ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ダウン症の青年と、悲しい中年の物語 映画「八日目」ネタバレレビュー

今日は旧作の映画のレビュー。
ミスター・ノーバディ」のジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品の「八日目」を観ました。


↓amazonレビューはネタバレがあるので要注意
ダイエル・オートゥイユ
2500円
評価平均:
powered by yasuikamo
印象に残る作品
生きる事の答え。
「チョコレートを食べること」は、最後の選択です。



個人的お気に入り度:7/10

一言感想:辛辣な描き方かもしれないけど、愛しい映画


あらすじ


ダウン症の青年・ジョルジュは施設を飛び出し、「ママ」のもとへ会いに行く。
セールスマンの中年・アリーは別居中の娘と妻に見放されていた。

2人は出会う。彼らの旅路には、意外な結末が待っていた・・・





今年(2011年)に公開された邦画の「八日目の蝉」とタイトルが紛らわしいですが、 こちらは1996年制作のフランス映画。
素晴らしい映画なのですが、今作ははっきり好き嫌いが分かれます。


理由のひとつは絶対的に非難されることも多いであろうラスト。

もうひとつの理由はダウン症の人たちの描き方。
障がい者が、社会的な弱者としてだけでなく、周りに迷惑をかける存在としても描かれていることです。


でもこの映画はこれで正しかった気がします。
安易なハッピーエンドではなく、あえてこういう描き方をしたことで、監督が訴えたかったものがあるのだと思います。


また、ダウン症の青年を演じたパスカル・デュケンヌさんはみずからもダウン症の俳優です。
<参考>
この映画で、ダニエル・オートゥイユ とともに、彼はカンヌ国際映画祭にて主演男優賞を受賞しました。
ダウン症の方が、俳優として成功した姿には希望と喜びを感じずにはいられません。

自然体の演技で違和感を感じることはありません。是非彼の「笑顔」の演技を見てほしいと願います。
楽しい気分になれる映画ではないので万人向けではありませんが、障がい者についての見方を考えたい方には是非ともオススメしたい映画です。


以下はネタバレ↓結末部分は反転しています。
















まず好きなのは、この監督ならではシュールで美しい、幻想的な映像です。

「掃除機に吸い込まれる蟻」
「アリーを責める妻」
「プールの上を歩くジョルジュ」
「唐突にボンネットの上で歌う歌手(笑)」
「車に座っているママ」
「海辺で馬と、ママと出会う」
「歌いだすねずみ、リズムに合わせて踊る靴やズボン」
「宙を飛ぶジョルジュ」
「モンゴル風の衣装のダウン症のみんな」
「遊園地での花火」
「アップで映されるてんとう虫」

それらの画が全て印象に残ります。



ダウン症は天使のようだ、という話もよく聞きます。

自分もそれは同意で、ジョルジュの姿は、無邪気な子どものような純真さを感じました。

妹の夫とは不仲だけど、子どもには大人気のジョルジュ。
可愛い店員さんを見ると、花をあげるばかりか、厨房にまでプレゼントを届けるジョルジュ。
子どものように泣き崩れるジョルジュ。
「笑えよ」とアリーを慰めるジョルジュ。

ブランコを押したり、一緒に森の中で横になったり。
そのとき、彼は「僕らのための、僕らだけの一分間」と言いました。

その全てのシーンが素敵です。


しかし、彼は同時に迷惑をかけてしまうこともありました。
「私には生活がある」と訴えるジョルジュの姉を責めることは、自分にはできません。
(その夫も、目には涙を浮かべていた)



アリーも結局はジョルジュを施設に預けてしまう。
「お前は天使、誰とも違う」

さきほど、自分は「天使」を肯定的なことばとして使いましたが、彼のこの一言は、責任から逃れたくあるような欺瞞も感じます。
でも「自分の子の面倒も見られない」と言ったアリーもまた、自分は責めることはできません。


<ネタバレ反転>[最後は自ら死を選ぶジョルジュ。
しかし、大好きなチョコレートを食べ、満足したのでしょう。
]

ラストの言葉について違和感を覚える方もいると思います。
しかしこちらに素晴らしいレビューがあるので是非ご覧ください。



この映画で印象に残ったのは、アリーをはじめ健常者の人たちの描写。
前述どおり、健常者は迷惑をかけられ、困惑する人たちとして描かれています。

この映画で描きたかったのは、まさにそれのような気がします。
相成れない存在として描かれる、健常者とダウン症の人々。

しかし、その2人が出会ったとき、かけがえのない友情が生まれました。

それこそが、この映画の「希望」に思えて仕方がないのです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-25 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

良い映画でした
ダウン症の子を持つ親としては、好意的に捉えてくださっていることを嬉しく思います。ただ残念ながら、リンク先のレビューの内容は今ひとつでした。
2013-03-26 17:45 : JohnPaulWarudenstrome URL : 編集
Re: 良い映画でした
ダウン症のお子さんをもつかたからコメントがもらえてうれしいです。
この映画の描き方は少し辛辣ですが、だからでこそ見えてくるものがあると思います。
2013-03-26 18:11 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。