ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

全てにおいてゲーム的「世界侵略:ロサンゼルス決戦」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:迫力はあるけど、やや凡庸


あらすじ


軍隊に20年務めた「ナンツ2等軍曹」
「スタヴロー伍長」
「ゲレロ上等兵」
結婚を間近に控えた「ハリス伍長」(ニーヨ
「アドゥクス衛生下士官」
PTSDに悩む「カーンズ上等兵」
童貞男の「レニハム上等兵」
兄を失った「ロケット伍長」
「マルチネス少尉」

死亡フラグを立てまくった男たちが、未知の宇宙人に立ち向かう!






前評判が良くなかった映画ですので、全く期待せずに観たのですが・・これは消化不良な内容でした。


熱くなれなかった理由は、新鮮味のなさが一番の要因だったと思います。

宇宙人の造形は「第9地区」の兵器っぽいし、
宇宙船は「スカイライン」っぽいし、
今作の戦闘シーンの多さ、その爽快感のなさは「ブラックホーク・ダウン」を思わせます。


そしてアメリカ万歳映画代表、「インディペンデスンデイ」の影響もふんだんです。

ウィル・スミス
650円
評価平均:
powered by yasuikamo
とにかく単純に楽しめる
エメリッヒ監督作品の中では最高
素晴らしき「確信犯」映画

でもこの映画のいい意味でのバカバカしさは「ロサンゼルス決戦」にはありません。


ではこの映画の新しさは何か?と言えば数人の一兵隊の視点のみで話を進めていることです。
TVゲームのジャンルとして「ファーストパーソン・シューティング(FPS)」というのがあるのですが、まさにその印象。

この試みは十分成功していると思います。
入ってくる情報は最小限。
舞台も「ステージクリア」ごとに変わっていくのでテンポもいいです。
なにより、登場人物たちと息がつまりそうな激しい戦闘を共有できます。

しかし、肝心の戦闘シーンがあまり面白くありません。
伏線がうまく使われていないし、ツッコミどころはあるし、画面は手ぶれが多くて見づらい・・・戦闘そのものがメインの映画なので、もう少しメリハリが欲しかったです。


そして今作はSF映画ですが、そのSFっぽさもまるでありません。
敵が宇宙人でなくても成り立ちそうな勢いです。


キャラクターの描写は↑のあらすじのようにちょっとだけ描かれるのですが、人数が多すぎて正直覚えてられません
結局描写が淡白なまま終わってしまいます。


と、非常に残念な点ばかりが思いつくのですが、主人公(ナンツ2等軍曹)の描写はなかなかよかったです。
彼は兵隊に20年も務めているのに、「2等軍曹」という地位なのです。

このことには理由があります。
そして彼自身が、それをどう思っていたか。

それにグッとくる人はきっと多いのではないかと思います。


ともかく、「地球侵略もの」を見慣れている方には物足りないとは思います。

始終戦いだけで、ストーリーはあってないようなものですが、そこを割り切ってしまえばそこそこ楽しめると思います。

以下、ネタバレです↓
















~ツッコミどころ~

「急所」の描写がおざなり

宇宙人の解剖をして(これがインディペンデンスデイっぽいところ)、「人の心臓の左側が急所」ということがわかります。

しかしこの伏線、終盤に紅一点の「サントス」が一度だけ、このことを言いながら狙い撃ちをしただけで終わっています。

おそらく
序盤は「宇宙人は何度撃っても死なない」だったのに

終盤は2,3発売っただけで倒してる&ボーリングのピンみたいに轢けているのも、この「急所」によるものだったのでしょうが、それでもなあ・・・

ていうかいままで強かった宇宙人をゲラゲラ笑いながらヒャッハー!とぶっ殺す図はドン引きでした。

そもそも空軍やらが壊滅しているのに、歩兵の主人公たちが宇宙人に立ち向かえまくっているのも違和感があります。

超強力な兵器や、もう少しキャラクターごとの活躍も欲しかったところです。
この「強いんだか弱いんだかはっきりしない」のはかなり気になります。
「強さ」の理由をはっきり描写してほしかったです。


・宇宙人の目的

TVでこう言っていました
「地球の7割は水だ!→宇宙人は水を目的にして来たんだ!」

ドラえもん←こう思っちゃったよ

あとで「地表にH2Oがこれだけあるのは地球だけだ」と補足もありましたが、宇宙人が水を回収するような描写ってありましたっけ?
まあこの映画に関しては、宇宙人の目的なんてどうでもいいことなんでしょうけどね。



~ちょっと補足~

マルチネス少尉は、手榴弾で宇宙船を破壊したナンツに対して「ジョン・ウェインだな」と言っていました。
ジョン・ウェインは実在する俳優であり、戦争映画の英雄です。


「2-5 NO退却!」と作中繰り返し言われていました。
「No Retreat」をこう訳すセンスはダサいっちゃダサいですが(笑)わりと好きです。2-5は小隊の編成のことですね。



~よかったところ~

前述の「ナンツ2等軍曹」ですが、彼は自分の部下を死なせてしまい、そのことをずっと悔やんでいました。

兄を失った「ロケット」は「俺たちは消耗品ですか?」とナンツに聞きます。

ナンツはこう答えました。

「俺が変わりに死んでいればと思わない日はない」
「だが俺は生きている、悪い冗談のようだ」

そして死んだ部下の名前を、番号を含めて言うのです。
その中には、死んだロケットの兄の名前もありました
さらに「俺の友だ、彼のことを思わない日はない」とまで言います。

他のメンバーの描写は典型的なものでしたが、この点は他の作品と差別化がはかれていたと思います。



~ラスト~

直前のクライマックスは、主人公たちではなく、外界からの攻撃で決着したものだったので消化不良でした。

でもラストは結構好き。
ナンツたちは帰還しますが、食事もろくにとらずに(部下には「もう食べたさ」と言う)、武器を取り戦地へ戻ろうとします。

そして「ロス奪還だ」。
この映画は宇宙人が壊滅したところでは終わらず、ここで幕を閉じます。

カタルシスに乏しいという意見もありそうですが、今作は一兵隊の物語です。
世界全てを救うことはできなくても、ロサンゼルスは救うことができる。
結末のスケールを大きくさせない描き方はよかったと思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-19 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
管理人さんは、意外と辛い点をつけましたね。

とにかく、初めから、有無を言わせず、相手の情報はなんだか判らないままに、一方的にやられまくる!

初めの方は、凄くよかったと思います。

あの認識票(兵隊さんの戸籍番号で、初めの方で、首から外し、軍靴の中に入れる場面がありました。アレが後でナンカ意味があるのかなと思ってましたが)の番号の暗唱場面は、泣かせますね。

それが、海兵隊さんの成功話に転換してゆく辺りから、詰まらなくなりました。

管理人さんが、仰る「第9地区」は、家で今日見るつもりだったので、早速、比較してみましょう。

私も,BHDを思い出しました。

キット、苦労して生還したのに、仲間を救いに戻ると言うエピソードが、そう思い出させたのではないでしょうか?

時間が短く感じたので、割合、嵌ったような思いでいました。
2011-09-18 20:14 : sakura URL : 編集
Re: No title
こんばんは~

> あの認識票(兵隊さんの戸籍番号で、初めの方で、首から外し、軍靴の中に入れる場面がありました。アレが後でナンカ意味があるのかなと思ってましたが)の番号の暗唱場面は、泣かせますね。
>
> それが、海兵隊さんの成功話に転換してゆく辺りから、詰まらなくなりました。

一般人を含めたあたりのエピソードは好きなのですが、ラストの盛り上がりには欠けた印象でした・・・認識表も「番号」のための伏線だったのですね



> 管理人さんが、仰る「第9地区」は、家で今日見るつもりだったので、早速、比較してみましょう。

第9地区は面白い作品ですよ!最後は大興奮できました。


> 私も,BHDを思い出しました。
>
> キット、苦労して生還したのに、仲間を救いに戻ると言うエピソードが、そう思い出させたのではないでしょうか?

個人的にはブラックホークダウンは苦しい(それを感じさせるというのは作品が優れているという証拠でもあるけれど)作品だったから・・というのが大きかったですね。
そのエピソードもまたしかり、です。
2011-09-19 20:59 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。