詰まってますものね。
ジョン・ラセターさんは偉大です。
2011-03-13 17:44 : ヒナタカ URL : 編集
ラプンツェル見ました‼
すごい面白かった(^-^)

私的にはがゴーテルを塔の上から落としたことはそんなに気になりませんでした(^^)
「彼の傷を治させてくれたら一緒にいる」
みたいなこと言ってましたし…

それより私はユージーンとラプンツェルの結婚について気になりました(^^:)
ユージーンって盗賊じゃありませんでしたか…?
まぁ、ハッピーエンドなんで満足してるんですけどねo(^▽^)o♫
2011-04-26 22:10 : ちーず URL : 編集
Re: タイトルなし
こんばんは。

ゴーテルは約束を守るようにも見えませんでしたしね。

ユージーンが王冠を盗んだことはお咎めなしなんですよねw気にしないことにしましょう。
2011-04-27 00:38 : ヒナタカ URL : 編集
観てよかったー!!
ヒナタカさんのオススメと言う事で早速TSUTAYAでレンタルしてきました。
ディズニーのアニメーション映画は殆ど観ないんですけどこれは凄く良かったです(*' ∀ '*)
無数の灯りを見るシーンも素敵でした!!!
あの映像を3Dで観れたらなぁ...
2013-01-20 08:06 : Olivia URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR