ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

故・森田芳光監督作品を観よう「家族ゲーム」ネタバレなし感想+気になったシーン

昨年末に急逝した森田芳光監督の遺作となる映画「僕達急行 -A列車で行こう-」が現在公開中です。

森田監督といえば大ブームとなった「失楽園」や大駄作模倣犯」などが有名ですが、若い方はその作品群をほとんど知らないのではないかと思います。

そんなわけで、本日は森田監督による映画「家族ゲーム」(製作:1983年)を紹介します。

松田優作: 伊丹十三: 由紀さおり: 宮川一朗太: 辻田順一
3243円
評価平均:
powered by yasuikamo
80年代映画の傑作。
良い意味で笑ってしまう作品
ツキヒハハクタイノクワカクニシテ…

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:きもちわるい(褒め言葉)


あらすじ


受験を控えた中学3年沼田茂之のもとに、吉本勝(松田優作)という男が家庭教師としてやってくる。
吉本は三流大学の7年生で、常に植物図鑑を持ち歩く奇妙な男。
父親(伊丹十三)は、息子の成績があがれば別に報酬も付けると吉本に告げる。





松田優作主演作にして、森田監督の中でも特に人気の高い作品です。

はっきり言ってめちゃくちゃ変な映画でした。

~ここが変だよ家族ゲーム~
ストーリーはないに等しい(高校受験というイベントがあるくらい)
BGMが一切ない
③松田優作演じる家庭教師ばかりか、家族もおかしい(言動とかが)

などと、普通の映画とは一線を画した内容。
ちなみにジャンルはコメディらしいんだけど、シュールすぎて全然笑えなかった
いやラストの松田優作の行動は笑えるんだけどさ。


映画で描かれているのは、家族の妙な言動と、それに割り込むように入ってくる風変わりな家庭教師との関係。
それに中学生ならでは鬱積した日常生活が顔を見せます。

彼らの取り巻く環境や言動が、どこか変で、奇妙で面白い。
はっきり言ってきもちわるいです。
でもこの嫌~な粘っこいような雰囲気がこの映画の特徴であり、魅力なのです。

しかし作中に交わせることばのやりとりを楽しめない人には、良さがさっぱりわからないと思う。
間違いなく好き嫌いの分かれる作品でしょう。


あっと驚く展開を求める人には向きませんが、「歩いても歩いても」のような、日常描写にある人間関係を楽しめる人にとっては是非おすすめしたい映画です。

この映画は、森田監督の「奇妙な人間描写だけでどこまで面白くできるか」という実験要素もあると思います。
今作はその実験が淡々とした自分の持ち味に合い、「模倣犯」では盛大にスベッたのでしょう。

「監督らしさ」を存分に味わいたい方は是非。


以下、作中のシーンを少しだけネタバレで紹介↓ラスト部分は反転しています



↑のDVDのパッケージにもなっている、有名な「横一列の食事」も奇妙ですが、それ以外にも変なシーンが目白押しです。

例えば、松田優作演じる家庭教師は船でやってきます

家族ゲーム11

何故かは一切語られません。
しかも家庭教師はこの後「沼田くん家(ち)はどこですか?」と一般人に聞きます。不審者すぎる。


さらに沼田家の次男に教えるときは、「かわいいね」などと言いながら唐突にキス

家族ゲーム10

沼田君は当然「気持ち悪いですよ」と言いますが、家庭教師は「俺だって気持ち悪いよ」と返します。
じゃあなんでキスするんだよとつっこみたい。
ちなみにこれは「笑う犬の冒険」という番組内で、内村光良ことミル姉さんがお気に入りのシーンとして再現をしていました。


ちなみに沼田君は成績が悪いのですが、それは屈折した考えのせい。
頭は悪くなく、ジェットコースターの設計を1日で暗記したこともあります。
そんな彼がハマっているのは・・・

家族ゲーム2

数年前に復刻もされたスペースワープです。
この映画にはこの他にも、高度経済成長期である80年代を感じさせる画がたくさん登場します。


沼田君はとにかく屈折しているので・・・

家族ゲーム5

家庭教師に「わからない単語を書け」と言われると、「夕暮れ」という字だけをひたすら書いて「夕暮れを完全に把握しました」と言います。
このやさぐれ感は現代の中二病にも通じますね。ていうか怖えーよ。


現代だったら確実にできない描写がこれ。
担任教師がテストの点を悪い順番に発表し、あまつさえ生徒の答案を窓の外から投げるのです。

家族ゲーム4

いまやったら懲戒免職だろ・・・




でも本当面白い。何気ないシーンにも、ほかの映画にはない独特の味があります。

母親の「何もできていなさ」や、父親の放任っぷりなど、「居心地が悪いのに、なんとなく一緒にいる」家族の関係が描けていると思うのです。
作中でその解決やら希望やらが描かれるわけでもなく、ただ淡々としている。
それがかえってリアルに感じます。


ラストシーンも意味深ですよね。
退屈な昼下がりに、母親は兄弟二人が寝ているのを確認する。なぜか、けたたましくヘリコプターの音が響いていて、母親もその音を聞きながら寝てしまう」という・・・

家族は、家庭教師のおかげで変わったのかもしれません。
このラストで、一番初めの沼田くんの台詞「家中が、ぴりぴり鳴っていて、すごくうるさいんだ」を思い出しました。


(追記)ドラマ化するとは思わなかった

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-03-26 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。