ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キックアスより切ないヒーロー?映画「ディフェンドー」紹介

DVDが絶賛発売中&レンタル中の映画「キックアス」は観ましたか?
もう映画好きな方に義務として観ろと言いたいほどの傑作でした。

そしてキックアスが好きな方におすすめしたいマイナーな映画があるのです。
その名も「ディフェンドー 闇の仕事人」です。




個人的お気に入り度:7/10

一言感想:史上最弱ヒーローの切ない人間ドラマ



↑で見る通りC級臭がハンパないパッケージではありますが、意外や意外、かなり格調高い作品に仕上がっています。

作品に漂う雰囲気はかなり切ないです。

主人公は何の能力も持たず、純粋な心を持った中年のおっさんです
この主人公が娼婦の少女と交流し、いつしか犯罪組織と対立していくのが基本のストーリーです。

主人公のあまりにショボすぎる攻撃方法や、友達とのかかわり合いも涙を誘います。


物語や主人公の境遇は「キックアス」に似ていて、さらにちょっとだけ「ダークナイト」を思わせる要素もあります。

また↑のamazonレビューでは「グラントリノ」「レスラー」に近いという意見もあります。
まさにその通りで、いろんな映画を彷彿とさせ、普通のヒーローものとは違った魅力が詰まっています。

個人的に一番近いと思った作品は「アイアムサム」です。



主人公は、このサムのキャラクターを思い出させます。


スカッと痛快な映画ではないですが、大人向けの「ちょっと切ない人間ドラマ」を期待すれば間違いなく楽しめる本作。
レンタル店で見かけたらだまされたと思って観てみることをおすすめします。


以下個人的にぐっときた名言です↓
ちょっとだけネタバレしているので注意。







主人公が語る「ヒーローのときは、俺じゃなくなる」「銃は弱虫の道具だ」「同じ月を見ている」

友達の子どもが言う「守るなら戦うべきだ」

カウンセラーの言う「大半を誤解されて生きてきた」「あなたは人に好かれる」

娼婦のエンジェル(キャット)が言う「勇気を教えてもらったよ」

友達が言う「素のままでも、ヒーローになれる」

そして「月でまたあおう」


最後も泣かせるよなあ・・・低予算感もハンパない作品ですので、日本などでもこういうインディーズ作品が生まれてほしいと思います。

テーマ : 映画DVD
ジャンル : 映画

2011-03-22 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

遅コメ失礼
大分前の記事ですが
あまりにも感銘を受けた作品だったので
コメントさしていただきます(面倒なら返信不要)

このブログでディフェンドーを知って
おっしゃる通り、騙されたと思って視てみたら
ホントに面白くてビックリです
確かにキックアスより悲しい映画でした...
ジャケットや題名からして
コメディという印象が有りましたが
シリアスな人間ドラマで
笑った箇所はそうありませんでした。

母が娼婦で捨てられる等,幼少期の辛い生活が今の彼をうんだのでしょう
祖父??か知人かは解りませんが
母を殺したという麻薬の密売人の『総帥』の名を未だに信じて
戦っているけなげなアーサーを見ていたらとてもじゃないけど
笑えないです。。

回りの家族がまたいい人でe-259
家の前でジャック(ポールの息子)がアーサーを励ますシーンは泣けます

韓国人カウンセラーとの対話で回想形式で話が進んでいくので
ディフェンドーは死なないんだぁ
と安心して視ていたら、クライマックスでは進行形で物語が進みだし
ラストでは死に絶えてしまいました(号泣

このブログに出会ってからほんとに素晴らしい映画に出会えましたe-257
ほんとうに感謝しています!これからもたくさんのレビュー待ってます

長文失礼しましたe-260
2012-03-17 16:46 : 走馬灯 URL : 編集
Re: 遅コメ失礼
コメントありがとうございます。
いやあ、あの作品を見ていただけるなんて・・・紹介してよかった&ブログやっててよかったと思いました。

> 確かにキックアスより悲しい映画でした...
> ジャケットや題名からして
> コメディという印象が有りましたが
> シリアスな人間ドラマで
> 笑った箇所はそうありませんでした。

そうなんですよね、優しい中年の悲哀がよく出ていて・・・すごく感情移入してしまいました。


> 戦っているけなげなアーサーを見ていたらとてもじゃないけど
> 笑えないです。。

純粋であるがゆえなのですよね、アーサーみたいな人、現実にそばにいたらとても愛おしくなると思う。


> 韓国人カウンセラーとの対話で回想形式で話が進んでいくので
> ディフェンドーは死なないんだぁ
> と安心して視ていたら、クライマックスでは進行形で物語が進みだし
> ラストでは死に絶えてしまいました(号泣

そうか!あの対談形式は「主人公は死なない」ことへのミスリーディングにもなっているのかもしれませんね。
死でおわる映画ですが、後味がとてもいい作品でした。


> このブログに出会ってからほんとに素晴らしい映画に出会えましたe-257
> ほんとうに感謝しています!これからもたくさんのレビュー待ってます
> 長文失礼しましたe-260

本当感謝感激雨あられです。
マイナーなオススメ映画も、たまに紹介したいと思います。
2012-03-17 22:17 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。