ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レクター博士の怪演がもったいない「ザ・ライト」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はザ・ライト -エクソシストの真実-です。


個人的お気に入り度:3/10

一言感想:娯楽にも人間ドラマにも徹しきれていない微妙ホラー


あらすじ


神学生になったマイケル(コリン・オドナヒュー)は、大学卒業の年、恩師の勧めでバチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。
そこで紹介されたルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の悪魔ばらいを手伝うことなる。
妊娠をしていた若い女性に起こったことに、彼は戦慄する。






う~んごめん、これはつまらなかった。

何がいけないって大々的に公開されるホラー作品なのに娯楽性に乏しいです。
というよりもぶっちゃけあんまり怖くありません。

怖い映画を期待している若い人には、頭に「?」が浮かんでしまう微妙に不可解に感じるシーンが多すぎるとも思います。


「悪魔祓い」の映画なので当然悪魔が悪さをして、それに翻弄される主人公たちを描いているのですが・・最初から最後までその描写も緊張感に乏しく、観ているこっちのテンションがだだ下がってしまいました。

ちょっと盛り上がるかも!と思わせといて結局平坦な展開が続くのです。
ヒロインや周りとの確執も中途半端。
これじゃあ盛り上がるはずがない。
明らかに脚本の問題でしょう。


悪魔に取り付かれたときの演出は素晴らしい。
レクター博士ことホプキンスおじいちゃんの存在感も抜群です。
主人公が、はじめは悪魔祓いを信じずにいるのもリアリティがあっていい。
場面場面はすごく丁寧に撮られています。
はっとするようないい台詞も多いです。

しかし悪魔をもっと怖がらせる方法もあったはずだし、ドラマ部分が振り切れていない上、演出&役者の演技が結局全体的な面白さにつながっていないような気がするのです。


総じて「もったいない」映画でした。


ps.東北関東大震災の影響で公開が遅れていた作品ですが、特に地震や津波のシーンはありません。TVで「火山が噴火した」映像が流れたくらいです。気にしていた方は安心してご覧ください。

以下、ネタバレです。↓
















以下ビミョ~だったことを箇条書き


・序盤で事故で亡くなった女性。主人公は死にゆく彼女を祈り、みとる。
終盤で悪魔が「あの太った女を思い出せ」って言いましたが・・・もう少し、驚けるように演出してもよかった気がします。

しかし、このエピソードはかたくなに「悪魔の仕業じゃなく精神病によるものだ」と言っていたマイケルが、女性が亡くなったとたんに「あなたは最善をつくした」と言うシーンに一役買っているとは思います。


・ヒロイン:ジャーナリストのアンジェリーナ
最後に記事にしてくれますが、他に特に活躍したわけでもロマンスが描かれているわけでもなく・・・
最後の戦いには邪魔とさえ思えました。なんかやってほしかった。


・カエル
少年のところで枕にカエルが入っているのを見せたルーカス神父。
ルカース神父の住処にたくさんカエルがいたこと、「『小道具』を忘れるな」と言っているあたり、マイケルはこのことをルーカス神父の自作自演だと思っていたのでしょう。

でもマイケルの部屋に大量に現れるカエル・・・
これでルーカス神父がやっていたことが本当だとわかるのですが・・・あんまりドキドキできるものでも、怖くもありません。
ちなみに聖書においてカエルは災いの一種として、転じて「絶対起きないこと」の例えになっています。


・マイケルが見た幻覚
外に降る雪、赤い目の馬・・・結局意味不明。
こういう描き方が悪いとは言いませんが、もっと怖い演出のほうがよかったんじゃないかな。


・ラストバトル。
これがもうびっくりするくらい盛り上がらない。
マイケルが私は悪魔を信じる→でも神を信じる→結局十字架握って立ち去らせる・・う~ん。
その前のルーカス神父がアンジェリーナに向かって「種付けをしてやる!」とか言いながら襲ったのには苦笑してしまいました。
ああ、そうそう、ルーカス神父の部屋に行く前に、神父がいきなり部屋の外に出てきていてびっくりさせるシーンがありましたが、これも安易な怖がらせ方だな、と。ドアなぜか開いてないし。


・回想シーン
これもわかりにくいものになっています。
結局描きたかったのは父との不仲?死んでしまった母?家の伝統の仕事を忌み嫌う主人公?
父が死んだとき(幻聴も聞く)には涙した彼ですが、これも描写不足で響かない。



総じて「単なるオカルトでした」で終わってしまっているのが一番残念だったり。
最後に意外な展開や(実は本当に精神病でしたとか)、「スペル」くらい突き抜けてくれると楽しかったと。

劇中「緑色のゲロや180度曲がった首が見たいか?」という台詞もありましたし、あまり視覚的な怖さも追及していない作品なのでしょうね。
だからこそ、心理的に怖がらせてほしかったところなのだけど・・・






最後の別れのシーンはとてもよかった。
「君は私に似ていると思った、ゾッとするだろう?」なんて粋な台詞です。

また「神父」と訳される「Father」と言う言葉。
最後に主人公が行った「Good by, father」は自分の父に対しても言っているように見えました。

淡いハッピーエンドにしてくれたので、後味はよかったです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-04-09 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。