ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

放射能の被害を受けた本屋さんの物語 漫画「ほんの森でまってる」紹介

今年に起きた未曾有の震災により、生活を奪われ、今の生活もままらない人たちが多くいます。

現地の人たちの意見や生活もたびたび報道され、書籍もいくつか発売されましたが、「物語」として現地の人の想いが綴られたものはまだ少ないと感じます。

今日はその数少ない、大震災の被害を受けた人たちを描いた漫画作品「ほんの森でまってる」を紹介します。

ほんの森4




物語はこのように始まります。

ほんの森3

緑がはえる山々をバックに、最後の2行が「放射能がふった
ショッキングな一文ですが、これが美しい自然と人たちの笑顔を壊した、と思わせる描写になっています。


作品の舞台になっているのは、実在する飯舘村の本屋さん「いいたて」です。

主人公の女性は、念願となる山間の本屋さんで働き始め、希望に満ちた生活を送っていました。

しかし・・・震災と、その二次災害により、彼女の周りの生活は一変します。

ほんの森

東北関東大震災で引き起こされた、原子力発電所のメルトダウン、そして放射能の被害を作品では描きます。
作中では「東京電力」という名前も伏せ字ではなくしっかりと登場します


主人公がネットの意見(中傷だけではない)を気にするシーンは現代的です。

ほんの森2

風評被害にさらされ、子どもたちも放射能におびえる。
その現実の「どうしようもなさ」はとても苦しく思えるのです。



最後に主人公は、この状況を呪うことはせず、希望を持ったことばを言います
こうであってほしいと思えることですが、なかなかそう思うことは難しいはずです。

現地の状態を知らない方に是非、そのことばを読んでほしい、そう思える作品でした。




震災以降、災害をテーマとした作品が公開を延期されたり、自粛されていますが、こういった現地の人たちの気持ちを伝える作品があるというのはとても意味があることだと思います。

小説、漫画、映画などのメディアは、こうした「実際に体験していない人も、疑似的にその気持ちが分かる」ということができる媒体です。

現地の人のことを考えれば自粛も致し方がない部分もあるとは思うのですが、その場所以外の人に気持ちを伝えるためには、「物語」は最も適していると思います。

こういった作品が増えてほしい。そう願います。




*この作品は漫画雑誌「エレガンスイブ」の1月号に掲載されています。

630円
powered by yasuikamo


作中に登場する本はこちら

高橋 健司
2625円
評価平均:
powered by yasuikamo
わた雲、すじ雲、入道雲・・・空は見上げる度にかたちを変える
上を向いて歩こう
Look up!


参考↓
福島第1原発:飯舘村唯一の書店が涙の閉店…「必ず戻る」 - 毎日jp(毎日新聞)

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-01 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。