ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

全然楽しくない洞窟探検「サンクタム」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はサンクタムです。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:うん・・・フツー


あらすじ


巨大な洞窟に侵入したけど予測不可能な事態が起こったから脱出しよう。





「ジェームズキャメロン」の名前が前面に出まくっている本作。
しかし間違っても「アバター」のような大作を期待してはいけません。
超小粒な内容です。

この作品は「脱出系パニックムービー」です。
ポセイドン・アドベンチャー」「エイリアン2」のような、その場所からの脱出を試みるが、登場人物がまたひとり、またひとり死んでいく・・・というハリウッドではおなじみの構成で作られています。


「洞窟から脱出を試みる」という展開で思いつくのが「ディセント」です。

シャウナ・マクドナルド
3790円
評価平均:
powered by yasuikamo

こちらは途中から「モンスター(地底人)が登場する」というトンデモ展開が待ち受けており、B級ホラーが大好きな自分にとっては大満足な映画でした。


これと比較すると「サンクタム」はよくも悪くも「おとなしい」です
画は代わり映えがしない(洞窟だから仕方ない部分もあるけど)ですし、展開も刺激に乏しいです。

さらにちょっと話に動きがあったと思ったら、それはそれで理解に苦しむ登場人物の行動であったり・・どうにも煮えきりません。


中でも残念だったのが「前人未到の洞窟に挑む」というワクワク感が皆無に等しいことでした。
主人公たちが洞窟に入る前に、ほかのチームがすでに現場にて、洞窟の中の様子を写していたりするのです。

脱出系ムービーである以上、そういう冒険を期待するのが間違っていたのかもしれませんが・・・もう少し描きようがあったと思います。



ここまで散々文句を言いましたが、もちろんよかったところもあります。

そのひとつが「光」の描写。
水に差し込む光が3Dで表現されており、それは文句なしに美しかったと思えます。

もうひとつが「親子」の関係を描いていること。
偏屈親父と、それに反発する息子というベッタベタなキャラクターが素敵でした。


ラスト3分間あたりの描写は素晴らしかったですし、決して悪い作品ではないでしょう。



しかしこの内容で「通常料金+3Dの400円」は明らかに割高です。

「どうしても洞窟の息苦しさを感じたいんだ!」という人にならオススメ。
言うまでもなく「閉所恐怖症」「水恐怖症」の人は回れ右です。


以下、ネタバレです 結末に触れています↓


















~ツッコミどころ~

ツッコミどころはいろいろあるんですけど、中でも違和感があったのがこちら

サイクロンが予定より早く来た!→探検者たちが大慌て

待てや
遅かれ早かれ来ることは分かっていたんですよね?
それなのにその対策がほとんど見えなかったのは・・ねえ。

この無計画ぶりは↓のコメント欄で、実際に洞窟探検のサークルに所属している方から意見をいただきました。


登場人物も極限状態のためか、いい感じにご乱心されています


「ヴィクトリア」は、フランクお父さんがスーツを着ろと命令したときに「死体が着ているのなんかいやよ!」と言います。

自分の命かかっているのにその反応はないだろう。
もちろんこれは「フランクは一見他者をないがしろにしているように見えるが、実際は・・・」という展開に通ずる描写なのですけどね。


「カール」もちょっとひどい。
それは酸素ボンベを独り占めしてどこかに行ってしまうということではなく、終盤にフランクを攻撃してしまうこと。

「ルコとヴィクトリアを殺した!」と訴えていましたが、それならヴィクトリアと深い絆があった~などの描写が必要だったと思います。
カップルとしての描写が少ないんですよね。カールは単独行動してばっかりだし。


あと父・フランクは一見上の「最低さ」がちょっと目立ち過ぎていたように思えます。
おかげで「父の偉大さ」というのが見えにくくなっています。

死人を責めることは作中でも非難されていましたが、その後すぐにフランクが謝って親子が和解なのも早すぎるような気がします。

カールに攻撃されたのことは、フランク自身のせいでもあります。
それから「自分を息子に殺させる」のも・・・これじゃあ「自業自得な上に、息子に父殺しという重荷を持たせた」という父親になってしまいます。

そこは「自分と同じ行動をさせないように」気遣ってほしかったです。



個人的には登場人物の行動がてんでバラバラというか・・一致団結した行動や、作戦タイムがほとんどないのも気になりました。

洞窟内の中継地点をCGで見せたこともまるで意味がなかったですし、もうすこし洞窟にかかわる豆知識や、「頭脳派」の登場人物がいて欲しかったです。

脱出の計画を考えるシーンが少ないのは困りものです。
いきあたりばったりの解決法ではどうしてもテンションが下がってしまいます。



~いろいろ補足~

劇中でフランクが口にしていた「コールリッジ」の詩はこちらで読むことができます。

劇中でも言われていましたが、この詩はコールリッジが麻薬の吸引によって生じた陶酔状態のなかで見た幻覚を、目覚めてから急いで文章にした、という非常にアブないものだったそうです。


減圧症」はダイバーにとって恐ろしい病気です。
自然治癒しないのか・・・知らなかった。


ナショナル ジオグラフィック」を「ナショジオ」と省略するのも初めて知りました。



~印象にのこったこと~

その筆頭が、助からないと悟ったときに溺死をさせていたこと。
どう考えても苦しいです。

もう少し安らかに逝かせてあげようよ・・・とも思いましたが、
時間もない状況では「水につけての低温による死」も難しいでしょうし、
ナイフによる出血死もいたたまれないものがあったのでしょう。

その方法を選ばざるを得なかった登場人物のことを思うと、何ともやりきれません。


序盤に「ジュード」が死んでしまいますが、すぐに前人未到の場所に「ジュード大聖堂」と名が付けられていたのは嬉しかったですね。
この名前はフランクが言っていました。



~ラスト~

洞窟内にわずかにたまった空気を吸いながら、主人公は水面を目指します。

ここの画はすごく美しかった。
これはオープニングのシーンにもつながっています。

それまでが閉塞感が半端ない洞窟内ですので、その対比でより素晴らしく見えます。


父・フランクは死んでしまいましたが、息子・ジョシュは父のことを知り、生き延びることができました。
この親子にとってのハッピーエンドだったと思います。


↓Yahoo!レビューからのオススメ
<こちら>
<こちら>

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-16 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

登場人物の無計画さを除けばリアリティある作品
実際の洞窟探検においては、綿密な計画や安全対策が練られて行われるため、その辺りがリアリティに欠けるのですが、それ以外においては、不自然さのない程度の控えめの照明や流れ来る濁流の凄まじさなどによって、実際に洞窟内に一緒にいるような感覚になりました。
洞窟探検経験者にとっては、登場人物の計画性を除けば(とはいってもこの計画を安全かつ綿密に立てる事が実際には最も重要なのですが…)、リアリティを感じられる作品になっていたと思います。
2011-09-17 16:18 : 洞窟探検のサークルに所属している者です URL : 編集
Re: 登場人物の無計画さを除けばリアリティある作品
こんばんは!コメントありがとうございます。
実際に洞窟探検されている方の意見をいただけて嬉しいです。

> 実際の洞窟探検においては、綿密な計画や安全対策が練られて行われるため、その辺りがリアリティに欠けるのですが、それ以外においては、不自然さのない程度の控えめの照明や流れ来る濁流の凄まじさなどによって、実際に洞窟内に一緒にいるような感覚になりました。

やはろ無計画に見えますよね・・・。安全性は最重要項目だと思うのですが。
本作の父親に、そのことを教えてもらいたかったというのが本音です。

洞窟内の雰囲気や、水の描写は秀逸だったと思います。
2011-09-17 21:47 : ヒナタカ URL : 編集
No title
見事に、肩透かし一本!って感じでした。

何故か、3D、日本語吹き替え版。

私は、欧米人(取り分け、米人)の口論で展開される一人よがりの論理が大嫌いなのですが、スーパーだと適当に訳してくれるのです。

吹き替えだと、みっちり聞かされるので、引いてしまいました。

監督さんが、あのような立派な人なので、マサカ、このような映画だとは予想もしませんでした。

アビス見たいになるのかな?と密かに期待してました、残念です。

ただ時節柄、日本の同じようなマニアには、極めて優れた教育ビデオになることでしょう。

結構、携帯で時間を確認している人が、いましたです。
2011-09-18 18:22 : sakura URL : 編集
Re: No title
こんばんは~!


> 私は、欧米人(取り分け、米人)の口論で展開される一人よがりの論理が大嫌いなのですが、スーパーだと適当に訳してくれるのです。
>
> 吹き替えだと、みっちり聞かされるので、引いてしまいました。

父親の理論はまさに「独りよがり」でした。もう少し感情移入できるようにしてほしかったなあ。

>
> 監督さんが、あのような立派な人なので、マサカ、このような映画だとは予想もしませんでした。
> アビス見たいになるのかな?と密かに期待してました、残念です。

ジェームズキャメロンは総指揮で、監督は別の方です。
その監督の名前が全く出てきてないので少し可哀そうにも思えます。


>
> ただ時節柄、日本の同じようなマニアには、極めて優れた教育ビデオになることでしょう。
>
> 結構、携帯で時間を確認している人が、いましたです。

自分も早く終わってくれないかと思った口・・残念な映画ではありました。
2011-09-18 19:21 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。