ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

漫画「Waltz」に見る「殺し」の価値観

今日は漫画紹介。
紹介するのは現在連載中の「Waltz」です。




個人的お気に入り度:9/10

一言感想:殺し屋たちの超A級アクション&サスペンス




4巻が先日発売されたばかりですが、もう面白くてしょうがない。
月間連載なので展開が遅くてもどかしい。
もう大推薦な作品なのです。

原作者は今をときめく作家・伊坂幸太郎さん。
この作品のために原作を書き下ろしたそうです。

「小説の漫画化」は数多く存在しますが、小説家の方がオリジナルの漫画のために話を作り上げたというのは珍しいのではないでしょうか。気合の入り方が違うわけです。


そして今作のジャンルはサスペンス&アクション。
少年誌と思えないほど人が死にます。映画だったらR15+指定でしょう。

話のほうも、身寄りのない少年が「殺し屋」として成長していく・・・という教育上たいへんよろしくございません。

でも自分は悪趣味なので、こういう非・道徳的な作品こそ大好き。
作中の殺し屋たちの「持論」が面白いのです。


4巻で、殺しの会社の社長「岩西」はこう言います。

漫画 ワルツ1

「毎日何かを殺している」というのは仏教の「業」に通じます。
それを人間は忘れてしまっている、という言葉に対して、主人公の少年「蝉(せみ)」はこう言い放ちます。

「そんなの当たり前じゃねえか」と。

さらには一家全員を殺したこともある少年は「何故子どもや女を殺すのを嫌がるんだ?」と疑問に思うのです。

漫画 ワルツ2

全然共感できない台詞です。病んでます。
自分はどんなことがあっても人を殺すのは嫌だし、女性や子どもなんてもってのほかです。

でもそんなことを思うのは人間だけかもしれない。

意外と「当然」「倫理的に許されない」ことって、価値観の範疇から外れると、全然当然じゃないんです。
この言葉を当たり前とまでは思いたくはありませんが、面白い、とは思ってしまうのです。


さらに主人公は「殺し屋」という職業にプライドを持つようになります。

漫画 ワルツ3

「人殺し」は自己満足、「殺し屋」はそうじゃないと言っています。
どっちでも同じだろ、と言いたいところですが、彼がその後に言う仕事の持論は共感できるんです。

それは全ての仕事を請け負う人が持つべき感情。
ぜひ単行本で、「殺し屋」の彼の言葉を読んでほしいです。



まあそんな「殺人」に関する哲学的なことを考えなくてもエンターテイメントしても最高に面白い作品です。

読んでてすごい!と思ったのは
「殺人者たちが三つ巴ならぬ四つ巴の攻防を繰り広げる」という内容なのに全然混乱しない
ことです。

書き分けと、エピソードの整理がしっかりしているためでしょう。これだけで作者の力量は計り知れません。


3巻のラストがいいところで途切れているので、とりあえず一気読みがオススメです。







こちらは、この原作者&作画コンビの前作。
これもすごく面白い。読んでおくと「Waltz」の世界をより楽しめます。




伊坂幸太郎さんの原作は、映画になってもクオリティが高く、漫画もこの面白さと言うのはいちファンとしてうれしいです。


映画のなかでも一番好きなのはこれ。
瑛太が素晴らしい演技を見せてくれますよ。

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-05-21 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。