ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エロとグロしかありません 映画「ピラニア(3D)」紹介+小ネタ

自分はモンスター・パニック映画が大好きです
グロ描写に満ちたB級映画はもっと好きです

そうなれば、これは好みにドツボにはまった作品でした!


今日はDVDで観た映画ピラニアを紹介します


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:KING OF エロ・グロ・バカ映画

エリザベス・シュー
4466円
評価平均:
powered by yasuikamo
いやいやいや・・・、これは大好き(笑)!!
日本語吹替の
パニック映画としては王道作


あらすじ


殺人ピラニアが人間を喰いまくって阿鼻叫喚の地獄絵図






いやっは~。素晴らしい!
なんにも考えずに観られるアホ映画としては、史上最も楽しめる勢いですよ!

監督はホラー映画で好評を博している「アレクサンドル・アジャ
日本の漫画「コブラ」を実写映画化することも決まっており、目の離せない監督の一人になりそうです。


内容は↑に書いたとおりです。

①美女のヌードシーンが満載だよ!
②グロテスクなシーンばっかりだよ!

もう本当以上です。
さらに娯楽&モンスターパニック映画のツボを突きまくっていて楽しくって仕方がありません。


出演者どころか吹き替え版も超豪華キャストなので、それ目当てでも楽しめます。
ツンデレボイスでおなじみの釘宮理恵さん演じる女の子は超カワイイです。
出川哲朗の起用もこのくらいなら全然アリでしょう。

とにかくエログロに特化した、倫理的に最低な作品です。
R15+じゃ足りないんじゃないかって勢いなので、この系統の映画が好きなら大満足なんじゃないでしょうか。

映画で何かを学びたい、人生のヒントを得たいと思う方には死ぬほど向いていません(当たり前だ)。
是非頭の悪い大人(男性)だけで観ましょう。
デートで観ると気まずくなること必至ですよ!


以下は作品のシーンをピックアップしているので未見の方は注意。下ネタもあります。
↓(ネタバレは反転しています)




この映画は前述の通り、出演者が豪華です。その一人がこちら。

20111221234843.jpg

バック・トゥ・ザ・フューチャー」の「ドク」ことクリストファー・ロイド
声優もドクの声をあてていた穂積隆信さんです。





20111221234651.jpg

この人は「スタンド・バイ・ミー」の太った子を演じていたジェリー・オコンネル
これは美女2人が全裸で泳いでいて、それをはやし立てるという頭の悪いシーンです。
ひでえ大人になったな。

他にも「JAWS/ジョーズ」のリチャード・ドレイファスも登場します。
でも出演時間が少ないよ!



20111221232507.jpg

水着会場の標語(?)はDYING TO GET WET。
DYING TOは「~したくて仕方ない」なので、本来は「(水着を)濡らしたくて仕方がない!」という意味です。
でもこれは人がピラニアに襲われまくっているシーンなので、まさにDYING(死にかけている)を意味しているように思えます。





20111221232336.jpg

「水着コンテスト会場」にダッ〇ワイフを持ってきている人がいる!アホか!
ダッチワイ〇を知らない方はお父さんかお母さんに聞いてください。
芸人の水道橋博士も気づいていました。




個人的に好きなセリフは、主人公の「エロバカ監督を湖に投げ捨て、ピラニアのオヤツに使ったときの『僕って正気?』
エロバカ監督がきょうだいが島に取り残されているという主人公の訴えを聞かずにエロ動画撮影にご執心しているシーンでは、主人公は『あんたおかしいよ!』って言ってるのです。
この2つは対になっていて、とても気が利いていると思います。


一番気になったのは「鼻に絆創膏つけた助監督がいつの間にか消えていた」こと。
予算が足りなくてシーンがカットされたそうです。


個人的ベストシーンは
ワイヤーが飛んできて美女がまっぷたつ
チ〇コの踊り喰い
です。
やっぱ最低だな。でも最高だな。



参考(超絶ネタバレ注意)↓
2ちゃんねる映画ブログ ピラニア 3D

リアルでこんな事件もあります↓
タイ洪水でワニ100匹逃走に懸賞金 トラやヘビも?

C級映画↓
メガ・ピラニア MEGA予告編 - YouTube
予告編で全部見せてない?

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-12-22 : 旧作映画紹介 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ビール片手に映画館で見ました。
なかなかパニックが始まらず、中盤で居眠ってしまいました。
帰宅後、ネットの映画レビューを見てみたら
「エロ・シーンがてんこもり」
とか。
え? そんなにあったっけ?? もしかして睡眠中だった?
…みたいな感じです。
ビーチと主人公たちのいる島とが、どうつながっているのか、どういう位置関係なのか、距離感もわからず…でしたが、これも睡眠中だったのかな?
「ワイヤーで真っ二つ」は、ファイナルデッド橋でもあったような…他でも見たことあるような。
最近のはやりみたいですね。
2011-12-23 00:35 : 安田陽介 URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。