ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ドラえもんの映画作品(ドラミちゃん&ドラえもんズ&短編)を振り返ってみる 

「ドラえもん」は今も昔も大好きです。
いま読んでも一向に飽きないメッセージ性、面白さには頭が下がります。


前回の長編映画版にひきつづき、同時上映された「ドラミちゃん」&「ドラえもんズ」シリーズ&短編をレビューしてみます。

長編の影に隠れがちですが、良い作品が多いですよ!
とくに漫画原作ありの短編は、「大山のぶ代」時代後期の微妙すぎた長編映画と相反する出来のよさでした。


ドラえもんズって知らない人多そうだなー。
すごく好きなシリーズなので復活してほしいのですが、声優さんが豪華だったので企画的に難しいのかもしれませんね。





~中編~

「ぼく、桃太郎のなんなのさ」
ぼく、桃太郎
個人的お気に入り度(以下省略):6/10
「21エモン」と併映された中編。唯一の夏休みに公開された映画でもあります。
まあなんて言うことのない内容ですが、ひとつ伏線がうまーく生かされているところがあります。
あと外国人が「わたし、ホウコウオンチ」と言いのび太の家の空き地にに来ていたのですが、方向音痴ってレベルじゃねーだろと当時からつっこんでいました。





~ドラミちゃんシリーズ~


「ミニドラSOS!!!」

7/10
結構好き。のび太の子どもたちが海底に行ってしまい・・・そのあとの展開がかなりいい。
大人になったのび太たちが見れるだけでも楽しい。ミニドラも可愛い。


「アララ!少年山賊団」

7/10
これも楽しい一遍。
のび太の先祖はのび太に輪をかけて不器用だったけど、それは近眼によるところもあるんじゃないか、と言ったところが印象的でした。
眼鏡やコンタクトレンズのありがたみがわかる作品です。うん。


「ハロー!恐竜キッズ」

3/10
これはイマイチ。
恐竜との交流がテーマなのはいいけど、あんまりワクワクできなかった記憶があります。


「青いストローハット」

5/10
ドラミちゃんがカカシロボットと共にお姫様の救出に向かうというシンプルな話。
なかなか終盤のアクションが面白かったです。






~ドラえもんズシリーズ~


「2112年 ドラえもん誕生」

7/10
厳密には「ドラえもんズ」シリーズではありませんが、彼らも登場するので一応。
黄色いときのドラえもんの声(横山智佐さん)が可愛かったなあ。
ちなみにドラえもんの耳がないのはネズミにかじられたせい、というのは有名な話ですが、この映画では「セワシくんのラジコンネズミロボットにかじられた」という設定になっています。
しかしドラえもんの旧彼女(セクシーな猫ロボット)は結構ヒドい性格だ。


「ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?」

9/10
これめちゃくちゃ楽しくて何度も見返していました。名作だと思う。
「ドラ・ザ・キッド」(カウボーイみたいなやつ)が格好いいんだよなあ。
ギャグ&テンポの良さが長所。おすすめです。
また、史上もっともおいしそうなどら焼きが見れます。ジブリも顔負けです。


「怪盗ドラパン謎の挑戦状!」

7/10
「ドラパン」のキャラクターが秀逸(声優は神谷明さん)。
これもテンポが良く、ラストバトルもめちゃくちゃ楽しく仕上がっています。
「ミミミ」というやっつけ名前のヒロインが登場しますが、キャラデザインが違いすぎて違和感がありました。
少なくとも同時上映の「ねじ巻き都市」よりはいい作品。


「ムシムシぴょんぴょん大作戦!」

4/10
どたばた劇。ここから3本立てになったので上演時間が短くなってしまった。


「おかしなお菓子なオカシナナ?」

4/10
「王ドラ」(カンフー)と「エル・マタ・ドーラ」(闘牛士)が主役。
王ドラは可愛い。特に女の子に対してデレデレな王ドラが可愛い。


「ドキドキ機関車大爆走!」

5/10
ゲストキャラ「ロビン」が可愛かった(ほかに言うことはないのか)


「宇宙ランド危機一髪」

3/10
これもあっという間に終わってしまった印象。
やっぱり40分くらいの作品が観たいかな。
同時上映で後述の「がんばれジャイアン」が良かったのが救い。


「ゴール!ゴール!ゴール!!」

5/10
セリフなしのハチャメチャサッカー劇。なかなか楽しい。
声優さんが確保できなかったという大人の事情がありそうです。






~原作ありの短編~


「帰ってきたドラえもん」
9/10
原作の「さようならドラえもん」と「帰ってきたドラえもん」の両方の内容が盛り込まれています。
多分すべての映画作品で一番泣いた作品。
本当いい話だよなあ・・。原作でも5本の指に入るくらい好きな話です。
原作ではジャイアンとスネ夫がとことんいやなヤツとして描かれていますが、この作品ではそれだけでは終わっていません。
原作は「かってに改蔵」という漫画でパロられていたのに爆笑した記憶があります。


「おばあちゃんの思い出」
おばあちゃんの思い出
8/10
おばあちゃんっ子な自分にはドストライクな作品。
いいおばあちゃんすぎて、台詞だけでも涙腺が緩んでしまう。
いい作品です。


「結婚前夜」
結婚前夜
9/10
しずかちゃんのパパの台詞に全てが集約されています。
藤子先生のやさしさが感じられる名作です。
これ見ると結婚したくなるから困る。


「がんばれジャイアン」
7/10
ジャイアンが格好いいなあ。
ジャイ子にも成長がみられ、最後には可愛く見えてしまうのが困る。
どうでもいいけど小学生が同人誌に応募するのって早熟すぎるでしょう。
劇場で観た時、子どもが「ママ~どうじんしってなに?」と聞かれて困惑していたお母さんがいました。気の毒。


「ぼくの生まれた日」
7/10
昭和の時代を表現した背景が素晴らしいです。
子どもに期待する両親の思いを言うシーンは気恥ずかしいけど、感動してしまう。
父のリアクションも最高。ラストの余韻もいい。




最近のドラ映画でも、こうした短編を復活してほしいですね。
すっごくお得感があって楽しいのです。

大山のぶ代
9513円
評価平均:
powered by yasuikamo
最後の締めくくりに
やっぱりない・・・
「エスパー魔美」はどうなった?

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-04-10 : いろいろコラム : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
>>しかしジャイアンとスネ夫がいやなヤツすぎる。長編でいいヤツなだけに。
でもラストでは(ジャイアンは)泣いて謝ってくれましたよね。スネ夫も喜びを分かち合ってましたし。これは原作にない名シーンだと思います。そこらへんのところも十分にレビューしてくださいな。そのシーンがなければジャイアンとこの映画の印象は大きく違うものになっているはずです。
2011-09-26 23:44 : URL : 編集
No title
おばあちゃんの思い出は3歳のジャイアンとスネ夫が未来ののび太から人形を取り返そうとするシーンが感動的です。のび太は周りの人から愛されていることがわかる名シーンです。
2011-09-26 23:49 : URL : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます。

すみません、そうだったのですか・・・自分はそのあたりの記憶が抜け落ちていました。
修正しておきます。

>そのシーンがなければジャイアンとこの映画の印象は大きく違うものになっているはずです。

自分が見たのはもう10年も前だったので、2人のいじわるさだけが印象に残っていたのかもしれません。
ご指摘ありがとうございました。
2011-09-27 21:23 : ヒナタカ URL : 編集
Re: No title
>おばあちゃんの思い出は3歳のジャイアンとスネ夫が未来ののび太から人形を取り返そうとするシーンが感動的です。のび太は周りの人から愛されていることがわかる名シーンです。

ジャイアンとスネ夫は普段は意地悪なんだけど・・・という描写ですね。

原作の「ドラえもんに休日をあげる話」で、のび太が断固としてドラえもんを呼び出すスイッチを押さず、ジャイアンとスネ夫が助けに来るシーンも大好きです。
2011-09-27 21:29 : ヒナタカ URL : 編集
No title
同時上映作品は本当に名作ばかりです。特に少年山賊団はストーリーが良い他、耳付きスーパードラえもんなど小ネタ、タケ蔵のニート発言やママの「のび太!じゃなかったのび平!」など笑える所が多いのも魅力の一つだと思います。
長編の影に隠れがちといっていますが、後期はワンニャンにたどり着くまでドラえもんズや原作短編と立場が逆になったという感じでした。
なかなか興味深いレビューでした。いずれ(見ていれば)、21エモンやチンプイ、パーマンなどの同時上映作品レビューもお願いします。
2011-10-09 12:37 : けんと URL : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます!

> 同時上映作品は本当に名作ばかりです。特に少年山賊団はストーリーが良い他、耳付きスーパードラえもんなど小ネタ、タケ蔵のニート発言やママの「のび太!じゃなかったのび平!」など笑える所が多いのも魅力の一つだと思います。

うわああママのそのセリフ覚えてます!
「クレヨンしんちゃん」の映画で有名になった原恵一さんの優しが現れている作品です。


> なかなか興味深いレビューでした。いずれ(見ていれば)、21エモンやチンプイ、パーマンなどの同時上映作品レビューもお願いします。

ごめんなさい、チンプチやパーマンは観たことがなくて・・機会があればレビューしてみたいですね。


> 長編の影に隠れがちといっていますが、後期はワンニャンにたどり着くまでドラえもんズや原作短編と立場が逆になったという感じでした。

ワンニャンは主題歌も含めて良い作品でしたが、その前は短編だけが楽しみ・・と行った感じでした。
また短編が見たいものです。
2011-10-09 18:01 : ヒナタカ URL : 編集
No title
受験が終わったところで、
>ごめんなさい、チンプチやパーマンは観たことがなくて・・機会があればレビューしてみたいですね。
今更ですが、是非お願いします。特におばあちゃんの思い出と同時収録の21エモン、ぼくの生まれた日のレンタルDVD版と同時収録のチンプイは特に見ていただきたいので、息抜きにご覧になってください。
それはそうと、ブログ更新の復帰おめでとうございます。最新記事に代わってご報告申し上げます。
2012-02-14 13:00 : けんと URL : 編集
Re: No title
> 受験が終わったところで、
> >ごめんなさい、チンプチやパーマンは観たことがなくて・・機会があればレビューしてみたいですね。
> 今更ですが、是非お願いします。特におばあちゃんの思い出と同時収録の21エモン、ぼくの生まれた日のレンタルDVD版と同時収録のチンプイは特に見ていただきたいので、息抜きにご覧になってください。

どうも!受験ご苦労様です。
チンプイは見てみたいですがレンタルビデオ屋においていない・・

> それはそうと、ブログ更新の復帰おめでとうございます。最新記事に代わってご報告申し上げます。
これからも当ブログをごひいきに・・観るのは遅くなるかもしれませんが勘弁してくださいね^^)
2012-02-14 21:14 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。