ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

これこそ男の子ムービー!「リアルスティール」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はリアル・スティールです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ベタだな!本当ベッタベタだな!


あらすじ


ボクサーだったチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は、人間の代わりに戦うロボットの普及により戦う場を失い、ロボットの野試合で日銭を稼ぐ生活を送っていた。
どん底のチャーリーは、かつての妻が亡くなり、その子ども・マックスがのこされているという知らせを受ける。
夏の間だけ預かることを決めたチャーリーだが、マックスはチャーリーになつこうとはしなかった。
そんな中、マックスはゴミ捨て場でスパーリング用の旧式ロボットを見つける。
チャーリーは試合に出せるわけがないと言うのだが、マックスはそれをよしとはしなかった。




イヤッハー!いいよ~最高に楽しめました!

ベタとは悪くいえば新鮮味がないことですが、良く言えば王道。
「人間の代わりにロボットが戦う」というSFらしい設定ですが、今作のジャンルはもう明らかに「ガッチガチのスポコンもの」です。

主人公の境遇を見て、多くの人が「ロッキー」を思い浮かべるでしょう。

シルヴェスター・スタローン
991円
評価平均:
powered by yasuikamo
これぞアカデミー作品賞
名作中の名作
すばらしい作品


どん底のボクサーが一発奮起をはかるというのがそのまんまです。

それプラスで、今作には親と子の確執のドラマがあります。
やさぐれた父親に反して、子どもは可愛く、そしてやり手。
ダメダメな父を先導して成功に導いていく。
その過程は見ていてとても微笑ましく、楽しいのです。
*「チャンプ」という映画にもかなり似ている様子


見どころのひとつは、当然ながらロボット同士のバトル・シーン。
カメラワークが迫力満点で、ボクシングではおなじみの技をロボットが繰り出すだけでも大興奮です。
試合内容も、本気で負けそうだったり、勝てそうでなかなか勝てなかったりでハラハラさせます。


作品が「日本びいき」なこともたまらない!
作中の(変な)日本語には笑ってしまったし、ボスキャラも日本人という設定、さらには主人公たちの操作するロボットの名前は「アトム」なのです。

特に主人公が操作するロボット「ノイジーボーイ」の「漢字」の表記には注目です!意味わかんねえから!



ちなみに原作小説を執筆したのはリチャード・マシスンです。

リチャード・マシスン
672円
評価平均:
powered by yasuikamo
『運命のボタン』とセットで買いたい最新短編集
映画を観る前に一読をお勧めするリチャード・マシスン短篇集
マシスンの全貌を知るには

その著作では「激突」「アイ・アム・レジェンド」「ある日どこかで」も映画になりました。
スピルバーグが長年あたためてきた企画というのも納得。
実に映画化に向いている作品だと思います。

また、「リアルスティール」は様々なメディア・ミックスが行われていて、おもちゃ(フィギュア)になっていたり、作中でも紹介されているようにゲームになっていたりします。
これは映画を子どもが映画を観たあとはせがまれそうだ!



今作で最も気になるのは、親父の性格がマジで最低なこと
この最低さも後半では意味のあるものになってきますし、必要な描写ではあるのですが・・・正直やりすぎ感も否めません。


細かいことを気にしなければ、これは男の子の夢を入れまくったすてきな映画です。

ロボットを操作して相手を倒せ!っていうもの自体が子どもの夢そのもの。
ロボットの造形も最高に格好いい!
さらに男親をターゲットにしたメッセージもあります。


女の子には「男の子ってこういうの好きだよねぇ・・・」と蚊帳の外っぽく感じるかもしれません。
しかし映画には陰から主人公を支える女性がいるので、十分に共感できる方も多いと思います。


そんなわけで、今作は息子&親父で観ることをおすすめします。
日本版の声優(天海祐希さんもヒロインの声をあてている)がはまっているので、吹き替え版を選択するのも十分にアリでしょう。

男にとっては最高に熱い!
そんな映画です。


以下、ネタバレです↓結末と展開に触れまくっているので、未見の方はご覧にならないでください!

















まずは今作の親父・チャーリーがどんだけダメかを箇条書きしてみます。
吹き替え版で観たので、台詞は字幕版と異なっている可能性があります。


~ダメ親チャーリー~

・旧式のロボット「アンブッシュ」で日銭を稼いでいる
・借金もある
・女の子に「写真撮らせて」と言われると、5ドルとろうとふっかける(さらに値下げ交渉するが逃げられる)
・アンブッシュを試合に出させようとすると「あんなにでっかい牛なんて聞いてねえよ!」と言う→でも2000ドルふっかける→よそ見したせでいで試合に負ける→近づいてきた男(無関係)を殴る
・結局2000ドル払わず逃げる
・子どもの親権をあっさり放棄
・旅行の間預かるから10万ドルくれとせがむ
・ジムの女性・ベイリーへの家賃を滞納している
・息子・マックスから詐欺師と言われる
・「ノイジーボーイ」を前座に出さず、本試合にかけたせいでぶっ壊される。
・マックス「ぜんぜん技のコンビネーションとかできてないじゃん!何かをやるときには考えなきゃ!」
・ゴミ捨て場に無許可で侵入(息子同伴)
・「ロボットを掘り返したい」と言うマックスに「勝手にやってろ」と言い放ち、夜通し掘らせる。ガチで手助けしない。
・そのロボットに対して「パーツは俺のもんだぞ」とみみっちいことを言う
・友人からも「ダチとしては好きだぜ、でも先のない奴には先のないやつに金は貸せねえな」と言われる
・敵の女性・ファラに「あなたのロボットを買取ります」と言われると「喜んで」とほざく
・その上試合に勝ったあと「売らないでよかっただろ?」と言う
・2000ドル払わないで逃げたから、その相手にボコられる
・親権のある親戚2人(マービンとデブラ)にマックスを返そうとする
・残りの金を渡そうとするマービンに「金はいらないよ」と言うが、すでに貰った5万ドルは返さない(金全部奪われたんだったらしょうがないけどさ)


ひでえ・・・それでも人の親かよ。
金払わずに逃げたシーンで、こいつは最低だなとすでに思っていたのですが、それにとどまらないのに恐れいりました。
動物園で戦ったモヒカン男でさえ、ちゃんと約束守って金払っていたのに!

ゴミ捨て場では落ちそうになっているマックスを助けたチャーリーですが、これもこの時点では「ケガでもさせたら残りの金もらえなくなる」という感情も入っていたのかもしれないですね(もちろん父子の関係も目覚め始めていたとは思います)。


でもこの落ちぶれたチャーリーも、かつての栄光(というほどではありませんが)を失ったがためのものだったのでしょう。
ベイリーがかつての勇姿をマックスに伝えるシーンでは、昔の「タフで、恐れない」チャーリーの姿が浮かびました。
「パンチが見えないって言ってけど、私にはよく見えた、とても美しかった」という台詞も大好きです。




~有能すぎる息子・マックス~

・久々にあった父親に「僕の金だぞ!」と強気
・ノイジーボーイの音声認識システムを「アトム」につけたりとプログラミングの腕が超一流
・勝負をふっかけるのが上手い
・ダンスが上手い。ロボットダンスもできて観客を沸かせる
・ゼウス(ラスボス)に挑戦するぜ!と宣言
・ボコボコされるチャーリーが「お前の親父はクズだ」と言われるが、「僕の父さんだ!」と返す

と、親父とは正反対の利発な子。
可愛いですよね。特にロボットを掘るのを手伝わなかったチャーリーをぽこぽこ殴るシーンは萌えました。
でもどうやって一人でアトムを掘り出したんでしょうか。絶対重いだろ。

もうひとつツッコミどころとしては、「アトム」はゴミ捨て場で見つけた「盗品」なのに、彼は「ゴミ捨て場で拾ったロボットだぞ!」と思い切り宣伝をしてしまっていること。
ゴミ捨て場にはサーチライトがあったよね?そこで拾うことは犯罪なんだよね?
なぜおおっぴらに言ってしまい、だれもそこを追求しないのか!気になってしまうじゃないですか!

そういえば、アトムと外を散歩するシーンでもそのへんの物を蹴り飛ばし、水道管をぶっ壊してそのままスルーしていたよなあ・・・
教育上すげえ悪そうな映画です。

謎なのが、チャーリーがマックスに何回も年齢を確認していたこと。
2人は本当に実の親子?続編があればそれも語られるのかもしれません。




~ロボット「ノイジーボーイ」~

このあとにアトムが登場するので、負けるのは分かりきってました(笑)

まあ何より漢字の表記がすごいよね。
なんせ胸には
超 悪 男 子
ですから。

そして腕にあらわれる文字はこれ

・極楽
・贖罪
末期
・男子
・苦痛
・拷問
・聖域(違ったらごめん)

意味がネガティブなものとそうでないものが混在しているよ!
何が末期なんだよ。男子も胸のとかぶっているし。

「何かは意味わからんけど、とりあえず格好いいのいれとこう」な感じがたまりませんね。

amazonでもフィギュアが売られています。

Real Steel
powered by yasuikamo
正直欲しい。




~ロボット「ゼウス」~

ゼウスを作った日本人「タクマシド」がいいですよね
「リングでどんなことになっても、結果は変わらない、見るものを全てをゼウスは倒す」ってまじかっけえええええ(まあ最後には興奮してモニターを叩き割ってたけど)

このロボットの能力は、「戦うたびにプログラムを書き換えて進化する」ということでいいよね?
そのぶん不測の事態すぐに反応することは弱く、最後の「人間の動きを模倣する」アトムは最も戦いづらい相手だったのではないでしょうか。

名前の由来は、もちろん全能の神であるゼウス
ラスボスに相応しい風格でした。

Real Steel
3500円
powered by yasuikamo





~ロボット「アトム」~

やっぱり海外でもastro boyは人気だよね!

「スパークリング用のロボットだから打たれ強い」「模倣機能がついている」という「強さ」の設定がいいと思います。
前者は簡単には倒れない姿を見せ、後者はチャーリーの輝ける瞬間に一役かっています。

あの「ジャンプフック」は最高に格好よかった!
ベイリーの言った「美しかった」という台詞が生きる瞬間でもあります。


中盤、アトムは「鏡」を見つめていました。
これは「人間の心があるのか」と思わせるような描写ですが、真実はわかりません。

序盤では「模倣をするロボットのはずなのに、マックスを抱きかかえる」という描写もありました。

最後の試合で、音声認識装置が壊れるときは、「耳が聞こえなくなった」と思わせる演出がなされています。

アトムは本当にプログラミングで動くただのロボット?
でもそうではないように思えるのは、マックスの「言わなくてもわかるよ」という台詞が生きているからだと思います。

はじめに崖に落ちそうなマックスを救ったアトム。
偶然ではなく、アトムはマックスを助けようと、腕を伸ばしたのかもしれません。

チャーリーがアトムに戦い方を言い、マックスが「チャーリーがロボットに話しかけている」と言うシーンも好きだ!
チャーリーはロボットに戦う場を奪われたので、少なからずやロボットをうらやんでいた一面もあると思います。
このシーンでは、アトムをよきパートナーとして認めたように見えて、とっても嬉しいのです。

Real Steel
powered by yasuikamo





~ラストバトルへ~

自分は「嫌な奴が勝ち逃げ」する展開が嫌いなので、チャーリーをボコッた「リッキー」が
「1ラウンドKO勝ちに10万ドルかけるぜ~俺の席に持ってこいよな!」と宣言する→でもアトムは耐える→逃げようとするリッキーを「フィン」が捕まえてどこかへ連れていく
の流れが大好きでした。


繰り出されるあのジャンプフック。
マックスは、ボクシングで戦うチャーリーの姿を見る。
ベイリーは、そのマックスを見る。

マックスは、ベイリーが話していたチャーリーのかつての勇姿を
ベイリーは、自分の父がチャーリーにボクシングを教えていた姿を
それぞれ重ね合わせたでしょう。


判定は「負け」でした。

チャーリーは、マックスに何かを言おうとしますが、「言わなくてもわかる」とマックスに諭されます。

判定にかかわらず、彼らは間違いなく「勝ち」でした。
それは観客の反応、そして2人の笑顔が示しています。


最後に力強く手を掲げる2人!
親子にとって、そしてロボット・アトムによるハッピーエンドだ!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-12-10 : 映画感想 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
やはり、ロッキーを思い出しますね。

それと、アニメーロボット繋がりで、日本語が出てくる点で、思わず微苦笑。

一番初め、ちょっと聞きにくかったですが「スゲー!」と言っていたような。

入りは良くなかったですが、この映画の続編は、もう「アトムの謎」の解明ですね。

なぜ、こんな有能なロボットがあそこに捨てられていたんでしょうか?
2011-12-10 20:16 : sakura URL : 編集
Re: No title
> やはり、ロッキーを思い出しますね。

ラストは特にそう思いました。

> それと、アニメーロボット繋がりで、日本語が出てくる点で、思わず微苦笑。
> 一番初め、ちょっと聞きにくかったですが「スゲー!」と言っていたような。

自分は吹き替え版で観たのでわからなかったのですが、はじめに日本語で入力していたみたいですね。


> 入りは良くなかったですが、この映画の続編は、もう「アトムの謎」の解明ですね。
> なぜ、こんな有能なロボットがあそこに捨てられていたんでしょうか?

旧型のスパーリング用ロボットですが、確かに超高性能!
あの親子が拾ったからでこそ強かったのだと思います。アトムの過去も知りたいですね。
2011-12-11 12:46 : ヒナタカ URL : 編集
個人的には、TF3よりも良かったです!!
今年の締めくくりにふさわしい作品でした。

初め、アンダーグラウンドの住人のリアル・スティール(ロボットガチンコ試合)に対する熱の入れようがあまりにもハイテンション過ぎて、その世界観になじむのに少し時間がかかりました。

しかし、マックスとチャーリーとATOMの次第に形作られていく「絆」とも「友情」とも「愛情」ともいえるドラマパートが物語をよくカバーしており、
劇場には7、8人くらいしかいなかったのですが、観客が座っているどの席からもすすり泣きのような声が聞こえてきて私自身も、少し涙がこぼれそうになりました。


>ゴミ捨て場では落ちそうになっているマックスを助けたチャーリーですが、これもこの時点では「ケガでもさせたら残りの金もらえなくなる」という感情も入っていたのかもしれないですね。

 この場面に関しては、音楽の使い方から考えて、この瞬間からやっと父チャーリーと息子マックスの家族としての時(とき)が回り始めたのだと、私は感じました。

 個人的に一番気に入っているシーンとしては、マックスが養子として引き取られる際に「Please!(お願いだよ、一緒に居させてよ!)」と切に訴え、その願いを一度は断ったチャーリーが、最後の大勝負では「Please!(お願いだよ、ATOMと一緒に戦ってよ!)」と訴えるマックスの思いを受け止める、という一連の流れがとても印象的でした。

 次点には、チャーリーが2000ドル払わなかった相手に半殺しにされた時に、マックスが「"父親"なんだ!!!!」と強く叫ぶシーンに息子マックスの父チャーリーに対する愛情を強く感じ、その思いを受け取った父チャーリーが、「すまない、マックス、俺が悪かった」と息子に対して初めてその過ちを謝罪し、息子に対する愛情が芽生え始める、というシ-ンが心に残りました。

 また、こういったまさに典型的な感動サクセスフルストーリーであっても、これだけの感動を与えてくれるショーン監督、ロバート&スピルバーグ製作総指揮ら、製作スタッフの手腕に、ただただ称賛と敬意を表したいと思いました。
2011-12-15 02:03 : 最初、ATOMはファラ・レンコヴァ社製なのでは?と思った URL : 編集
Re: 個人的には、TF3よりも良かったです!!
こんばんは、長々とコメント有難うございます!


> 初め、アンダーグラウンドの住人のリアル・スティール(ロボットガチンコ試合)に対する熱の入れようがあまりにもハイテンション過ぎて、その世界観になじむのに少し時間がかかりました。

あの野試合は予告編のイメージとは違いますよね。
自分は主人公のやさぐれている雰囲気がでていて好きな描写です。


> しかし、マックスとチャーリーとATOMの次第に形作られていく「絆」とも「友情」とも「愛情」ともいえるドラマパートが物語をよくカバーしており、
> 劇場には7、8人くらいしかいなかったのですが、観客が座っているどの席からもすすり泣きのような声が聞こえてきて私自身も、少し涙がこぼれそうになりました。

自分には泣ける映画と言うよりも、つぼを押さえまくった展開で面白い映画を作ってくれたことに感動しました。


>
> >ゴミ捨て場では落ちそうになっているマックスを助けたチャーリーですが、これもこの時点では「ケガでもさせたら残りの金もらえなくなる」という感情も入っていたのかもしれないですね。
>
>  この場面に関しては、音楽の使い方から考えて、この瞬間からやっと父チャーリーと息子マックスの家族としての時(とき)が回り始めたのだと、私は感じました。

野暮な推測してしまってすみません。
あそこまでやさぐれたチャーリーが改心のは早すぎだと思ったのです。
そちらのほうが素敵だと思うのですが、その後に一人でロボットを掘らせるチャーリーに「う~ん」だったので・・

>  個人的に一番気に入っているシーンとしては、マックスが養子として引き取られる際に「Please!(お願いだよ、一緒に居させてよ!)」と切に訴え、その願いを一度は断ったチャーリーが、最後の大勝負では「Please!(お願いだよ、ATOMと一緒に戦ってよ!)」と訴えるマックスの思いを受け止める、という一連の流れがとても印象的でした。

チャーリーの変化が見られた嬉しいシーンですよね。
最後はチャーリーが本当に格好よく見えた!


>  次点には、チャーリーが2000ドル払わなかった相手に半殺しにされた時に、マックスが「"父親"なんだ!!!!」と強く叫ぶシーンに息子マックスの父チャーリーに対する愛情を強く感じ、その思いを受け取った父チャーリーが、「すまない、マックス、俺が悪かった」と息子に対して初めてその過ちを謝罪し、息子に対する愛情が芽生え始める、というシ-ンが心に残りました。

本当マックスはいい子。
「それはマックスの金だぞ!」というチャーリーも好きです。
マックスを金で買ったようなチャーリーですが、このシーンではその価値観がひっくり返っていて嬉しいのです。


>  また、こういったまさに典型的な感動サクセスフルストーリーであっても、これだけの感動を与えてくれるショーン監督、ロバート&スピルバーグ製作総指揮ら、製作スタッフの手腕に、ただただ称賛と敬意を表したいと思いました。

王道の展開も、やり過ぎると陳腐なものにみえてしまうことがあると思うのですが、この作品ではそれは感じられませんでした。
本当に劇場で観れてよかった秀作です。
2011-12-15 21:24 : ヒナタカ URL : 編集
No title
同世代の映画好きの方のコメント

「勝たなかったから、良かったんだ」

そう云う点もありますね。
2011-12-19 11:55 : sakura URL : 編集
はじめまして
はじめまして~。
いつもレビュー楽しみに拝見させて頂いてます。
マックス少年の可愛さにすっかりK.O食らって
しまいました。

私もアトムの鏡のシーンの描写が気になりました。
アトムには何か秘密がありそう…というか
そう思わせぶりな演出がいいですね!
2011-12-20 05:18 : 黒米 URL : 編集
Re: はじめまして
コメントありがとうございます。いつも見ていただいて感謝でdす^^)


> マックス少年の可愛さにすっかりK.O食らって
> しまいました。

演じたダコタ・ゴヨは将来有望ですね~。


> 私もアトムの鏡のシーンの描写が気になりました。
> アトムには何か秘密がありそう…というか
> そう思わせぶりな演出がいいですね!

続編では是非アトムの秘密を教えて欲しいですね。
頭の傷とか、誰に使われていたのか、気になることが多いので!
2011-12-20 19:37 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。