ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新シリーズの幕開けにふさわしい面白さ「X-MEN ファーストジェネレーション」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はX-MEN ファーストジェネレーション(原題:X-Men: First Class)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:やたらめったら面白い、アメコミ新シリーズの誕生だ!


あらすじ


エリック(ミヒャエル・ファスベンダー)は自分たちを迫害し、母を殺した男への復讐を狙っていた。

科学者のモイラ(ローズ・バーン)は謎の集団「ヘルファイアークラブ」を追い、ミュータントの能力を使う彼らを目撃する。
彼女は、頼れる「専門家」としてチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)と接触するのだが・・・

そして、ヘルファイアークラブの目論見が判明する。
彼らはアメリカとソ連の軍隊を利用し、人間同士の大戦を勃発させようとたくらんでいたのだ。

X-MEN創設と、「プロフェッサーX」と「マグニートー」の誕生に迫る、シリーズの前日譚。





はいもうすんげー面白かったです!

人気アメコミヒーローシリーズの、エピソードゼロとなるのが本作。
正義と悪が「何故」生まれたのか。
そこに迫る心理描写、数多いキャラクターが織り成すストーリーは魅力的、アクションも(ちょっと量は少ないけど)迫力満点と隙のない作りに感服しました。

大傑作「キックアス」を撮った、マシュー・ヴォーン監督のサービス精神は今回も健在なのです。



X-MENシリーズを観ていない?内容を忘れてしまった?
いえいえ、今までの作品を観ていなくても楽しめる作品ですよ、これ。

もちろん過去作を観ているほうが楽しめる部分もあるのですが、それは「どちらが先か」だけの違いです。
これを観た後は、シリーズをさらに面白く観れるでしょう。



X-MENシリーズは「ヒーローもの」でありながら、現実の差別や迫害を象徴している作品です。

エリック(マグニートー)の憎しみは「迫害されたから」であり、迫害をした相手はナチスです。
彼は暗喩どころか、まさにユダヤ人そのものとして描かれています。
そして彼は、人間に復讐を誓います。

対して、チャールズ(プロフェッサーX)は、彼とは逆に共存の道を選びます。

彼らの対比が面白く、かつ現実の社会問題でも通ずるテーマも内包しているのです。
それがX-MENが支持される理由のひとつでしょう。


本作はその起源に迫る物語。
登場人物が色濃く描かれたことにより、現実の社会問題に即し、彼らが何を思っていたのかをより知ることができるのです。




また映画はソビエト連邦が存在し、キューバ危機が起きようとしていた時代が舞台になっています。
当時の情勢を知っておくと、さらに楽しめるでしょう。



本作は新3部作の1作目になる予定だそうです。
これはスターウォーズシリーズを彷彿とさせます。

さらにマシュー・ヴォーン監督はこう語っています。(以下Wkipediaから引用)

マシュー・ヴォーン監督は続編について、「『ファースト・ジェネレーション』は『バットマン ビギンズ』に近く、キャラクターを紹介し、それを知る楽しみがあるが、それには時間がかかる。しかし、2作目はすぐに入り込んで、めちゃくちゃ楽しい時間を過ごせる。それが『ビギンズ』と『ダークナイト』の間の主な違いだ。」と語った

いやあもう期待に胸が高まります。
1作目でこの面白さで、続編が「ダークナイト」のような内容だとしたら・・・ワクワクが止まらない!



取り止めがなくなってきたのでまとめます。

「アメコミはスパイダーマンしか知らない」なんて人にもお薦めしたい、エンターテイメントとテーマ性ががっちりとつなぎ合わされた素晴らしい作品です


ジェフ・パーカー
2310円
powered by yasuikamo

こちらはコミック版。表紙の絵でちょっと笑っちゃう。
*純粋な原作本というわけではないようです。要注意。



世界情勢などの話が小難しい&舞台があっちこっち飛ぶ&登場人物が多い(特にこれはシリーズ通しての欠点かも)のでお子様には向きませんが、大人であれば確実に楽しめるでしょう。

とにかく映画館へ!


以下はネタバレです。未見の方は読まないで↓特に今までのシリーズのネタバレはありません。

















さて今作は「エリック」と「チャールズ」の友情を色濃く描いています。

チャールズはエリックを助け、チャールズはエリックの「一番楽しかった思い出」をも思い出させてくれました。

「やってもらったこと」はチャールズ→エリックへと一方通行です。

さらにエリックは憎しみを隠しきれない人間でした。
「エマ・フロスト」の首を絞めようとしたり、「平和には興味がない」と言ったり・・・そして、復讐相手の「ショウ」を殺してしまうエリック。
彼は、チャールズの意思を聞きませんでした。

さらにミサイルを止め、人間に跳ね返そうとするエリック。
また、彼を止めようとするチャールズ。

とことん、エリックは自分の復讐のために行動しようとした。
チャールズは、親友のことを「心を読んでわかった」上で止めようとした。

この2人の関係が切なく、ほろ苦いものとして描かれています。


そんなエリックも、ステルス機が島に墜落したときは、磁力の力でチャールズをかばったように見えました。

彼らの友情はもう戻ることはないのでしょうか。
続編に、それをも望んでしまいます。



女性化学者のモイラがエリックに放った流れ弾があたり、チャールズは下半身不随になってしまいます。

エリックが彼女を責め、殺そうとします。
しかし、チャールズは「やったのは君だ」とエリックに言います。

殺すのをやめたエリックは
チャールズが何回も、何回も行動を止めようとしたこと、
親友に責められたこと、
それに思うことがあったのでしょう。



また、中盤には
「ショウ」の資料を持って去ろうとするエリックに対して、チャールズは「自分の力だったら君を止めれるけど、止めない」と言うシーンがありました。

エリックを身を制してでも止めようとしたチャールズですが、本心では「エリック自身が道を決めてほしかった」のでしょう。


その性格は、最後にエリックについていく「レイブン(ミスティーク)」に、「決めるのは君自身だ」と言うシーンにも生きているのです。






~他ちょっと補足~


・仲間探しのときに、ちょっとだけ登場した「ウルヴァリン」ことヒュー・ジャックマンに笑いました。
帰れって言われただけでさっさと帰るし(笑)

・レイブンが、エリックの前で変身した「大人の姿」
「子どもは帰りなさい」と言われて彼女が変身したのは、シリーズでこの役(ミスティーク)を演じていたレベッカ・ローミンです。
ファンサービスとして嬉しいですよね。あとこの映画に登場する彼女(演じているのはジェニファー・ローレンス)はめちゃくちゃ可愛いと思った。


・「プロフェッサーX」「マグニートー」のコードネーム
まさか「若者たちが名前をつけあったから、ついで」みたいに描かれるとは思わなかった(笑)
あとエリックが「将来ハゲるかも」とか言っていたのも笑った。その後は言わずもがな・・です。

・メンバーの訓練シーン
画面を分割して見せてくれるので楽しくて仕方がない。「バンジー」の飛行シーンも素敵です。



・ラストバトル
人間たち&ヘルファイアグループ&X-MENたち(このとき名前はまだついていなかったけど)と、3すくみの戦いなんですが、まったく混乱せずに大興奮して観ることができました。
あとチャールズの能力によって、ミサイルのスイッチを入れたロシア側のおっさんが可哀想


・「ミュータントは、誇りよ」
Mutant is pround.
チャールズは左右の目が違う女性を「イカした突然変異」だとも言いました。
レイブンはそのことばを気に入りました。
「人間たちは、僕たちの姿を美しいとは言わない」と言い、さらに姿が変わってしまった「ハンク(ビースト)」にも、さらにレイブンはそのことばを伝えました。

この「突然変異」は「障がい」や、人の悩みの種になる「コンプレックス」、「人種」などにも当てはまります。
それを肯定するこの作品は、たとえようもない優しさに満ちています。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-06-11 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
何故か、2回見てしまいました。
その後、テレビで第1作を見て、ビックリ。
あの冒頭の部分。ポーランドの収容所で、親子が別れ別れになるシーン。
あのシーンが、第1作と同じものだとは、思いもしませんでした。
今作では、ミュータントとしての能力に開花する場面が続く訳です。

この辺は、アメリカ映画界の原作を読み解く力に、感服です。

テレビで第1作を久し振りに見た時、「エッ、今、公開の映画をモウ流しているの?」とビックリしました。
私の友人は、逆で、テレビで第1作を見てから、映画館に行って「デジャビ」経験。
「俺は、超能力があるのか!!」と彼も、ビックりしたとのこと。

ストーリーは昔懐かしい「キューバ危機」を取り上げていたので、あの時代を懐かしく思いました。
2011-06-27 12:50 : SAKURA URL : 編集
Re: No title
>その後、テレビで第1作を見て、ビックリ。
>あの冒頭の部分。ポーランドの収容所で、親子が別れ別れになるシーン。
>あのシーンが、第1作と同じものだとは、思いもしませんでした。

そう、一作目でもそのシーンがあったんですよね。
今作でさらに色濃く描いているので、ファンにはたまらないと思います。


>ストーリーは昔懐かしい「キューバ危機」を取り上げていたので、あの時代を懐かしく思いました。

自分はソ連があった時代もよく知りませんでした。確実に現実の時代を知っていた方が楽しめる映画ですね。
2011-06-28 19:07 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。