fc2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

故・森田芳光監督作品だけどこれは観なくていいよ「模倣犯」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

故・森田監督による良作を2つ紹介したので、これで心おきなくこの映画をレビューできるぜ!
そんなわけで邦画史に燦然と輝く超駄作「模倣犯」(制作:2002年)の感想です。

中居正広
2437円
評価平均:
powered by yasuikamo
模倣犯というタイトルが死んでいる
酷評ですが...
僕が飲みたいのは『模倣犯』風味のジュースじゃない



個人的お気に入り度:1/10

一言感想:え?ギャグ?


あらすじ


中居正広が殺人鬼をやってあぼーんする話。





やっべえ、マジでつまらなかった

原作者である宮部みゆきが激怒し、試写会の途中で退出したという逸話を持つ本作。
先入観をなるべく持たないように、面白いところを探すように観ていましたが無駄な努力だったようです。


何よりメインのストーリーがダメすぎ。
この映画は前半に殺人事件の被害者側の描写をして、後半は犯人側の視点に移行するという構成が取られています。
これにより主演であるはずの中居正広が、はじまって45分間は一切出てこないという妙ちきりんなことになっています。

それ自体はミステリアスな雰囲気があるし悪くはありません。
問題は被害者側、加害者側両方の描写が薄っぺらく、無駄な登場人物が多く、焦点も定まっていないので誰に感情移入をすればよいのかわからないことです。

それに付け加え、この映画ではしょっちゅう時間軸が前後するのですが、これがひどくわかりにくいです。
たまに「10ヵ月後」とかテロップが流れるのですが、回想シーンを描いているときではそれがない。

優れた映画はテロップが無くても、演出や登場人物のことばなどにより、どの時間軸を描いているかはすぐわかります。
しかしこの映画ではそれがないばかりか、テロップを中途半端につけたおかげで余計にわかりにくくなっている。
本末転倒です。


そして無駄な芸能人の出演・・・
藤井隆が共犯者の友人という超重要人物というのもミスキャストだし、爆笑問題までもが出演します。
ただでさえ寒い雰囲気を一層氷点下へ持って行ってくれます。

その寒さは台詞のせいもあります。
格好つけすぎな独り言も多いのです。

中居正広の共犯者(津田寛治)は、ハリウッド映画よろしく「ほわっと」「〇ぁっく」などとわざとらしくつぶやきます。

さらには「もうこんな事件は起こしてはならない、そのためにはなんでこんな事件が起きたのか、一度検証してみる必要がある」
こういうの↑をモノローグで言ってしまうんです。
そんな主張をベラベラしゃべること自体がナンセンスです。


極めつけはサスペンスとして話が破綻しまくっていることでしょうか。

犯人の追い詰められ方とか、ヒドすぎて話になりません。
ジャンルをサスペンスと認めたくもない。
作中に溢れる冷めた雰囲気を見るとブラックコメディかもしれません。


ええと、よかったところもありましたよ。

①山崎努さんはよかった
②意外と中居正広の演技も悪くなかった
③テクノ調の音楽とともに、「モホウハ~ン」と機械音声が響く名オープニング
④殺人鬼の最期

特に④はヤバイ、まじヤバイ。
予備知識として知ってはいましたが、実際に観てみると想像をはるかに超えていた。
笑いすぎて呼吸困難に陥るかと思いました

そんなわけでこんな酷い映画を観たのにもかかわらず、貴重なもん観たな~と変な満足感を得れました。

このシーンを観るだけでもレンタル代100円くらいの価値があると思います。
けっこうオススメですよ(ダメ映画フリーク限定で)


以下、容赦なくネタバレです↓でも未見でも読んでいいと思います。一応グロといえばグロテスクな画像があるので注意。




この映画には意味が全くない、謎のCM映像が時々流れます。その一例がしょっぱなから映し出されるこれ。

模倣犯1

山田花子
他にも坂下千里子、PUFFY、佐藤江梨子がCMに出ていますが、誰も得しません。


爆笑問題の出演シーンはこんな感じ。

模倣犯2

2人とも普段のまんまの姿。演技していません。いいけど。
田中裕二さんは俳優としても活動しているし、モンスターズ・インクの声もめっちゃ上手かったんだけどな。


藤井隆は、親友と殺人鬼の前で野球選手のモノマネをはじめます

模倣犯5

清原のあとに何故か中村ノリ。
この映画にはこういうギャグなのかよくわからないシーンが多い。
殺人鬼と共犯者はこれを観て笑う。
その狂気を連想させるような演出だったらよかったんだけど、残念ながらそうは見えない。


藤井隆は親友を慮って・・

模倣犯18

「君は誰よりも誠実なんだ!」とちょっとボーイズラブ臭がすることを言います。
模倣犯ならぬホモ半(ホモっぽさ半分)です。
他にも「パイナップルを男二人で食べる」という謎シーンもあります。



さて、ここから紹介するのはこの映画の一番の見所です(断言)。

TVで「これは模倣犯です」と指摘されると、中居正広は「全部僕がオリジナルでやったことだ」とあっさり自白します

そこからのシーンをコマ送りでお届けします。

模倣犯6
カメラに向かってピースサインをする中居。何かムカつきますね(この殺人鬼の通称は「ピース」です)。

模倣犯7
そんな中居が光りだす!

模倣犯8
なんと、首がもげます

模倣犯9
そして首ロケット発射!(めっちゃぷるぷる震えながら飛んでいる)

模倣犯10
別の角度からもう一度。

模倣犯11
筋肉番付みたいにももう一度。

模倣犯12
TVの共演者もめっちゃビビっています。そりゃそうだ。

模倣犯13
飛んでいった生首が・・・

模倣犯15
何故か真っ黒になります。

そしてその首も大爆発

模倣犯17
灰と化した肉片がきれいに飛び散るスタジオ内。出演者のぽかーんとした表情も笑いどころ。

模倣犯20
そりゃこんな顔にもなるわ。



そんな感じで盛大に自爆した殺人鬼・ピース。
彼には実は隠し子が居て、遺言書に残した通りにそれを被害者にあずけるというシーンで幕を閉じます。
*もちろん原作にはそんなシーンはありません
「(殺人鬼の)血より(暖かい)環境が重要」という主張はわかるけど、勝手すぎるだろ・・・・。


こいつが自爆する前、山崎努演じる豆腐屋は「人を驚かして記憶に残るヒーローになりたければ、普通の人を感動させろよ。愛を与えろよ」と言っていました。

たしかにその通り、自分は彼の最期を観て、とても驚いたし大感動しました(間違った方向に)。

二度とこんな事件(駄作映画が作られること)が起きないように祈っています

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-03-28 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
大駄作という評価で本当に安心しました。失礼ながら小説を読んで感動した自分にとっても最低な映画でした。
被害者家族なのにお店を閉めなければならなくなった義男さんをはじめ、殺された人だけでなくその遺族や助けようとした人さえさらに苦しめていく真犯人。
最後にそいつが、ネタをパクった情けない模倣犯だと言われて「僕のオリジナルだ!」とボロを出す所と、その後義男さんにぐうの音も出ないほど言われる所が最高にすっきりしたんですよ…。せめてそのシーンだけでも入れて欲しかった。
どんな映画にも何かひとつ光ってるものがある、と信じたいタイプの映画好きですが、これに関しては観てる間思考が停止していました。このレビューを見て内容思い出したくらいです。
2013-11-13 14:02 : よっちん URL : 編集
No title
子供の頃にこの映画を見た(見てしまった)最後のシーンが強くトラウマに残っていることを覚えています。
…おそらく二度と見ようとはしないでしょう。

逆にいうとそのシーンの印象が強すぎて他の部分をこのレビューで思い出しました。
2014-01-18 09:28 : URL : 編集
やっぱり
みんな同じような感想をお持ちなんですね。
原作の重厚さに惹かれて、きっと映画も素晴らしかろうと思い込み、DVDを買ってしまい、死ぬほど後悔しまくったことをリアルに思い出しました(T . T)
2014-04-21 23:58 : ohgachan URL : 編集
Pagetop




« next  ホーム  prev »

最新の記事

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR