ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

映画を愛した人へ「ヒューゴの不思議な発明」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はヒューゴの不思議な発明(原題:HUGO)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:映画ファンのためのセミ・ファンタジー


あらすじ


主人公の少年・ヒューゴは駅にある巨大な時計の中で暮らしていた。
彼は盗みを働きつつ時計の時間の管理をしていたが、おもちゃ屋の店主に捕まってしまう。
店主は彼から一冊の本を奪う。そこにはヒューゴが大切にしている、からくり人形のスケッチがあった。





タクシードライバー」「シャッター アイランド」のマーティン・スコセッシ監督の最新作です。

まずはじめに重要なことをひとつ。
それは、この映画は「ハリー・ポッター」のような魔法や怪物が出てくるようなファンタジー映画とは全く異なることです。

この作品は「ファンタジー映画」として宣伝されており、予告編の冒頭でも「巨匠が送る、初の3Dファンタジー」と謳われています。

しかし、実際の映画の主題は人間ドラマです
演出上や、作中に登場するアイテムにはファンタジックな表現はありますが、ストーリーそのものには一般的なファンタジー要素は皆無と言っても過言ではありません。
人生の辛苦を味わってきた、大人向けの仕上がりになっているのです。

では何故この作品が「ファンタジー」として扱われているのでしょうか。
それは、ある実在の有名人の人生を彩ることにあると思うのです。

その人物は映画の歴史に深く関わっています(名前を出してしまうと、ネタバレになってしまうので後に書きます)。
観る前は映画の誕生の歴史を知っているとより楽しめるでしょう。
以下のリンクなどを参考にしてみるのもよいかと思われます。
<映画誕生の歴史><世界映画史>

つまりこの作品は、映画を愛した人、その歴史をよく知っている人にこそ響く映画なのです。


しかし、前述のようなファンタジーを期待して、「思っていた映画と違う!」と感じる人も多いと思います。
少なくとも、不思議な冒険譚が観たいであろうお子さまには退屈であるでしょう。

映画は「明るく楽しい内容が観たい」「荒唐無稽なアクションが観たい」など、作品が持つ特徴を観る人が知り、選び、その要求に応えてくれるものだと思っています。
しかしこの宣伝では「ファンタジー映画」を期待して観に来ている人を、悪い意味で裏切っているようにも思えるのです。


邦題にも違和感があります。
主人公の少年は「不思議な発明」なんてことはしていないのですから。

ちなみにこの邦題はブライアン・セルズニックによる原作小説からのものです。

ブライアン セルズニック
1000円
評価平均:
powered by yasuikamo

*英題もしっかりと「The Invention of Hugo Cabret」となっています。

映画の原題は「HUGO」と主人公の名前のみ。
おそらく映画版は先入観を抱かせないために「HUGO」という名前だけにしたのだと思います。
そのままではぱっとしないタイトルのため、日本では原作のものをあてたのでしょう。

宣伝や邦題のおかげで誤解を生んでしまうのは、やや残念に感じます。


この映画でうれしいのは、映画や芸術を愛する人へのメッセージが込められていて、ラストにはそのカタルシスを存分に感じられることです。

登場人物のちょっとしたエピソードで、その人となりがわかるのも面白い。
ヒューマン・ドラマとして隙のないつくりになっているのです。


この映画は「スーパー8」のような、古き良き映画に思いを馳せることもテーマにあるのだと思います。
4月からも「アーティスト」というサイレント映画が公開されていますし、最近は懐古的な映画作品が増えつつあるのかもしれません。
ヒューゴの不思議な鍵や、アーティストがアカデミー賞を受賞したのは、こうした描写が、映画を愛する人たちのの琴線に触れたことにもあるのでしょう。


普通のファンタジーとは異なる、という意味で↑の一言感想には「セミ・ファンタジー」と書きました(勝手に作った造語です)。

この作品は、実在の人物を、時には史実にどおりに、時には脚色して表現します。
それを「巨大な時計」「からくり人形(自動人形)」「ハート型の鍵」などのアイテムが存在する映画の舞台を通じて描くことは、これも一種のファンタジーであるのです。


また、「主人公が父親を亡くしている」「『鍵』というアイテムが重要になる」という点で、本作は「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に似ています。
見比べてみても面白いでしょう。


自分は2Dで観たのですが、それでも美しい映画の舞台を存分に楽しむことができました。
*監督の意向からすれば3Dの意味は存分にあるので、3Dを絶賛する意見も参考にして選んでみてください。

大人のみでの鑑賞をオススメします。

以下、ネタバレです 結末に触れていますので鑑賞後にご覧ください↓

















ジョルジュ・メリエス

おもちゃ屋の店主のパパ・ジョルジュの正体とは、「世界初の映画監督」とも言われる、実在の人物でした。

さまざまな映画が登場しましたが、特にクローズアップされていたのは「月世界旅行」でしたね。

1890円
評価平均:
powered by yasuikamo
映画の原初的興奮
ええ??
個人的に面白かった!

この映画の著作権は消滅しており、youtubeで無料で観ることができます↓。
A Trip to the Moon / Le Voyage dans la lune - 1902 - YouTube

また、「カラーにするために、フィルムの1枚1枚を手作業で塗った」というエピソードも事実です。
そのカラー版のフィルムが見つかったのは1993年と比較的最近のこと。↓で観ることもできます。
付録部 blog-bu : 【動画】ジョルジュ・メリエス彩色、伝説の『月世界旅行』カラー版

彼の功績については、↓などをご覧いただくとよいと思います。
20世紀の魔術師~ジョルジュ・メリエスの魔法映画~



~作中に登場する文学、人物~

本作は本当に文学者、またはその著作が多かった!
一気にあげてみます(抜けているものもあるかと思います、ご了承ください)。

ジュール・ヴェルヌ
SF小説の第一人者です。

D・コパフィールド
チャールズ・ディケンズによる小説の名であり、主人公の名前です。
イザベラは「恋をしそう」と言っていました。

・シドニーカートン
これもチャールズ・ディケンズによる小説二都物語の主人公の一人です

ダグラス・フェアバンクス
この方は映画監督。「ロビンフッド」の映画もつくりました。

クリスティーナ・ロセッティ
イギリスの詩人です。
公安員も好きだそうです。名前ちゃんと言えなかったけど。

ロベール=ウーダン
手品師であり、自動人形の製作者でもあります。

リュミエール兄弟
映画の発明者です。
彼らがシネマトグラフで上映していた「ラ・シオタ駅への列車の到着」を観たことで、手品師だったジョルジュの人生が一変します。

この映画で、観客は迫りくる列車をよけていました。
そして、ヒューゴの夢の中で同じように「列車が画面に向かう」シーンが出てきています。
3Dで観ると、このシーンを当時の人と同じように驚けるのかもしれません。



~野暮な不満点~

ヒューゴは盗みを働き、時計の中で過ごしていたのですが、果たしてそれだけで生活できるのか、とも疑問に思いました。
時計合わせの仕事の給料はもらえないの?
もらえたとして、給料袋はどう受け取っているの?(彼を連れてきたおじさんはアルコールに溺れて死んでいるし)
ヒューゴはお風呂に入れないと思うのだけど、いつも小奇麗にしているのはなんで?

「ファンタジーだから気にすんな!」と言われればその通りなのですが、登場人物の生活を知りたい自分としてはモヤモヤしてしまいました。

ほかにもつっこみどころとして、汽車が駅に着くとき、終点なのに直前まで燃料をくべていたのが気になります。そりゃ脱線するだろ。

取り上げられたスケッチブックも、結局フェードアウトしてしまうのが残念。
最後にヒューゴに返してあげたかった、というのが本音です。



~映画のキャラクター~

・イザベラ

演じているのは「キック・アス」の「クロエ・グレース・モレッツ」です。
正直に言うと、終盤は活躍することがない上、いまいちキャラクターの魅力に欠けていたのが残念でした。
性格がツンツンしているのはいいけど、彼女の内面がわかるところが少ないように思えます。
ただ、家にきたヒューゴに対して「私、秘密って大好き」って言うシーンは超絶可愛かったです。

彼女は終盤のヒューゴのことばに対してこう言います。
「私の目的はなんだろう、両親を知っていれば、わかるかもしれない」

気丈にふるまい、ヒューゴ以外の子とも遊び、何よりも明るいイザベラ。
そんな彼女でも、本当の両親を知らないという苦痛は、計り知れないものだったかもしれません。


・公安員

間抜けなシーンばかりを見せたこの人。
足を引きずっていたのは、戦争で負傷したためでした
足でぶち抜いてしまったチェロは弁償したのかどうか気になります。

ヒューゴからすればかなりイヤなやつでしたが、同僚(?)の相談にのったりする親切な面もみられました。
でもその人の妻の浮気を疑い、「最後に寝たのはいつだ?」なんて聞くのは野暮だよななあ・・・。

彼はヒューゴを捕まえていたとき「家族なんて必要ない、一人でも生きていける!」と言っていました。
彼もまた、孤独を抱えていたのでしょう。

最後には花屋の女性と恋に落ち、足も機械仕掛けのものに変わっているのを見れてよかったです。


・花屋の女性

彼女は保安員の負傷した足を見て、「私は兄を失った」と言っていました。
これは保安院に対してのなぐさめのことばでもあるのでしょう。


・フリック氏

序盤では、(目当ての)女性の飼っている犬に吠えられていました。
終盤ではメス(もしくはオス)の犬を連れてきて行き、女性の犬と仲良くさせることができます。

「まあ、どうしましょう」と言う女性のことばを聞いて、こっちも嬉しくなります。


・ラビス氏

見ず知らずのヒューゴに「ロビンフッド」をプレゼントします。
イザベラによると、彼は偶然を装い、誰にでも「本をあげる」人物だったようですね。


・ルネ・タバール

ヒューゴとイザベラが図書館で見つけた、「夢の発明」という映画史の著者です。
彼はジョルジュさんの大ファンであり、心から尊敬していました。
戦争で死んだと思っていたジョルジュが生きていると知ったとき、彼は笑っていましたが、内心では何ものにも代えがたい喜びであったと思います。

ただひとつ残されたフィルムを持ち、ヒューゴとイザベラと共にジョルジュ家に向かいます。
そこでママ・ジャンヌに「ジョルジュさんにずっとお礼を言いたかった」「あなたは今でも映画のように美しい」と告げました。
ジョルジュさんの映画を観てきた彼だからこそ、言える台詞だと思います。


・ママ・ジャンヌ

彼女はヒューゴが持ってきた「月世界旅行」の絵を見たとき、涙を流し、「悲劇を知るには早すぎる」と告げました。

ジョルジュも、ヒューゴとイザベラがジョルジュさんの映画のスケッチを見つけたとき「私は壊れたおもちゃだ。信じていたのに、この仕打ちか」と言っていました。

しかし映画の終盤、ママ・ジャンヌは映写機の音を聞きつけたジョルジュさんにこう言います。
あなたは過去を忘れようとしていた、でもそれはあなたを不幸にしていただけ、そろそろ思い出したら」と。

ジョルジュだけでなく、ママ・ジャンヌも、以前は夫の過去を「不幸な話」と想い、ヒューゴに話そうとしなかったのです。
しかしそんな彼女も、ヒューゴたちの行動と、ルネ・タバールのことばに思うところがあったのでしょう。
彼女の心の変化が垣間見ました。

彼女は、ルネ・タバールに「夫の映画を愛してくれて、ありがとう」とも言いました。
ジョルジュの作品が好きな人は世界中にいますが、最も作品を愛していたのは彼女自身であったと思います。



~ジョルジュの人生と、映画の顛末~

そして、ジョルジュは映画制作者としての人生を話しだします。

全財産を投げ売り、スタジオや500本もの映画を製作するジョルジュ。

ジョルジュは、ガラスでできたスダジオに来ていた子ども時代のルネ・タバールにこう説いていました。
夢はどこから生まれると思う?見たまえ、ここで生まれるんだ」と。

人生の絶頂にいたジョルジュ。
しかし、戦争により何もかも失ってしまいます。
セットも、衣装も燃やし、フィルムも捨てます。

自らの人生を語り終えたときに「ハッピーエンドは映画の中にしかない」と言ったジョルジュさん。

でもそうではなかったのです。
過去の、彼に関するもの、彼が作ったものをヒューゴは知っているからです。

ヒューゴはからくり人形を持ってくるため、走ります。

彼が巨大な時計の針に掴まって難を逃れたのは、中盤にイザベラと観ていた、ハロルド・ロイドによる映画の内容の反復です。

そして、抱えていたからくり人形が、夢で見たように線路に落ちてしまいます。
今度は公安員が引っ張り上げて助けてくれます。彼が決して悪人ではないことを見ることができました。


そして、ジョルジュのネガフィルムのいくつかが見つかり、多くの人がその観覧に訪れてくれました。
ルネ・タバールはこう言います。
「それぞれが魔法使い、人魚、手品師に変身を遂げるのです。さあ、私と一緒に夢を観ましょう」と。

映画は観ている人それぞれが夢を観れる媒体です。
この作品の主題を語るのには、これ以上ない台詞でしょう。


最後にイザベラは、物語を語るように、こう言います。
「彼は父親からの秘密のメッセージをみつけ、家へと導いた」と。

ヒューゴは父親を失いましたが、残されたからくり人形のおかげで、ここにたどり着いたのです。

ヒューゴがトランプ芸を披露し、登場人物みんなが幸せになったラスト。
最高のハッピーエンドだったと思います。



~ヒューゴのことば~

ヒューゴはこう言います。

「みんな果たすべき役割がある」
「目的を失うと夢を忘れてしまう」
「ここからだと、世界(光り輝くパリの街)は大きな機械に見える」
部品は必要なもの、それぞれが意味がある

彼の冒険の旅路は、何かがひとつ欠けても成し得ないものであったと思います。

駅にいる人々も、それぞれの役割を持っていました。

ジョルジュも、過去を振り返ることで、また新たな幸せを手にすることができました。

これは映画を愛する人のための映画であり、また人間賛歌でもあるのです。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2012-03-02 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
脚本の構成がおかしいですね。

ヒューゴが、自分のことをしっかり説明できれば、もっと簡単で、わかりやすい話になったのでは?と思うような話でした。

あれがほとんどセット撮影だとの、パンフレットを読んで、感動しています。

駅地下のシーン、時計台への階段シーン、時計の振り子シーン・・・・

これがアカデミー賞にならなかったのは、信じられません。

映画が発明されたの頃の話なので、映画好きの私には問題がなかったのですが、そっちには興味のない女房は、災難顔でした。

あの美少女が、kick Assのクロエさんだとは思ってませんでした。

ここまで、たった数年で、北欧系の正統的美人顔の俳優さんに成長するとは思ってませんでした。

本当に、日本語のタイトルが、まずいんですね。

最近、洋画の題名が「羊頭狗肉」レベルになってきていますね。

これで、観客動員が増えればいいんですが、怒る人が多いんじゃないでしょうか?
2012-03-04 19:14 : sakura URL : 編集
Re: No title
> 脚本の構成がおかしいですね。
>
> ヒューゴが、自分のことをしっかり説明できれば、もっと簡単で、わかりやすい話になったのでは?と思うような話でした。

それは完全に同意します。
前半と後半が乖離しているような印象は否めません。


> あれがほとんどセット撮影だとの、パンフレットを読んで、感動しています。
>
> 駅地下のシーン、時計台への階段シーン、時計の振り子シーン・・・・
>
> これがアカデミー賞にならなかったのは、信じられません。

そうだったんだ!そこに賞をあげてほしかった・・・


> 映画が発明されたの頃の話なので、映画好きの私には問題がなかったのですが、そっちには興味のない女房は、災難顔でした。

自分も大好きなんですが、 人にはすすめられません・・
その点をふまえてお気に入り度を下げました。


> あの美少女が、kick Assのクロエさんだとは思ってませんでした。
> ここまで、たった数年で、北欧系の正統的美人顔の俳優さんに成長するとは思ってませんでした。

あっという間に成長しますね。
早く「キックアス2」を作って欲しいです。


> 本当に、日本語のタイトルが、まずいんですね。
> 最近、洋画の題名が「羊頭狗肉」レベルになってきていますね。
> これで、観客動員が増えればいいんですが、怒る人が多いんじゃないでしょうか?

「売れればいい」な邦題が多いのはどうも・・・
「ミケランジェロの暗号」「小悪魔は何故モテる!?」といい、最近はそんな映画ばかり観ている気がします。
2012-03-06 20:12 : ヒナタカ URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。