ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

全ての母、必見「愛する人」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は愛する人です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:切なくも美しい母と娘の人生に、しんみり


あらすじ


介護士のカレン(アネット・ベニング)は14歳のときに子どもを産み、養子として他人に預けた過去を持っていた。
その子どものエリザベス(ナオミ・ワッツ)37歳になっており、弁護士として働いていた。
2人は37年間、一切顔を合わせたことが無かった。

一方、子どものできないルーシー(ケリー・ワシントン)とその夫ジョゼフは養子を受け入れようとする。

3人の人生が同時に描かれ、交差する。




公開開始は今年の1月15日ですが、これから公開する地域も多いので紹介します。


素晴らしい映画でした。
男の自分も「母親」と気持ちがシンクロします。

紹介として一番アピールしたいのは
「母」とはどういうものか、ということを真摯に描いている
作品だということ。

後半のメッセージや、ある母の一喝、家政婦に「あること」を訴えるシーンでは、特にそれを思います。
このシーンに打ちのめされたり、共感する女性は多いでしょう。

淡々とした地味な映画でありますし、
展開が欲張りすぎて一部に描写不足も感じます。
3つの視点が並行して描かれるのでもどかしさを感じるかもしれません(最近では「ヒアアフター」にも似た作風でした)。

それでもこれは推薦したい作品。

自分も母に親孝行したくなった。
あと孫の顔も見せたくなった。
エロティックな描写が多いので子どもには向きませんが、これは大人の男性が観てもきっと思うことのある作品だと思います。
近くで上映していたら、是非!


以下、ネタバレです↓結末に触れています!
劇中のセリフを書いていますが、間違いもあると思います。ご了承ください















この映画にはたくさんの「母」が登場します。


・カレンの母

途中で亡くなってしまいます。
生前に、家政婦のソフィアの娘に肩身のペンダントをあげていた。
ソフィアには「カレンは不幸だ」と告げて、さらに自分を責めていた。


・カレン

前述の母の言葉を知り「何故私に言ってくれなかったの」と言う。
このシーンはすごく印象的で、彼女は自分の娘と言葉を交わすことができないばかりか、母親からも心の内を話してはくれなかった
14歳のときに子どもを手放したカレン。その彼女が号泣してしまうのも仕方がありません。悲しいシーンです。


・家政婦のソフィア

カレンと、夫になったパコと、自身の娘と共に楽しそうに過ごしている姿が描かれています。
カレンと分かち合うことができて、本当によかった。
そしてソフィアの娘からカレンへ、ペンダントは返されます。このペンダントの向かう先は・・


・エリザベス

彼女が生んだのは、肌の色から間違いなく上司のポールの子でした。浮気相手のスティーブの子どもじゃなくてよかった。
そして死んでしまうエリザベス。その子どもは、いままで交差することのなかった女性のルーシーへの元へと向かいます。


・レイ

20歳の妊婦で、子どもをルーシーに預けようとする女性。
上から目線で、厳しくルーシーを観察する彼女は、母性よりよりもむしろ冷たさを感じます。
彼女は子どもを産むが、ルーシーには結局預けませんでした。


・レイの母親

「私も子どもはいらなかった、でも今は違う。どんな瞬間でもあなたのことを思っている」と言う。
この言葉が、レイの母性を目覚めさせたのでもあるのでしょうね。


・ルーシー

子どもを結局譲らなかったレイを許す彼女。
そこで、別の子どもを養子にできることを知らされます。それはエリザベスの子ども。
しかし、育てていて「あの子を愛していない、何もかも支配されているみたい」と言ってしまいます。


・ルーシーの母

前述のルーシーの姿を見て「あきれた人ね、あなたが子どもを育てる世界初の女性なの?泣き言いうんじゃないよ、母親になるんだから」と一喝する。
この言い方が大好きでした。ルーシーの母は、今までのシーンだと結構ズケズケとものを言っちゃう性格で、あんまり好感を持てなかったのですが、ここで気持ちが変わりました。
この作品の中でも、一番強い母だったかもしれません。





そんな母親たちが織りなすドラマ。最後の結末は、こうでした。

カレンは、娘がもう1年も前に死んでいたことを知らされます。
「死んだと知らなければ、私の中でずっと生き続けていたのに!」とまで言ってしまいます。
悲劇的です。しかしこの映画には救いが用意されていました。

孫娘の、今はルーシーに預けられている「エラ」に会いに行きます。
3人で、楽しそうにしている姿。

そしてカレンはエラにペンダントをかける。
ひいおばあちゃんから、4代にわたったリレーでした。
それはまさに母親の愛を示すものでした。




カレンがギスギスしていたり、パコに気を遣わせてしまうのは、ずっと娘への思いがあったからなのでした。

娘のエリザベスが男から恐がられたり、一人でいるのが好きなのも、母への思いがあったからなのでしょう。



パコの娘はこう言っています「血のつながりより、一緒にいる時間が大事」と。

そのとおりです。家族は一緒にいる時間が長いことが、絆にもなっていると思います。


しかし、最後のエリザベスにあてた手紙にはこうあります。

「今日、エラに会った。38年間を一緒に飛ぶ鳥のようだった。彼女は心のよりどころ(Peace)だ」と。

カレンはエリザベスに会うことはできなかった。
でも彼女の生んだ命に会うことはできた。
それは38年間の悲劇を飛び越えるほどの喜びだった。


子どもって、本当にかげがえのないものです。
原題の「MOTHER AND CHILD」に込められた思いが伝わる秀作でした。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-03-18 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
最近,観ました。最初はいろんな人が出てきてどんな展開になるのだろうと思いつつ,だんだんと引き込まれ最後の20分位で,散らばっていた頭の中が一つになっていく時のあの爽快感は格別でした。名作です。ナオミワッツの妊婦のシーンなんか,本当に2番目のお子さんがお腹に居たそうで,女優魂を見ました。エロいシーンもさりげなく女優としてこなすのはさすがで,日本の女優さんは,勉強してもらいたいものです。
 やっぱり脚本と監督さん,出演者の全ての調和がとれていて良い映画でした。後半に出てきた目の見えない少女の役割も,見事にラストシーンにつながっていました。日本の映画には時々ちょい役にも関わらず主役を張れそうな有名俳優や女優が出てきて,シナリオに書き足したような感じで,筋道に関係なく出ているときがあります。客寄せが目的なのでしょうか?あの目の見えない少女は決して付け足しじゃなかったです。
 それにしても観終わったあと,ずっと心地よさが残っています。この作品の監督さんの以前の作品で「彼女を見れば分かること」も紹介されたことがあったんですが,まったく興味がなかったんですが観ようと思います。    
2016-03-03 15:58 : 森セン URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。