ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

映画版の良さと悪さの混在「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:話の小難しさがちょっと窮屈


あらすじ


「収穫祭」の夜、とある囚人が脱獄した。
「国家錬金術師」のエドワード・エルリックと、その弟アルフォンスは捕まえようとするが、囚人の強大な錬金術を目の当たりにし、取り逃がしてしまう。

2人は囚人が向かったと思しき場所「テーブルシティ」へと向かうのだが・・・






大人気コミック「ハガレン」の映画版。
原作が完結してからも劇場制作に乗り出しているあたりに人気のほどが伺えます。

こういった漫画作品の劇場版は「一見さんお断り」な印象もありますが、この作品は原作を知らない人でもそれなりに理解できるつくりになっていると思います。


一度目の劇場アニメ化作品「シャンバラを征く者」は、「アニメ(一期)を最後まで観ていないとさっぱりわからない」というシロモノで、原作漫画のほうしか読んでいない観客にはひどく不親切な作品でした。

でも今作は原作漫画の「主人公2人の境遇」「戦闘に使う錬金術」がどんなものかが大体わかっていたら、問題はありません。

アクションは小気味よく、画も綺麗。
スケール感も十分感じさせる、劇場版としては非常に丁寧な出来だと思います。



でも・・はっきり言ってお話のほうは満足できない印象です。

大きな理由のひとつが、舞台である「ミロス」の設定です。
これは実際の民族をモチーフにしている描写であり、作品に深みを与えるべき存在です。

映画では「ミロスの人々の歴史」「舞台設定」をキャラの台詞で語ってくれるのですが・・これが少々退屈で、話のテンポを悪くしているように感じるのです。

現実の民族紛争に則したような舞台、人物設計をしたのは良いと思います。
しかし、映画はエンターテイメントだと考えている自分には、その「説明」とアクションシーンとのバランスをもう少し考えてほしかった気もします。

また、「国VS国」ならまだわかりやすいですが、このミロスは「両国にはさまれた弱小国」という設定。
だからでこそ、入念な説明が必要だったのでしょうが・・・三つ巴にする必要性もあまり感じられません。

さらに3国の設定のほかに、多数の(原作を読んでいる人も初耳の)固有名詞が登場するのだからもう大変です。
少なくとも子どもは理解しにくいでしょうし、フラストレーションがたまることは間違いないでしょう。



すごく話はそれますが・・・宮崎駿さんは「世界を見せること」において最高の人だ、と映画を観終わって思いました。
「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」だって、舞台の説明をベラベラとキャラクターにしゃべらしたりはしませんよね。
あっても最小限で、かつ違和感のないように溶け込んでいます。

反してこの劇場版は、製作者が考えた世界観を余すことなく説明していることが窮屈なんです。
もちろん監督にとってはどれも捨てきれないものだとは思うのですが、映像表現で勝負する映画作品では控えておくべきことではないのでしょうか。

「登場人物の行動理由がわからない」よりは、はるかに良いのですけどね。




総評:

重く苦しいストーリーに心理的余裕はありませんし(ギャグシーンすらない)、残酷なシーンもあります。
説明の多さや、詰め込みまくりな展開に疲れてしまう人もいるでしょう。

しかし、驚ける仕掛けや丁寧な使われ方をされている伏線もあり、脚本自体はかなり出来がいいと思います。

前述のとおり、アニメーションとしての質もすこぶるいいですし、原作ファンとしては好きなキャラクターたちがスクリーンで見られるだけでもやっぱり嬉しいのです。(原作のキャラはろくな活躍をしていない気もするけど・・)

ファンなら劇場で観ておいて損はないでしょう。




また、劇場来場者プレゼントの「11.5」巻なのですが・・・読んでみると「ワンピースフィルム ストロングワールド」でもあった「0巻」とコンセプトがまったく同じで吹きました。

この商法もあんまり多用するのはよくないと思うのですが、どうでしょうかね。

内容は、11巻の続きにあたる書き下ろし漫画(4コマ漫画まである)、設定資料など非常に充実していてパンフレット並みかそれ以上の価値があります。
カバー裏までおまけがある太っ腹さ。
ファンは是非とも手に入れてください。


以下ネタバレ、核心に触れまくっているので未見の人は読まないでね↓

















~アシュレイの物語~

今作の物語のキーパーソンの一人である「アシュレイ」の設定は複雑です。
時系列にしたがってみていきましょう


・ジュリアとその兄アシュレイは両親とともに迫害されていた

・アシュレイは「おおかみキメラ」に殺されたと思われていたが、実は生きていた

・しかし「アトラス警護長(アシュレイだと思っていた人物)」に皮をはがされる

・白いマスクをかぶり「ハーシェル」という、クレタ国境警備軍の軍人になる

といった具合。
しかし最後の「敵国の軍人になって、さらに地位を手に入れている」というのはかなり無理があるような気がします。


「警護長」がいままで名前や姿すら見えていない人物で、驚きがなかったのも少々残念です。

兄だと信じていたのが黒幕→ジュリアは黒幕が兄を殺したのかと思っていた→実は兄は「敵」として生きていた
というのは2重に驚きのある展開でよかったと思います。


最後にアシュレイはどこに向かったのでしょうか。

きょうだいの絆であるペンダントの「片方」を持っていった彼の今後に、希望も少し感じえます。




~真理の扉とジュリア~

ここらあたりは原作を読んでいない人にはわかりにくい設定ですね。

真理の扉は、人体練成(死者をよみがえらせる)という禁忌を侵したものだけがたどり着く場所です。

ジュリアはアシュレイを生き返らせたわけではありません。わずかな命をひろいあげたという段階での練成でした。
なので「扉」は一瞬見えただけだった。

代償として片足を失った彼女。
彼女に悲壮感はまったく感じられません。

そんな彼女にまた会いに来ると告げるジゴロのアル。
その「再会」の場面も、想像してしまいます。




~列車の襲撃シーン~

このシーンもどういうことになってんだか、判断しづらいですよね。

ソユーズ少佐(原作の「ヨキ」に似すぎです)が言っていたとおり、これは「ミロスの囚人たちの輸送」をしているというウソの情報を流し、コウモリ族をわなにはめるという作戦だったのです。




~血を流し、街全体が練成陣に~

これは悪趣味と言うか、残酷シーンのためにあったような設定で、あんまり好きになれません。
血が足りないんだよ!と言ってアトラスは2人も殺してましたが、その後の全体像を見る限りそれでも足りそうにありませんし。





~舞台のモチーフとなった地域~

それは「カスカフ(カフカースとも)」という地方。

ここは実際にロシアの赤軍に責められた経緯などもあり、製作者は迫害問題について思うことがあったのでしょう。


差別が奴隷を生み、貧困が生じることは現在もままあることです。

ジュリアがエドに言った「あなたの国は強いから!でも、私たちは違う。死ぬことにおびえなければならないの!」という台詞は、豊かで、問題に無関心な人々に向けられているようにも感じます。





~おおかみキメラのしたこと~


アシュレイが正体を明かした後、ジュリアにこのようなことを言っていました。

「お前のことは、おおかみキメラに守らせていた」

おおかみキメラは多数の人を殺し、とても「守る」なんてことはしなさそうにみえます。

実は、中盤のアジトのシーンで、明らかにおおかみキメラは上から落ちてくる岩を支えて、ジュリアをかばっているのです

兄・アシュレイは、妹には愛情を注ぎ、村の連中の迫害を憎んでいた人間でした。
彼の行動は、特別な人間だけをかばい、あとは容赦なく殺戮をするというエゴのようにも感じます。

妹の愛する人たちを殺して、彼は幸せになれるのでしょうか。
「守る」というのはただの押し付けで、自らの罪をごまかそうとしているだけかもしれません。

「鮮血の星(賢者の石)」に心を奪われた、という説明もありましたが、それでも彼自身が望んだことは間違いないでしょう。

妹の前から立ち去ったこと─それには贖罪の意味もあるのではないでしょうか。






ps どうでもいい個人的な不満

アームストロング少佐に活躍してほしかった!
台詞ひとつだけじゃないかよーハガレンで好きな要素のひとつに、素敵なおっさんがたくさんいるということがあるのでちょいと残念です。

ほかにもマスタング大佐は「溶岩を止めるのを少し手伝い、傷口をふさいだ」、ホークアイ中尉は「ソユーズ少佐に向けて銃を撃った」だけだし。
しょうがない部分もあるんですけどね。


ps2 「けいおん」のマナーCMにびっくりした

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-03 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
私も同じような感想です。アクションシーンなどは見ていて楽しかったですが、話がややこしすぎますね。
ウィンリィも出したいだけみたいな感じだったし。
あとこの話の内容で映像化作品最後だったら寂しいですね。
分からないところがあるんですが、アトラス警護長って立場的にどこに所属してるんでしょうか。
2011-07-03 10:37 : ムササビ URL : 編集
Re: No title
コメントありがとうございます。

> ウィンリィも出したいだけみたいな感じだったし。
ストーリが複雑すぎたので、仕方のない部分もあったのでしょう。

> あとこの話の内容で映像化作品最後だったら寂しいですね。
まだ人気があるので、TVスペシャルなど期待したいですね。

> 分からないところがあるんですが、アトラス警護長って立場的にどこに所属してるんでしょうか。
アメストリスかクレタかわかる描写がなかった気がしますね。
アシュレイとの関連を見る限り、アメリストリス側のほうがしっくりくる気がします。
2011-07-03 18:16 : ヒナタカ URL : 編集
No title
激しく同意します。

それに加えて、接近戦の格闘シーンのコマ割り(?)が物足りなかったように感じました。

アニメFA版、終盤での
キング・ブラッドレイとグリリンぐらいの迫力が
映画には欲しかったです。

あと、画面が大きい分、
絵が粗いことが気になって気になって仕方がなかった。
キャラクターの髪の毛が、束あるいは塊のようになっていて、それが心残りです。

製作時間がなかったのか?
予算がなかったのか?

2011-08-05 00:35 : みめ URL : 編集
Re: No title
こんばんは、コメントありがとうございます。

> 接近戦の格闘シーンのコマ割り(?)が物足りなかったように感じました。

最後のほうは確かに違和感があったかも。

> アニメFA版、終盤での
> キング・ブラッドレイとグリリンぐらいの迫力が
> 映画には欲しかったです。

自分はアニメは未見なのですが、劇場版がそれに劣っていてはいけないと思います。


> あと、画面が大きい分、
> 絵が粗いことが気になって気になって仕方がなかった。
> キャラクターの髪の毛が、束あるいは塊のようになっていて、それが心残りです。

映画だとそういう細部の作画にも気になってしまうものですね・・・
残念な部分はありましたが、個人的には楽しめた作品です。
2011-08-05 22:35 : ヒナタカ URL : 編集
やっぱりハガレンはスタッフが良い
はじめまして。

私も話が濃密すぎててついていけなかった者です。

賢者の石は原作のような大勢の人間の魂という方法だけでなく、鮮血によってもつくることができるということなのでしょうか?

P.S.しかし、アクションシーンは迫力がありましたし、最近見たアニメ映画の中では一番良かったです。
2011-09-05 14:02 : 原作をもう一度、熟読中… URL : 編集
Re: やっぱりハガレンはスタッフが良い
コメントありがとうございます。

> 私も話が濃密すぎててついていけなかった者です。
>
> 賢者の石は原作のような大勢の人間の魂という方法だけでなく、鮮血によってもつくることができるということなのでしょうか?

原作の設定も変わってしまったように思わせますよね。臨死体験によって扉を「見かけた」からできた・・というのは少し反則かもしれません。
2011-09-10 18:38 : ヒナタカ URL : 編集
私は結構楽しめたよ☆ 
私は2回見に行ったよ
ストーリーが始まって、メルビンとジュリアの子供時代
エド・アルが犯罪者を追跡するシーンやクライマックスのエドVSメルビンの錬金術を使ったバトルなど
見どころは色々とあります。
ちなみに2回目行った時はラストシーンとエンディングで感動しました。
ハッキリ言いますけど、そんなに悪くないですよ。
私としては今年公開されたアニメ映画第2位に入るくらいです。
2011-10-24 10:05 : rightdiamondstar URL : 編集
Re: 私は結構楽しめたよ☆ 
こんばんは。
アクションと登場人物の描写は、確かにみどころがおおいにありましたね!
エンディングでアルが別れを告げるシーンもよかったです。

>私としては今年公開されたアニメ映画第2位に入るくらいです。
自分の今年のアニメ映画の1位は「塔の上のラプンツェル」、2位は「ドラえもん 新・鉄人兵団」です。
よければレンタルでご覧あれ^^)
2011-10-26 21:09 : ヒナタカ URL : 編集
一部間違ってますよ。
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星で思ったが、
ストーリーの一部の場所だけど、一部間違ってますよ
「テーブルマウンテン」ではなく「テーブルシティ」
ですよ。
という訳で、訂正お願いします。
2011-11-04 23:24 : rightdiamondstar URL : 編集
Re: 一部間違ってますよ。
ありがとうございます。訂正しておきます^^
2011-11-04 23:38 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。