ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

やったことは清算できたのか?「マイ・バック・ページ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はマイ・バック・ページです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:時代と「彼らが得た」ものを追う骨太人間ドラマ


あらすじ


海外ではベトナム戦争、国内では学生運動が激しさを増していた時代─

ジャーナリストの沢田(妻夫木 聡)は、ある日梅山と名乗る男(松山ケンイチ)と接触する。
沢田は、梅山が行うと宣言した「武装決起」について取材をする。





リンダリンダリンダ」、「天然コケッコー」の山下敦弘監督最新作です。


1960~70年代の「赤軍」のお話だったので、堅苦しくて、当時のことを知らないと楽しみにくい映画なんだろうな、と勝手に思ってましたがまったくもって杞憂でした。
すごく面白かった!


山下敦弘監督は独特の「間」が特徴の方で、今作も長ーい時間を使い(多くの場合ワンカットで)演技を撮影しています。

これが本当に素晴らしい。
特に妻夫木聡さんの演技は、それこそちょっとした口のゆがみや微笑にも、さまざまな感情が見えるかのようです。



また、監督はなんと1976年生まれ
当時のことをリアルタイムで知らない世代です。

それなのに、このリアリティのある当時の空気の描写は何でしょうか。

タバコの煙が漂う新聞社、町、人々のファッションなど、当時の風土を眺めるだけで楽しめることは間違いありません。



映画の主題は、「学生が行う武装決起」という大きな事件のことよりも、主演の2人の内面に迫る人間ドラマに重点が置かれています。

彼らが「やったこと」はなんだったのか。
事件そのものや単純な説明などではなく、2人の演技がそれを雄弁に語ってくれるのです。


すっきりとストーリーじゃないですし、痛快な展開を求めてしまうとフラストレーションがたまりまくるお話ですので万人向けじゃないです。

しかし、「当時のことなんて知らない!」人も是非観てほしいです。
なので、以下知っておいたほうが楽しめると思った項目をwikipediaを引用して一覧にしてみました。

知らなくても雰囲気で大体楽しめるかと思いますが、是非映画を見る前or見た後に参考にしてみてください。




思想、事件

プロパガンダ
セクト
安保闘争
新左翼
思想犯
三島由紀夫
安田講堂事件


サブカルチャー

CCR
ガロ
・真夜中のカーボーイ

・ファイブ・イージー・ピーセス


参考→「映画 マイバックページとその時代」下のほうに少しネタバレがあるので注意


*特に「真夜中のカーボーイ」は観ておくとちょっと得するかも。

*また、タイトルの「my back page」は、おそらくボブ・ディランの楽曲「my back pages」から引用したものでしょう。




そういえば、時代背景、主演が松山ケンイチ、役者の長い演技が見所、と言う点では「ノルウェイの森」に似ています。
この映画とは違い、今作は睡魔とは無縁(のはず)ですので「もうこりごり」になってしまった方も是非。


当時の風土の描写、役者の繊細な演技が、絶えず緊張感を与えている素晴らしい日本映画でした。
オススメです!



*原作本はこちら



以下、ネタバレです↓いきなり結末が書いてあるので注意!
















さて、この映画で一番重要だったこと、それはラストの沢田の涙に他ならないでしょう。

何故、彼は泣いてしまったのか。

直前、彼は「たもつ」さんに新聞の会社に就職できたのか?と聞かれ「なれなかった」と答えます。

もちろん沢田は、望んでいた部署でないにせよ、ジャーナリストとして働いていました。
この「なれなかった」は、
梅山のことを記事にできなかった→だから「記者」になれなかった
ということを示していると思います。



さらに梅山が、どういう人物だったのか?ということも考えてみましょう。

彼ははっきり言って、大うそつきのエゴイストでした。ダメな人間でもあります。


・武装決起は宣言したはずの四月にしない。でも計画は雄弁に語る。
・大学で口論した末に「君は敵か?」などと言い、解散させてしまう。
・ダイナマイトやいろんな武器を保有していると言う。
・金がなくなれば、沢田に1万円を立て替えてもらう
・さらに「マエゾノイサム」にも金をせびる
・抱いた女にも「赤ちゃんができたことを理由にして金を作れ」と言う(しかも事実)
・結局駐在所の何の罪もない人を殺した。武器を取れなかったことは自己批判はするが、殺人は肯定する。
・追われる身になれば、沢田のところにあがりこみ、また金をせびる。
・結局捕まった彼は、「組織は3つの派閥に分かれている」などと大ボラを吹く。
・さらには尊敬しているはずの「マエゾノイサム」も巻き込む。

といった感じ。


そんな梅山を、沢田は信じていました。

彼をかばい上司に激昂し、証拠は燃やして(真偽はわかりませんが)、それでも刑務所に入れられてしまった沢田─

哀れと言うほかないでしょう。



梅山を「警察に引き渡すしかない」と告げられたシーンでは、沢田と梅山の交流を知っているからこそ、沢田に味方したい気持ちが生まれてきます。

しかし、殺人者の梅山を「思想犯です!」なんて弁護する主張は、客観的に見れば奇異にうつるものだと思います。

沢田も、自己主張の激しい人物でした。

沢田と梅山は似たものどうし、だからお互い通じ合うことがあったのでしょう。



梅山は、結局何者だったかは(さんざん沢田が聞いたにもかかわらず)語られません。
でもこの映画はこれでいいのでしょう。

この映画は「人間に振り回される人間」を描いています。
沢田は「新聞」にも振り回されていました。

「新聞はえらいんだよ!」と主張され、彼はどう思ったのでしょうか。


その全てが、ラストの涙に集約されていると思います。


「きちんと泣ける男が好き」

忽那汐里演じる女子学生が言ったことばも、彼は思い出していたのかもしれません。



もうひとつ、彼女の言ったことばで、気にいっているものがあります。

「運動とか、よくわからないけど、賛成か反対かと聞かれれば、賛成。─でも今度の(殺人事件)は、いやな感じ


観客も、同じことを思っているはずです。

国家に反逆し、自分の信念を押し通している─
そう思っていた梅山は、大ボラ吹きで、結局人を殺しただけだった。



この「期待の裏切り」が、とても意地悪で、とても面白いのです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-06-01 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
ところてんはオカズチームにあらず「花のズボラ飯」第16話レビュー «  ホーム  » 未来に必要なドキュメンタリー映画「100000年後の安全」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画『マイ・バック・ページ』とその時代 1960年代新左翼と学生運動
山下敦弘監督の4年ぶりの新作 『マイ・バック・ページ』を観てきました。 社会派青春映画とも言える骨太な本作ですが 時代背景から新左翼の学生運動が深く内容に 関わってくるので馴染みのない現在の若者には分かりにくい 部分が多かったと思います。 ですの?...
2011-06-02 20:05 : くそ映画学会
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは。
リンク貼ってくださってありがとうございます。

僕としては山下監督は大好きなんですし、
いい出来だとは思いますが
ちょっと万人にはおすすめしづらいかなあとw
2011-06-02 20:07 : ランボー怒りのサービス残業 URL : 編集
No title
当時を思い出し、懐かしく、見てました。

70年で壊滅してしまったML派のモヒカンのヘルメットが出てきました。

反帝(国主義)学(生)評(議会)の青ヘルに、白文字。
中核派の白ヘル、黒文字

残念ながら、革マル派の白ヘル黒文字(縁に赤テープ)、フロントのモスグリーンにФの文字(ロシア文字のF)、4トロの黒ヘル、ブンドの赤ヘルはなかったですね。

記憶の向うになりかかっているのですが、70年安保が終わり、アノ後の挫折感は「シラケ時代」を引き起こしたような思いがあります。

原作者のことは、同時代ですが、全く直接的な事は知りませんでした。

でも歴史的な事実を少しずつ、思い出しました。

仰るとおり、アノ涙の場面が良かったです。

実は、私も同じような場面を、学生時代の闘士の死を、ある年月を経て知り、女房の前で突然泣き出し、ビックリさせたことがあります。

私達は、このほとんどBGMのない映画と異なり、物凄く熱い時代に生きていたのです。

それと、あの頃、マスコミはあのようなたれ込み、または創作記事を流してました。

一番酷かったのが、「某セクトが戦車を用意した」「2000名の抜刀隊で、機動隊に切り込む」(読売だったかな?)

このような記事を乗せたマスゴミは、それ以来、全く信用してません。

旧型の三角窓のある乗用車も、出していて、復元力はありましたね。

でも、女性が、少し今っぽかったのが、残念でした。

学生時代同じような経験のある人間には、ほろ苦い映画であったと思います。
2011-08-26 18:39 : sakura URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。