ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ギブミー上映時間・・「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

お久しぶりです。今日の映画感想はベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:十分面白いけど中途半端じゃね・・・


あらすじ


主人公ガッツは、その強さから「鷹の団」と呼ばれる傭兵団の団長・グリフィスに目を留められる。
ガッツはグリフィスと決闘し、破れ、しぶしぶ鷹の団の一員となる。
やがてガッツは団の「斬り込み隊長」となるまでに成長をしていく。




国内外で根強い人気を持つ「ベルセルク」のアニメ映画版です。

「壮大なドラマが繰り広げられる漫画のアニメ映画化」「3部作の第1作」と聞くと、愚作「手塚治虫のブッダ」を思い出すのでちょっと嫌なんですが、今作は原作の重要なシーンを丁寧にアニメ化されている印象でした。

アニメ化されたのは今回が初めてではなく、「剣風伝奇ベルセルク」という名で深夜アニメとして放映されていました。

林 延年
19248円
評価平均:
powered by yasuikamo
予告が素晴らしい
テンションが違う
やっぱ好きです

こちらの作品も、今回の映画版も原作漫画の中で最も人気の高い「黄金時代編」(単行本だと3巻から)をもととしています。
これは物語全体の基盤となる話なのでここをアニメ化するのは当然といえそう。
個人的にはほかの場面もアニメで観たかった気もしますけどね。


今作の感想を簡潔に言うと、「ファン向け映画としてはいいできだけど、いくらなんでも短すぎ」ということ。
そもそもの上映時間がたった80分の上、そのうちエンドロールが9分間もあります(まじ)。

オープニングや次回の予告編もあるし、公式で冒頭10分を無料配信しているので、実際に映画館のみで本編を楽しめるのは1時間ほどになります。

これだけで2時間超えの映画を観慣れている自分にとっては物足りないです。
しかも致命的なことに話としてもかなり中途半端なところで終わります
せめて話としてまとまりがあるところで終わってくれればよかったのですが・・・後味も悪く、満足感を得ることはできませんでした。

さらにキャラ描写も薄い
表面的にキャラ付けをされ、台詞を喋らせているだけで、登場人物の変化がわかるようなシーンが圧倒的に足りていないように思うのです。
サクサク話が進むぶんだけ、登場人物の葛藤や苦悩が描かれていないように思えるのは残念です。

せっかく3つにわけて公開しているのですから、もう+20分の上映時間or見せ場が欲しかったというのが正直なとろころです。
2作目からは100分超えになるようですが



さて上映時間には苦言を呈しましたが、作品自体は非常によくできていたと思います。

今作は3DのCGをアニメに融合しており、大胆な構図の戦闘シーンは迫力があります。
冒頭のシーンがカクカクして見えたり(わりとキツい)、3Dでつくられた場面とそうではない部分に若干の違和感を感じ得なくもないですが・・・中盤以降は気にならなくなりました。

なんと言ってもファンにとって漫画のシーンの再現度はかなりのもの
少々原作の絵の「泥臭さ」が足りないような気もしますが、許容範囲。
スタッフは本当に原作をリスペクトしていることがよくわかります。


そんでびっくりしたのは原作の持ち味でもある残虐なシーンがしっかり出てきたこと。
普通に血が飛び散るし首はもげます。
なんでこれがG(全年齢)指定なのかさっぱりわかりません
(追記)2作目はPG12指定だそうです。

原作漫画は開始1ページ目からアダルトな描写があるし、少なくともPG-12指定にして警戒させたほうがいいと思うのだけどなあ・・・。まあ親子連れで観るような作品でもありませんが。


ともかく過度な期待は禁物ですが、十分に楽しめるアニメ作品です。
原作漫画を読んでいなくても話はわかりやすいので、ベルセルクを知らない方でも劇場で観る価値はあると思います。
そこそこオススメです。


以下、ネタバレです↓結末に触れまくっています
















・映画は城をせめる戦闘シーン、ならびに主人公・ガッツVSバズーソからはじまる。

原作だとガッツの誕生から「黄金時代編」が始まっていましたが、映画では大幅カット。仕方ないかな。
原作だとガッツはまだ少年のイメージでしたが、この映画ではもう青年にしか見えないのはちょっと残念。モブが「まだガキじゃねえか」って言ってましたけど、そうは見えません。

・バズーソはガッツに頭をかち割られ、目玉も飛ぶ

これ全年齢指定の映画だよね?
原作とは構図も違うし見た目の残虐度は原作よりも控えめですが・・映倫仕事しろ。
ちなみにバズーソの声優はケンドーコバヤシ。上手いので文句なし。

・その様子を見ている「鷹の団」一味

ファンにはおなじみのキャラ「キャスカ」や「グリフィス」も登場。


・オープニング。

映画には登場しないであろう「パック」「セルピコ」「ファルネーゼ」「イシドロ」「シールケ」も登場する
漫画のそのまま切り貼りのようにも見えます。ファンサービス?


・ガッツが鷹の団の一味に襲われるが、返り討ちにする。

・キャスカが倒しにかかるが、馬の足を切られて負ける。

・グリフィスがガッツをあっさり倒す


・ガッツの夢(回想)

原作での「育ての親を殺したこと」「性的虐待をうけていたこと」が描かれるのですが、ひどくわかりにくいです。
原作読んでいない人には絶対意味不明。


・ガッツに添い寝する全裸のキャスカ

原作通りのシーンですが、ガッツ同様キャスカも「少女」には見えない感じになっていますね。
ていうかキャスカのヘアヌードシーンが拝めるとは想いませんでした。どこが全年齢(以下略)

・ガッツは「お前なんかグリフィスに殺されちまえばよかったんだ!」(キャスカの馬も斬っていたので)「こっちは馬のぶんだ!」とキャスカに2回も殴られる

手元に漫画がないのでわからないのですが、映画のオリジナルのシーンの気がします。

・グリフィスに鷹の団を紹介される

リッケルト」の声が可愛いなー。「ジュドー」も「コルカス」もイメージ通りの声で満足。

・ガッツはグリフィスに「お前が欲しいんだ」と言われる

原作では「お前ホモか?」と返していたと思うのですが、「あっちの趣味でもあんのか」に変更。まあ仕方ないw

・決闘。ガッツ負ける。グリフィス「これでお前は俺のものだ」

原作に忠実で満足。グリフィス様まじかっけえっす。そして漂うボーイズラブ臭。


・3年後、「黒羊鉄槍重装騎兵団」との戦い。ガッツは単独で切り込み、勝利。

・それを見る「ミッドランド国王」。鷹の団は高く評価される。

・ガッツは「斬り込み隊長」と呼ばれるまでに出世していた。

・キャスカに「勝手に一人で行くな!お前は3年前とちっともただの狂犬だ!」と責められる。

この映画のキャスカはガッツを責めるシーンが多くて若干気になりますね。原作通りだけど。

・ガッツは「昔のおれと違う!仲間のことだってしっかり考えている」と反論

セリフ以外に3年間でわかることがないので、この台詞が薄っぺらく思えてしまったのは残念。

・ガッツとグリフィスは3年前のことを語り始める。グリフィス「ケンカっていうのはああいうのがいい」。


・貴族たちの描写へ。「ユリウス」の隊は、鷹の団の出世のおかげで任を解かれる。

この後、このおっさんの嫉妬シーンが大量にあふれでます。
でも原作にあった「馬鹿な!認めんぞ!」と言うシーンがなかったのは残念ですね。


・城を攻めるのに何故か苦戦している鷹の団

・ガッツは単身城の中に行くが、そこは大量の死体があふれ、首がもげたり腸がはみでていたりする。

だから全年齢・・・

・背丈が2メートル以上はある化け物が登場!

原作ファンにはおなじみの「ゾッド」登場。いい感じじゃないですか。

・苦戦するガッツのところに、グリフィスと鷹の団一味がボウガンを持って登場

・ガッツとグリフィスは、それぞれゾッドの両側に行き、ゾッドを斬る!

この熱いシーンがアニメで観れてなにより。

・ゾッドは「死の予言」をして去っていく

・キャスカは「グリフィスがこうなったのはお前のせいだ!」とガッツを責める。

これは原作に忠実で、このあとからキャスカは魅力的なキャラになっていくのですが・・・原作を知らない方には単なるうっとおしいキャラとしてしか映らないかもしれません。


・生き残ったグリフィスはガッツに「覇王の卵」のことを言う。

原作とは言うタイミングと場所が違いますね。原作の「全裸での水のかけ合い」のシーンも見たかった気がします(変な意味じゃなく)。
あと「不死のゾッド」が「ノスフェラトゥ・ゾッド」と呼ばれていましたが、ルビを表現できないアニメで言われるとわかりにくいです。

・覇王の卵を「いーだろ」と自慢するグリフィス

カワイイ

・ミッドランド国王、シャルロット姫、ユリウスがそこに登場

・グリフィスは倒れそうなシャルロットを支える

・グリフィス様、「姫様の体に無礼であろう!」とユリウスに言われながら、ビンタされる

ガッツが「おいおっさん!」と怒っていたのが好印象でした。


・「狩りの訓練」のシーンへ

・グリフィス様、シャルロットに草笛を教える

・シャルロットの乗る馬が暴走し、グリフィス様追いかける

・グリフィス様ジャンプして馬に乗り、馬をなだめる

格好よすぎてほれます。

・グリフィス様に、どこかから飛んできた矢が刺さる

・でも生きているグリフィス様。覇王の卵に矢があたっていたのだ。

・グリフィスは、これがユリウスの策略だと確信する


・グリフィスはガッツに「汚い仕事」を頼む。


・ユリウスは息子の「アドニス」にきつくあたっていた

・ユリウスは「やつを殺すばかりか、姫を助けた英雄としてまつりあげるとは!」と後悔している。

・そこに現れるガッツ、ユリウスを殺す

この後、顔があらわになったのにさっさと隠さないガッツにはらはらします

・誤って、その息子アドニスも殺してしまうガッツ

・戦闘をしつつ逃げるガッツ


・ガッツは鷹の団のいる酒場までたどり着く

・キャスカに腕の矢傷を不信がられる


・ガッツは、グリフィスとシャルロットが話しているところにたどり着くが、キャスカにとめられ、傷をしばってもらう

・グリフィスは「夢」について語り始める。

「男は夢に生かされ、夢に殺される」
「男は夢の殉教者」
ただ生まれてしまったから、ただ生きる、そんな生き方、俺には耐えられない
と原作どおりの哲学者のような(シャルロットにも言われた)熱弁っぷり。

・ガッツはそれを見て去る

なんか盛り上がらせるような音楽が聞こえてくる

え?まさか・・・

・グリフィス、キャスカ、ガッツの3人のカットになる

次回予告が流れ始める





ここで終わりかよ!

うっわー。
いやグリフィスが名セリフを言ったところで終わるというのはある意味でキリがいいのでしょうが、後味が悪すぎです。
なにせ、主人公・ガッツが最後に「罪のない子どもを殺してしまう」という業を背負ったばかりのとこで映画が終わってしまうのですから。

3部作の1作目とはいえ、もう少し観たかったなあ・・・。

そしてエンドロールでは歌が2種類も流れます

2つ目の歌が流れ始めた時は、背景もあるので退屈はしませんが・・・映画全体の上映時間のこともあり余計に長く思えるのは・・・・。このへんは好みがわかれると思います。

あと2回目のエンドロールで流れていた意味不明な文字列はなんなの?と思っていたのですが、事前に募集していたTwitterのアカウントだそうです

それとエンドロールに「ピピン」の声優さんもいましたが、今作では一切声を出していなかった気がするんですけど?



う~んこうしてみると原作に忠実ですね!
細かいころでは台詞の出る場面が変わっていたり、カットされている台詞もありましたが、原作の魅力的なシーンをわかっている、と思えました。

少なくともガッツとグリフィスVSゾッドのシーンはファンには感涙ものだと思えました。

」のシーンは年齢制限をかけないで再現できるとは思えませんが、次回作に期待!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-02-05 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

>次回作はR15+、3作目はR18+くらい
PG12ならともかくR15+やR18+は
いくらなんでも有り得ないよ。
それにアニメ映画でR18+指定作品なんてあったら困る
ちなみは私はR18+指定は興味無いし、
興味があるとしたらG指定/PG12指定/R15+指定の3つだけです。
ベルセルクの話と全く無関係ですが、
昨年夏に公開された
鋼の錬金術師嘆きの丘(ミロス)の聖なる星は
公開前に松竹(配給会社)に問い合わせたが、G指定
って教えてくれた。
後、カゲヒナタさんはご覧になってないと思いますが
2010年4月に同じワーナー・ブラザース映画配給の
劇場版銀魂 新訳紅桜篇を私は見に行ったが
これは戦闘シーンやギャグなどあったし、
中でも流血シーンはかなりあったが結構良かったよ
だから、ベルセルクの場合次回作があるなら
PG12指定が妥当だと思います。
そこまで気になるなら、映倫HPを見て見たらどうでしょうか。
G指定/PG12指定/R15+指定についてのpdfが
あると思いますので
2012-02-15 10:35 : rightdiamondstar URL : 編集
Re: >次回作はR15+、3作目はR18+くらい
コメントうどうもです。

> PG12ならともかくR15+やR18+は
> いくらなんでも有り得ないよ。
> それにアニメ映画でR18+指定作品なんてあったら困る

いままで1部、2部観続けた方がいきなり指定のおかげで観れなくなるのはよくないかもしれませんね。
不適切でした。訂正しておきます。


> 後、カゲヒナタさんはご覧になってないと思いますが
> 2010年4月に同じワーナー・ブラザース映画配給の
> 劇場版銀魂 新訳紅桜篇を私は見に行ったが
> これは戦闘シーンやギャグなどあったし、
> 中でも流血シーンはかなりあったが結構良かったよ

観ていますが確かにありましたね。流血シーンが。
R指定だと観る人は限られますが、PG指定はもう少しつけるようにしてもいいんじゃないか?と思うのです。
2012-02-15 12:52 : ヒナタカ URL : 編集
No title
こんにちは、お久しぶりです。

CGとアニメを融合させたのは一人一人を緻密に描きたい→全部作画だと何年あっても時間が足りない→CGと融合させればいいんだって事らしいです。
あの最後のtwitterのやつ絶対いらないだろ!って思ったのは自分だけではないはず。

アニメは基本年齢指定はありませんね。
ポスターやチラシでPG12になってた某とある飛空士への追憶も公開直前にG指定になってますからね。
それを考えるとアニメなのにPG12で公開、完全版はなんとR18+なマルドゥック・スクランブルはすごすぎです。
2012-02-23 16:07 : にとり URL : 編集
Re: No title
こんばんは!

> あの最後のtwitterのやつ絶対いらないだろ!って思ったのは自分だけではないはず。
超同感です。誰も得しないと思うんですけど。


> アニメは基本年齢指定はありませんね。
> ポスターやチラシでPG12になってた某とある飛空士への追憶も公開直前にG指定になってますからね。
> それを考えるとアニメなのにPG12で公開、完全版はなんとR18+なマルドゥック・スクランブルはすごすぎです。
マルドゥック~は名前だけ聞いたことあったんですが、R18+バージョンがあったとは・・・知らなかったです。
性描写も多い作品なんですね。
2012-02-24 18:20 : ヒナタカ URL : 編集
結構楽しめたよ☆
私はレンタル版で観ましたが、結構楽しめたよ☆
戦闘シーンなど意外と見所があったしもう最高の一言です。
劇場版ベルセルクを見て思ったが、
やっぱりアニメ映画は
シネスコ(シネマ・スコープ)がピッタリです☆
ちなみにここからベルセルクとは無関係の話ですが
カゲヒナタさんは全く知らないが
私は昨年(2011年)
劇場版スイートプリキュア♪とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪を見に行ったが、
この作品もシネスコ(シネマ・スコープ)で上映して欲しかった
ビスタサイズで上映なんて勿体無いです。
特にこの作品はせめて、東映だけじゃなく松竹と共同配給して欲しかった。
アニメ映画は色々公開するのは良いけど
何でもビスタサイズで上映するのはやめて欲しい。
たまには劇場版ベルセルクのようにシネスコサイズで上映して欲しい。
2012-06-07 09:37 : rightdiamondstar URL : 編集
Re: 結構楽しめたよ☆
自分は知らなかったのですが、シネスコサイズのほうが劇場で見るのはよさそうですね。

「バグズライフ」は劇場のサイズを、わざわざTVで観るように作り直していたりしました。
ビスタサイズで作るのはやむおえないところがあるのかもしれません。
2012-06-07 22:47 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。