ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

疑うべき理由「ライアーゲーム 再生(リボーン)」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はライアーゲーム -再生- Rebornです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ゲーム自体はすごく面白いんだけど・・・


あらすじ


大学を卒業したばかりのシノミヤユウ(多部未華子)のもとに「ライアーゲーム」の招待状が届く。
彼女は大学で心理学を教えていたアキヤマ(松田翔太)に助けを求める。

シノミヤユウとアキヤマはゲーム会場に赴き、「イス取りゲーム」が開始する。
単純なゲームかと思われたが、アキヤマはこのゲームの本質は「国盗り」にあると告げる。





前作「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」で綺麗な結末を迎えたのに、まだ続きやがったこのライアーゲーム。

今回は「ファイナル~」とは違い、原作マンガにもあったゲームが取り入れられています。

甲斐谷 忍
540円
評価平均:
powered by yasuikamo
メガネ君を絶対に助ける!
感染ゲーム終了
唖然

「イス取りゲーム」は10~13巻に収録されています。
ルールや大筋の展開は同じですが、映画版には原作にはない要素もあります
原作を読んでいてもこの映画は楽しめるでしょう。


賛否ある前作も個人的には面白かったし、本作も楽しめた作品ではあるのですが・・・非常にもったいないと思わせる部分も多々ありました。

まず見た目がTVドラマの延長にすぎないことです。

ライアーゲームはもともとTVドラマ化されてから映画になったのですが、映画版も「TVドラマを劇場のスクリーンで観ている」かのような印象なのです。
演出は派手で落ち着きはないし(「戦火の馬」を観た後だからよけいにそう思う)、CMに入りそうな「引き」のシーンすらあるし・・・。
映画らしい「間」などははなく、とにかくスピーディな展開のみを重視したつくりは受け入れられない人もいると思います。

心理描写が画一的なのも好きではありません。
悲しいシーンでは「悲しい」一辺倒の描き方で、良くも悪くもわかりやすいのです。

ゲームの駆け引きには心理的な要因がすごく大きいはずなのに、あまり登場人物の葛藤もみられません。
○○だから○○の味方になる、というのはある意味合理的ですが、リアリティがないのです。
ゲーム内で動くのが億単位の大金なのに、あまりその異常さが感じられないのも残念です。

でもこれらは前作ですでにわかりきっていたことでもあるし、単なる作風にすぎないので受け入れてしまえば問題はありません。

真にキツいのは展開(特にゲーム以外の部分)にツッコミどころが満載すぎることです。

とりあえず、あらすじにある「ヒロインが主人公を頼る理由」が大学で心理学を教えていたからというのが無茶すぎだし、他にも盛りだくさんです。


ここまでこきおろしましたが、ゲーム自体はものすごく面白かったです。

最後まで逆転につぐ逆転。
退屈に思うことはほとんどありません。
ミスリーディングもたくさんあり、何気ないシーンの伏線も上手く使ってくれています。


今回でヒロインが交代したことも、個人的にはよかったと思います。
(前作のヒロインは戸田恵梨香さんが演じており、別のキャラクターです)

後半の展開には、原作マンガにあるメッセージを感じることもできました。


何気に豪華キャストなので、それ目当てでも楽しめます。

特にカルト集団の教祖という役どころを演じた船越英一郎さんは超ヤベえ
こんなひどい(褒めことば)キャラをノリノリで演じれるなんて万能だなあ・・・これだけで笑いが止まらなかったです。

ただ芦田愛菜ちゃんの役どころの意味不明さは許容範囲を超えていました
「最年少の事務局員」という設定(最年少にもほどがあるだろ)は許せても、登場人物がそのことをまるで疑問に思わないのはどう考えてもおかしいです。
「客寄せ」にしかならない起用はやめてもらいたいものです。


前作が好きな方には、是非オススメしたいと思います。
ストーリー自体もリブートに近い印象だったので、シリーズ初体験の人でも問題はないでしょう。

前作と同じく、エンドロール後にもおまけがあるのでお見逃しなく。


以下、ネタバレです 結末に触れているので鑑賞後にご覧ください↓
















~つっこむだけ野暮な不満点~


よく考えると事務局(ゲームの主催者)は「はじめから1億円を20人のプレイヤー1人1人から奪う」ということをしていて、ゲーム内容は「20億円をかけてそれぞれ争う」というものですよね。

事務局、ゲームの内容がどうなろうが一切得しないやん
お金をプレイヤー間で回しているだけです。
いや今回の事務局の目的はアキヤマへの復讐が主なんだろうし、ラストの落としどころのためには必要なことなのだけど・・・



シノミヤユウ(多部未華子)がライアーゲームに連れてこれられたとき、目隠しもせず、骨組みだけで外から丸見えのトラックで輸送されるとかどういうことだよ。

いやありえねーって。
会場の位置バレバレだって。
そんなとこ見られたら警察に止められるって!

さらに最後にみんなが一緒のバスに乗って帰るのは腰が砕けそうになりました
なんか・・・もっとこう守秘的なものはないんですか?

つまりは事務局はトラックとバス分の経費だけを損したってことで。ご愁傷様です。



船越さん演じる教祖も、2枚のメダルでも買収できなかったときの「もっとメダルを出して買収すればよい!」「俺が勝てばいいんだ~」あたりはバカ丸出しでどうかと思う。
自分の「本命メダルの対象を変えた」という企みがバレたとは考えないのかよ・・・ていうかそんなんじゃ誰も自分のチームに投票しないだろ。
*以下のご指摘を受けました
意図的に本命を変えたのではなくメダルを多く出しすぎたせいで、ガヤに本命ではないと思わせてしまったのが原因です。
船越さんは、メダルが捨てだと思われているとは考えずにいっぱい渡してしまったのです。

その後ヒロインの安っぽい説教に、団員がほだされてすぐ教祖と和解なのもがっかりです。



また「イスに座る」という物理的な要素がゲームの優勝者を決めるのに必要なことなのですが、映画ではその点がおざなりで結局主題が「投票」ばかりに傾いてしまっています。

序盤では隠したイスを「見つけてもらってから奪う」という展開はありましたが、それ以降の登場人物は「隙を見てイスを奪う」なんてことは一切考えないのです。

原作ではこの物理的な要素はしっかり描かれています。



そういえばシリーズの人気キャラのキノコことフクナガユウジが最後までゲームの蚊帳の外なのも残念でした。
はじめにやっていたゲームはなんだったんだ?
*これに関してコメントをいただきました。
> 福永と横谷が最初にやってたゲームは
> 「タブーゲーム」というヤツです
> 2月25日にBSスカパーで無料で
> ドラマやってましたよ。
とのことです。

渡辺いっけいさんもただ出演しただけで何の意味もありません。



「俺の勝ちだなハッハッハ」→投票結果が思っていたものと違う→「なんでだー!」という展開が繰り返されるのもキツイ。

このシリーズの「勝ち誇ると負ける」というのはもはやテンプレートのお約束なのですが、ここまで多用されるとさすがにウザいです。
「逆転」を描くにしても、もっと別の演出があると思います。

でもキリウ(新井浩文)の言う「何これ?」は笑ったし、序盤の「優勝おめでとう、でも勝つのは俺だ」という台詞をアキヤマがそのまま返してくれたのは嬉しかったです。




~ゲームのルールと目的~


ゲームのルールはだいたいこんな感じです。



①タイムリミット時にイスに座っていなければ脱落する

②最後まで残った者(優勝者)の名前が刻まれた20枚のメダルのみが現金に換えられる

③タイムリミット後に投票を行い、1位になった者が指定した番号のイスひとつを無効にできる。

④同じイスに連続して座ることはできないが、他のイスに座ればその後はそのイスに座ってもかまわない

⑤脱落者も投票には参加できる

⑥投票は必ずしもする必要はない(これ説明のとき言ってたっけ?)




③、④のルールによって、「仲間同士でイスを交換して座りつづける」「仲間になっていれば、その仲間内で共通の者に投票できる」「仲間以外のイスの番号を消してしまえばいい」という、勝つための構造が生まれています。

そして⑤の脱落者も投票できるという要素が、この単純な構造をかき乱します。
脱落者(ガヤ)は権力を得ることはありませんが、どのチームのどの人間にも自由に投票できるのです。


アキヤマは「国取りゲーム」と言ってましたが、自分はこのゲームに出てくるチームは「党」のように思えました

ガヤは、選挙によって自分たちに有利な国の代表を選ぶ「国民」のようなもの。

チームに属している者は、代表者を自分たちで決めた上で、権力を得ようとする「党」みたいなもの。

そして優勝者は、自分の考えた通貨を流通できるっていう「国の代表」のように思えました。


つまり、誰かを勝たせる(または自分が勝つ)ことによって、どう自分の利益を得るかを考えるゲームなのだと思います。

このゲームの優勝者が「俺ぇ?でもメダル(金)ひとつも持ってねーよ!」というのには笑いました。
代表に選ばれたのはいいけど、結局は国民や党に搾取されている・・・そんな皮肉にも思えます(普通は逆だけど)。

*ちなみに映画批評家の前田有一さんはもっと(いろんな意味で)すごい解釈をしています


そしてシノミヤユウが考えたのは、みんなが不幸にならない道。

終了時に全員にメダルが行き渡っておらず、彼女が「みなさんにおまかせします」と判断をゆだねたのはとてもよかったと思います。

多くの利益を得ても、それを分け与えるかは自分次第。
あるべき「国」の姿を見えたように思えました(それを言うと社会主義になっちゃう気もするけど)。


そしてキリウが「だったら初めからこんなゲームしてんじゃねーよ」というぶっちゃけがすぎる台詞で落としてくれます。
結局は、そういう話なんですよね。




~ヒロインの裏切りと、原作のメッセージ~


この映画の「シノミヤユウの裏切り」はとても意味のあることだと思います。

彼女は今まで戦っていたカンザキナオ(前作までのヒロイン)と違い、「バカ正直ではない」「アキヤマのことを知らない」人間でした。

だからでこそ、だまされて、アキヤマを裏切ってしまうのです(カンザキナオならアキヤマのことをよく知っているし、知らなかったとしても裏切ることはなかったでしょう)。

何故彼女が裏切ったのか、それは人を知ろうとしなかったためだと思います。

原作にはこういう台詞があります。

「人は疑うべきだよ。
なぜなら疑わないということは、知ることを放棄することだ」


ヒロインは、協力関係を結ぼうとした女性のことばだけを信じて、人間そのものを知ろうとはせず、結果裏切ってしまいました。
そのことが、彼女の失敗だったのだと思います。
教祖が「裏切ってまで勝とうとするあなたを世間では何て言うか知っていますか?偽善者ですよ」と言うのも、もっともです。


でも最後に彼女は、「前にも言ったろ、招待状が届いたから参加した、それだけだ」と言うアキヤマに対して、「意外とウソが下手なんですね」と返します。

彼女はこのゲームで、少しだけアキヤマのことを知れて、「疑う」ことができたのでしょう。


エンドロール後では、アキヤマが中盤に聞いていた「心理テスト」の答えがわかります。

彼女は人を裏切り、その罪を背負いました。

しかし、最後に彼女の人間性を肯定するのです

「人間の欲望」「ウソをつく」ということが主題のこの映画において、もっとも優しさを感じたラストシーンでした。


オススメレビュー↓
佐藤秀の徒然幻視録
タナウツネット雑記ブログ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2012-03-09 : 映画感想 : コメント : 12 : トラックバック : 1
Pagetop
理想的な番外編「漫画 うさぎドロップ 10巻」感想+ネタバレレビュー «  ホーム  » 祝・2巻発売!フルカラーでズボラ川柳「花のズボラ飯」28話(雑誌掲載時30話)レビュー
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画「ライアーゲーム ~再生~」 争いあって全滅する道ではなく、ともに生きのびる道とは?
映画「ライアーゲーム ~再生~」を観ました。 (2012/3/3公開)監督:松山博昭脚本:岡田道尚 黒岩勉出演:松田翔太 多部未華子 芦田愛菜 江角マキコ松田翔太とコンビを組むヒロインが、これまでの戸田恵梨香から 多部未華子に代わっての新作。今回のゲームは“イス取りゲーム”。一見、単純なゲームに見えて、次第にプレイヤーがグループを組んでの 団体戦となっていき、このシリーズならではの ...
2016-03-04 14:30 : エンタメで行こう。
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ヒロインは
はじめまして。僕の勘違いだったら申し訳ないのですが、

>前作のヒロインは吉高由里子さんが演じており、別のキャラクターです

前作のヒロインって神崎直のことですよね?だったら戸田恵梨香さんじゃないんでしょうか?吉高さんは「ライアーゲーム」のシリーズには出ていなかったと思うんですけど。
2012-03-09 14:28 : タイプ・あ~る URL : 編集
Re: ヒロインは
すみません、何故か間違えていました・・・・訂正しておきます、ご指摘感謝です。
2012-03-09 19:32 : ヒナタカ URL : 編集
No title
お久しぶりです^^
結構前にコメントさしてもらった者です
ライアーゲーム 再生 見てきました!
僕は原作も見てますがドラマ⇒漫画 派なのですが
原作の椅子取りとはまた少しちがった楽しめ方ができました
確かに芦田愛菜の意味がわかりませんね^^;
セリフもめちゃめちゃ少なかったし…
福永が初っ端で負けちゃったのは残念!

ついでですが「キーチ!!」という
ビックコミックスペリオールで連載中(今は「キーチVS」に変更)
の漫画があるのですが
見ていないのであれば是非一度見てください
最近読み始めたのですが
これほどのは久々に会いました
賛否両論で過去の作品もキツすぎて打ち切り
ってことがあったぐらいなので 好みが別れますが
気が向けば一度見てみてくださいm(_ _)m

長文失礼しました
2012-03-11 00:53 : 走馬灯 URL : 編集
Re: No title
> お久しぶりです^^

お久しぶりです、走馬灯さん、長々とコメントありがとうございます。


> 結構前にコメントさしてもらった者です
> ライアーゲーム 再生 見てきました!
> 僕は原作も見てますがドラマ⇒漫画 派なのですが
> 原作の椅子取りとはまた少しちがった楽しめ方ができました
> 確かに芦田愛菜の意味がわかりませんね^^;
> セリフもめちゃめちゃ少なかったし…
> 福永が初っ端で負けちゃったのは残念!


自分はドラマを数えるほどしかみていなかったのですが、映画は問題なく楽しめました。
映画のイスとりゲームも、原作と違った面白さがありました。
芦田愛菜ちゃんは「だから言ったでしょ、負けるって(ウフ♥)」という台詞を言わせたいだけなんじゃないかと・・・
フクナガはやっぱりメインゲームに参加して欲しかったですね。


> ついでですが「キーチ!!」という
> ビックコミックスペリオールで連載中(今は「キーチVS」に変更)
> の漫画があるのですが
> 見ていないのであれば是非一度見てください
> 最近読み始めたのですが
> これほどのは久々に会いました
> 賛否両論で過去の作品もキツすぎて打ち切り
> ってことがあったぐらいなので 好みが別れますが
> 気が向けば一度見てみてくださいm(_ _)m
>

作者は(こちらも)賛否両論漫画「ワールドイズマイン」の人ですね・・・ワールド~は全部読んだのですが、こちらは未見でした。
機会があれば読んでみようと思います。
> 長文失礼しました
2012-03-11 20:20 : ヒナタカ URL : 編集
最初のゲーム
福永と横谷が最初にやってたゲームは
「タブーゲーム」というヤツです
2月25日にBSスカパーで無料で
ドラマやってましたよ。
で、映画で勝者の発表だけしたのは、
その無料ドラマの結果が知りたい人
からも映画を見てもらおうという
考えだと思われますw
やっぱ映画も商売なんで少しでも
多くの人に見てもらおうと
してるんでしょーねw
2012-03-12 22:30 : ヘイホー URL : 編集
Re: 最初のゲーム
ヘイホーさん、情報ありがとうございます。追記しておきます。

> で、映画で勝者の発表だけしたのは、
> その無料ドラマの結果が知りたい人
> からも映画を見てもらおうという
> 考えだと思われますw

わりと誰も得しないような気がするんですが、それ。

> やっぱ映画も商売なんで少しでも
> 多くの人に見てもらおうと
> してるんでしょーねw

フクナガは「とりあえず映画にだしとこう」な雰囲気は否めなかったなあ。
ちょっと残念な展開の仕方だと思います。
2012-03-12 22:34 : ヒナタカ URL : 編集
もちろん得するのは
映画を作った会社ですよ?
スピンオフドラマを見た人に
映画を見てもらおうとしてるわけです
2012-03-13 15:21 : ヘイホー URL : 編集
Re: タイトルなし
オチだけを映画に・・・ってひどいですね・・
2012-03-13 17:28 : ヒナタカ URL : 編集
はじめまして
今更ですが、勘違いしてるのでは?と思った部分があったので、書かせていただきます。

自分の「本命メダルの対象を変えた」という 企みがバレたとは考えないのかよ・・・

とありましたが、あれは意図的に本命を変えたのではなくメダルを多く出しすぎたせいで、ガヤに本命ではないと思わせてしまったのが原因です。
船越さんは、メダルが捨てだと思われているとは考えずにいっぱい渡してしまったのです。
失礼しました。
2012-09-20 06:14 : URL : 編集
Re: タイトルなし
ありがとうございます。ご指摘感謝です。直しておきます。
2012-09-20 09:18 : ヒナタカ URL : 編集
No title
 確かに多部美香子さんを起用させたのは得策ですね。戸田恵梨香さんと松田翔太さんの不仲説を一蹴できるし(カンザキにはアキヤマは裏切れない→戸田さん降板)、ハリモトが人を騙せることも発揮できる。
 ただ映画ではハリモトグループの扱いをもっと良くしてほしかった。キリュウにあっさり敗けましたよね。原作ではキムラが活躍し、入札ポーカー(椅子取りゲームの敗者復活戦)では、ハリモト(キムラ)VSアキヤマの展開も見ごたえあり。ハリモト馬鹿丸出しはまったくだ。
 
2013-11-23 10:29 : 名無しのマニア URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-23 10:37 : : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。